ニュースリリース

2015年レース活動のご案内:「エキップアサダ」若手選手発掘・強化チーム『EQADS(エカーズ)』

【2015年レース活動のご案内】
「EQADS(エカーズ)」




”勝ち上がる選手のみが世界トップで通用する”
 ツール・ド・フランスと2020東京五輪での活躍を目指す自転車ロードレースチーム「エキップアサダ」(株式会社シクリズムジャポン運営、代表:浅田顕)。

 その「エキップアサダ」が若手空洞化に直面している日本ロード界の次世代選手を発掘・強化し、世界最高峰のプロ競技界・東京五輪で活躍出来る選手を輩出させるために発足させたのがEQuipe Asada Développement Système(エキップアサダ強化システム)=『EQADS(エカーズ)』システムです。

なお2014年まではカテゴリーにより「EQADS(エカーズ)」と「EQA U23(イーキューエー・ユーニジュウサン)」の二階層方式でしたが、2015年からは両チームを『EQADS(エカーズ)』の登録チーム及び称号へと一本化致します。


【2015年「EQADS(エカーズ)」活動概要】

■<目的/取り組み>
-世界で戦える日本人選手の輩出のために、U23カテゴリーで世界のトップ10を目指します。
-欧州(フランス)と日本の2拠点での本質的な強化活動に取り組みます。
-日本代表チームへの全面協力体制で所属選手の代表輩出に努めます。
-選手のセカンドキャリアのために、実務と学習(資格取得含)機会を提供します。
-ユース選手の強化育成機会を増やし、次世代の可能性を繋いでゆきます。
-サイクルスポーツ普及のためのイベントや広報活動へ参加します。
-選手同様、指導者やレーススタッフの育成を行います。

■<ジャージ>
ウエイブワン社「レジェフィット/レジェフィットプロ」 



■<選手対象者>
 原則としてU17、JUNIOR、U23カテゴリーでプロロードレーサーを志願する優秀な男子選手


【2015年「EQADS(エカーズ)」スケジュール概要】

2015年度「EQADS(エカーズ)」活動内容
1月国内準備トレーニング
2月アジア選手権ロードレース(タイ)への日本代表選手派遣
フランスを拠点とする欧州トップアマレース連戦開始(毎週約2レース)
3月GPモンタストリュックを始めとする仏トップアマレース連戦(毎週約2レース)
4月日本代表チームによる「UCIネイションズカップU23」
 =U23ワールドカップシリーズ参戦(ベルギー、フランス、オランダ)
5月日本国内レース&トレーニング(合宿)
6月日本代表チームによる「UCIネイションズカップU23」
 =U23ワールドカップシリーズ参戦(チェコ)
全日本選手権ロードレース&タイムトライアルへ参加
7月日本国内レース&トレーニング
フランスを拠点とする欧州トップアマレース連戦(毎週約2レース)
8月日本代表チームによる「UCIネイションズカップU23」
 =U23ワールドカップシリーズ参戦
世界選手権ロードレースに向けた準備期間
9月日本代表チームによる「世界選手権ロードレース」参戦(米国)
10月日本国内レース&トレーニング(ジャパンカップ等)
11月日本国内レース&トレーニング(ツール・ド・おきなわ等)
12月日本国内にて翌シーズン準備・トレーニング


【チームスポンサー&協賛企業】
ブリヂストンサイクル株式会社 (自転車)
パイオニア株式会社 (トレーニング機器「ペダリングモニター」)
井上護謨工業株式会社 (タイヤ:IRCチューブレスシリーズ)
株式会社ウエイブワン  (ウェア「スーパーレジェフィット」)
株式会社ジャパンマテリアル (広報サービス)
株式会社オージーケーカブト (ヘルメット「レジモス」「KOOFU」)
株式会社梅丹本舗 (サプリメント「メイタンCC」「メイタンTC」シリーズ)
渡辺クリニック (健康アドバイス)


【2015年「EQADS(エカーズ)」選手】
清水 太己(しみず おおこ、1993年3月12日生)
面手 利輝(おもて としき、1993年3月18日生)
萩原 慎也(はぎわら しんや、1994年3月13日生)
内野 直也(うちの なおや、1994年5月1日生)
岡 篤志(おか あつし、1995年9月3日生)
蠣崎 藍道*(かきざき らんどう、1995年8月25日生)
椙田明仁(すぎた あきひと、、1996年7月16日生生)
石上 優大*(いしがみ まさひろ、1997年10月20日生)
渡辺 歩*(わたなべ あゆむ、1998年3月8日生)
蠣崎 優仁*(かきざき ゆうじん、1999年5月8日生)
(”*”は準所属選手=高体連/学連所属等)
(備考:写真は2014年のものです。近日中に選手プロフィール写真を最新撮影版に差し替え致します。)

<チームスタッフ>
監督:浅田 顕
コーチ:相川 将香立 武士谷口 正洋
メカニック:高橋 優平市川 貴大
営業・広報:山崎 健一


**************


【ご参考リンク】
『エキップアサダ』ホームページ:
http://www.cyclisme-japon.net/

コーポレートロゴ変更のお知らせ

コーポレートロゴ変更のお知らせ

株式会社シクリズムジャポン
2015年元旦

株式会社シクリズムジャポン(埼玉県東松山市、代表:浅田顕)は2015年1月1日よりコーポレートロゴを下記へと変更致します。







1:新コーポレートロゴへの思い
 ツール・ド・フランスを目指す自転車ロードレースチーム「エキップアサダ」を運営する株式会社シクリズムジャポンは、国内外を問わず日本を代表する自転車集団の一つとしての自負を持ち活動するため、日の丸をロゴのモチーフとしています。筆の強さのある「エキップアサダ」ロゴ(本ページ左上)とは対照的な控えめなロゴの細さは「上品」さと「インテリジェンス」 、そして協賛企業様、ご協力者様への敬意を表します。
日本語ロゴの優しい丸みは、自転車競技において良く廻り、良く走ることを表現致しております。

2:新コーポレートロゴバリエーション




以上、新コーポレートロゴ、並びにツール・ド・フランスを目指すエキップアサダ/株式会社シクリズムジャポンを引き続き宜しくお願い申し上げます。

2015年元旦
株式会社シクリズムジャポン

世界的反ドーピング倫理運動「MPCC」にエキップアサダが加盟

【プレスリリース】
2014年12月4日(*12月11日訂正)
株式会社シクリズムジャポン/エキップアサダ



【世界的反ドーピング倫理運動「MPCC」にエキップアサダが加盟】

 世界自転車競技界からのドーピング根絶を目指す世界的反ドーピング倫理運動『MPCC』(代表:ロジェ・ルジェ)に、ツール・ド・フランスを目指す『エキップアサダ』(代表:浅田顕)が賛同者(Sympatisant)加盟致します。正式賛同者加盟日は2015年1月1日。

 MPCCとは仏語「信頼できる自転車界を作るムーヴメント」の略。 2014年12月現在、チームユーロップカーやFDJ.frなどを含むUCIプロチーム11チームや、UCI(世界自転車競技連合)、ツール・ド・フランス主催者A.S.O.ら多くの自転車界主要団体が賛同/加盟する世界最大の反ドーピング倫理運動です。MPCCでは「薬物使用による6ヶ月以上の出場停止処分者との契約は行わない」等の内部規定があり、UCIが定める罰則よりも厳格なものとなっています。ドーピング違反者に対して断固とした措置を行い、潔白な自転車界の構築を目指します。

エキップアサダの浅田顕監督コメント:
『海外の自転車界ではアマチュアでさえもドーピングの影や誘惑が身近にあります。よって正しい知識やモラルがなければ選手は容易に薬物に手を染めかねません。それらの危険から選手やスタッフを守るためには断固としたドーピング反対の姿勢、正しい知識共有が大事です。』

 エキップアサダは世界自転車界からのドーピング完全根絶を目指すMPCCに全面的に賛同し、我々が愛する自転車界を守ることは元より、選手たちの健康と人生を著しく崩壊させてしまうドーピングの根絶を目指します。

【エキップアサダとは】
 日本チームとして世界最大自転車レース「ツール・ド・フランス」に出場することを目標に掲げ、2006年に発足した自転車ロードレースチームプロジェクト。日本人として「ツール・ド・フランス」を初めて完走した新城幸也や、日本チャンピオン、五輪代表選手を多く輩出。運営会社は株式会社シクリズムジャポン。代表/監督は浅田顕。
<「エキップアサダ」ホームページ>
http://www.cyclisme-japon.net

【MPCCとは】
 2007年にフランスにて発足した「ドーピング根絶」を目指す倫理運動でUCIプロチームやUCI、A.S.O.を含む世界中の100近くのチーム/団体が加盟。運動名は「信頼できる自転車界を作るムーヴメント」=仏語Mouvement Pour un Cyclisme Crédibleの頭文字を取ったもの。
 MPCC加盟チームらが自らに課すドーピング規定はUCI規定よりも遥かに厳しく、過去にドーピング違反を犯した選手/関係者を追放する方針を打ち出している。
 運動スローガンは「ドーピングにはもううんざりだ!」(Doping, it's enough / Le dopage ça suffit)
 代表者はかつてグレッグ・レモン所属チーム「Z」の監督等を務めたロジェ・ルジェ(Roger Legeay)。
<「MPCC」 ホームページ(英/仏)>
http://www.mpcc.fr

*お詫び&訂正:当初リリースでは『エキップアサダ日本から初加盟』と記載致しましたが、「Team Vini Fantini・NIPPO・DE ROSA(コンチネンタルチーム)」が日本国籍チームとしては初加盟(2014年1月)であった事が判明致しました。皆様、及び「Team Vini Fantini・NIPPO・DE ROSA(コンチネンタルチーム)」には謹んでお詫び申し上げます。

エキップアサダ(EQA U23 & EQADS)2014年体制のご紹介

【2014年「エキップアサダ(EQA U23 & EQADS)」始動】

2014年「エキップアサダ(EQA U23 & EQADS)」体制のご紹介


Photo by Yuichiro Hosoda

2月16日に埼玉県さいたま新都心で実施の2014年『エキップアサダ(EQA U23 & EQADS)』体制発表会(埼玉サイクリングショー内で実施)にて、ツール・ド・フランス&2020東京五輪に向けてのチーム哲学、及び2014年シーズンの所属選手を発表させて頂きました。
ここに各メディア様に掲載頂いたレポートのご紹介を交えつつ、2014年のチーム体制を発表させて頂きます:

【”勝ち上がる選手のみが世界トップで通用する”】
ツール・ド・フランスと2020東京五輪での活躍を目指す自転車ロードレースチーム「エキップアサダ」(株式会社シクリズムジャポン運営、代表:浅田顕)。
その「エキップアサダ」が若手空洞化に直面している日本ロード界の次世代選手を発掘・強化し、世界最高峰のプロ競技界・東京五輪で活躍出来る選手を輩出させるために発足させたのがEQuipe Asada Développement Sysyème(エキップアサダ強化システム)=『EQADS(エカーズ)』システムです。

この『EQADS(エカーズ)』システムには2階層のチームが存在しており、下部組織の「EQADS(エカーズ)」チームから結果を出した選手のみが選抜チーム『EQA U23(イーキューエー・ユーニジュウサン)』へと昇格。そして『EQA U23』の選手たちは海外遠征を含めたより高レベルな活躍の舞台へと進んでいきます。

<EQADSは2階層構造>
「EQADS(エカーズ)」
↓結果を出した選手達は”選抜チーム”である
「EQA U23(イーキューエー・ユー・ニジュウサン)」
へと昇格し海外遠征などの活躍の舞台を与えられます。



  *  *  *

【EQA U23(イーキューエー・ユー・ニジュウサン)】
=選抜チーム


Photo by Yuichiro Hosoda
■<目的>
 U23カテゴリーでの世界TOP10選手の輩出を目的とします。
■<ウェア>



■<活動内容>
 欧州トップアマチュアカテゴリーレース、国内選手権、JBCF「J PROTOUR」に参戦致します。
■<対象者>
 2013年度U23カテゴリーで特に優秀な男子選手
■<2014年「EQA U23(イーキューエー・ユーニジュウサン)」選手>
一丸 尚伍(いちまるしょうご、1992年1月4日生まれ)
面手 利輝(おもてとしき、1993年3月18日生まれ)
清水 太己(しみずおおこ、1993年3月12日生まれ)
岡 篤志(おかあつし、1995年9月3日生まれ)
内野 直也(うちのなおや、1994年5月1日生まれ)
(備考:近日中に選手プロフィール写真を最新撮影版に差し替え致します。)

【EQADS(エカーズ)】

Photo by Yuichiro Hosoda
■<目的>
 世界に通用する日本人選手の発掘と育成を目的とします
■<ジャージ>

■<活動内容>
 国内レース、トレーニング活動と欧州短期遠征(欧州遠征メンバーは選抜制)
■<対象者>
 原則としてU17、JUNIOR、U23カテゴリーでプロロードレーサーを志願する男子選手
■<2014年「EQADS(エカーズ)」選手>
萩原 慎也(はぎわら しんや、1994年3月13日)
蠣崎 藍道*(かきざき らんどう、1995年8月25日)
小山 貴大*(こやま たかひろ、1996年11月28日)
橋詰 丈*(はしずめ じょう、1996年6月12日)
石上 優大*(いしがみ まさひろ、1997年10月20日)
渡辺 歩*(わたなべ あゆむ、1998年3月8日)
蠣崎 優仁(かきざきゆうじん、1999年5月8日)
(”*”は準所属選手=高体連所属)
(備考:近日中に選手プロフィール写真を最新撮影版に差し替え致します。)

<チームスタッフ>
監督:    浅田 顕
コーチ:   相川 将
メカニック: 高橋 優平&市川 貴大
営業・広報: 山崎 健一


【チームスポンサー&協賛企業】
ブリヂストンサイクル株式会社 (自転車「RIS9」)
パイオニア株式会社 (トレーニング機器「ペダリングモニター」)
井上護謨工業株式会社 (タイヤ:IRCチューブレスシリーズ)
株式会社ウエイブワン  (ウェア「スーパーレジェフィット」)
株式会社ジャパンマテリアル (広報サービス)
株式会社オージーケーカブト (ヘルメット「レジモス」「KOOFU」)
株式会社梅丹本舗 (サプリメント「メイタンCC」「メイタンTC」シリーズ)
渡辺クリニック (健康アドバイス)


【メディア様によるチームプレゼンテーションレポート】
*(五十音順表記)
■「Cyclist」(産経デジタル):
<世界での活躍を約束 「EQA U23」と「エカーズ」がチームプレゼンテーション>
http://cyclist.sanspo.com/120820

■サイクルスポーツ.jp:
<エキップアサダ EQA U23 チームプレゼンテーション>
http://www.cyclesports.jp/articles/detail.php?id=436

■シクロワイアード:
<プロ入りとその先にあるツール、2020を見据えた選手育成を目指して>
http://www.cyclowired.jp/?q=node/127177


Photo by Yuichiro Hosoda

『ヴィル・ド・サグネ:UCIネイションズカップU23(6/7-9)』にEQA U23選手&浅田監督が日本代表として参戦

『ヴィル・ド・サグネ:UCIネイションズカップU23(6/7-9)』にEQA U23選手&浅田監督が日本代表として参戦

U23日本代表チームがU23版ワールドカップに出場



エキップアサダの浅田顕監督&EQA U23選手らが、6/7-9にカナダで開催の『ヴィル・ド・サグネ:UCIネイションズカップU23』に日本代表チームの一員と出場。「UCIネイションズカップU23」シリーズとは23歳未満選手のワールドカップ=プロへの登竜門とされており、日本代表U23にとっては4月に欧州で行われた4レース(ツール・ド・フランドルU23等)に続くシリーズ第5戦目の出場となります。応援の程宜しくお願い申し上げます。

【大会情報】 
-レース名:『ヴィル・ド・サグネ:UCIネイションズ・カップU23』(カナダ)
(Coupe des nations-Ville de Sagunay)
-開催日: 6月7日-9日
-カテゴリー: UCI 1.Ncup
-開催地: ヴィル・ド・サグネ(カナダ、ケベック州)

大きな地図で見る

【代表選手団】
<監  督>
  -浅田  顕(JCFロード強化スタッフ)
<メカニック>
  -高橋 優平(JCFロード強化支援スタッフ)

<選  手>
寺崎 武郎(EQA U23)
面手 利輝(EQA U23)
清水 太己(EQA U23)
西村 大輝(シマノレーシング)
小橋 勇利(UCナント・アトランティック)
木下 智裕(WCC/EQADS)

【ステージ紹介】
<6月7日:第1ステージ=151km(15.1km x 10)>(PDFが開きます)


<6月8日:第2ステージ=144.2km(20.6km x 7)>(PDFが開きます)


<6月9日:第3ステージ=128.4km(10.7km x 12)>(PDFが開きます)


【『ヴィル・ド・サグネ』プロモ動画】


【JCF日本自転車連盟ホームページ上告知】
http://jcf.or.jp/?p=28526

EQA U23秋丸湧哉が『ツール・ド・シンカラ:UCI2.2(6/2-9)』出場の日本代表チームメンバーに選出されました

EQA U23秋丸湧哉が『ツール・ド・シンカラUCI2.2(6/2-9)』出場の日本代表チームメンバーに選出されました




 秋丸 湧哉(EQA U23)

EQA U23秋丸湧哉が、6/2-9にインドネシアで開催の『ツール・ド・シンカラ(UCI2.2)』に出場する日本代表チームメンバーに選出されました。
アジア最大級、全7ステージ&1000km強のステージレースで日本選手の活躍&UCIポイントの獲得に期待いたしましょう。

【大会名】 
『ツール・ド・シンカラ』(UCI2.2)
Tour De Singkarak
<大会公式サイト(英語)>
<ステージ情報(英語)>
<出場チーム情報(英語)>

【開催期間】 
大会期間 平成25年6月2日(日)~9日(日)
派遣期間 平成25年5月31日(金)~6月11日(火)

【カテゴリー】
UCI2.2(全7ステージ)

【代表選手団】
<監  督>
  -高橋 松吉(JCF強化コーチ)
<メカニック>
  鬼原  積 (JCF選手強化支援スタッフ)
<マッサー>
  石田 宗男(JCF選手強化支援スタッフ)
<選  手>
     六峰  亘(大分・ブリヂストンアンカー)
     秋丸 湧哉(大阪・EQA U23)
     木村 圭佑(滋賀・京都産業大学)
     山本  隼(山梨・中央大学)
     和田  力(和歌山・日本大学)
     板橋 義浩(青森・日本大学)
     大田口 凌(宮城・東北学院大学)

【開催地】
パダン周辺(インドネシア)

<開催地インドネシア・パダンの場所>

大きな地図で見る

【大会オフィシャルPRビデオ】


*******************

【チーム参考リンク】
<エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=31

<2月17日『EQA U23チーム発表会』レポート>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=553

エカーズ橋詰丈(17歳)が『トロフェオ・カールスベルク(5/30-6/2、ドイツ開催)』出場のジュニア日本代表に選出されました

エカーズ橋詰丈(17歳)が『トロフェオ・カールスベルク(5/30-6/2、ドイツ開催)』出場のジュニア日本代表に選出されました



EQADSエカーズ準所属の橋詰丈(17歳)が、5/30-6/2にドイツで開催の「UCIジュニアネイションズカップ」の一戦、『トロフェオ・カールスベルク』にジュニア日本代表チーム選手として参戦いたします。「UCIジュニアネイションズカップ」とはジュニア選手(17-18歳)の国別対抗ワールドカップシリーズ戦で、これから各国を担う若手選手が多数出場いたします。何卒応援の程宜しくお願い申し上げます。

【大会名】 
『トロフェオ・カールスベルク』
Trofeo Karlsberg
(UCIジュニアネイションズカップ戦)

<大会公式サイト(独語)>

【開催期間】 
大会期間 平成25年5月30日(木)~6月2日(日)
派遣期間 平成25年5月28日(火)~6月3日(月)

【カテゴリー】
各国代表ジュニア(17-18歳選手)

【代表選手団】
<監  督>
  -柿 木 孝 之(ジュニア強化育成部会)
<メカニック>
  山 脇 靖 宏(ジュニア強化育成部会)
<現地スタッフ>
  オラフ ジョンソン
<選  手>
     岡  篤志(茨城・キャノンデール・チャンピオンシステム)
     横山 航太(長野・篠ノ井高校)
     黒枝 咲哉(大分・日出暘谷高校)
     橋詰  丈(東京・昭和第一学園高校/エカーズ準所属)
     山本 大喜(奈良・榛生昇陽高校)
     松本 祐典(京都・北桑田高校)

 補 欠 河津 賢人(熊本・九州学院高校)
     小山 貴大(群馬・前橋育英高校)
     安田 京介(京都・北桑田高校)

【開催地】
ザールブリュッケン周辺(ドイツ)

<開催地ドイツ・ザールブリュッケンの場所>

大きな地図で見る

【各ステージ概要】
第1ステージ=100km(上り含む周回)
第2ステージ=100km(上り含む周回)
第3.1ステージ=11.5km(上り含むTT)
第3.2ステージ=79km(上り含む周回)
第4ステージ=100km(上り含む周回)

<ステージ概要マップ>


【大会PRビデオ(独語)】


*******************

【チーム参考リンク】
<エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=31

<2月17日『EQA U23チーム発表会』レポート>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=553

『ツアー・オブ・ジャパン(UCI2.1)』(5/19-26)にEQA U23選手&浅田監督らが日本代表として参戦

『ツアー・オブ・ジャパン(UCI2.1)』(5/19-26)にEQA U23選手&浅田監督らが日本代表として参戦



5月19-26開催の日本最大のステージレース『ツアー・オブ・ジャパン(UCI2.1)』にて、エキップアサダの浅田顕監督&EQA U23選手らが日本代表チームの一員として戦います。応援の程宜しくお願い申し上げます。

【レース情報】 
『第16回ツアー・オブ・ジャパン』
大会公式ページ
-カテゴリー:UCI 2.1
-開催場所:堺、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京
-大会期間:2013年5月18日(土)~27日(月)
-派遣期間:2013年5月19日(日)~26日(日)

【代表選手団】
<監  督>
  -浅田  顕(強化コーチ)
<マッサー>
  -井上 良輝(強化支援スタッフ)
<メカニック>
  -高橋 優平(強化支援スタッフ)

<選  手>
  -寺 崎 武 郎(福 井・EQA U23)
  -秋 丸 湧 哉(大 阪・EQA U23)
  -黒 枝 士 揮(大 分・鹿屋体育大学)
  -木村 圭佑(滋賀・京都産業大学)
  -山本  隼(山梨・中央大学)
  -和田  力 (和歌山・日本大学)

【大会サイト】
http://www.toj.co.jp/2013/

【JCF日本自転車連盟ホームページ上告知】
http://jcf.or.jp/?p=28075

橋詰丈(17歳)がクロアチア開催の『ツアー・オブ・イストリア(4/19-21)』に日本代表として参戦

橋詰丈(17歳)がクロアチア開催の『ツアー・オブ・イストリア(4/19-21)』に日本代表として参戦


(◆2012年大会の模様)

EQADSエカーズ準所属の橋詰丈(17歳)が、4/19-21にクロアチアで開催の「UCIジュニアネイションズカップ」の一戦、『ツアー・オブ・イストリア』に日本代表チーム選手として参戦いたします。「UCIジュニアネイションズカップ」とはジュニア選手(17-18歳)の国別対抗ワールドカップシリーズ戦で、これから各国を担う若手選手が多数出場いたします。何卒応援の程宜しくお願い申し上げます。

【大会名】 
『ツアー・オブ・イストリア』
Tour of Istria - Memorial Edi Rajkovic
(UCIジュニアネイションズカップ戦)

<大会公式サイト>
http://www.bk-loborika.hr/

【開催地】
クロアチア

【開催期間】 
大会期間 平成25年4月19日(木)~21日(日)
派遣期間 平成25年4月16日(火)~23日(火)

【カテゴリー】
各国代表ジュニア(17-18歳選手)

【レース概要】
第1ステージ(中級山岳)=97km
第2ステージ(中級山岳)=90km
第3ステージ(中級山岳)=115km

<2012年度版テクニカルガイド(PDF)>
http://bk-loborika.hr/sites/default/files/u8/Technical%20guide%20-%20Tour%20of%20Istria%202012%2011.04.pdf

<開催地クロアチアの場所>

大きな地図で見る

【代表選手団】
<監  督>
  -柿 木 孝 之(ジュニア強化育成部会)
<コーチ>
  -坂井田 米 治(ジュニア強化育成部会長)
<メカニック>
  山 脇 靖 宏(ジュニア強化育成部会)
<選  手>
     黒 枝 咲 哉(大分・日出暘谷高校)
     吉 田 優 樹(福島・日本大学)
     横 山 航 太(長野・篠ノ井高校)
     山 本 大 喜(奈良・榛生昇陽高校)
     岡   篤 志(茨城・キャノンデール・チャンピオンシステム)
     橋 詰   丈(東京・昭和第一学園高校/エカーズ準所属)

【橋詰丈からのコメント】

橋詰丈プロフィール
『初めての日本代表での海外遠征ですが、世界の舞台で戦えるのはとても楽しみで、ようやくスタートに立った気持ちです。
代表として結果は大事ではありますが、結果だけにこだわらずに今後の世界選手権に向けてたくさんの事を吸収してきたいと思います。応援よろしくお願いします。』

*******************

【チーム参考リンク】
<エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=31

<2月17日『EQA U23チーム発表会』レポート>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=553

『UCIネイションズカップレースU23』他(4/6-25)にEQA U23選手&浅田監督が日本代表として参戦

『UCIネイションズカップレースU23』他(4/6-25)にEQA U23選手&浅田監督が日本代表として参戦



エキップアサダの浅田顕監督&EQA U23選手らが、4/6-25に欧州にて開催される23歳以下のワールドカップシリーズとも云える『UCIネイションズカップレースU23』他にて日本代表チームとして戦います。応援の程宜しくお願い申し上げます。

【大会名①】 
『UCIネイションズカップレースU23』(シリーズ戦)

<カテゴリー>
UCI Europe Tour 1.Ncup

■4月6日『ロンド・ファン・フラーンデレン ベロフテン』(ベルギー)
=ツール・ド・フランドルU23
(Ronde van Vlaanderen Beloften)
■4月10日『ラ コート ピカルド』(フランス)
(La Côte Picarde)
■4月13日『ZLM ツアー』(オランダ)
(ZLM tour)
(*中止)■4/16-20『トスカナ・テッラ ディ シクリスモ・コパ デレ ナッツィオーニ』(イタリア)
(Toscana-Terra di ciclismo-Coppa delle Nazioni)
*主催者都合によりレースが中止となりました(4月6日決定)。

【代表選手団】
<監  督>
  -浅田  顕(JCFロード強化スタッフ)
<コーチ>
  -橋川  健(JCFロード強化スタッフ)
<メカニック>
  -高橋 優平(JCFロード強化支援スタッフ)
<マッサー>
  -ニコラ・クドレ Nicolas COUDRAY
<選  手>
     秋 丸 湧 哉(大 阪・EQA U23)
     黒 枝 士 揮(大 分・鹿屋体育大学)
     山 本 元 喜(奈 良・鹿屋体育大学)
     六 峰   亘(大 分・ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
     寺 崎 武 郎(福 井・EQA U23)
     西 村 大 輝(東 京・シマノレーシング)

補 欠 木 下 智 裕(神奈川・WCC/エカーズ)
     清 水 太 己(東 京・EQA U23)

     小 橋 勇 利(愛 媛・ボンシャンス飯田)

【大会サイト】
http://www.uci.ch/templates/BUILTIN-NOFRAMES/Template1/layout.asp?MenuId=MTY0MDc&LangId=1

**********************

【大会名②】 
『グラン プレシオ デラ リベラツィオーネ』
(Toscana-Terra di ciclismo-Coppa delle Nazioni)

<開催日>
4月25日

<カテゴリー>
UCI Europe Tour 1.2U
*本レースは『UCIネイションズカップレースU23』シリーズには含まれません

【代表選手団】
<選  手>
     小 橋 勇 利(愛 媛・ボンシャンス飯田)
     菱 沼 由季典(神奈川・チームユーラシア)
     六 峰   亘(大 分・ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
     寺 崎 武 郎(福 井・EQA U23)
     秋 丸 湧 哉(大 阪・EQA U23)
     清 水 太 己(東 京・EQA U23)
     面 手 利 輝(神奈川・EQA U23)
     木 下 智 裕(神奈川・WCC/エカーズ)


【JCF日本自転車連盟ホームページ上告知】
http://jcf.or.jp/?p=27721#more-27721
STAFF LOG IN PAGE TOP