レース情報

【EQADSレポート】エカーズ木下智裕、今季仏初優勝!『プリムヴェール・モントワーズ(3/31)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)レポート】
『プリムヴェール・モントワーズ(3/31)』レースレポート

アジアU23チャンプのエカーズ木下が今季フランスで初優勝


(*今季2勝目をマークしたエカーズ木下)

木下智裕:エカーズ選手。仏「G.S.C.ブラニャック」チームに派遣中
<<選手プロフィールへジャンプ>>


【レース情報】
-レース名:『プリムヴェール・モントワーズ』(Primevere Montoise)
-カテゴリー:1,2,3,Junior
-距離:145km
-期間:2012年3月31日
-開催場所:Mont de Marsan(モン・ド・マルサン)
-リザルト
1 木下智裕(エカーズ/GSC BLAGNAC) 3時間27分
2 PARDO ABARZUZAアバルスサ・パルド(Ion STADE MONTOIS)同タイム
3 LOUBET Julienジュリアン・ルベ(GSC BLAGNAC)同タイム

レース会場『モン・ド・マルサン』の所在地:

大きな地図で見る

【レースレポート】
春の香りが漂い始めたボルドー近郊のモン・ド・マルサン(マルサンの山)。
今回で24回を迎えるアップダウンの激しい145kmのレース『プリムヴェール・モントワーズ』(”モントワの春”の意)に133人が出走した。

レーススタート直後の2km地点、CCペリグー・ドルドーニュチームの強豪選手、ミカエル・ディナンが単独アタック。
それに反応する形で木下智裕ともう一人が合流し逃げは3名に。ゴールまで長距離を残す上、小集団ということもあり大集団は逃げを容認。

(*写真:逃げを活性化させる木下)

その後20km地点で強豪3選手が木下を含む前の3人に合流し決定的な6名の逃げ集団を形成、レースは大集団vs6名の様相となった。
木下のチームメイトの働きで大集団は組織的なチェイスを形成し損ない、逃げ集団との差は一時3分まで開く。

(*写真:木下のチームメイト達が集団を抑え、逃げ集団のタイム差獲得を助ける。)

しかしゴールまで60kmを残す80km地点でタイム差は一時30秒に縮小。
その時間帯以降に後続集団から木下のチームメイトであるルベを含む2名が逃げに合流。
その後8人の逃げ集団は完璧なローテーションで大集団とのタイム差を維持、レースは最終的にこの8名でのスプリント勝負に持ち込まれる。

(*写真:最終的な逃げ集団のメンバー。この8人でゴールスプリントが争われた。)

ゴール400m手前、この決定的な逃げを仕掛けたミカエル・ディナンが我慢しきれずスプリントを開始。
それに反応した木下がゴール200m手前でディナンをかわし、完璧なスプリントで勝利を手中に収めた。


(*写真:スプリントを制する木下。全日本選手権に向けていい感触を掴んだ。)

【木下のコメント】
スタート直後からアタックして、145kmのゴールまで逃げ切り、最後は7人くらいのスプリントを制しました。
本当に長くてキツかった。何しろ強い選手が多かったから、自分で納得出来る勝利。
自分的に4位とか5位とか6位では意味がありませんでした。プロに成ろうと思ったらこのカテゴリは勝つしかありません。
でも先週、久しぶりにこちらのレースを走って確かに感じた事は、優勝したアジア選手権の5倍はキツいレースだということ。
引き続き真剣にレースに打ち込みますので、応援宜しくお願いいたします。

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】 『白井滋杯 第52回社会人対抗ロードレース大会』レースレポート

【EQADS(エカーズ)レポート】
『白井滋杯 第52回社会人対抗ロードレース大会』レースレポート

石上が今季初優勝!


石上優大:エカーズ選手。
<<選手プロフィールへジャンプ>>


【レース情報】
-レース正式名称:『白井滋杯 第52回社会人対抗ロードレース大会』
-カテゴリー:クラスA&J
-距離
 Aクラス: 5km×10周=50km
 Jクラス: 5km×8周=40km
-期間:2012年3月25日
-開催場所:静岡県伊豆市・日本サイクルスポーツセンター
-レース開催要項
http://www.tokyo-cf.jp/schedule/1905.html


(写真:Jクラス。エカーズ石上(先頭)と渡辺(3番手)がレースを動かす)

【リザルト】

<クラスA(5km x 10周)シニアクラス>
1位:鈴木 謙一 (愛三工業レーシング) 1:34:24
2位:品川 真寛 (愛三工業レーシング) +0:10
3位:福田 真平 (愛三工業レーシング) +0:11

15位: 小山貴太(エカーズ)+1:34
18位: 橋詰 丈(エカーズ)+2:08

★Aクラスでのエカーズレース展開
終始プロの愛三工業レーシングチームにレースを展開されたが、エカーズの2人は格上選手達を相手にアタックを仕掛ける積極的なレースを行い、翌月に控える全日本選手権に向けて非常に有意義な経験を積むことが出来た。

<クラスJ(5km x 8周)高校生までのクラス>
優勝: 石上 優大(エカーズ) 1:24:22
2位:米谷 隆志 (チームラバネロ) + 0:27
3位: 渡辺 歩:(エカーズ)+4:33

*フルリザルト(PDFになります):
http://www.tokyo-cf.jp/wp/wp-content/uploads/downloads/2012/03/20120325_RESULT.pdf

【石上選手のコメント】
参加者8名でしたが、序盤からペースを作り、2周目終了時には2名となり、残り3週で独走で逃げ切りました。
調子は最高にいいです。
4月8日のチャレンジロード(修善寺CSC)、4月28日の全日本選手権(岩手)を前半最大の目標に据えていますので、応援お願いいたします。


(写真:優勝のエカーズ石上(左端)と3位のエカーズ渡辺(右端))

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『カンピオナ・サバデイ(3/11)』レポート

【EQADS(エカーズ)レポート】
『カンピオナ・サバデイ(3/11)』レースレポート


一丸尚伍:エカーズ選手
<<選手プロフィールへジャンプ>>

【レース情報】
-レース名:『カンピオナ・サバデイ』Campionat de Sabadell
-カテゴリー:エリートアマ、アンダー23
-距離:120km
-期間:2012年3月11日
-開催場所:サバデイSABADELL(スペイン・カタルーニャ地方=バルセロナ近郊)
-リザルト
1 Jose BELDA(GSPORT-VALENCIA TERRA)02:58:50
2 Arkaitz DURAN,(AZYSA TELCO´M CONOR)+4秒
3 Oriol COLOME(BICIS ESTEVE)+6分13秒

33 一丸尚伍 (エカーズ) +9分55秒

レース会場『サバデイ』の所在地:

大きな地図で見る

【レースレポート】
スペインエリートアマ&U23で争われるスペインでも伝統のあるクラシックレース『カンピオナ・サバデイ・グラン・クラシック』。
今年で実に第82回を迎え、スペインの有名プロ選手を多く輩出してきたプロへの登竜門的レースである。

4㎞前後の中難度の峠を繰り返すコースに120人がスタート。レースは序盤から飛び出したスペインエリートレース界の実力者2名が『圧倒的』な自力で3位以下を6分以上引き離してゴール。

一丸は先頭から約10分の差を広げられ、プロの下の「エリートアマチュア」に力でねじ伏せられた形になったが、まだシーズンは始まったばかり。
日々”本場のやり方”を学び急激に成長している一丸が、我々にサプライズを届けてくれる日までそう遠くはないだろう。


【一丸尚伍本人によるレポート】
<1日目>
(3月10日『ホアン・エスコラ杯TROFEU JOAN ESCOLA』104kmに関するレポ)

103キロ×1周
スタートは思ったよりもゆっくりとした感じでスタートしました。
スタート時間が15:30だったこともあって暖かい気温でした。
基本的にアップダウンのコースで平坦はほとんどありませんでした。
スタートして少しして前半の1番大きな上りに入りました。
思っていたより心拍が上がらなかったので回転重視のペダリングができず、ずっと踏んだ状態になってしまい、この上りで一気に足に疲労が溜まってしまいました。
そのあともなかなか回復しないままアップダウンが続きました。足がいっぱいになってからは気持ちでなんとかしようと踏み続け、そのあとの2つの上りはクリアできたのですが、そのあとのダラダラとした上りでいっぱいいっぱいになってしまいました。その結果、スタートして1時間30分ほどで集団から千切れてしまい、他に送れた選手とゴールしました。

<2日目『3月11日カンピオナ・サバデイ』レポート>
120キロ×1周(正確な距離が分かりません)
前の日よりも睡眠をよくとって2日目をむかえました。この日は9:00スタートと1日目よりもかなり早い時間でのスタートで気温も少し肌寒いくらいの気温でした。
この日はなんとか集団から遅れないように集団前方に位置するように意識しました。1日目とコースは違うものの、1番キツい上りは前半にありました。その上りも集団前方で入り、そのまま上りきることができました。前日よりも足は回っている感覚はありました。その上りで逃げグループができ、それを追う追走集団もいくつができました。集団はあまりペースも上がることなく進みました。後半になるにつれ、アップダウンの連続で足に疲労が溜まっていき、集団にいるのもいっぱいの状態でした。
次にペースが上がったのは最後の下りきって、ゴールまで10キロを切った地点くらいからでした。街中でほとんど上りもなくゴールまで平坦基調でどんどんペースが上がっていきました。平坦は得意なのでこのときが1番足が回って楽に感じたかもしれません。ゴールでは早めに集団から飛び出し、集団の先頭でゴール。結果は33位でした。

2日間走って体調、コンディションを合わせることがどんなに重要なことかを改めて感じました。それと同時にレースに調子を合わせることの難しさも感じた今回のスペイン遠征でした。

一丸尚伍


(スタートラインに並ぶ一丸)


(集団の頭を獲ってゴールする一丸)

エキップアサダ強化選手チーム「エカーズ」紹介ページ:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/category0018.html

【EQADSレポート】『JBCFしもふさクリテリウム(3/11)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)レポート】
『第一回JBCFしもふさクリテリウム』レースレポート

今期新加入の市川貴大がE3クラスで優勝!


(E3で優勝の市川貴大)

【レース情報】
-レース正式名称:『第1回 JBCF しもふさクリテリウム』
-カテゴリー:E1(代),E2(谷口),E3(市川、渡辺)
-距離
1周1.5kmのサーキットを使用
各組10分+2周の予選の後、下記内容で決勝>
E3=40分+2周
E2=40分+2周
E1=55分+2周
P1=55分+2周

-期間:2012年3月11日
-開催場所:千葉県成田市フレンドリーパーク

【リザルト】
<E1>
1 西川 昌宏 (EsperanceStage我逢人) 43:50
2 丸山 英将 (SQUADRA CORSE cicli HIDE) +00:00
3 雨澤 毅明 (ブラウ・ブリッツェン) +00:00
31 代 凌介 (EQADS) +00:13 1

<E2>
1 須佐 浩二(TEAM MILANO)45:00
2 444 中鶴 友樹 (竹芝サイクルレーシング) +00:00
3 469 小野 康太郎(スミタ・ラバネロ) +00:00
予選落ち: 谷口 正洋 (EQADS)

<E3>
優勝:市川貴大(EQADS) 43:25
2 味戸 義輝 (SPACE ZEROPOINT) +00:00
3 稲垣 智仁 (法政大学) +00:01
28 渡辺 歩 (EQADS) +00:24

フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/race/2012/sokuho/simohusa.pdf

【E3優勝の市川貴大によるレポート】
EQADSの一員としてはじめてのレース。クラスE3で参加し、予選10分+2周、4つに分けられた各グループ40人弱中12人が決勝にあがるシステム。決勝戦は48人による40分+2周で争われました。

<予選>
スタートの前のアップも充分し、スタート位置も最前列を確保しスタート。10分と短いので常に前の方に位置をキープし最後まで前方で予選通過しました。

<決勝>
予選同様アップを十分に行い、スタートも前の方を確保しレースがスタートしました。
アタックと言うアタックもなく10分が経過し集団が少し落ち着いたところで自分がアタックをかけると、2名が合流。しかしローテーションがうまく回らず1周半で集団に吸収される。
その後、集団は落ち着いて周回を重ね、残り10分くらいから自分の位置を前の方に上げてゆきました。残り周回2周の頃には前から5番手辺りをキープしながら最終周回に突入。自分の位置を下げず集団前方をキープ、ラスト500~600mで少しペースが落ちたところで、一人がペースを上げ前に出ました。
自分はその選手の後ろにすかさずつき後ろを確認すると集団と少し離れている。前の選手のペースが落ち始め、後ろの集団が追いついてきてしまう危険を感じ、残り2~300mからスプリントで1選手を捲って先頭ゴール。

EQADSジャージでの初レースで優勝することができました。クラスもE2に上がるのでこれから、もっと練習に励み少しでも早く更に上のカテゴリーに上がりたいと思います。今後共応援よろしくお願いいたします。


(E3で優勝の市川貴大のスプリント。Photo:Shinya SAKUMA)


(両手を上げてゴールする市川)

【コーチとして選手を引率したアイカワショウによるコメント】
・積極的にいく場面も見られ、攻める気持ちを見られるところもありました。
ただ途中に集団後方に下がってしまう時もあり、それ以外でもまだまだ課題などはあると感じました。
ゴールは集団から少し抜けて出てきたので、冷静に判断した結果、優勝に結びついたと思います。

<アイカワショウブログ>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/staffblog/details.php?bid=368

**************

【JBCFしもふさクリテリウムホームページ】
http://www.jbcf.jp/race/2012/shimofusa/index.html

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『GPドゥヴェルチュール・ド・アルビ(3/4)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)レポート】
『GPドゥヴェルチュール・ド・アルビ(3/4)』レースレポート


一丸尚伍:エカーズ選手
<<選手プロフィールへジャンプ>>

【レース情報】
-レース名:『GPドゥヴェルチュール・ド・アルビ』(Grand Prix d'Ouverture d'Albi)
-カテゴリー:1,2,3
-距離:11km x 12周=132km
-期間:2012年3月4日
-開催場所:アルビ(Albi)
-リザルト
1 PACHER Quentin(ENTENTE SUD GASCOGNE)3時間24分00秒
2 PEREZ Anthony (A.V.C.AIX EN PROVENCE)
3 LOUSTAUNOU Nicolas (ENTENTE SUD GASCOGNE)
4 PARDO ABARZUZA Ion (ENTENTE SUD GASCOGNE) +1分10秒
5 MARTIN Maxime (CC MARMANDAIS)
6 一丸尚伍 (エカーズ) +1分40秒
7 COMET Pierre (ENTENTE SUD GASCOGNE)
8 CAPUS Damien (ALBI VELO SPORT)
9 LAFFITE Rémi (ENTENTE SUD GASCOGNE)
10 CANTALOUBE (Charlelie CSO MILLAU)

レース会場『アルビ』の所在地:

大きな地図で見る

【レースレポート】


(写真:クアンタン・パシェが強力なチーム力で優勝)

フランス南部のアマチュアトップ選手が揃った「GPドゥヴェルチュール・ド・アルビ(3/4)」(=アルビの開幕戦、の意)。

まだまだ冬の厳しい寒さが残る気温に追い打ちを掛けるように激しい雨が降る。レースは終始ガスコーニュ地方のチーム「ENTENTE SUD GASCOGNE」が完璧にコントロール。雨の厳しさも手伝って、完走率は半分というサバイバルレースとなった。
優勝はクアンタン・パシェ(ENTENTE SUD GASCOGNE)。
3人での逃げに持ち込んだ後、前週のGPモンタストリュックで3位に入ったアントニー・ペレスをスプリントで下しての見事な勝利を飾った。

エカーズ一丸はこのレベルのレースとしては上出来の6位。今後の勝利が大いに期待できる。


フランスでの一丸尚伍(3月3日撮影)

エキップアサダ強化選手チーム「エカーズ」紹介ページ:
http://www.cyclisme-japon.net/modules/team/category0018.html
STAFF LOG IN PAGE TOP