HOME  > レース情報  > 2007  > Paris Corréze  > Paris Corréze 第2ステージ レースレポート

レース情報

Paris Corréze 第2ステージ レースレポート

Paris Corréze
新城の大逃げはゴール前300mまで
清水都貴は総合12位浮上でUCIポイント獲得

■レース結果

ステージ成績
1位 Edvald BOASSON HAGEN (NOR / MAXBO BIANCHI) 4h10m20s
・・・11位 清水都貴+0秒、14位宮澤崇史+0秒、31位岡崎和也+0秒
・・・新城幸也、福島晋一、福島康司、中島康晴は完走

個人総合成績
1位 Edvald BOASSON HAGEN (NOR / MAXBO BIANCHI) 8h38m55s
・・・12位 清水都貴+5分15秒


■コメント

第2ステージはステージ狙いと清水都貴の総合アップの2パターンに備えて動く。序盤から5名の逃げを行かせてしまうが、チーム連携を取りうまく新城と他選手が先頭に追いつき7名で先行する。逃げ遅れたCofidisとラフランセーズ・デ・ジュがペースアップするがレースはそのまま終盤に差し掛かる。その後新城とペルティナのクロアチア人が先行し優勝を目指すが、ゴール300m手前で2人とも吸収さら上り坂のゴールスプリントとなる。ゴールは清水都貴を11 位でゴールさせ総合12位にアップしUCIポイントを辛うじて獲得した。

浅田
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP