HOME  > レース情報  > 2008  > Les 3 Jours de Vaucluse  > Les 3 Jours de Vaucluse 2008 第1ステージ レースレポート

レース情報

Les 3 Jours de Vaucluse 2008 第1ステージ レースレポート

2月29日 Les 3 Jours de Vaucluse 2008 第1ステージ
~新城が7位で好スタート!岡崎も健闘し、チームは順調~

Les 3 Jours de Vaucluse (UCIヨーロッパツアー 2.2)
2月29日~3月2日(3ステージ)


2月29日 第1ステージ Rasteau - Villelaure, 170,3 km


■ステージ成績

1. Nicolas VOGONDY (AGRITUBEL) 4h21m48s

・・・7. 新城幸也 +1m02s 
22.岡崎和也 +1m45s、69.ン・ヨンリ+16m17s、94.清水都貴 +16m17s、129.中島康
晴 +24m11s、155. 菊池誠晃 +29m58s

■総合成績

1.Nicolas VOGONDY (AGRITUBEL) 4h21m48s

・・・7. 新城幸也 +1m02s


■第1ステージ現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初日のコースは、この3日間で一番厳しい1000m級の峠が前半にあり、その後もアップダウンが続く。レースはスタート直後に2人の逃げができ、2人を追う形でカテゴリー
1級のコル・デザベイユの峠に入る。

新城、ヨンリ、清水都貴の3人が先頭集団に残るが、岡崎は少々遅れ気味で峠を越えたが、下りで前に追いついた。集団は先頭の 2人を捕らえ、3つ目の峠に入ると集団から6選手が飛び出し、それを22選手が追う。

第1集団は17人に絞られた。この中に新城が入り、その中からさらに新城含む6人がアタックし、先頭の5人を追う。先頭との差は1分ほどでラスト10キロを切るが、追い上げる事は出来ず。新城のグループは、1分02秒遅れでゴールし新城は7位となった。
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP