レース情報

『ツール・ド・おきなわ』レースレポート

『ツール・ド・おきなわ』レースレポート
★チームは4連覇を逃すも、レースを大いに創る走りで魅せた★

【レース基本情報】
大会名&クラス:「ツール・ド・おきなわ」(UCI 2.2)
期間:11月7&8日
開催地:沖縄県、名護市および北部地方(日本)

【レースレポート】
初日タイムトライアルで宮澤崇史が首位から約1秒差の2位に入り、必勝態勢で臨んだ「ツール・ド・おきなわ」のメインイベントである200kmロードレース。

前半に大きな動きはなかったが、110kmを過ぎたあたりで15人による大きなエスケープが形成される。EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインからは福島晋一と菊池誠晃がジョイン。タイム差は9分にまで開く。菊池と福島の二人を逃げ送りこんだEQAは、活発に交互に逃げを打ち他チームを消耗させ、隙があれば単独の逃げ切りを狙う。しかしラスト20km地点でのたたき合いにて阿部嵩之選手(シマノレーシング)と伊丹選手(ブリヂストンアンカー)の逃げを許す展開に。
最後は伊丹選手(ブリヂストンアンカー)が阿部嵩之選手(シマノレーシング)との一騎打ちを制し、ステージ&総合優勝を果たす。

EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインは福島晋一、清水都貴、中島康晴がそれぞれ3,4,5位となる悔しい結果に終わるも、大いにレースを創る展開に悔いはない。

【浅田監督のコメント】
「チームは全員絶好調でスタートを切った。(福島)晋一、菊池誠晃をエスケープに送り込むのも作戦通りにハマった。その後2人交互に集団にゆさぶりを掛けてのセレクションを敢行させたが、私の判断ミスで実行指示のタイミングが早すぎた。チームは勝てる状態だったので非常に悔いが残るが、幸いチームとしてレースを作れた点は今後の経験につながるだろう。応援下さったファンの皆様、スポンサーの皆様には大変申し訳ないことをしましたが、次週の最終戦”熊本国際レース”では勝利を収めシーズンオフを迎えたい。」

【第2ステージ男子チャンピオンレース 200km結果】
1位 伊丹健治(チームブリヂストン・アンカー)
2位 阿部嵩之(シマノレーシング)
3位 福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)
4位 清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)
5位 中島康晴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)

【総合優勝(1&2ステージの合計タイム)】
1位 伊丹健治(チームブリヂストン・アンカー)

シクロワイアード「ツール・ド・おきなわ」特設ページ:
http://www.cyclowired.jp/?q=node/2011

「ツール・ド・おきなわ」公式ページ:
http://www.tour-de-okinawa.jp/

【コメント追加】「ツール・ド・おきなわ」初日個人TT、宮澤崇史2位!

国内最長の公道ロードレース「ツール・ド・おきなわ」初日の個人タイムトライアル(1.1km、名護市街地コース)にて、首位から約1秒差の宮澤崇史が2位に。1位はドラパックポルシェのトーマス・パーマー(豪)

「ツール・ド・おきなわ」第一ステージ速報(名護市内個人タイムトライアル1.1km)
1位:トーマス・パーマー(ドラパックポルシェ)
2位:宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)
3位:ジョセフ・ルイス(ドラパックポルシェ)
4位:ヤン・キルシプー(ルトゥーアサイクリングチーム)
5位:阿部嵩之(シマノレーシング)

初日TTで2位になった宮澤崇史のコメント:
「すみません、勝てませんでした。明日を見ていてください」

浅田監督のコメント:
「皆落車も無く、(宮澤)崇史も一秒差の2位で明日2日目最終日の動きが楽になった。他チームには攻撃させるチャンスを与えないように、キツイレース展開に持ち込んで力ずくで勝ちに行きたい。エースが宮澤とは限らず、誰もが勝ちに行く作戦を取る」

シクロワイアード内「ツール・ド・おきなわ」特集コーナー:
http://www.cyclowired.jp/?q=taxonomy/term/1828

『ツール・ド・おきなわ』直前レポート

『ツール・ド・おきなわ』直前レポート

★大会名&クラス:「ツール・ド・おきなわ」(UCI 2.2)
期間:11月7&8日
開催地:沖縄県、名護市および北部地方(日本)

沖縄の北部地方の公道をまるごと堂々と使用し、日本の自転車ロードレースとしては最長の200kmを誇る「ツール・ド・おきなわ」が、今年も一年の総決算として11月7日8日の2日間にわたって開催される。今年はなんと初日に個人タイムトライアルが取り入れられ、難易度の高いレースとなっている。EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインは大会4連覇を目指し死力を尽くす。

★どんなレース?
プロクラスと同じコースで行われる市民200kmロードレースは「自転車界の甲子園」と称され、国内のホビーレーサーたちが一年の鍛錬の集大成をお披露目する場と位置付けている。そんな彼らにとっても驚異的なタイムで同コースを走り切るプロクラスのレース(UCI2.2)は羨望の的だ。

レースは初日7日に名護市街地を使用しての1.1kmの個人タイムトライアル「名護まちなかタイムトライアル」、二日目最終日に200kmのロードレースが行われ、その2ステージの合計タイムで総合優勝が決められる。

今年初の試みとして行われる初日個人タイムトライアルは、1.1kmと距離は短いものの、総合優勝を決定づける極めて重要な戦いになりそうだ。そこで勝ったチームは、二日目の200kmロードレースにおいて守りを固めれば優勝がほぼ決まるだろう。そのため初日タイムトライアルの緊迫度は最高潮に達し、薄氷の僅差による激戦が繰り広げられること必至だ。

★エキップアサダの意気込み:
浅田顕監督によるコメント

「四連覇を魅せるレースで達成する。2006年、2007年には宮澤崇史が、2008年には新城幸也(清水都貴とワンツーフィニッシュ)が優勝しており、オキナワはうちのチームにとって非常に得意なレースです。

無難なレースを行って勝つ気は全くなく、魅せて勝つことを念頭に作戦を練っています。

とにかく最重要は初日の「名護まちなかタイムトライアル」です。そこで首位、または上位を占めて、二日目を有利な展開に持ち込み完全優勝を果たしたい。」

参加予定選手:
宮澤崇史、清水都貴、福島晋一、菊池誠晃、中島康晴
監督:浅田顕

レースオフィシャルHP:
http://www.tour-de-okinawa.jp/
STAFF LOG IN PAGE TOP