HOME  > レース情報  > 2008  > Les 3 Jours de Vaucluse  > Les 3 Jours de Vaucluse 2008 第3ステージ レースレポート

レース情報

Les 3 Jours de Vaucluse 2008 第3ステージ レースレポート

果敢に攻めるも逃げ切れず、新城総合7位
//// 調子は順調、次のレースでの期待高まる ///
3月2日 第3ステージ Pertuis - Pertuis, 168,6km

■ステージ成績

1. Timofey KRITSKIY (RUS, KATYUSHA) 4h06m39s

・・・17. 新城幸也 同タイム 
77.岡崎和也 +8m06s、78.中島康晴 +8m06s
菊池誠晃 リタイア


■総合成績

1.Nicolas VOGONDY (Fra, AGRITUBEL) 12h45m20s
・・・7. 新城幸也 +1m02s

■第3ステージ現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気温23度の暖かい天気のもと行われた第3ステージは、スタートからアタックがかかる。

序盤で新城と総合で同じタイムのラミレス・ゴンサレス(アグリチュベル)含む10人の逃げが決まった。本日の作戦は新城を勝たすことだが、序盤の逃げには反応しないようにする作戦だったため、ここはあせらず後半の動きに備えて逃がしておく。

本日のレースもアップダウンが激しく、先頭の10人は徐々にバラけて5つ目の峠で先頭は3人に絞られる。集団からは新城がアタックし、先頭の3人を追いかける。勢いのある新城は先頭に追いつくが、ほどなく集団に吸収されてしまう。岡崎と合流した新城は、最後の上りを共に上るも岡崎が力を使い果たして脱落。

集団では激しいアタック合戦が繰り広げられ、みんなが疲れきった隙をついて新城が飛び出す。このアタックに誰もついて来れず、新城単独でゴールを目指す。しかし、リーダージャージを着たヴォゴンディ自身を含むアグリチュベルが必死に追い、ラスト10キロで捕まってしまう。最終的にはゴールスプリント勝負となり、昨日同様着順が重要となるため、新城は最後まで健闘し、この日17位でゴール。

総合的には、昨日より1つアップし総合 7位でこのレースを終えた。
新城もチームの他のメンバーも調子は上がってきており、レースの感覚も掴め出しているので、3月9日にフランスの北部で行われるGrand Prix Lillersでの活躍を期待したい。

■清水裕輔コーチのコメント:後半勝負に岡崎、新城の攻撃によりリーダーチームを崩壊されることができたが、他チームの同調が少なく、総合逆転までには届かなかった。
全体的には最終局面でのチームの人数が足りなかった。その場面にチームの人数が多ければ、もっと違った展開ができたに違いない。

■岡崎和也のコメント:みんなで戦う意識を高めて、幸也を勝たせる走りが出来なかった。脚はあるし、コンディションもいいはずで、足りないのは戦う意識。意識を高めて次のレースに挑みたい。
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP