ニュースリリース

エキップアサダ2009年チーム編成について

プレスリリース

2008年 12月 10日
埼玉県東松山市新郷193-3
株式会社シクリズムジャポン


2009年チーム編成について


 プロサイクリングチーム エキップアサダ(運営=株式会社シクリズムジャポン、代表取締役 浅田 顕)は2009年のチーム編成に関して次のように発表いたします。


【2009年チーム編成】

チーム登録名
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
( 英語表記: EQA-MeitanHompo-Graphite Design )

登録区分
UCIコンチネンタルチーム

メンバーシップ
監督  水谷壮宏(35) 浅田 顕(41)

選手
・清水都貴(27) 2008年PARIS-CORRÉZE 個人総合優勝 他
・福島晋一(37) 2008年ツアーオブジャパン美濃ステージ優勝 他
・岡崎和也(36) 2008年全日本選手権個人TT優勝 他
・増田成幸(26) 2007年JツアーU26ランキング1位 他
・中島康晴(24) 2008年ツールドおきなわチーム総合優勝 他
・菊池誠晃(23) 2007年GP-PLUMELIN(フランスエリート)優勝 他

~以下新規加入選手~

・PARK SUNG BAEK<パク・ソンベク>(24) 韓国
 2007年TOUR DE KOREA(2.2) ステージ5勝含む個人総合優勝
 2008年北京五輪ロードレース 韓国代表

・SEO JOON YONG<ソウ・ジュニヨン>(20) 韓国
 2008年 梅丹本舗・GDR研修生
 韓国国民体育大会 個人TT優勝
 ワールドカップトラック メルボルン大会 ポイントレース 銀メダル

・Mickael DAMIENS<ミカエル・ダミアン>(23) フランス
 2008年ミディピレネー地方チャンピオン 他

・Guillaume PONT <ギヨーム・ポン>(30) フランス
 2008年TOUR DE PIEMONT-PYRENEEN 個人総合優勝 他

・Gregor GAZVODA<グレゴール・ガズヴォダ>(27) スロベニア
 2008年スロベニア個人TTチャンピオン UCIレース3勝

以上、選手11名


宮澤崇史、新城幸也の昇格移籍が決まった後、時期的に日本人選手獲得が困難な状況下、韓国のエース2人と欧州選手の採用により、事実上の実戦力アップに成功しました。チームは2月1日から始まるTOUR OF QATAR (2.1) を初戦とし、引き続き国内外レースを転戦いたします。引き続きご注目ください。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社シクリズムジャポン 0493-24-5547 株式会社シクリズムジャポンまで

韓国のエース、パク・ソンベク選手加入のお知らせ

プレスリリース

2008年 12月 04日
株式会社シクリズムジャポン
代表取締役 浅田 顕


韓国のエース、パク・ソンベク選手加入のお知らせ


 プロサイクリングチーム エキップアサダは2009年度のチーム編成に関して、韓国ロードレース界のエース、パク・ソンベク(PARK Sung Baek)選手を新規メンバーとして迎えることになりましたことお知らせいたします。

 朴選手はソウルサイクリング(UCIコンチネンタルチーム)に所属する23歳。ゴールスプリントでは世界に通用する爆発力を持つ選手でチームエースのひとりとしての走りが期待されます。

 以前より当チームとの親交が深いパク選手ですが、今回の移籍にあたっては、彼の成長を誰よりも願うソウルサイクリングのチョン・テユン監督 (CHUNG tae yoon)をはじめとする関係者の深い理解と協力により、実現いたしました。

【パク・ソンベク選手プロフィール】
1985年2月27日生まれ 23歳 ソウル市出身 176cm/70kg

主な戦績
2007年TOUR DE KOREA 個人総合優勝
2008年北京オリンピックロードレース 韓国代表

パク選手は契約のために現在来日中で、12月7日赤坂にて行われるエキップアサダイヤーエンドパーティーにもゲストとして参加する予定です。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社シクリズムジャポン エキップアサダ事務局 Tel 0493-24-5547

福島康司現役引退のお知らせ

 
 
福島康司現役引退のお知らせ


 プロサイクリングチーム エキップアサダ(2008年登録名=梅丹本舗・GDR)所属選手の福島康司が今シーズンをもって第一線から退くことになりましたことご報告申しあげます。長きに渡りチームの戦力として戦ってきました福島康司ですが、今後は違った立場でチームに携わりチームのレベルアップに貢献してゆくことになります。

【以下 本人からのご挨拶】

ご支援者の皆様

 本日、わたくし福島康司は今シーズンを持ちまして引退することを決意いたしましたことを皆様にご報告いたします。これまでの競技生活では多くの方々に支えられ、数多くの成績と貴重な経験をすることが出来ましたことを大変幸せに思います。今後は違う立場でチームに携わり、これまでの経験、そして心底から溢れ出るサービス精神と無限のエネルギーを武器にチームへのサポートと自転車の普及発展に貢献してゆきたいと思います。
 
 これまでの選手生活での皆様のご支援、本当にありがとうございました。そしてこれからも自分にしか出来ない価値ある活動を続けて参りますので、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 新しいスタートにあっては今から心が躍ります。その内容に関しては12月7日のイヤーエンドパーティーでお知らせしたいと思います。

2008年12月1日 福島康司

新城幸也選手が、強豪UCI プロツアーチーム「ブイグテレコム」(仏)へ移籍

報道関係各位

2008年 11月 25日
株式会社シクリズムジャポン


【選手移籍のお知らせ】
新城幸也選手が、強豪UCI プロツアーチーム「ブイグテレコム」(仏)へ移籍


プロサイクリングチーム「エキップアサダ」(2008年登録名=梅丹本舗・GDR、監督:浅田顕(あきら))の新城幸也(あらしろゆきや)選手が、2009年度にフランスの強豪UCI プロツアーチーム「ブイグテレコム プロサイクリングチーム」(監督:ジャン-ルネ・ベルノドー)へ移籍する事になりました。
契約期間は2009年1月1日~12月31日の1年間。

新城幸也選手は沖縄県石垣島出身の24歳。トライアスロンやハンドボールの経験を経て、高校卒業後に自転車競技を始める。2007年に日本一を決定する「全日本自転車競技選手権大会ロードレース」で優勝し頭角を現す。世界一を決定する「世界選手権自転車ロードレース」に2005年から2008年まで4年連続出場(05年、06年はU23)、フランスの「ツール・ド・リムザン2008」ステージ優勝や、「ツール・ド・おきなわ2008」の完全優勝など、今最も期待されている若手日本人ロードレース選手の一人。

新城幸也選手の主な戦績:
全日本自転車競技選手権大会ロードレース2006(U23):優勝
世界自転車競技選手権大会ロードレース2006(U23):14位
全日本自転車競技選手権大会ロードレース2007:優勝
ジャパンカップ2007:5位
ツール・ド・リムザン2008:第2ステージ優勝
ツール・ド・おきなわ2008:第1&第2ステージ優勝=総合優勝

新城幸也選手のコメント:
「新城幸也は2009年シーズン、フランスのブイグテレコムと選手契約をいたしました。これまで自分の走りを支えてくださった皆様方、そして最高のチームメイトの元を離れることになりましたが、「夢へ」一歩近づくチャンスを頂いたことに感謝し、来シーズンの更なる飛躍をお約束いたします。」

ブイグテレコム監督、ジャン-ルネ・ベルノドーのコメント:
「新たな挑戦への糸口を渇望する我々は、日本の前途有望な選手への扉を開く事により、私たちが今まで知らなかったもう一つの自転車競技の進化を知る事になるだろう。ユキヤ(新城幸也)は真の可能性を秘めた選手であり、既に数々の勝利(2007年全日本チャンプ、「ツール・ド・リムザン2008」ステージ優勝)がそれを証明している。彼はアタッカーであり、スピードもあり、そして山岳コースを物ともしない。ヨーロッパでの彼の活躍を見るのは非常に興味深い。我々は彼をグランツールの一つのスタートラインに立たせたいとも考えており、大いなる活躍を今から楽しみにしている。」

浅田顕、エキップアサダ(2008年登録名=梅丹本舗・GDR)監督のコメント:
「日本の代表として唯一のプロツアーライダーを輩出できることを嬉しく思います。これは彼一人のものではなく、本場で一緒に戦ってきた選手とスタッフ達の努力と収めた実績への評価、そして未来です。次のステージへ先行し更に実力を上げてゆく新城幸也と宮澤崇史(09年、イタリア「アミーカチップス・クナウフ」へ移籍)の2人をバックアップしながら、チームとして再び迎え入れるべく努力をしてまいります。」

【ブイグテレコム プロサイクリングチームについて】
「ブイグテレコム プロサイリングチーム」(Bouygues Telecom Equipe Cycliste Professionnelle)は、国際自転車連盟(UCI)によるプロチーム格付け最上位である「UCI プロツアー」に名を連ねる強豪チーム。メインスポンサーはフランスの大手携帯電話会社「ブイグテレコム(Bouygues Telecom)」 http://www.bouyguestelecom.fr/

1991年にVendée U(エリートアマチュア)として設立、2000年のプロ昇格以降、世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」に9年連続出場を果たす「ツール常連チーム」(前身の"Bonjour"、"Brioches La Boulangère"時代を含む)。2004年の「ツール・ド・フランス」でリーダージャージ「マイヨジョーヌ」を10日間着用したトマ・ヴォクレール(仏)選手や、2005年のフランスチャンピオンであるピエリック・フェドリゴ(仏)選手などを擁す。監督は自らも「ツール・ド・フランス」総合5位(1987年)の経験があるジャン-ルネ・ベルノドー。

チームウェブページ(仏語)→ http://www.equipebouyguestelecom.fr/

【プロサイクリングチーム「エキップアサダ」(2008年登録名=梅丹本舗・GDR)について】
プロサイクリングチーム、エキップアサダは、世界的な大人気スポーツの一つ、自転車競技の華とされるサイクルロードレースの最高峰、「ツール・ド・フランス」への出場と活躍を目標に掲げ、2006年に発足した日本初の独立プロサイクリングチームです。北京五輪代表選手や世界選手権代表選手や、海外経験豊富なスタッフを擁し、アジア最強のプロサイクリングチームとして世界を股にかけ活躍中です。

運営会社は「株式会社シクリズムジャポン」
(所在地:埼玉県東松山、代表取締役/監督:浅田顕)

チームウェブページ → http://www.cyclisme-japon.net/



<本件についての問合せ先>
株式会社シクリズムジャポン(新城幸也選手 2009年日本広報窓口)
広報:山崎健一
TEL:049-359-8400
E-mail: kyamazaki@cyclisme-japon.net

エキップアサダ2008年メンバー構成について

エキップアサダの2008年所属選手構成を発表いたします。

新しく4名の選手が加入しました。チームミヤタからこの1年間で登坂力をつけたクライマーの増田成幸、ダイハツボンシャンス飯田から昨年フランスのクラブチームに所属し実力をつけている若手の菊池誠晃、今年ツール・ド・ニューカレドニアで総合優勝したダイハツボンシャンス飯田所属の台湾人でチーム最年少19歳のワン・インチー、昨年までポルトガルのチームに所属していたマレーシア人のNG Yong Liが加わり、 メンバーは12選手で2008年1月1日から新体制で活動いたします。

 UCI登録名は、『梅丹本舗 ・GDR』、チームのカテゴリーはUCIコンチネンタルとなります。今年同様、新体制のチームのご支援、ご声援よろしくお願いい たします。


◆2008年メンバー *は新規加入、( )は2007年所属チーム

福島晋一
岡崎和也
福島康司
宮澤崇史
マハウォン・ブラジャック
清水都貴
新城幸也
中島康晴

*増田成幸(チームミヤタ)
*菊池誠晃(ダイハツボンシャンス飯田/UCK Vannes)
*NG Yong Li(Vitoria ASC)
*王胤之:ワン・インチー(ダイハツボンシャンス飯田)

エキップアサダの新規スポンサーについて

エキップアサダは2008年新シーズンより、株式会社グラファイトデザイン(本社:埼玉県秩父市、代表取締役社長:山田惠)を新たにチームスポンサーの1社として迎えることになりましたことをご報告申し上げます。

ゴルフ業界でカーボンシャフトのトップブランドメーカーとして知られる同社ですが、エキップアサダへのスポンサーシップとレースバイクの供給を通じ、世界視野のJAPAN BIKE開発が始まることになります。

2008年新体制については後日改めて発表いたしますので、引き続きご注目ください。

2007年12月7日
浅田 顕

第1回エキップアサダトライアウト2007合格者のお知らせ

第1回エキップアサダトライアウト2007合格者のお知らせ

~6人の1次候補選手の中から大友 岳人さんが選出~


チームと共にツール・ド・フランスを目指す若いアスリートを広く発掘したいと企画された”NIPPOコーーポレーション・梅丹本舗・エキップアサダ・トライアウト2007”。

わずかの公募期間と限定された告知ながらも全国から応募頂いた多くの方の中から、第一次選考を通過した6名の候補者が去る6月2日・3日に伊豆・修善寺に集合。

ツアー・オブ・ジャパンを終えたばかりの選手とスタッフも参加してトライアウトを開催致しました。

初日に400mピスト、2日目にロードでの実地走行を実施。
選手も並走して参加者のポテンシャルを審査致しました。

2日夜に実施した個人面談を含めて慎重に審査した結果、

大友 岳人 20歳 宮城県出身

を、合格者として決定。
今後は7月末からの欧州クラブチーム研修に向けた調整が始まります。


残念ながら選出から漏れた選手においてもチームは今後の競技活動を見守り、アドバイスしていきたいと考えております。

チームは今後も積極的に新しい才能を求めてトライアウト等の実施を定期的に行っていく予定です。
皆様のご理解とご協力何卒宜しくお願い申し上げます。

-----------------------------------------

エキップアサダ監督 浅田顕からのコメント


6月の2日と3日の2日間にかけて伊豆市の日本サイクル スポーツセンターで第1回トライアウトを開催しました。
参加してくれた選手の皆様、応援にかけつけた観客の皆様、誠にありがとうございました。

1次選考を通過した6名という少ない人数でしたが、それで も一人一人の走りをしっかり見ることは大変でした。

今回は特に自転車競技歴のない選手が殆どでしたが、 全力を尽くす姿はとても感動的で、情熱はトップ選手に勝るとも劣らないものでした。日本にもこんなに自転車に対 する情熱とパワーを持っている若者がいるのなら、この企画はこれからも続けるべきだと強く感じています。

今回選ばれる選手、選ばれない選手ともそれぞれの課題 と向き合い力を高めてほしいと思います。

いまから第2回が楽しみです。

エキップアサダ トライアウト一次合格者発表のお知らせ

エキップアサダ トライアウト一次合格者発表のお知らせ

チームと共にツール・ド・フランスを目指す若いアスリートを広く発掘したいと企画された”NIPPOコーーポレーション・梅丹本舗・エキップアサダ・トライアウト2007”。

わずかの公募期間と限定された告知ながらも全国から十数人の志を持った若いアスリートの皆様からのご応募を頂戴致しました。あらためてご応募頂いた方々にチームから御礼を申し上げます。

この度、フランスより帰国致しましたチーム及びスタッフにて選考会議を行い、下記にご紹介致します6名の候補者を2次トライアウト(実技)に招聘する事になりました。


今回の選考にあたっては 

○基礎身体能力 ○各種競技歴  ○作文

をベースとしてスタッフにて協議を重ねて候補者の選出を行いました。今回のトライアウトにおいてはなるべく新しい才能の発掘に重点をおき、自転車歴よりも将来性を判断の基準とし、様々なスポーツ選手の中から候補を選びました。その結果、自転車の競技歴の長い選手や優秀な成績をおさめつつある選手でも今回の選出から漏れた方もいますが残念ながら選出から漏れた選手においても今後の競技活動を見守って行きたいと考えております。


チームは今後も積極的に新しい才能を求めてトライアウト等の実施を定期的に行っていく予定です。
皆様のご理解とご協力何卒宜しくお願い申し上げます。


~今回の選考にあたってチーム監督、浅田顥よりご挨拶~

今回は多数の申し込みを頂き、誠にありがとうございます。本選においては皆様の夢に向かう情熱とパワーで無限の可能性を感じさせて頂く事を期待しています。


なお2次選考会は伊豆修善寺の日本サイクルスポーツセンターにて開催します。取材の申し込みにつきましては添付の取材申込書に記入の上、5月31日までにご返信をお願い申し上げます。


エキップアサダ トライアウト2007合格者
==============================
(氏名、年齢、現住所、競技歴)
大友 岳人 20歳 東京都  サッカー、ロードレース
石澤 亮輔 22歳 宮崎県  野球
土屋 拓也 19歳 山口県  野球、陸上、ラグビー
樋口 禎人 18歳 神奈川県 サッカー、陸上
芳野 真央 18歳 東京都  陸上
余田 征  23歳 神奈川県 未経験

後のスケジュール
==============================
公開トライアウト : 6月2日(土)、3日(日)
場所 : 日本サイクルスポーツセンター http://www.csc.or.jp/
住所 : 〒410-2402静岡県伊豆市大野1826番地 TEL : 0558-79-0001

最終合格者発表 : 6月10日前後発表(オフィシャルウェブサイト上にて発表)
7月末-8月 : 欧州クラブチーム研修
9月以降 : 国内クラブチームへの派遣

*この件に関するお問い合わせ、ご質問はエキップアサダ事務局
担当:奥村、鈴木にご連絡ください。06-6457-3235

エキップアサダサポーターズショップ募集開始のお知らせ

サポーターズショップはチームをサポートしていきたい”というショップの皆様からのご支援の声を頂戴しスタートさせて頂く事になりました。
ショップの皆様のご協力の元、よいチーム環境を整えてチームスタッフ一丸となり07年度シーズンを戦います。又、ショップにご支援を頂くにあたり、様々な特典をご用意しております。
サポーターズショップの概要については下記URLをご参照ください。

http://www.ses-i.biz/ea/supportersshop.html

エキップアサダトライアウト募集開始のお知らせ

トライアウトは競技を問わずチームと夢を共有できる若い才能を広く発掘するためにチームが主催で行う企画です。
書類審査を経て6月2日3日に日本サイクルスポーツセンターにて実技の試験を経て選手を選定致します。トライアウト通過者は夏休みの期間に欧州へのクラブチームへの派遣や国内のクラブチームへの派遣を通じてチームが選手の育成を行うものです。
トライアウトの概要については下記URLをご参照ください。

http://www.ses-i.biz/ea/tryout.html
STAFF LOG IN PAGE TOP