ニュースリリース

エキップアサダ強化プログラム(EQADSエカーズ)2010参加選手の発表

プレスリリース
2010年1月27日

【エキップアサダ強化プログラム(EQADSエカーズ)2010参加選手の発表】
(EQADSエカーズ = EQA Developpement Systeme)

本年度よりツール・ド・フランスを目指すエキップアサダ(株式会社シクリズムジャポン運営)は、世界を目指す才能を“発掘し強化”する、「エキップアサダ強化プログラム(EQADS)2010」を開始いたします。
本プログラムの目的は、世界で戦いうる才能をチームの垣根を超えて「発掘」し、独自の方法で「強化」、 後に来る”日本人がツール・ド・フランスで活躍する時代”の選手を生み出す事です。
プログラム開始に先立ち、昨年秋口より実施いたしております厳正なる選考の結果、2月6日より開始の本プログラム参加選手が決定いたしましたので、ここに発表させて頂きます。

【エキップアサダ強化プログラム2010参加選手】(全6名)
1)特別強化選手(活動費、機材サポート等の優遇有):
小森亮平 (22歳/広島県/UCI U23カテゴリー/仏VendeeU所属)

2)強化選手:
木下智裕 (19歳/神奈川県/UCI U23カテゴリー/仏VendeeU所属)
福田高志 (22歳/兵庫県/UCI U23カテゴリー/大阪経済大学)
涌本正樹 (22歳/大阪府/UCI U23カテゴリー/マトリックス・パワータグ所属)
海藤稜馬* (20歳/山形県/UCI U23カテゴリー/Team El Dorado所属)
石原裕也* (18歳/千葉県/ UCI Juniorカテゴリー/B.C.Blanche所属)
(*トライアウトにて選抜)

【エキップアサダ強化プログラム2010スケジュール】
エキップアサダ強化プログラム参加選手達の、本年度の活動予定は下記の通りです:
-2 月6 日&7 日
強化プログラムオリエンテーション(埼玉県チーム事務所)
*6 日15 時半からは「壮行会」を開催致します(一般ファン&メディア様向け)
詳細はチームページにて近日案内致します。
-2月8日~3月30日(浅田顕監督帯同)
欧州合宿(フランス TOULOUSE)
体系的なトレーニング、及び語学研修等を集中的に行う。
注)小森選手は直接VendeeUへ合流
-3月30日~
引き続き 現地クラブチームとの協力によるレース個人活動

上記の様に、本年度より開始の「エキップアサダ強化プログラム2010」は、
世界を目指す選手を強力にサポートし、日本自転車界が世界で真の活躍をする原動力となるべく、長期的視野に基づき活動いたして参ります。

プログラム参加を希望される選手は是非とも定期的に行われるトライアウトへ挑戦頂ければ幸いです。
次回トライアウトは4月29日(祝)に開催いたします( www.cyclisme-japon.net にて詳細近日発表)。

以上、今後共何卒エキップアサダを宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ先:
株式会社シクリズムジャポン
〒355-0071
埼玉県東松山市新郷442-4
電話:0493-59-8400
FAX:0493-24-5547
E-mail: office@cyclisme-japon.net

新年のご挨拶、及び「2010年の活動計画について」

【新年のご挨拶、及び2010年度エキップアサダの活動計画のご報告】

明けましておめでとうございます。
日頃よりご支援くださっている皆様へ謹んで新年のご挨拶申し上げます。

新年も信念は変わらず、そして執念が就年を迎えるまで。
夢こそが未来を決める。

2010年もエキップアサダへのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2010年元旦
株式会社シクリズムジャポン(エキップアサダ)代表
浅田顕

【2010年度「エキップアサダ」活動計画の概要図】


【2010年度「エキップアサダ」活動の詳細版】

エキップアサダ、トライアウト(選手選考会)を2009年12月23日(祝)に開催

「エキップアサダ」選手育成プロジェクト
~目指せツール・ド・フランス!~

【エキップアサダ、トライアウト(選手選考会)を2009年12月23日(祝)に開催】

 エキップアサダは世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」で将来戦える選手を探しています。
 
採用された選手には、エキップアサダが年間を通したトレーニング指導を行い、選手のレベルアップを目的とした欧州クラブチームへの派遣サポートを行います。行く行くは2011年度にUCIプロチーム登録を予定している「エキップアサダ」へステップアップ出来るチャンスもあります。
何が何でも「ツール・ド・フランス」に出場したい選手は是非ご応募ください!

***トライアウト開催要項***
【開催日時】
2009年12月23日(祝)(雨天決行)

【開催場所】
埼玉県東松山市「シクロパビリオン」

【応募者必須事項】
-ツール・ド・フランスに出場したいという強固な意志。
-ツール・ド・フランスで活躍出来る体力、精神力のある方、または今後の成長が望める選手。
(前回落選者の応募も受け付けております)

【募集人数】
未定。(適格者が居ない場合には未採用の場合もあります)

【採用までの流れ】
1)第一次書類選考(12月12日締め切り)
2)トライアウトへの招集=12月16日前後
3)12月23日「トライアウト」開催
4)12月31日までに結果発表

【応募方法】
下記必要事項を任意フォーマット(メール文章、ワード、エクセル等)に明記し、指定のメールアドレスまでお送りください:
-氏名 / 生年月日 / 住所 / 電話番号 / メールアドレス / 身長 / 体重 / 最終学歴
-スポーツ歴(自転車競技歴がある場合は具体的な成績を記載)
-自己PR(自由論文)

【トライアウト応募用メールアドレス】
office@cyclisme-japon.net

*2009年12月12日24時必着にてご送付お願い申し上げます。
*20歳以下の書類選考通過選手には、保護者による承諾書にサインしていただきます(後日メールにて発送) 

【前回開催時の報告レポート】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=232

【本件に関するお問合せ先】
〒355-0071
埼玉県東松山市新郷442-4
株式会社シクリズムジャポン
0493-59-8400
担当:浅田・山崎

【重要】2010年度「エキップアサダ」の体制について

【2010年度「エキップアサダ」の体制について】

 世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」への日本チームとしての出場を掲げたプロジェクト「エキップアサダ」(株式会社シクリズムジャポン運営)ですが、
2010年度におきましてはUCI(国際自転車競技連合)チームとしての登録を断念する事をここにご報告させて頂きます。

 スポンサー様、サプライヤー様には引き続き現体制での継続提案を頂いておりましたが、2010年度に計画していた高水準なプロチームとしての活動を遂行するための資金・人材の不足により、この度の苦渋の決断をさせて頂いた次第です。

 今後「エキップアサダ」は、UCIプロコンチネンタルチーム設立のための資金獲得を急務とし、同時に将来のスポーツ界を担う若手選手の発掘・育成に全精力を傾けて参ります。

 なお、今回の決断は「エキップアサダ」プロジェクトの最終目標である日本チームとしての「ツール・ド・フランス」出場を断念するものでは決してございません。あくまでも現実的な目標到達を視野にプロジェクト再構築の期間を設けるためであり、2011年度以降の「ツール・ド・フランス」出場への布石となるものです。

 今後も「エキップアサダ」を応援下さっているファンの皆様のためにも、「ツール・ド・フランス」への出場を目指し揺るぎなく邁進致して参りますので、末永くご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

* * *

2010年度のエキップアサダの活動詳細につきましては、2009年12月20日に都内で開催予定の報道関係者様向け記者会見(詳細は追ってご案内申し上げます)にて発表させて頂きます。

本件に関するお問い合わせ先:
株式会社シクリズムジャポン
担当:山崎健一
E-mail: kyamazaki@cyclisme-japon.net

北京五輪代表、宮澤崇史が「エキップアサダ」に復帰

【北京五輪代表、宮澤崇史が「エキップアサダ」に復帰】

「ツール・ド・フランス」を目指すプロサイクリングチーム「エキップアサダ」(2009年度登録チーム名「EQA-梅丹本舗-グラファイトデザイン」)は、北京五輪代表であり、ツール・ド・北海道2008総合優勝の宮澤崇史(みやざわたかし)を2009年7月1日付で獲得いたしました。

宮澤崇史選手は長野県出身 、1978年2月27日生まれの31歳。選手として脂の乗り切った時期に肝硬変を患った母親に生体肝移植を敢行。競技者として大きなハンディキャップを負いながらも、北京五輪日本代表の座を獲得。
エキップアサダでも主力選手として大活躍をした後、2009年度1月よりサンマリノを本拠地とするプロコンチネンタルチーム「アエロノーティカ‐アミーカチップス‐クナウフ」に移籍。所属チームの運営トラブルにより、2009シーズンはレース活動をほとんど送れないながらもツアー・オブ・ジャパン堺ステージでは日本人最高位の8位でフィニッシュする等、日本トップクラスの選手である事を証明しました。古巣であるエキップアサダに再加入し引き続き日本ベストの布陣とともに「ツール・ド・フランス」を目指します。

宮澤崇史の主な戦績
2007ツアー・オブ・ジャパン (UCI 2.2) 第1ステージ優勝
2006、2007 ツール・ド・おきなわ エリート200km (UCI 1.2)優勝
2007 アジア選手権ロードレース エリートクラス 優勝
北京オリンピック日本代表選出 86位完走
2008ツール・ド・北海道 (UCI 2.2) 個人総合優勝

宮澤崇史によるコメント:
「自分が走る環境を与えてくれた事に対して、まずエキップアサダに感謝しています。新城幸也がツール出場を決めたという事は、エキップアサダが世界に通用する事を証明するものだと思う。後半戦も引き続き「ツール・ド・フランス」を目指してあくまでも結果を残します。」

浅田顕「エキップアサダ」総監督によるコメント:
「シーズン途中での移籍は宮澤にとっては複雑だろうが、選手にとって一番辛い事は走れない事。不運な境遇で半シーズンその辛さを経験した事が、後半良い形で爆発すると思います。そして思うように力が発揮出来ないチームにとって大きな力となる事は大変喜ばしく期待が膨らみます。パスルが完成した様な思いです。」

本件に関してのお問合せ先:
株式会社シクリズムジャポン
エキップアサダ
広報/セールス担当:山崎健一
kyamazaki@cyclisme-japon.net

岡崎和也選手引退のお知らせ

【岡崎和也選手引退のお知らせ】

エキップアサダ(2009 年登録名:EQA-梅丹本舗-グラファイトデザイン、浅田顕代表)所属のプロロードレーサー岡崎和也(おかざきかずや)が、2009年6月28日に広島県中央森林公園で行われる「第12回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース(通称:全日本選手権ロード)」(主催:(財)日本自転車競技連盟)を持って引退する事になりました。

岡崎和也選手は1972年生まれの37歳。少年時代は野球をしていたが、高校3年の夏に「ツール・ド・フランス」をテレビで見て自転車に興味を持ち競技を開始。一時は社会人として働きながら自転車競技を続けていたが、夢を諦めきれずプロに転向。数々のチームを経て、2007年からエキップアサダに加入。献身的かつ熱血感あふれる男気のある走りが特長であり、得意のタイムトライアルでは日本チャンピオンに4度輝いている。

岡崎選手を物語るエピソードとしては「レースの重要な局面で足が痙攣したためゼッケンにつけていた安全ピンを外して、痙攣した脚を安全ピンで刺しながらも走った」(!)というものがあまりにも有名、その他数々の男気あるエピソードから「熱い男」の愛称でファンから親しまれている選手。エキップアサダでも「いぶし銀」の走りでチームの大躍進に貢献した。

長年日本自転車界の第一線で活躍して来た”日本自転車会の生き字引”とも云える岡崎選手の引退試合である「全日本選手権ロード」に、是非皆様も応援にいらしてください。

*6月28日のレース時に引退セレモニーを予定致しております。

■プロフィール
岡崎 和也(おかざき かずや)
1972年5月10日生まれ
広島県出身

■所属プロチーム
1996~1998 イノアック
1999~2001 キナン
2002~2006 日本鋪道
2007~2009 エキップアサダ(登録名:EQA‐梅丹本舗‐グラファイトデザイン)

■主な戦歴
2002年、2003年、2007年、2008年 全日本選手権個人タイムトライアル 優勝
2002年 アジア選手権個人タイムトライアル優勝
2003年 ツール・ド・おきなわ 優勝
2006年 アジア大会チームタイムトライアル銅メダル
2006年 第40回経済産業大臣旗全日本実業団対抗ロード優勝

岡崎和也選手のコメント :
この度、私、岡崎 和也は6月28日の全日本選手権を以って選手を引退します。

高校生の時にテレビで見た「ツール・ド・フランス」に魅せられ、自転車選手になることを志してから約20年。2000年には念願のプロロードレーサーとなり03年からは憧れであった欧州のレースを走ることもできました。これまで自転車と共に世界25カ国を周り、多くの人々と交流できたことが私の財産です。悔いのない選手生活を送ることができたと自負しています。

先日の全日本選手権個人タイムトライアルで勝利できなかったことが引退を決意した理由です。今までと同じレベルで走ることが身体的にも精神的にも厳しくなってきたと感じました。

現役を退くとはいえ、今後も何らかの形で自転車には携わっていきたいと思っています。選手の時にはできなかった、楽しみの為に乗ることもそのひとつです。自転車は私のライフワークです。

最後になりましたが、今まで応援してくださったファンの皆様、支えてくださったたくさんの方々、お世話になったチーム、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

2009年6月24日
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
岡崎 和也


浅田顕総監督によるコメント :
2007年にチームに来てくれてから、常に主戦力として、また責任感と集中力のある走りでチームへ貢献し続けてくれたことにとても感謝しています。4度の全日本TTチャンピオンを始めとする数々のタイトル獲得を含め、競技者として常にトップレベルに位置することにこだわり続けた岡崎の走りに敬意を表し、その姿勢を今後の人生に生かして欲しいと願っています。本当にありがとう。

本件に関してのお問合せ先:
株式会社シクリズムジャポン
http://www.cyclisme-japon.net
担当:山崎健一
office@cyclisme-japon.net

【事務所移転のお知らせ】株式会社シクリズムジャポン

【事務所移転のお知らせ:株式会社シクリズムジャポン】
(プロサイクリングチーム「エキップアサダ」運営)

拝啓

時下ますますご清栄の御事とお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
このたびプロサイクリングチーム「エキップアサダ」を運営する株式会社シクリズムジャポンは、下記の通り移転し新事務所において営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

【新住所】
株式会社シクリズムジャポン:
-プロサイクリングチーム「エキップアサダ」運営
-総合サイクリングステーション「シクロパビリオン」運営
〒355-0071
埼玉県東松山市新郷442-4
電話:0493-59-8400
FAX:0493-24-5547
(★電話番号も変更になりました)

新事務所は、旧事務所から徒歩5分程の場所です。
今まで通り、最寄り駅は東武東上線「森林公園」駅、
最寄り高速道路出口は関越自動車道「東松山」となります。

【地図(Googleマップ)】

大きな地図で見る

並びに、3月14日の12時に総合サイクリングステーション「シクロパビリオン」を
新事務所と同住所にオープン致しますことをお知らせ申し上げます。
詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=14

何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
                                    敬具

平成21年3月吉日         
                         株式会社シクリズムジャポン
                             代表取締役 浅田顕

【先着順でプレゼント有!参加無料!】「シクロパビリオン」3月14日12時オープン!

3月14日の12時、
総合サイクリングステーション「シクロパビリオン」がいよいよオープンします!
詳細は下記リンクをご参照ください:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=14

12時から開始のオープニングイベントでは、
-こ〜ぢ(相沢康司)館長によるご挨拶
-エキップアサダ監督の浅田顥からのご挨拶、及び施設説明
-こ〜ぢとのサイクリングイベント
が予定されています。
さらにさらにオープニング記念として、
-当日のイベント参加費無料(通常:会員2,000円、ビジター3,000円)
-ご来場先着20名様にサイクリンググローブをプレゼント(株式会社オージーケーカブト提供)
と、とってもお得ですよ!
(15時ごろ終了予定です)

ホワイトデーの記念に!?是非日本初のサイクリングステーションの誕生を目撃してください!
(お願い:当日は駐車場の混雑が予想されます。駐車不可の可能性がございますので、電車または自転車での来場をお勧めいたします)

首都圏に総合サイクリングステーション「シクロパビリオン」誕生!

武蔵・比企丘陵の自然に恵まれたサイクルフィールド、ヨーロッパのプロレースで培ったノウハウ、
幅広いサイクリストのニーズに応えるアメニティー、この3つの要素を理想的に調和させ、
様々なイベントサービスを提供する総合サイクリングステーション、それが「シクロパビリオン」です。

世界で戦うプロロードレースチーム「エキップアサダ」が提案する新しいサイクルライフがいま始まります。

【こんな人にやさしいパビリオン】
★家族や恋人と自転車を楽しみたい → 初心者向けのコースの紹介やレンタルスポーツバイクもあります。
★休日はもっと遠くまで走りたい → 電車やマイカーを使ってパビリオンへお越しください。
★走り方を教えてほしい → セーフティー&スキルアップのためにプロが優しく丁寧にレクチャーします。
★もっと速くなりたい → レベルアップのための本格的トレーニング方法も伝授します。
★自転車仲間を増やしたい → 一人でも参加できる多彩なイベントを開催!「チャリ友」を増やしてください。


【基本施設のご案内】
★サロン:ミーティングスペース、自転車文庫、カフェコーナー
★更衣室:ロッカー(女性6台、男性用24台)シャワールーム1室
★トイレ:男女共用1室、女性用1室
★ストアー:オフィシャルグッズ、メンテナンス用品の販売
★ドリンク:手動販売機
★セルフメンテナンススペース:簡易工具、ポンプ、チェーンオイル利用可能
★トレーニングスペース:固定ローラー、3本ローラー、バランスボール、ストレッチマット

【サービス内容】
★基本サービス:
・基本施設のご利用
・15台収容の駐車場ご利用
・東武東上線森林公園駅までの送迎
 【料金体系】
 (1)会員料金
  年間一括 22,000円 お支払方法は、現金又は、お振込のみ
   (内2,000円は、事務手数料兼アキップアサダファンクラブ会員)
 (2)ビジター料金
  1日1名様あたり1,000円(ご利用時に記名をお願いします)

★オプションサービス: 
・レンタルクロスバイク:2,000円(1日/ヘルメット付き)
・レンタルロードバイク:3,000円(1日/ヘルメット付き)
・レンタルジュニアバイク:無料(小学生以下、1日/ヘルメット付き)
・メンテナンスサービス:詳細は後日発表

★イベントトサービス:
・イベント開催(お客様のご要望に応じてカスタマイズ致します)
 【参加料金】
 (1)会員:2,000円〜(1名様)
 (2)ビジター:3,000円〜(1名様、基本施設のご利用料金を含む)

★営業時間:
・毎週土曜・日曜、及び祭日の9:00~18:00 
・平日に御来店の際は、スタッフが外出している場合が有りますので、事前連絡をお願いいたします。
・月曜・火曜・木曜・金曜は【個人レッスン】を予約受付中


【施設情報】
★施設名:「シクロパビリオン」
★講師:浅田 顕(元プロロードレーサー、ゼネラルマネージャー)
★特別講師:エキップアサダ・プロ選手、スタッフ他
★運営:株式会社シクリズムジャポン
★所在地及びお問い合わせ先:
 〒355-0071
 埼玉県東松山市新郷442-4
 TEL : 0493-59-8400
 FAX : 0493-24-5547
 E-mail : office@cyclisme-japon.net
★アクセス:関越自動車道東松山インターより3㎞、東武東上線森林公園駅南口より2.5㎞         
 国道254号線を東京、川越方面から小川、寄居方面に向かって走り
 「新郷」交差点にあるセブンイレブンを左手に見て左折、
 旧254号線300m先左側に「シクロパビリオン」の看板がございます。
★マップ:

大きな地図で見る



*************************************


楽しさ重視のサイクリストから「ツール・ド・フランス」を夢見る本格ライダーまで、憩いのステーションとなっている「シクロパビリオン」、土日を中心とした様々なイベント等、益々サイクリストのメッカとして盛り上がっています!

エキップアサダ2009年チーム編成について

プレスリリース

2008年 12月 10日
埼玉県東松山市新郷193-3
株式会社シクリズムジャポン


2009年チーム編成について


 プロサイクリングチーム エキップアサダ(運営=株式会社シクリズムジャポン、代表取締役 浅田 顕)は2009年のチーム編成に関して次のように発表いたします。


【2009年チーム編成】

チーム登録名
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
( 英語表記: EQA-MeitanHompo-Graphite Design )

登録区分
UCIコンチネンタルチーム

メンバーシップ
監督  水谷壮宏(35) 浅田 顕(41)

選手
・清水都貴(27) 2008年PARIS-CORRÉZE 個人総合優勝 他
・福島晋一(37) 2008年ツアーオブジャパン美濃ステージ優勝 他
・岡崎和也(36) 2008年全日本選手権個人TT優勝 他
・増田成幸(26) 2007年JツアーU26ランキング1位 他
・中島康晴(24) 2008年ツールドおきなわチーム総合優勝 他
・菊池誠晃(23) 2007年GP-PLUMELIN(フランスエリート)優勝 他

~以下新規加入選手~

・PARK SUNG BAEK<パク・ソンベク>(24) 韓国
 2007年TOUR DE KOREA(2.2) ステージ5勝含む個人総合優勝
 2008年北京五輪ロードレース 韓国代表

・SEO JOON YONG<ソウ・ジュニヨン>(20) 韓国
 2008年 梅丹本舗・GDR研修生
 韓国国民体育大会 個人TT優勝
 ワールドカップトラック メルボルン大会 ポイントレース 銀メダル

・Mickael DAMIENS<ミカエル・ダミアン>(23) フランス
 2008年ミディピレネー地方チャンピオン 他

・Guillaume PONT <ギヨーム・ポン>(30) フランス
 2008年TOUR DE PIEMONT-PYRENEEN 個人総合優勝 他

・Gregor GAZVODA<グレゴール・ガズヴォダ>(27) スロベニア
 2008年スロベニア個人TTチャンピオン UCIレース3勝

以上、選手11名


宮澤崇史、新城幸也の昇格移籍が決まった後、時期的に日本人選手獲得が困難な状況下、韓国のエース2人と欧州選手の採用により、事実上の実戦力アップに成功しました。チームは2月1日から始まるTOUR OF QATAR (2.1) を初戦とし、引き続き国内外レースを転戦いたします。引き続きご注目ください。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社シクリズムジャポン 0493-24-5547 株式会社シクリズムジャポンまで

STAFF LOG IN PAGE TOP