HOME  > ニュースリリース  > 最新エントリー

ニュースリリース

第8回エキップアサダ『トライアウト(選手選考会)』を5月12日に開催(春のしもふさクリテと併催)

■重要:受験選手へ■
トライアウトへの招集メールを受信した選手はメール内の案内に従って5月8日(水)迄に必ず『招集受諾』の連絡を行なって下さい。連絡のない選手は受験不可=失格と致します(傷害保険に加入致しません)。




  *  *  *



「エキップアサダ」選手育成プロジェクト
~目指せツール・ド・フランス!~


第8回エキップアサダ『トライアウト(選手選考会)』を5月12日(日)に開催。[b]<参加申し込みは締め切りました(5月3日)>

[color=ff0033]*自転車競技未経験者歓迎

エキップアサダは世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」で将来戦える選手を探しています。

採用された選手は『EQADS/エカーズ(エキップアサダ強化選手)』の一員として、年間を通したトレーニング指導を行い、選手のレベルアップを目的とした海外遠征等のサポートを行います。何が何でも「ツール・ド・フランス」に出場したい選手は是非ご応募ください。自転車競技未経験者大歓迎です。

◆参考リンク
【2011年2月13日開催時の報告レポート】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/details.php?bid=456

【EQADS/エカーズ&EQA U23の体制について】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=31

【EQADS/エカーズ&EQA U23の活動例(レースレポート)】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/

<第8回エキップアサダ『トライアウト』実施要項>


【開催日時】
2013年5月12日(日)(雨天決行)


【開催場所】
千葉県成田市 下総運動公園(フレンドリーパーク)
〒289-0108 千葉県成田市高岡1435
http://www.city.narita.chiba.jp/sisei/sosiki/shosport/std0012.html

★本トライアウトは「春のしもふさクリテinフレンドリーパーク下総」との併催になります

http://crra.powertag.jp/haru_shimofusa/guide.html


【応募者必須事項】
-なにがなんでもツール・ド・フランスに出場したいという強固な意志。
-ツール・ド・フランスで活躍出来る体力、精神力のある方、または今後の成長が望める選手。
-当日競技用自転車を用意できる選手。
*自転車競技未経験者歓迎


【対象年齢】
原則として2013年誕生日で13歳以上20歳以下の選手。
(対象年齢以外の選手も相談可。)


【募集人数】
未定。
(適格者が居ない場合には未採用の場合もあります)


【採用までの流れ】
1)第一次書類選考(5月3日募集締め切り後に即実施)
2)トライアウトへの招集=5月6日前後
3)5月12日「トライアウト」開催
4)5月17日までに各自に結果通知


【トライアウト予定内容】
-走行力チェック
-模擬レース形式


【トライアウト招集時の実施場所&予定時間】
10時招集予定
16時解散予定


【トライアウト合格者の活動例】
-トライアウト合格選手は日本では『エカーズ(エキップアサダ強化選手)』チームに所属しトレーニング&レース活動を行うと共に、選手レベルに応じた海外遠征(フランス等)を致します。
◆EQADS/エカーズ&EQA U23の活動例(レースレポート)◆
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/


【応募方法】
下記必要事項を任意フォーマット(メール文章、ワード、エクセル等)に明記し、
指定のメールアドレスにメール件名『5/12トライアウト応募』で応募下さい:

-氏名 / 生年月日 / 住所 / 電話番号 / メールアドレス / 身長 / 体重 / 最終学歴
-スポーツ歴(自転車競技歴がある場合は具体的な成績を記載)
-自己PR(自由論文)

【トライアウト応募用メールアドレス】
office@cyclisme-japon.net

*2013年5月3日24時必着。
*18歳以下の書類選考通過選手には、保護者による承諾書にサインしていただきます(該当者に後日メールにて発送致します)


【本件に関するお問合せ先】
〒355-0071
埼玉県東松山市新郷442-4
株式会社シクリズムジャポン
0493-59-8400
office@cyclisme-japon.net
担当:浅田・山崎

木下智裕(エカーズ)のUCI世界自転車競技連盟直轄トレーニングセンター(WCC/CMC)派遣が決定

【木下智裕(エカーズ)のUCI世界自転車競技連盟直轄トレーニングセンター(WCC/CMC)派遣が決定】


UCI、及びワールドサイクリングセンターのロゴ

2009年のトライアウトを通過して以来、エキップアサダ強化選手チーム『EQADS/エカーズ』の一員として世界レベルのプロ選手を目指し活動してきた木下智裕。


木下智裕(エカーズ&WCC/CMC)
1991年4月19日生まれ/神奈川県出身/2012年度アジアU23ロードチャンピオン

その木下智裕の仏エリートアマチュアレースでの好成績や2012年アジア選手権U23ロードレース優勝などの活躍が認められ、本年度よりスイスにあるUCI(世界自転車競技連盟)直轄のワールドサイクリングセンター(WCC/CMC)への派遣が決定致しました。
ロードレース選手としてのWCC/CMC派遣は日本人初となります。派遣開始は3月下旬を予定。

木下は世界中の有望な選手が集められたUCI直轄多国籍チーム「チームWCC/CMC」に所属し、欧州のハイレベルアマチュアレースを転戦致します。


2012年アジア選手権U23ロードレース優勝シーン
photo:中村 賢二氏(日本自転車競技連盟)


【UCIワールドサイクリングセンター(WCC/CMC)の説明】

ワールドトレーニングセンター(WCC/CMC)はスイス・エーグルを本拠地とする「UCI」(世界自転車競技連盟)が運営する最先端自転車選手養成施設。
フランス語名はCentre Mondial du Cyclisme(CMC)。優秀なコーチ陣や設備を備え、世界最先端のトレーニング技術を採用しています。

WCC/CMCの目的は、自転車競技がまだ発展していない国々の有望選手を集め、欧州トッププロ界への道筋を作る事にあり、欧州のトップクラスアマチュアレース(ネーションズカップ等)を主戦場としています。
■ワールドサイクリングセンター(WCC/CMC)ホームページ(仏語)■


【木下智裕からのコメント】
『先日のツアー・オブ・ オマーンでは世界のトップ選手と闘う機会を与えて頂き、そこで受けた刺激が”なにがなんでもトッププロ世界に行く”という僕の覚悟をより一層強めてくれました。そしてこの度は日々応援下さる皆様方、日本自転車競技連盟様、エキップアサダのお陰でWCC/CMC派遣というこれ以上無いチャンスを掴ませて頂きました。今年が人生を大きく左右する年だという事を自覚して、来年は必ずトッププロの世界に飛び込みます。応援頂いている皆様には結果を以て恩返しを出来ればと思います。』


【浅田顕監督からのコメント】
『WCC/CMCは、どんなプロチーム直属のデベロップメントチームよりも質の高い強化活動をしていることはあまり知られていないかもしれないが、その活動に日本人ロード選手として初めて参加することで、木下選手の大きな成長に期待している。
今年はWCC/CMCの活動に集中しプロ契約という4年越しの目標を達成してほしい。』
*************

【参考リンク】
<エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=31

<2月17日『EQA U23チーム発表会』レポート>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=553

【アジア選手権レポ(トラック編)】一丸尚伍を含む日本代表『団体追い抜き』チームが日本新記録で銀メダル獲得!*一丸コメント追加

【アジア自転車競技選手権レポート(トラック編)】
*一丸コメント追加

一丸尚伍(EQA U23)を含む日本代表『団体追い抜き(エリート)』チームが日本新記録で銀メダル獲得!

一丸尚伍(EQA U23)を含む日本代表『団体追い抜き(チームパシュート)』チーム。
左から窪木一茂、橋本英也、一丸尚伍、伊藤和輝。(写真:JCF)

3月8日&9日にインド・ニューデリーで行われた『アジア自転車競技選手権大会』。一丸尚伍(EQA U23)が出場したトラック競技2種目のうち『団体追い抜き(エリート)』にて見事日本新記録で銀メダルを獲得致しました。

【一丸尚伍(EQA U23)出場トラック種目結果】

<男子エリート団体追い抜き(チームパシュート)決勝4km>
1位 大韓民国 4分10秒689(大会新)
2位 日本(窪木一茂、橋本英也、一丸尚伍、伊藤和輝)4分11秒103(日本新)
3位 ホンコンチャイナ 4分11秒323


(写真:JCF)


(写真:JCF)


*************


<男子エリートスクラッチ決勝(15km)>
1位 CHO, Hosung KOR
2位 NETEGHI, Hossein IRI
3位 LIU, Chin Feng TPE
8位 一丸 尚伍(大分・EQA U23)
*(スクラッチ競技ルール)トラックで行われるロードレース形態のレース。メイン集団に1周差を付けられた選手は失格となります。


中央が一丸 尚伍(写真:JCF)

**********

一丸 尚伍(EQA U23)

一丸 尚伍プロフィール

『トラックレースの国際大会は2010年のアジア選、世界選に出場して以来3年ぶりのレースでした。トラックレースはU23カテゴリーがなく、ジュニアカテゴリーの次はもうエリートカテゴリーです。
初めての国際大会エリートカテゴリーでしたが、今回のチームの目標はチームパーシュート(=団体追い抜き)で結果を残すこと。
予選では4分14秒7の日本新記録で韓国との1位2位決定戦に残ることができました。翌日の決定戦では予選よりも速い4分11秒1で走ることができましたが、少しの差(0.4秒)で韓国に敗れてしまいました。しかし、メンバーでの練習は多くなかったのでそれを考えると良かったのではないだろうかと思います。
また、チームでの修正点、個人の修正点、反省点を知ることのできる大切な大会であったと思います。
これからまだ足りない部分をしっかり強化していきます。
応援していただいた皆様ありがとうございました。』

一丸尚伍
(アジア選手権日本代表トラック”エリート”チーム/EQA U23)

****************


【一丸尚伍&木下智裕がアジア選手権(インド開催)日本代表に選出(2/1掲載)】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=32

【エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=538

【アジア自転車競技選手権大会ホームページ】
http://www.asiancycling.com/02_events/programDetail.asp?tblName=eventNews&part=all&id=20121112104933676

一丸尚伍&木下智裕がアジア選手権(インド開催)日本代表に選出

【一丸尚伍&木下智裕がアジア選手権日本代表に選出されました】

一丸尚伍(写真左、EQA U23所属)と木下智裕(写真右、2013年はUCIワールドサイクリングセンターへ派遣)が3月7日(木)~17日(日)までインドで開催される『第33回アジア自転車競技選手権大会』の日本代表選手に選出されました。

なお木下智裕は2012年大会のU23ロードレース覇者であり、2連覇を狙っての参加となります:

一丸尚伍プロフィール:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/content0091.html

木下智裕プロフィール(2012年度のものとなります):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/content0072.html

【大会名】
第33回アジア自転車競技選手権大会
第20回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会

【開催場所】
インド・ニューデリー

【大会期間】
2013年3月7日(木)~平成24年3月17日(日)
<トラック>3月7日(木)~11日(月);派遣4日~13日
<ロード> 3月13日(水)~17日(日);派遣10日~19日

【派遣期間】
2013年 3月4日(月)~3月19日(火)

【代表選手団】
-監 督:松本  整(ナショナルチーム総監督)
-コーチ:坂本  勉(ナショナルコーチ)
       高橋 松吉(強化コーチ)
       飯島  誠(強化コーチ)
       村田 正洋(アシスタントコーチ)
       山本 宏恒(ジュニア強化スタッフ)
       柿木 孝之(ジュニア強化スタッフ)
-アドバイザー:沖  美穂(強化アドバイザー)
-メカニック:森  昭雄(強化スタッフ)
       藤原冨美男(強化スタッフ)
-マッサー:柳  浩史(強化スタッフ)
       森  典隆(強化スタッフ)
       石田 宗男(強化スタッフ)
-ドクター:金井 貴夫(支援ドクター)
-総 務:貝塚 直子(事務局)
-選 手

   <エリート・トラック>(13名)
     坂本 貴史(JPCA・JPCU青森)
     稲毛 健太(JPCA・JPCU和歌山)
     和田真久留(JPCA・JPCU神奈川)
     脇本 雄太(JPCA・JPCU福井)
     窪木 一茂(和歌山・和歌山県庁)
     橋本 英也(岐阜・鹿屋体育大学)
     一丸 尚伍(大分・エカーズ・U23)
     伊藤 和輝(東京・昭和第一学園高校)
     加瀬加奈子(JPCA・JPCU新潟)
     中川 諒子(JPCA・JPCU新潟)
     上野みなみ(青森・鹿屋体育大学)
     塚越さくら(鹿児島・鹿屋体育大学)
     小島 蓉子(千葉・日本体育大学)
     
   <エリート・ロード>(8名)
     佐野 淳哉(埼玉・VINI FANTINI)
     西谷 泰治(愛知・愛三工業レーシング)
     盛  一大(愛知・愛三工業レーシング)
     畑中 勇介(東京・シマノレーシング)
     萩原麻由子(群馬・ドリームチーム)
     與那嶺恵理(茨城・フォルツァ)
     上野みなみ(青森・鹿屋体育大学)
     塚越さくら(鹿児島・屋体育大学)

   <U23・ロード>(4名)
     木下 智裕(神奈川・エカーズ・U23)
     山本 元喜(奈良・鹿屋体育大学)
     黒枝 士揮(大分・鹿屋体育大学)
     六峰  亘(大分・ブリヂストンアンカー)
     (男子16名、女子7名計23名)
     ※ジュニア選手については、後日決定予定

【JCF日本自転車競技連盟ホームページでの告知】
http://jcf.or.jp/?p=26009#more-26009

【エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=538

【2013年元旦更新】エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ

【エキップアサダ強化選手チーム2013年度体制のお知らせ】
株式会社シクリズムジャポン
2013/1/1更新版



ツール・ド・フランスを目指す「エキップアサダ」(株式会社シクリズムジャポン運営、代表:浅田顕)が、若手空洞化に直面している日本ロード界の次世代選手を発掘・強化し、世界最高峰のプロ競技界で活躍出来る選手を輩出させるために発足させたエキップアサダ強化選手チーム『エカーズ』。

2013年度からはより具体的に世界のプロエリートクラスへと繋がる体制を取るべく
「EQA U23(イーキューエー・ユー・ニジュウサン)」(=選抜チーム)
「EQADS(エカーズ)」

の2階級構造へと移行致します。

  *  *  *

【EQA U23(イーキューエー・ユー・ニジュウサン)】=選抜チーム
<目的>
 U23カテゴリーでの世界TOP10選手の輩出を目的とします。
<ウェア>(2013年元日追記)


*ウェアの詳細画像はこちらでご覧ください:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=543

<活動内容>
 欧州トップアマチュアカテゴリーレース、国内選手権、JBCF「J PROTOUR」に参戦致します。
<対象者>
 2013年度U23カテゴリーで特に優秀な男子選手
<メンバー>
 *年齢は2013年度年齢です
寺崎 武郎 テラサキタケロウ(22歳):2012年世界選手権U23日本代表
椿 大志 ツバキヒロシ(22歳):2012年全日本選手権個人TT U23 優勝=日本チャンピオン
秋丸 湧哉 アキマルユウヤ(22歳):2012年全日本選手権ロード エリート 13位
一丸 尚伍 イチマルショウゴ(21歳):2012年GPアルビ(仏1,2,3カテゴリー)6位
清水 太己 シミズオオコ(20歳):2012年GPカズ・モンドナール(仏1,2,3コテゴリー)2位
面手 利輝 オモテトシキ(20歳):2012年全日本選手権ロードU23  2位
代 凌介 ダイリョウスケ(20歳):2012年3days熊野 E1 第2ステージ 優勝
内野 直也 ウチノナオヤ(19歳):2012年全日本選手権個人TT ジュニア 2位

 *は”JCF日本自転車競技連盟 強化指定選手"
 *木下智裕はUCI国際自転車競技連合ワールドサイクリングセンター(WCC/CMC)研修プログラムへ参加予定: http://www.cmc-aigle.ch/

■EQA U23選手詳細プロフィールは下記URLから:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/category0021.html


【EQADS(エカーズ)】
<目的>
 世界に通用する日本人選手の発掘と育成を目的とします
<ジャージ>

<活動内容>
 国内レース、トレーニング活動と欧州短期遠征(欧州遠征メンバーは選抜制)
<対象者>
 原則としてU17、JUNIOR、U23カテゴリーでプロロードレーサーを志願する男子選手
<メンバー>
 *年齢は2013年度年齢です
市川 貴大 イチカワタカヒロ(20歳):2012年JBCF 群馬ロード E2 優勝
萩原 慎也 ハギワラシンヤ(20歳):2012年JBCF幕張クリテリウム E3クラス 優勝
蠣崎 藍道 カキザキランドウ(18歳、准所属選手:伊豆総合高校)
          :2012年国体 少年男子ポイントレース 3位
小山 貴大 コヤマタカヒロ(17歳、准所属選手:前橋育英高校)
          :2012年全国ジュニアロードレース 高校男子 5位
橋詰 丈 ハシズメジョウ(17歳、准所属選手:昭和第一高校)
          :全日本選手権ロード個人TT U17 優勝=日本チャンピオン
石上 優大 イシガミマサヒロ(16歳):2012年ジャパンカップ チャレンジクラス 優勝
渡辺 歩 ワタナベアユム(15歳、准所属選手)
          :2012年埼玉県クリテリウム 中学生クラス 2勝
蠣崎 優仁 カキザキユウジン(14歳):2012年シマノ鈴鹿ロード ユースⅢ・A クラス 優勝

■EQADS選手詳細プロフィールは下記URLから:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/category0022.html

【エキップアサダご協賛企業様】
(2013年元日追記。五十音順での掲載となります)

井上護謨工業株式会社( http://www.irc-tire.com/bc/ )
株式会社ウエイブワン( http://www.wave-one.com/ )
株式会社オージーケーカブト( http://www.ogkkabuto.co.jp/ )
株式会社ジャパンマテリアル( http://www.jama.co.jp/ )
パイオニア株式会社( http://pioneer.jp/ )
ブリヂストンサイクル株式会社http://www.bscycle.co.jp/ )
株式会社梅丹本舗http://www.meitanhonpo.jp/ )
渡辺クリニック( 茨城県下妻市本城町1-44-2 )

  *  *  *

以上、2013年度以降も「エキップアサダ」=『EQA U23』 & 『EQADS』はツール・ド・フランスでの活躍を目指しますので、何卒引き続き応援及びご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

株式会社シクリズムジャポン/エキップアサダ
http://www.cyclisme-japon.net

エカーズ新規加入選手のお知らせ(面手 利輝)

【エカーズ新規加入選手のお知らせ】

エキップアサダ強化選手チーム『エカーズ/EQADS』に新規選手が加入致しました事をご報告致します。


面手利輝:エカーズ選手。

【主な戦歴】:
2012年全日本選手権U23ロードレース:2位

<<面手利輝プロフィールへジャンプ>>


【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

2012年度エキップアサダ強化選手チーム『EQADS(エカーズ)』所属選手の発表(12月21日追記)

プレスリリース
2011年 12月 15日
(*12月21日追記>浅田顕がBSアンカーエスポワール強化監督就任の件を追記致しました)

株式会社シクリズムジャポン/エキップアサダ

2012年度エキップアサダ強化選手チーム『EQADS(エカーズ)』所属選手の発表

ツール・ド・フランス出場を目指す「エキップアサダ」は、2012年度を世界に通用する選手の発掘・強化、そして最も重要な「結果を出す」年度と位置付け、若手選手発掘・強化チーム『EQADS(エカーズ)』の活動に注力致します。

2011年度は全日本タイムトライアルU17での優勝(橋詰丈)や、秩父宮杯自転車競技大会での全カテゴリー完全制覇など、現『EQADS(エカーズ)』選手の年齢/レベルに於ける最高の結果を挙げることに成功し、彼らの真の可能性を感じさせるシーズンとなりました。2012年度も引き続き選手強化に励みながら、さらなる「結果」の追求を目指し、世界への歩を進めてまいります。


【2012年度『エカーズ(英語名:EQADS)』所属選手】
(氏名/フリガナ/生年月日/出身県)

・2011年度からの継続所属:
谷口 正洋(タニグチ マサヒロ)/1988年1月28日生/広島県
木下 智裕(キノシタ トモヒロ)/1991年4月19日生/神奈川県
一丸 尚伍(イチマル ショウゴ)/1992年1月4日生/福岡県
内山 巧崇(ウチヤマ ヨシタカ)/1992年10月11日生/静岡県
代 凌介(ダイ リョウスケ)/1993年11月1日生/埼玉県
石上 優大(イシガミ マサヒロ)/1997 年10月20日生/神奈川県

・准所属選手>高等学校体育連盟に主所属:
橋詰 丈(ハシヅメ ジョウ)/1996年6月12日生/千葉県
小山 貴大(コヤマ タカヒロ)/1996年11月28日生/群馬県

・2012年度からの新規所属選手:
市川 貴大(イチカワ タカヒロ)/1993年6月26日生/埼玉県
渡辺 歩(ワタナベ アユム)/1998年3月8日生/福島県

・2011年度末チーム退出選手:
海藤 稜馬(カイドウ リョウマ)/1990年8月29日生/山形県
小竹 俊輔(コタケ シュンスケ)/1989 年4月1日生/群馬県

*記載は年齢順となります

上記の10選手の他に『EQADS(エカーズ)』への昇格を目指す5名程の予備選手を「エキップアサダ」は指導してゆきます。

まだ各選手とも実績、経験は未熟なところもございますが、将来『ツール・ド・フランス』で戦い、勝利を挙げるため本質的競争をさせるべく本場欧州でのレース活動を行い、浅田顕監督による直接指導を通し日本屈指の精鋭部隊へと育て上げる所存です。

エキップアサダは今後も引き続き有望選手の発掘・強化活動を継続的に行なって参りますので、何卒御指導御鞭撻のほどお願い申し上げます。


【浅田監督によるコメント】
『2011年度、EQADS(エカーズ)は目に見える成長を遂げ、振り返る一年前のスタートラインがすでに遠くに見えます。しかしゴールは遥か先。さらに勢いを付けて進んで参ります。2012年度も応援の程宜しくお願い申し上げます。』

***********************

2011年度末チーム退出選手による皆様へのご挨拶:

海藤 稜馬:
「熟考の末、この度私はエカーズを去る決断を致しました。理由としては自ら設定していた『大学3年生までに全日本U23で優勝する』という目標を達成出来ず、これからの人生の方向性を考え直した結果です。今後はクラブチームの一員として楽しみながら競技に臨んでゆく所存です。ファンの皆様、ご支援頂いている企業の皆様、エカーズでは大変貴重な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。」

小竹 俊輔:
「今後の自らの選手生活の方向性を考え直し、チームを去ることを決断しました。エカーズでの濃密な1年間の経験は今後の選手生活の宝となるものです。貴重な経験をさせていただいた浅田監督、ご支援いただいている皆様には心から感謝しています。有難うございました。」

***********************
(12月21日追記)
エキップアサダ代表の浅田顕はチーム「ブリヂストンアンカー」のアンダー23チーム=『ブリヂストンアンカー・エスポワール』の外部強化監督に就任致しました。
***********************

【「エキップアサダ(Equipe Asada)」について】
エキップアサダ(Equipe Asada)は、世界的な大人気スポーツの一つ、自転車競技の華とされるサイクルロードレースの最高峰、「ツール・ド・フランス」への出場と活躍を目標に掲げて、2006年に発足したサイクリングプロジェクトチームです。

アジアを代表する自転車ロードレース監督である浅田顕率いるエキップアサダは、北京五輪代表選手、世界選手権代表選手、ツール・ド・フランス出場選手を輩出し、今最も世界に近い日本のサイクリングプロジェクトチームです。
運営会社は「株式会社シクリズムジャポン」
(所在地:埼玉県東松山、代表/チーム監督:浅田顕)

『EQADS(エカーズ)』活動内容紹介(2011年度版):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

『EQADS(エカーズ)』選手の募集は随時行なっておりますので、ご興味にある選手はご一報下さい:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=442

<本件についての問合せ先>
株式会社シクリズムジャポン
広報:山崎健一
TEL:0493-59-8400
E-mail: kyamazaki@cyclisme-japon.net

エキップアサダ強化選手チーム『EQADS(エカーズ)』では2012年度新規加入選手を追加募集しています

エキップアサダ強化選手チーム『EQADS(エカーズ)』では2012年新規加入選手を追加募集しています



●『EQADS(エカーズ)』活動内容
世界で活躍できる選手育成のためのレース及びトレーニング活動

●対象
【U23】
2012年度学業に従事する1992年及び1993年生まれの男子選手(1994年早生れ含む)で埼玉県東松山市を拠点に行われる毎週末の活動に自費で参加可能な選手

【U17&ジュニア】
1994年~1997年生まれの男子選手(1998年早生れ含む)で埼玉県東松山市を拠点に行われる毎週末の活動に自費で参加可能な選手

*高体連登録選手はEQADSのメンバーとして実業団登録はできませんが、所属先の許可がある条件でトレーニングや強化活動に参加する准所属選手として活動する枠があります。

*指導料や会費の徴収はありませんが、活動費用については自己負担を原則とします。

●募集人数 
U23=1名
U17&ジュニア=2名

●応募方法 
E-Mailまたは郵送にて(未成年者は保護者承諾書の”郵送”が必須です)
・氏名
・住所
・生年月日
・身長/体重
・学校名
・自転車歴と主な競技成績やタイム
・スポーツ歴と競技成績(陸上競技や水泳はタイムなど)
を弊社EQADS宛へお送りください。
なお募集は加入選手が決まり次第終了させて頂きます。

*未成年応募者は下記保護者承諾書をダウンロードの上、郵送にて提出下さい:


E-Mailアドレス: office@cyclisme-japon.net
郵送先: 〒355-0071埼玉県東松山市新郷442-4
株式会社シクリズムジャポン EQADS宛

●選考方法
書類選考の後、面接と実技テストを実施します。
書類選考通過者にはエキップアサダより連絡いたします。

選考は随時行い、定員に達し次第締め切りといたします。

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

エキップアサダ強化選手「エカーズ」から日本チャンピオンが誕生(U17TT橋詰丈)しました

【エキップアサダ強化選手「エカーズ」から日本チャンピオンが誕生(U17)しました】

エキップアサダ強化選手チームの橋詰丈が6月12日に開催された『全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大潟大会(秋田県)』にて優勝、見事個人タイムトライアルU17(17歳以下)日本チャンピオンとなりました:


(写真:U17でTT日本チャンピオンに輝いた橋詰)

【レース情報】
-レース正式名称:『全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大潟大会(秋田県)』
http://jcf.or.jp/?p=14745
-距離:30km(エリート&U23)、20km(ジュニア&U17)
-期間:2011年6月12日
-開催場所:秋田県大潟村ソーラースポーツライン

【リザルト】
<U23(19-22歳):距離30km>
優勝:吉田隼人(鹿屋体育大学):39min43sec204
2位:郡司昌紀(中央大学):+00min02sec30
3位:澤田賢匠(CIERVO NARA PRO CYCLING TEAM):+00min44sec90
6位:一丸尚伍(エカーズ):+02min09sec59
14位:海道稜馬(エカーズ):+03min52sec46


(写真:U23一年目で健闘し6位入賞の一丸尚伍)

<ジュニア(17-18歳):距離20km>
優勝:内野直也(湘南ベルマーレ):27min33sec937
2位:小石祐馬(京都MASSA FOCUS SUPER-B):+00min52sec12
3位:市川貴大(川越工高):+01min45sec10
12位:代凌介(エカーズ):+03min00sec12

<U17(13-16歳):距離20km>
優勝:橋詰丈(エカーズ):29min24秒
2位:伊藤舜紀(DOKYU Racing Club):+00min8sec54
3位:塩田航平(栄北高):+00min33sec79
5位:小山貴大(エカーズ):+01min50sec36


(写真:スタートの橋詰(U17))

【エカーズ選手レース後のコメント】
U17個人TTで全日本チャンピオンになった橋詰丈:
『優勝できてうれしいです。絶対勝つという意気込みで臨み、終始集中して走る事が出来ました。往路は完全追い風、復路は完全向かい風というコースは分かりやすくて、ある意味走りやすかったです。2週間後に控えた全日本ロードレースでももちろん優勝を狙います。ファンのみなさん、スポンサーサプライヤーのみなさん、浅田監督、チームスタッフの期待に応えられて本当にホッとしています。まだまだ先は長いのでこれからも気を抜かずに頑張ってゆきます』

【浅田顕監督の総括コメント】
『橋詰(中3)のU17での優勝は高校生を相手に大金星だった。
タイムトライアルは得手不得手はあるものの走力の指針となるので若い選手には大変重要な種目。重要なことは各選手が各自の課題に取り組み次回そして来年どのくらい平均速度を上げられているかだ』


(写真:U23一年目で健闘し6位入賞の一丸尚伍)


<<エカーズ選手プロフィールへジャンプ>>


<エカーズ『全日本TT』遠征情報>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/details.php?bid=481

2011年度「エキップアサダ」活動内容・選手発表

2011年度「エキップアサダ」活動内容・選手発表

自転車ロードレースチーム『エキップアサダ』の2011年度活動計画をここにご報告申し上げます。


【2011レーシングチーム活動説明】

1)プロチーム『エキップアサダ』
・チームの目標は世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」への出場&活躍です
・メインスポンサー獲得を視野に再開を準備中です


2)エキップアサダ強化選手チーム『エカーズ』
・14歳から23歳のツールライダーを目指す選手が所属しています
・国内での強化トレーニング&レース参戦
・欧州拠点(フランス・ツールーズ)での短中期レース活動をクラブチームへの派遣




3)トライアウト
・世界で活躍できる若い才能を発掘し『エカーズ』へ
・書類と実技チェックにより選手選考。他競技出身者の参加も積極的に促しています





【中短期チームスローガン】
『U23WTOP10』
個々がアンダー23カテゴリーの世界ランキング、及び世界戦ロードのトップ10 入りを目指します。

【『エカーズ』選手プロフィール】
・選手
木下 智裕(きのした ともひろ)
海藤 稜馬(かいどう りょうま)
一丸 尚伍(いちまる しょうご)
内山 巧崇(うちやま よしたか)
代 凌介(だい りょうすけ)
小山 貴大(こやま たかひろ)
谷口 正洋(たにぐち まさひろ)
小竹 俊輔(こたけ しゅんすけ)
橋詰 丈(はしづめ じょう)
石上 優大(いしがみ まさひろ)
(2011年4月7日現在全10名。加入順に記載)

選手詳細プロフィールは下記URLでご確認ください:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/category0018.html

・監督:浅田顕

【『エカーズ』レーススケジュール】
参戦レースは実業団、JCRCその他での各選手の成長に最も適したレベルのレースに出場して参ります

具体的なレーススケジュールは下記URLをご参照ください:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/details.php?bid=453

【スポンサー・サプライヤー】
株式会社梅丹本舗
株式会社ジャパンマテリアル
株式会社オージーケーカブト
株式会社ウエイブワン
井上ゴム工業株式会社
富士重工業株式会社
渡辺クリニック
株式会社デサント
株式会社箕浦

【浅田顕監督によるコメント】
「エキップアサダはサイクルスポーツを取り巻く環境の変化に対応し、早期のプロチーム再結成を目指すと共に、次世代の選手発掘・育成を長期的に行える環境作りに取り組み、変わらぬ目標『ツール・ド・フランス』を目指します。」
STAFF LOG IN PAGE TOP