HOME  > レース情報  > 2017  > フランスのアマチュアレースシステムについてのご説明(2017年版)

レース情報

フランスのアマチュアレースシステムについてのご説明(2017年版)

【フランスのアマチュアレースシステムについてのご説明】

 エキップアサダの強化選手チームである『EQA U23』&『EQADS』がフランス遠征時に参加しているフランスのアマチュアレース(FFC=フランス自転車競技連盟管轄)についての説明を作成致しましたので是非ご参考にして頂ければ幸いです:


■フランス自転車競技連盟(FFC)のロゴ:
FFCはフランス国内での自転車競技を司る団体で、日本で云う日本自転車競技連盟(JCF)に当たります。これら各国自転車競技連盟を統括するのが世界自転車競技連合(UCI)となります。


【レースカテゴリー】

【写真】フランスのアマ最高峰カテゴリー「1.12.1エリートナショナル」レースからの一コマ。フランスの強みは”ハイレベルなアマレースの開催数”にあり、実に年間のFFC管轄ロードレース数は約5,500レース(!)にも上ります。うち2/3以上がJBCFの「J PRO TOUR:JPT/P1」+「E1」混走クラスレベルのレース(=1.12.7クラス以上)となります。


 仏のアマ男子レースカテゴリーは主に3つあり、出場選手の「選手カテゴリー(レベル)」によって出場可能な『レースカテゴリー』が定められています。レースカテゴリーが高いレースほど獲得出来るFFCポイント数や評価が高まります:

■1.12.1=エリートナショナル
-仏アマ最高峰のレースカテゴリー
-出場可能選手:第1&2カテゴリー選手
-レースによってはUCI「コンチネンタル」カテゴリーのプロも出場可能
-獲得FFCポイントが高い
-優勝者は翌年プロ昇格可能なレベルとされています
-日本のレベル目安:JBCFの「J PRO TOUR:JPT/P1」トップチームレベル
-フランスの底力の源は、このカテゴリーのレースがシーズン中には国内で月50-100レース近く行われている事にあります。

■1.12.7:
-出場可能選手:第1&第2&第3&Jジュニアカテゴリー選手
-日本のレベル目安:JBCFの「J PRO TOUR:JPT/P1」 + 「E1」混走クラスレベル

■1.24:
-出場可能選手:第2&第3&Jジュニアカテゴリー選手
-日本のレベル目安:JBCFの「E2」&「E3」クラス

*補足:アマチュアの上の「プロ」カテゴリーについて
上述のアマカテゴリーの上には多くのサイクリストが憧れる「プロ」のカテゴリーが存在します。
プロのカテゴリーは下記3つ:
■最高峰カテゴリー「UCIプロ」通称:プロツアー
-年間運営資金は最低7億円。
-UCI世界自転車競技連合により定められた厳しい「資金」「運営体制」「選手の実力」「倫理」の評価基準をクリアした上位18チームのみに付与される自転車界の最高峰。
-ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ヴエルタ・ア・エスパーニャへの優先出場権がある。
-プロレース最高峰の「UCIワールドツアー」への参戦義務がある。

■第2カテゴリー「UCIプロフェッショナル・コンチネンタル」通称:プロコン
-年間運営資金は最低約3億円。
-UCI世界自転車競技連合により定められた厳しい「資金」「運営体制」「倫理」の評価基準をクリアしたチームにライセンスが与えられる。
-世界を転戦する「UCIワールドツアー」への出場義務が無いため、限定的な地域でビジネスを行う大手スポンサーがチームに付くことが多い。

■第3カテゴリー「UCIコンチネンタル」
-年間運営資金はまちまち(500万円-2億円)。
-2013年までに存在している全ての日本プロチームはこの「UCIコンチネンタル」カテゴリーチームである。
-UCI世界自転車競技連合ではなく、各国自転車連盟によって管轄&ライセンス付与審査が行われるため、国ごとの「UCIコンチネンタル」チーム実力格差が顕著。例えばフランスでは最低運営資金予算規定が約1億円だが、その他自転車後進国では500万円の運営資金でライセンスが付与される場合もある。


【選手カテゴリー】

 各選手がレースで結果を出すごとに獲得できるFFCポイントを基に仏国内の選手ランキングが決定され、そのランキングによって『選手カテゴリー』が定められます。選手がプロや格上チームへ移籍する際には、勝利数はもとよりこのFFCポイント数/選手ランキングが重要な評価基準となります:

■第1カテゴリー選手:
-FFC(仏自転車競技連盟)ランキング上位300名
*UCI登録のプロチーム契約者を除く。
-プロ予備軍&前年度UCIプロ、UCIプロコンチネンタルチームから降格した選手の多くはこの選手カテゴリーに所属
■第2カテゴリー選手:日本JBCF「J PRO TOUR:JPT/P1またはE1上位」相当
■第3カテゴリー選手:日本JBCF「E1」相当
■Jジュニア選手:17&18歳の選手

◆仏アマチュア選手ランキング表◆
(アマ男子のランキングはドロップダウンバーで”National Hommes”を選択し、"Chercher"ボタンをクリック)


【チームカテゴリー】

【写真】仏アマチュアチームランキングのトップをひた走る「アルメ・ド・テール・シクリズム(仏陸軍)」チーム。年間推定チーム予算は1億円。


 フランスのアマチュアチームの中で特に実力を持っているのが「DN1」(DivisionNational1)カテゴリーチームです。運営予算的には現在日本のトップである「UCIコンチネンタル」カテゴリー(=プロカテゴリーで上から3番目)チームを上回るチームが多く、プロ昇格前の選手や、プロから落ちてきた選手が多く所属しています。
主戦場カテゴリーは仏アマ最高峰の「1.12.1エリートナショナル」カテゴリーレースです:

■DN1チーム:
-最低2,500,000ユーロ(約3,000万円)のチーム運営資金が必要です
-コーチ&監督との専属常駐雇用契約が必要です
-運営規定が厳しく組織がしっかりしています
-レース活動範囲は全国規模(DN1フランス・カップ等の転戦)
-日本のレベル目安:「J PRO TOUR:JPT/P1」トップ3レベル(=UCIコンチネンタルチーム)

◆DN1チームリスト:全20チーム(2017)◆
*リスト準備中
15)AVC Aix-en-Provence(AVCエクサン・プロヴァンス/プロヴァンス地方)

■DN2チーム:
-チーム運営規定がDN1よりも少し緩いため、チーム数が非常に多い。元プロや賞金稼ぎ目的の選手も多く所属。
-成績でDN1に劣らないチームも多くあります
-活動は地元中心と全国
-JBCF「J PRO TOUR:JPT/P1」TOP10レベル

■DN3チーム:
-地域活動が軸ですがチャンピオンシップもあります
-JBCF「J PRO TOUR:JPT/P1」TOP11-20レベル

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<FFC=フランス自転車競技連盟ウェブページ(仏語)>
http://www.ffc.fr/

<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755
STAFF LOG IN PAGE TOP