HOME  > レース情報  > 2009  > ツール・ド・北海道  > 『ツール・ド・北海道』第4ステージ レースレポート

レース情報

『ツール・ド・北海道』第4ステージ レースレポート

『ツール・ド・北海道』第4ステージ
大会名&クラス:ツール・ド・北海道 (UCI 2.2)
期間:9月9日~13日(全6ステージ)
開催地:北海道

◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇ 
  宮澤総合1位をキープ。さらにタイム差を広げ優勝へ大きく前進!
◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇

9月11日:
午前【第4ステージ】豊富町-下河町 182km

【レース速報】
快晴に恵まれた第4ステージは終始アタック合戦の活発な展開に。総合首位の宮澤崇史はチームメイトの積極的な他チームへの攻撃&揺さぶりにより、自身は終始落ち着いた走り。序盤の登りでは清水を含む11人が逃げを決めものの、75km時点で吸収される。その後も相変わらず頻繁なアタック合戦が繰り広げられるものの、ゴール3kmで集団は一つになり集団スプリントへとなだれ込む。まずはドラパックポルシェチームの3人でがトレインを構成しスプリントを狙うものの、前日勝利のキルシプーと宮澤崇史がそのトレインを利用し前方に出ることに成功。最後は一騎打ちスプリントの展開になるものの、キルシプーが僅差で勝利。宮澤崇史は2位着によるボーナスタイムもあり総合2位から10秒のリードを実現する。前日に引き続きチームはポイント賞ジャージ(宮澤)、山岳賞ジャージ(清水)をキープ、EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインが全てのリーダージャージを独占している。


【第4ステージ結果】豊富町-下河町 182km:
1: ヤン・キルシプー(ルトゥーア・サイクリングチーム):4h25m35s
2: 宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)同上
3: パク・スンホ(大韓民国チーム)同上
4: デンプスター・ザッカリ(ドラパック・ポルシェ・サイクリング)同上
5: マリウス・ビズィアック(ニッポ・コルナゴ)同上

22:清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)0s
30:福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)0s
46:菊池誠晃(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)0s
66:増田成幸(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)4m12s

【個人総合時間賞(第4ステージ終了後)】
1: 宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン):11h30m00s
2: 盛一大(愛三工業レーシング):+10s
3: デンプスター・ザッカリ(ドラパック・ポルシェ・サイクリング):+13s
4: マリウス・ビズィアック(ニッポ・コルナゴ):+15s
5: 西谷泰治(愛三工業レーシング):+17s

9:清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+26
22:福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+23
39:菊池誠晃(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+1m10s
59:増田成幸(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+4m44s

-宮澤崇史のコメント(総合一位の座をキープし、2位とのタイム差を10秒に広げた):
「まだまだ勝負は判らない。チームメイトの献身的な走りに心から感謝している。しかしキルシプーは強いね。さすがマイヨジョーヌを7日間着ただけのことはある。」


-清水都貴のコメント(山岳賞ジャージをキープ):
「最優先は(宮澤)崇史さんの総合優勝。山岳賞ジャージのキープは二の次。」

-福島晋一のコメント:
「12日はきつい山が控えており、他のチームは攻撃に来ると思うが、ウチも守りに走らずに攻撃に出る。崇史最優先の動きをする。」

-ヤン・キルシプー(レトゥーアサイクリングチーム、ツール・ド・フランスで7日間マイヨジョーヌを保持した選手):
「(宮澤)崇史はインテリジェントな選手であり、EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインの組織力は強力だ。」

-浅田顕監督のコメント:
「残るステージもあと2つ。総合狙いの他のチームはなりふり構わずに攻撃してくるとは思うが、我々は受け身にはならずに攻撃をやめません。油断は一切せずに何が何でも総合優勝を勝ち取り、結果の出なかったにも関わらず応援下さったファンの皆様、スポンサーの皆様の期待に応えます」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらなるレース詳細はシクロワイアードでチェック!
http://www.cyclowired.jp/?q=node/15308

■参加チーム:21チーム
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
ドラパックポルシェ
愛三工業レーシングチーム
シマノレーシング
鹿屋体育大学
チームブリヂストンアンカー
TEAM NIPPO COLNAGO
法政大学
マトリックス・パワータグ
東京大学
日本大学
北海道地域選抜
順天堂大学
大韓民国チーム
ルトゥーア・サイクリング・チーム
グルード&マーストラント・ホルセン
KTM-ユンカース
BLITZEN宇都宮プロレーシングチーム

■チームメンバー
監督:浅田顕
1.宮澤崇史
2.清水都貴
3.福島晋一
4.増田成幸
5.菊池誠晃
STAFF LOG IN PAGE TOP