HOME  > レース情報  > 2017  > 04月『EQADSエカーズ』レポート  > 【レースレポ(EQADS)】『GPデュ・クー・エ・ビガロック(4/22)』試行錯誤を繰り返し、成長を遂げるEQADS 強敵ラルプがまたもや優勝。

レース情報

【レースレポ(EQADS)】『GPデュ・クー・エ・ビガロック(4/22)』試行錯誤を繰り返し、成長を遂げるEQADS 強敵ラルプがまたもや優勝。

【レースレポ(EQADS)】『GPデュ・クー・エ・ビガロック(4/22)』

試行錯誤を繰り返し、成長を遂げるEQADS
強敵ラルプがまたもや優勝。


■常にEQADS選手の前に立ちはだかるミカエル・ラルプがまたも優勝。2015年には年間22勝を挙げた元プロ選手。この男を倒さねばプロには上がれない。
(Photo: SudGirondeCyclisme)




■強豪らによる逃げが決まった後に、追走の為に集団を牽く新城雄大(EQADS)
(Photo: SudGirondeCyclisme)


■国内でレース数が年間5,000以上もあるフランスで、選手にとって最も有利なのは、トライ&エラーを頻繁に試して成長出来る事。レース後に反省点を語る新城雄大(EQADS)の表情も充実している。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:『GPデュ・クー・エ・ビガロック』
GP DES FETES DU COUX ET BIGAROQUE
-カテゴリー:1,2,3&J
 ◆仏レースカテゴリーの解説はこちら
-距離:100km
-期間:2017年4月22日(土)
-開催場所:フランス ドルドーニュ県


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【成績】
1位:Mickaël LARPE(フランス/ US Montauban 82)
2位:Pierre CREMA (フランス/Team Cycliste Périgord 24)
3位:Julien LAMY (フランス/CC Périgueux Dordogne)

10位:新城雄大(EQADS)トップから+35秒

<EQADS浅田顕監督によるレポート>
『観光地で知られるドルドーニュ県の緩やかな丘陵を利用した複雑な複合周回コースでのレース。難関は序盤に1回、終盤2回、スピードとパワーで越える4.5㎞の登り坂となる。レースは最初の登りで前年優勝のLARPEがアタックし10名の先頭グループを形成。逃げ遅れた新城は追走を試みるが、ことごとく潰され後続に残され周回を重ねる。終盤にはLARPE(優勝者)を含む3名が先頭から更に飛び出す。後続グループは脱落選手を捕えながら最後の登りを越え、新城は8位以下のスプリントで3番目にゴールし10位でレースを終えた。順位は今年最高の10位だが最初の逃げを逃したことから勝負には加わることが出来なかった。後半に追い上げる力が見られ調子を上げているが、集団を引き離すアタック時のスピードと、絡むべくライバル選手の情報収集が必要。これらは海外レースで特に成長に差がつく要素だ。(浅田)』

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755
STAFF LOG IN PAGE TOP