お知らせ

世界選手権TT&U23のTV中継(Jsports)にて、浅田監督が解説をいたします(9/30&10/1)

【世界選手権TT&U23のTV中継(Jsports)にて、浅田監督が解説をいたします】

オーストラリアで行われるUCI自転車世界選手権大会の『UCI自転車世界選手権個人タイムトライアル・男子エリート』(世界戦TTエリート)と、『UCI自転車世界選手権ロードレース男子アンダー23』(世界戦ロードU23)のJsportsPlus TV中継にて、浅田顕監督が解説を致します:

★放送予定:
9月30日 (木) 12:00 - 17:30 (解説:浅田顕監督)
『UCI自転車世界選手権2010 男子タイムトライアル』

10月01日 (金) 14:00 - 16:30(解説:浅田顕監督)
『UCI自転車世界選手権2010 男子U-23 ロードレース』

10月03日 (日) 08:00 - 15:30
『UCI自転車世界選手権2010 男子エリートロード』
注:10月3日の男子エリートには浅田顕監督は解説出演いたしません。

★Jsports『UCI自転車世界選手権2010』紹介ホームページ:
http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?kwd=UCI%8E%A9%93]%8E%D4%90%A2%8AE%91I%8E%E8%8C%A02010

9月11日&12日『シクロ軽井沢』フォトレポート

9月11日&12日『シクロ軽井沢』フォトレポート

おかげさまで第2回目の開催を迎えたロングサイクリングイベント『シクロ軽井沢』。
総走行距離296km&獲得標高差4,000mと生半可ではないコースレイアウトながら、エキップアサダのチームカー/メカニック/マッサーによる完全サポートが評判を呼び、今回も大勢のサイクリストさんが集って下さいました。

恐怖のルートはこちらでチェック!(ルートラボ)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=f58c8db98473d2ad9b9f725908c0b42e

晴天にも恵まれ、笑顔と歓喜に満ちた素敵なイベントの写真入りレポートをここにお届けいたします!

【9月11日往路:シクロパビリオン>軽井沢】


スタート前のブリーフィング。朝日が眩しい!


新登場のチームカーが倉庫でスタンバイ中!


チームカーのナンバーが「496」。。まっ、まさか!”シクロ”!?


女性の参加者も目立ちました!全員完走できるのか!?運命や如何に!?


チームブリヂストン・アンカーの相川将選手も登場!


第一陣がスタート!これから4,000m登ります・・


足を着いちゃいました。。まだまだ先は長いので気にしない気にしない!


最初のチェックポイント「定峰峠」に到着!さぁ、何を食べようかな?
(注:『シクロ軽井沢』はサイクリングイベントです)


チェックポイントではおにぎりやバナナがお待ちかね!


「速く登らないと、オレのおにぎりが無くなる・・・」


「おにぎりに梅干入ってるかなぁ・・?」


千葉・松戸にあるサイクルショップ「シクル・マーモット」の店長
さんも「おれのおにぎりだけは残して置いてくれ!」


「このジャージいいでしょ?世界一になった時にもらいました!」


マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ぶたさん



第一の峠をクリア!


「おにぎりーーーーーーーっ!」


おにぎりの後のアイスは格別!


主人達の”おにぎりブレーク”を静かに待つバイク達


「ボク、下りを味わうために登ってまーす。」



まだまだ序盤です。



のどかな秩父路を進む


浅田監督もセキュリティライダーとしてバリバリ走るっ!


自分のペースに合った集団でのんびり走ろう!


浅田監督「おにぎり何個食べていいの?5個食べてもいいかな・」


『恐竜センター』に寄りたいけど、、我慢我慢!!


「我慢できずに恐竜センターに寄ってしまいました。恐竜帽子かわいいでしょ?てへへ」(復路)


トンネルを抜けるとそこは群馬県!


シブいおまんじゅう屋がチェックポイント!元禄30年創業?(たぶん)



ライダー達が続々とおまんじゅう屋に到着!


ツールでこんな場面を見たことがあります


「軽井沢一番乗りは俺達が貰った!」


WAVEONEさんがチェックポイントで食料&水分補給サポート!
メルシー中田社長!



SUBARUエクシーガもライダーを強力サポート!


まさか、あの先に見える山を登るなんて事はないよね!?(そのまさかです)


誰かがアタックしてるぞ!


置いていかないでくれー!おにぎりを食い過ぎた罰か!?


ちっ、千切れる。。


「集団が縦に長く伸びています。スピードが上がっている証拠ですね」byシ○トさん


軽井沢へと続く「和美峠」。
全行程の80%地点に当たる麓で浅田監督は
「さぁ、やっと半分が終わりました。頑張りましょう」と仰られました。
どういう意味ですか?


浅田監督のアシストは強力!


”上に見える高速道路が、下に小さく見える辺りまで登る”と云うのは本当ですか?


本当ですか??


本当ですか???


本当ですか????


あと少しで感動のゴールだ!放送時間内(?)のゴールを目指せ!


やった!!加山○三&谷○新司はどこですか!?


ゴール地点のホテル「パイプのけむり軽井沢」。
すぐとなりにバカうまの餃子屋さんがあります



夜は『シクロ』名物のジャージ授与式典です!


マイヨ「軽井沢」ジョーヌを獲得の古川さん、翌日はマイヨジョーヌマジックが見られるのか?


特別ジャージを獲得したツワモノたちと浅田監督&WAVEONE中田社長

【9月12日の復路:軽井沢>シクロパビリオン】


「子供の頃からこのジャージを目指して走ってきた。感無量」と櫻井さん


バキューン!バキューン!


ブリヂストン・アンカー相川選手のジャージに
サインを差し上げるマイヨ「軽井沢」ジョーヌ!


ダンデーな浅田監督登場!


チームカーを前にプロチームのポストカード風に決めてみましたよ!


チームカーバンザイ!


ホテルと浅間山をバックに。って、浅間山が木に隠れて見えてません(汗)


「このイエロージャージは何がなんでも埼玉まで守り抜きます」古川さん談


女性ライダーさん達も絶好調!「帰りは下り基調なんです!ウキウキ!」


浅田監督も出発!「登りでは小林旭の歌を唄ってペダリングリズムを取っています」

*  *  *


浅田監督も峠を攻める!




復路最終走者がシクロパビリオンに向かう中、陽が落ちて徐々に夜の帳が下りてくる・・急げ!


遂に全員無事シクロパビリオンにゴール!!!!
最終走者は大拍手で迎えられました!

参加者の皆さん、安全なイベント運営へのご協力と、
爽やかな笑顔&パワーに心より感謝いたしております!

これからもまだまだ続く『シクロ』シリーズ、次回は10月2日&3日開催の『シクロ八ヶ岳』で会いましょう!
http://www.cyclisme-japon.net/modules/eguide/event.php?eid=281

上記の写真を含む全写真は下記リンクから閲覧できます(順不同):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/photo/viewcat.php?cid=78

【特報】『エキップアサダ』にチームカー誕生!(SUBARU・エクシーガ)

【特報】『エキップアサダ』にチームカーが誕生いたします!


SUBARU・エクシーガ”エキップアサダ”エディション

ツール・ド・フランス出場の目標に向けて、復活の準備を進める『エキップアサダ』(EQA)。
その日本を代表するチームの復活の狼煙として、いよいよ念願のチームカ―が誕生致します。

このチームカ―の誕生にあたっては、サイクルスポーツのパートナーとしてお馴染みの富士重工業株式会社(SUBARU)様と、チームの守護神であるエキップアサダ後援会(EASO)様に多大なるご協力を頂きました。

新チームカーは、今後『エキップアサダ』『エカーズ(エキップアサダ強化選手)』が出場する日本国内のレースに帯同し、世界に羽ばたいて行く彼らの活躍を多く目撃して行くことでしょう。

【車種】
車種はSUBARU『エクシーガ』。
アップダウンの続くワインディングロードなど、シビアなドライビングが求められる
サイクルロードレースのサポートカーに最適の車種です。
「SUBARU・エクシーガ紹介ページ」
http://www.subaru.jp/exiga/exiga/

【カラーリング】Designed by Yuichiro HOSODA(EASO)
EQAレッド&EQAピンクのストリーム(流線)が、パワフル且つ靭やかに車体を貫き、一直線にツール・ド・フランスへと突き進むチームを表現しました。
車体下部にはチームジャージでお馴染みのEQAカモ(迷彩)を施し、芝桜と梅を有する日本の地がエキップアサダの土壌であることを表しています。

【チームカーにはどこで会えますか?】
-『エキップアサダ』『エカーズ(エキップアサダ強化選手)』が出場する日本のレース会場
-『シクロパビリオン』(埼玉県東松山市)にて、チームのレース遠征が行われない時には常駐
-各種『シクロパビリオン』イベントにも随時帯同致します
*チームカーの初お披露目は、9月11日&12日開催の『シクロ軽井沢』となります。

*  *  *

『エキップアサダ』は皆様の夢の力を糧に、これからも世界最高峰の自転車レースである
『ツール・ド・フランス』出場を目指し全力で邁進してまいります。
今後共末永くご指導御鞭撻のほどお願い申し上げます。

富士重工業株式会社(SUBARU)ホームページ:
http://www.subaru.jp/

2010年チームカー寄贈プロジェクト紹介ページ:
http://www.easo.jp/modules/news2/index.php?page=article&storyid=139

【ジャパンカップ】エキップアサダ浅田監督と行く『ジャパンカップ・日帰りバスツアー』開催!

【エキップアサダ浅田監督と行く『ジャパンカップ・日帰りバスツアー』】
<10月24日(日)開催>

日本サイクルロードレースファンにとって恒例となったアジア最高峰レース、
『ジャパンカップサイクルロードレース』が、今年も10月23日&24日に宇都宮にて開催されます。

そのメインイベントである10月24日(日)の『ジャパンカップサイクルロードレース』を、エキップアサダ浅田監督がレースプレビューを行うバスで一緒に観にいきませんか?
アジアが誇る監督:浅田顕の歯に衣を着せぬ鋭い分析が炸裂すること請け合いですよ!
(注:レース会場での浅田監督によるガイドがございません)

【ジャパンカップサイクルロードレースHP】
http://www.japancup.gr.jp/2010/

★★★イベント詳細★★★
【担当者】
浅田顕(エキップアサダ監督)

【スケジュール】
6:15 JR池袋駅に集合(詳細集合場所は後日決定)
6:30 宇都宮レース会場に向けて出発
○宇都宮に向うバス内で、浅田監督による『ジャパンカップの観戦ガイド』、『レース展望』、『よもやま話(?)』を2時間ほどさせていただきます。(注:レース会場での浅田監督によるガイドがございません)
9:00 会場到着後は終日自由行動&白熱のジャパンカップサイクルロードレースを観戦!
15:00~16:00 池袋へ向けて出発
20:00 JR池袋到着予定

【ご参加対象者】
特に制限はございませんが、数時間のバス移動に耐えられるの方に限ります。

【参加費用】
 一般:9,000円

【最小催行人数】
 20名
 ※10月15日時点での参加者数が、最低開催人数未満の場合、イベントを中止する場合があります。


【イベント主催・企画者情報】
イベント企画:㈱シクリズムジャポン
旅行企画・実施:トップツアー株式会社 東京法人西事業部
観光庁長官登録旅行業第38号 (社)日本旅行業協会正会員
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル10 階
TEL:03-5766-0128 FAX:03-5766-0125
総合旅行業務取扱管理者:神田尚幸/担当:野口、長浜、鄭(てい)
営業時間:09:30~18:00(土・日・祝祭日は休み)

エキップアサダ広報誌『ABLOC(アブロック)』第4号が完成しました!

【エキップアサダ広報誌『ABLOC(アブロック)』第4号が完成しました!】
9月上旬より配布開始!

表紙は ASADA x UKYO !


プロチーム活動小休止の沈黙を破り、遂にエキップアサダが復活への狼煙上げる!

★コンテンツ概要:
<読み物>
・浅田顕x片山右京対談「エキップアサダ復活に向けて」聞き手:藤下雅裕
・新城幸也 x 浅田顕対談(意外にも史上初!)
・やっぱりツール・ド・フランス by タンパーニ=keitsuji
・エキップアサダ強化プログラム「エカーズ」は日本自転車界の未来を描けるか? by吉本司
・5分で分かるシクロパビリオン!!
・エキップアサダの未来を語る by 浅田顕
・エキップアサダ後援会通信
*某鬼才?の書き下ろしマンガ&イラストも有り!
http://miyukicycle.jugem.jp/

<ノウハウ>
・出来るサイクリストのストレッチ! & まっすぐライディング by 浅田顕
・パンク修理法 by RSSメカニック”ユーヘイ”(高橋優平)

★配布場所:
-総合サイクリングステーション『シクロパビリオン』
http://www.cyclisme-japon.net/modules/special/content0011.html

-全国サイクルショップ(エキップアサダ「スタシオン」登録店舗様)
http://www.cyclisme-japon.net/modules/shop/content0001.html

-英国風居酒屋『ハブ』
http://pub-hub.com/

-各種サイクルイベント会場
(9/5秩父宮杯自転車競技大会、10/9富士チャレンジ200、10/24ジャパンカップ、10/30&31もてぎ7hエンデューロなどなど)

にて配布いたします!
是非是非ご一読下さい!

*Ablocを配置ご希望の店舗様へ(=スタシオン登録):
下記メールアドレスに配置ご希望の都度と、ご住所・お電話番号を記載しメール送信をお願いいたします。追って担当よりご連絡させていただきます。
office@cyclisme-japon.com
サイクルショップに限らず、あらゆる商業店舗様が対象(カフェ、もんじゃ焼き、プラモ屋さん、弁護士事務所、デザイン会社様、よろずやetc)。

『シクロ軽井沢(9/11&12)』参加申込み締切間近です!

『シクロ軽井沢(9/11&12)』
参加申込み締切間近です!


総走行距離296km&獲得標高差4,000m超の難関コース完走を、エキップアサダ&サポートカーががっちりサポート!完走率の非常に高いロングライドイベントです!

参加申し込み締め切りは「9月2日」!
参加ご検討中のサイクリストさんはお急ぎを!

『シクロ軽井沢』ご案内&申し込みページ:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/eguide/event.php?eid=220

8月28日開幕の『ヴエルタ・ア・エスパーニャ』にて浅田監督がTV解説出演いたします(Jsports全ステージ生放送)

『ヴエルタ・ア・エスパーニャ』(Jsports放映)にて浅田監督が解説出演いたします

シーズン最後のグランツール、灼熱の山岳決戦が繰り広げられる『ヴエルタ・ア・エスパーニャ』が8月28日に開幕!(27日27:30~チームプレゼンテーション)
今年はなんとセビーリャでの夜間のチームTTにて決戦の火蓋が切って落とされます!

Jsportsでは今年も全ステージ生放送!エキップアサダの浅田顕監督も解説として出演いたします。

『ヴエルタ・ア・エスパーニャ』浅田顕解説出演スケジュール:
★8月29日 3:55(=28日27:55~)~7:00(Jsports Plus)
第1ステージ「セビーリャ(14.4km チームタイムトライアル)」

★8月29日 23:00~26:00(Jsports1)
第2ステージ「アルカラ・デ・グアダイラ~マルベーリャ,173.7km」

★9月9日 23:00~26:00(Jsports1)
第12ステージ「アンドラ・ラ・ベリャ~リェイダ,172.5km」

★9月15日 23:00~26:00(Jsports Plus)
第17ステージ「ペニャフィエル(46km個人TT)」

★9月18日 23:00~26:00(Jsports Plus)
第20ステージ「サン・マルティン・デ・バルデイグレシアス~ボラ・デル・ムンド,172.1km」

* * *

Jsports「ヴエルタ・ア・エスパーニャ」特設ページ:
http://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta2010/about/index.html

詳しい放送予定:
http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?Genre2=12

テレビ埼玉『彩の国ニュース』にて、『シクロパビリオン』が登場!(8月28日9時~)

【テレビ埼玉『彩の国ニュース』にて、『シクロパビリオン』が登場!(8月28日9時~)】
(放送は埼玉地区のみ。後日インターネットにて配信予定)

”自転車王国”埼玉(自転車保有者数全国1位!)が誇るテレビ埼玉『彩の国ニュース』にて、総合サイクリングステーション『シクロパビリオン』が紹介されます!

今回はエキップアサダの浅田監督と突撃美人レポーター栗本裕子さんによる『都幾川(ときがわ)町』ライド。『都心から一時間のふるさと』をめいっぱい紹介致します!是非ご覧ください!

テレビ埼玉『彩の国ニュース』シクロパビリオン紹介回放映日:
8月28日(土)9:00~9:30

テレビ埼玉『彩の国ニュース』紹介ページ:
http://www.teletama.jp/pref/saikouhou.htm

番組TV放送後1週間ほどで、下記サイトに映像がアップされますので、埼玉県外で本放送を見れない方は是非ご利用下さい:
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/tv/tvzenkainohousou.html

エキップアサダ・トライアウト(選手選考会)、11月3日(祝)に開催。参加者募集中(自転車競技未経験者歓迎)

「エキップアサダ」選手育成プロジェクト
~目指せツール・ド・フランス!~

【エキップアサダ、第6回トライアウト(選手選考会)を11月3日(祝)に開催】
参加者募集中!(10月25日募集締め切り)
*自転車競技未経験者歓迎

 エキップアサダは世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」で将来戦える選手を探しています。
 
採用された選手は『エキップアサダ強化選手(エカーズ)』の一員として、年間を通したトレーニング指導を行い、選手のレベルアップを目的とした欧州クラブチームへの派遣サポートを行います。何が何でも「ツール・ド・フランス」に出場したい選手は是非ご応募ください!自転車競技未経験者大歓迎です。

以前開催のトライアウト合格選手(エカーズ選手)は、早速本年度よりフランスでのレース活動を行っています:
【エカーズ選手によるレポート】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/

【200912月23日開催時の映像レポート。新城幸也も参加(シクロチャンネル)】
https://www.cycloch.net/#/movie/view/5214

【200910月18日開催時の報告レポート】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=232

【2010年4月29日開催時のレポート(シクロチャンネル)】
https://www.cycloch.net/#/movie/view/5291


***トライアウト開催要項***
【開催日時】
2010年11月3日(祝)(雨天決行)

【開催場所】埼玉県東松山市周辺(場所詳細は10月上旬最終決定)

【応募者必須事項】
-ツール・ド・フランスに出場したいという強固な意志。
-ツール・ド・フランスで活躍出来る体力、精神力のある方、または今後の成長が望める選手。

【募集人数】
未定。(適格者が居ない場合には未採用の場合もあります)

【採用までの流れ】
1)第一次書類選考(10月25日募集締め切り後に即実施)
2)トライアウトへの招集=10月26日前後
3)11月3日「トライアウト」開催
4)11月10日までに結果発表


【トライアウト合格者の海外派遣先チーム例】
-「VendeeU」チーム(仏)=Bboxブイグテレコム直轄の育成チーム
-その他選手レベルに応じたフランスチームの紹介

【応募方法】
下記必要事項を任意フォーマット(メール文章、ワード、エクセル等)に明記し、指定のメールアドレスまでお送りください:
-氏名 / 生年月日 / 住所 / 電話番号 / メールアドレス / 身長 / 体重 / 最終学歴
-スポーツ歴(自転車競技歴がある場合は具体的な成績を記載)
-自己PR(自由論文)

【トライアウト応募用メールアドレス】
office@cyclisme-japon.net

*2010年10月25日24時必着にてご送付お願い申し上げます。
*18歳以下の書類選考通過選手には、保護者による承諾書にサインしていただきます(該当者に後日メールにて発送致します)

【本件に関するお問合せ先】
〒355-0071
埼玉県東松山市新郷442-4
株式会社シクリズムジャポン
0493-59-8400
担当:浅田・山崎

無料自転車安全走行レクチャー『プリメール』開始!

自転車安全走行レクチャー『プリメール』を開始



安全で快適なサイクルライフを提案する、総合サイクリングステーション「シクロパビリオン」では、これからロードバイクに乗り始める方、乗り始めたばかりの方を対象とした安全走行レクチャーブログラム『プリメール』をスタート致します。

『プリメール』とはフランス語で“入門スクール”のを意味します。

このシクロパビリオンが提案する“自転車入門スクール”『プリメール』では、誰もが気軽に楽しく気負わずに、安全走行に役立つ基礎技術を無料で学ぶことが出来ます。

『プリメール』レクチャー内容一覧:
-安全点検方法(自転車各部位のセルフチェック&メンテナンス方法 etc)
-自転車装備(基本メンテナンス、ヘルメットの被り方、)
-基礎技術実技(変速の仕方、ブレーキのかけ方、スラローム、危険な乗り方の矯正)
-走行時のサイン等(走行時の歩行者&車への配慮方法、手によるサイン&声掛け法)

自転車の走行ルールを守るということは、自分の身を守ることでもあり、より長く安全にサイクルライフを楽しみための必須スキルです。この機会に是非ご参加下さい。

『プリメール』開催要綱:
参加料:無料(お一人様一回限り)
講師:浅田顕またはシクロパビリオン公認インストラクター
定員:1回5名程度

開催日:第一回目8月13日開催

シクロパビリオン代表、浅田顕コメント
『私が住む埼玉県でも最近ロードバイクに乗る人が急増する中、事故やマナーの悪さが問題となっています。
しかし歩行者やドライバーから見たロードバイクの不快な走行は、ほんの少しの気配りと走行技術の習得で改善されることに気づきました。
そこで私どもはロードバイクを安全に乗りこなすための「はじめの一歩」をサポートしスポーツバイクの安全走行とマナーアップを呼びかけたいと考えた次第です。』
STAFF LOG IN PAGE TOP