レース情報

『エカーズ』ジャーナル:2011年1月16日【エカーズ2011始動】

『エカーズ』ジャーナル:2011年1月16日

【エキップアサダ強化選手『エカーズ』2011始動】


2011年1月、いよいよエキップアサダ強化選手『エカーズ』が始動した。

プロチーム再結成スタンバイ状態のエキップアサダではあるが、大舞台で真の勝負ができる次世代、さらにその次の世代の選手を発掘・強化すべく全力を注いでいる。

競争率の高いトライアウトを勝ち抜いた6名の選手たちが、近い将来の世界激戦区での激闘に備え、浅田顕監督による直接指導を毎週受けている。

まだまだ世界のトップクラスで戦うには荒削りな選手ばかりだが、最高の”素材”が集まった特別練習に浅田監督の意気も上がる。

早い選手は2月には既に渡仏、本場での死に物狂いの戦いが目前に迫る。

★浅田顕監督のコメント:
『ミドルペースのグループ走で約100kmを走行。北風が強く日中でも5度前後と低温であったため慣れないトレーニングもあって選手はキツそうだった。こんな時期、ベテラン選手は南国へ飛ぶのもよいが、自転車レースはいろんな天候下で開催されるアウトドアスポーツなので、若い選手はこんな日も外で沢山エネルギー消費し心身を鍛えるべき。』


浅田監督によるトレーニング前ブリーフィング。


代凌介(だいりょうすけ)


小山貴大(こやまたかひろ)


谷口正洋(たにぐちまさひろ)=エカーズ予備選手


チームカー先導のもと、先頭交代の練習


短い丘を登る


気温は3度を下回った。
悪天候下でのトレーニングは環境適応能力を高める。


真剣な眼差しで選手を見つめる浅田監督




選手の状態を記録する









エキップアサダ強化選手『エカーズ』2011メンバー発表記事:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=24
STAFF LOG IN PAGE TOP