HOME  > レース情報  > 2009  > ツール・ド・北海道  > 『ツール・ド・北海道』第3ステージ レースレポート

レース情報

『ツール・ド・北海道』第3ステージ レースレポート

『ツール・ド・北海道』第3ステージ
大会名&クラス:ツール・ド・北海道 (UCI 2.2)
期間:9月9日~13日(全6ステージ)
開催地:北海道

◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇ 
  宮澤総合1位に浮上!チームは全特別ジャージを独占!
◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇

9月10日:
午前【第3ステージ】士別市-豊富町 183km


【レース速報】
183kmの第3ステージは、序盤に2つの峠を織り込み、後半は日本海に面した大強風吹き荒れる海岸線。荒れる展開が予想されたレースで清水都貴が序盤に単独アタック。2つの峠をトップ通過した上に、120kmに渡って単独で逃げ集団とのタイム差は実に最大7分。しかし終盤の強風吹き荒れる海岸線で集団は再び一つになりレースはゴール勝負に持ち込まれた。ツール・ド・フランスでステージ優勝の経験を持つヤン・キルシプー(ルトゥーア・サイクリング・チーム)が貫録のスプリントで勝利。ステージ5位になった宮澤崇史は、中間スプリントポイント1位通過のボーナスタイムの恩恵もあり総合一位に返り咲いた。チームはポイント賞ジャージ(宮澤)、山岳賞ジャージ(清水)も獲得し、EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインが全てのリーダージャージを独占する形となる。






単独エスケープ中の清水、補給食をピックアップ

-宮澤崇史(総合一位に返り咲く)のコメント:
「現時点での総合リーダージャージ獲得はあまり重要ではないです。札幌でリーダージャージを着ていることが大事。」

-増田成幸のコメント:
「チームの雰囲気がすごく良いですね。全選手、何をするべきかが判っている。」

-福島晋一のコメント:
「まだウチは誰もが総合優勝を狙える。常に先手先手で仕掛けて行く。」

-清水都貴のコメント(機材に対しては非常にこだわる選手として知られる):
「山岳ポイントを獲得しようとアタックを掛けた所、調子が余りにも良いので“行ってみよう!”と思い120kmの独走になってしまいました(笑)。結果他チームに圧力をかけられた上、宮澤選手も総合1位を奪取。なんと自分も山岳賞を獲れるとは最高です。しかしこれらのジャージは札幌で着ていないと意味がないので、引き続きチームの総力を挙げて全力で走ります」

-浅田顕監督のコメント:
「今日は選手達が走りながら密にコミュニケーションをとって戦術を練った。その結果が宮澤の総合リーダー&清水の山岳賞ジャージです。しかしまだチームには総合優勝を狙える選手が他にも居るので、このまま宮澤のリーダーのシナリオで進むとは限らない。調子のいい選手がどんどん攻撃を仕掛けて行きます。攻撃は最大の防御です。」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第3ステージ結果】士別市-豊富町 183km:
1: ヤン・キルシプー:4h50m31s
2: デンプスター・ザッカリ(ドラパック・ポルシェ・サイクリング)同上
3: ウインザー・ディーン(ドラパック・ポルシェ・サイクリング)同上
4: マリウス・ビズィアック(ニッポ・コルナゴ)同上
5: 宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)同上

12:清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+8s
32:増田成幸(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+8s
34:福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+8s
45:菊池誠晃(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+8s

【個人総合時間賞(第3ステージ終了後)】
1: 宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン):7h04m33s
2: 盛一大(愛三工業レーシング):+3s
3: デンプスター・ザッカリ(ドラパック・ポルシェ・サイクリング):+5s
4: マリウス・ビズィアック(ニッポ・コルナゴ):+7s
5: 西谷泰治(愛三工業レーシング):+9s

12:清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+20
22:増田成幸(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+24
23:福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+25
42:菊池誠晃(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+1m21s

さらなるレース詳細はシクロワイアードでチェック!
http://www.cyclowired.jp/?q=node/15276

■参加チーム:21チーム
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
ドラパックポルシェ
愛三工業レーシングチーム
シマノレーシング
鹿屋体育大学
チームブリヂストンアンカー
TEAM NIPPO COLNAGO
法政大学
マトリックス・パワータグ
東京大学
日本大学
北海道地域選抜
順天堂大学
大韓民国チーム
ルトゥーア・サイクリング・チーム
グルード&マーストラント・ホルセン
KTM-ユンカース
BLITZEN宇都宮プロレーシングチーム

■チームメンバー
監督:浅田顕
1.宮澤崇史
2.清水都貴
3.福島晋一
4.増田成幸
5.菊池誠晃

*写真掲出/記事の転用は自由ですが、ご使用の際はCyclisme Japonのクレジットをお願いします。
STAFF LOG IN PAGE TOP