HOME  > レース情報  > 2017  > 03月『EQADSエカーズ』レポート  > 【レースレポ(EQADS)】『ポワンソネ-リモージュ(3/11)』2017年フランス遠征本格始動。

レース情報

【レースレポ(EQADS)】『ポワンソネ-リモージュ(3/11)』2017年フランス遠征本格始動。

【レースレポ(EQADS)】『ポワンソネ-リモージュ(3/11)』

2017年フランス遠征本格始動。
アジア選手権の指揮を終えた浅田監督も、いよいよフランス入り


■今シーズン初レースを迎える新城雄大。
Photo:Cyclisme Japon

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:『ポワンソネ-リモージュ』
Le Poinçonnet-Limoges
-カテゴリー:エリートナショナル
-距離:160km
-期間:2017年3月11日(土)
-開催場所:フランス・アンドル県・CHATEAUROUXからオートヴィエンヌ県・リモージュまでのラインレース


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【成績】

1位: JAMET Alexandre (フランス/C.R.4 CHEMINS ROANNE) 3h51m35s
2位: PAILLOT Yoann OCEANE (フランス/TOP 16)+0s
3位: ORLHAC Boris (フランス/ISSOIRE CYCLISME COMPETITION)+10s
100位:渡邉歩(ラ・バンド/EQADS準所属)
103位:新城雄大(EQADS)

<浅田顕監督によるレースレポート>
『春のアマチュアクラッシクレースLe Poinçonnet-Limoges に新城雄大と今年からフランスクラブチームに派遣している渡邉歩が参加。フランスのトップクラブチームに加え、ツールでも活躍したロメン・フェイユーもフランスのコンチネンタルチーム所属選手としての資格でスタートラインに並ぶ。 160㎞のラインレースのコースは前半の平坦区間、後半の起伏区間と別れる。新城は今年初戦として20位以内を目指し、3レース目の渡邉は格上のチームを相手に展開しながらメイングループでの完走が今日の目標。レースは好天に恵まれ実力本位で展開され、力勝負で残ったロアンンヌのアレクサンドル・ジャメが快勝した。新城、渡邉とも勝負に加わるには遠く、大きく遅れた完走グループでのゴールとなった。例年よりスロースタートとなった2017年だが、シーズン頂点の高さが重要。課題に取り組み、より力を付けて欲しい。(浅田顕)』


■中央分離帯があるコーナーをこなす集団。
Photo:Cyclisme Japon


■フランスアマ最高峰のエリートアマチュアだけあり、実力勝負。立ち回りで先頭集団に残れる様な甘さはない、厳しい展開に。
Photo:Cyclisme Japon

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755
STAFF LOG IN PAGE TOP