HOME  > レース情報  > 2010  > EQADS(エカーズ)レポート8月  > 【EQADSレポート】小森亮平選手による『ル・ペルトル(8/23)』レースレポート

レース情報

【EQADSレポート】小森亮平選手による『ル・ペルトル(8/23)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)選手本人レポート】
小森亮平選手による『ル・ペルトル(8/23)』レースレポート



**********************
レース名:Le Pertre
カテゴリー:Elite-Nat
期間:8月23日
開催場所:Le Pertre
リザルト:途中リタイア
**********************


大きな地図で見る

使用機材
バイク:Colnago EPS with Campagnolo Record
シューズ:Specialized S-works white/black 41.5
サングラス:Oakley Rader(white&red) Persimon(度付き)
ペダル:Look Keo2Max Carbon
ホイール:Campagnolo Shamal ULTRA 2Way fit

内容
GP Plouayから中1日で再びブルターニュへ。相変わらず天気はあまり良くない。

レベルの高いレースで、以前は福島晋一選手が勝ったことのあるレースだ。

ゆるいアップダウンが連続するコースで、風が少しあるが、それほど厳しいコース設定ではないので、速いスピードのレースになると思った。

スタートからエンジンのかかりが悪い。
位置取りはなんとかこなすものの、アタックのキレもあまりない。

モタモタしているうちに、スタート10kmで大きな逃げが出来てしまい、その後に出来る追走にもうまく乗ることが出来ず、レースを半分ほど走ったところで先頭ははるか彼方に。
先頭集団が出来た時は、山岳賞の上りの頂上付近で、上り始めのアタックに反応し、先頭5名ほどで上り始めたが、途中で後ろからカウンターアタックがかかった時に、キレがなくて前へ付けなかったのが、敗因だと思う。

結局、はじめから逃げ続けた12.3名ほどの先頭集団が後続を引き離し、最後は4人のスプリントになり、チームメイトのJulian Belgyが優勝。

チームメイトが優勝できたことは良かったが、自分はいいところなしのレースだった。
なかなかスイッチが入らず、後手後手に回る展開だったが、こういうレースでは自分から前へ前へと行かなければ勝てないと思う。

気持ちを切り替えて、次のレースに備えたいと思う。


小森亮平


EQADS(エカーズの紹介):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=262
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP