レース情報

【EQADSレポート】『JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会(6/24)』 レースリザルト

【EQADSレポート】『(6/24) 第46回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会』 レースリザルト

【レース情報】
-レース正式名称:『JBCF JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会』
-期間:2012年6月24日
-開催場所:群馬サイクルスポーツセンター
-カテゴリー:E1
-レース開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/east_gunma/2012_east_gunma_guide.pdf

【リザルト】
<E1>
1位 山崎 航 Team EURASIA 1:29:48
2位 金田 智行 湘南ベルマーレクラブ +0
3位 小坂 光 ブラウ・ブリッツェン +0

7位 面手 利輝 EQADS +00:06
20位 市川 貴大 EQADS +00:09
28位 代 凌介 EQADS +00:14
68位 谷口 正洋 EQADS +04:58


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/db/RaceResultsList12.php?race_id=R1216&cluster=E1


【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『JBCF 富士山ヒルクライム(6/17)』 レースリザルト

[]【EQADSレポート】『第9回 JBCF 富士山ヒルクライム(6/17)』 レースリザルト

【レース情報】
-レース正式名称:『JBCF 富士山ヒルクライム』
-期間:2012年6月17日
-開催場所:静岡県駿東郡小川町 ふじあざみライン
-カテゴリー:E1
-レース開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/mt-fuji/2012_mt-fuji_guide.pdf

【リザルト】
<E1>
1位 岩井 航太 立教大学自転車競技部 46:32
2位 若松 達人 ACQUA TAMA +00:10
3位 田端 伸行 SPACEZEROPOINT +00:29

10位 代 凌介 EQADS +03:10
13位 面手 利輝 EQADS +03:39


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/db/RaceResultsList12.php?race_id=R1215&cluster=E1


【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『全日本選手権TTロードレース(6/17)』橋詰がU17全日本TTチャンピオンに輝く

【EQADSレポート】『全日本選手権タイムトライアル ・ロードレース(6/17)』 レースレポート

橋詰丈が2年連続でU17日本TTチャンピオンに輝く

(全日本チャンピオンジャージを着る橋詰)
橋詰丈:エカーズ選手。
<<選手プロフィールへジャンプ>>


【レース情報】
-レース正式名称:『第16回全日本選手権タイムトライアル ・ロードレース 大潟大会』
-期間:2012年6月17日
-開催場所:秋田県大潟村
-カテゴリー
-U17(15km):橋詰丈、小山貴大、石上優大、渡辺歩
-U23(30km):一丸尚伍、市川貴大
-レース開催要項
http://jcf.or.jp/?p=20061

【リザルト】
<U17>距離15km
1位:橋詰丈(昭和第一学園/EQADSエカーズ準所属):21分40秒834(平均時速41.51km)
2位:小山貴大(前橋育英高/EQADSエカーズ準所属):22分12秒247(平均時速40.53km)
3位:猿田 匠(栄北高):22分18秒376(平均時速40.34km)

4位:石上優大(EQADS/エカーズ):22分40秒745(平均時速39.68km)
5位:渡辺歩(EQADS/エカーズ):22分54秒188(平均時速39.29km)


(優勝の橋詰(=中央)と2位の小山(左))

<U23> 距離30km
1位:椿 大志(ブリヂストンアンカーサイクリングチームU23):38分46秒396(平均時速46.42km)
2位:郡司 昌紀(中央大学):39分52秒383(平均時速45.14km)
3位:長瀬 幸治(鹿屋体育大):39分55秒737(平均時速45.08km)

10位:一丸尚伍(EQADS/エカーズ):40分37秒352(平均時速43.94km)
24位:市川貴大(EQADS/エカーズ):44分58秒834(平均時速40.01km)


(スタートラインに立つ一丸)

フルリザルト(注意:PDFが開きます):
http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2012/06/C11_17.pdf

【浅田監督コメント】
『毎年同じコースで行うため独走力の成長が測れる全日本TT、各クラスでの走りを見てきた。

<U17>
途中落車したものの橋詰丈の2連覇は立派。そして2位の小山も昨年より2㎞/h平均速度が上がった。中学3年生の石上と渡辺も39㎞/h台とまずまずの結果といえる。これから毎年巡航速度を2㎞/hずつアップさせることが課題だ。

<U23>
一丸は昨年よりも1㎞/h平均速度を上げ44㎞/h平均で10位、市川は30㎞の距離に苦戦し40㎞/h平均にとどまった。2人とも後半のペースダウンが大きく効率の良いペース作りと筋力と心肺機能のレベルアップが必要だ。

世界選手権の優勝レベルはU23で平均が48~49㎞/h程度。このコースで考えると50㎞/hくらいであろう。』

【U17優勝の橋詰丈コメント】
『全日本選手権個人TTロードレースは昨年優勝した大会なので、今年はどれだけ強くなっているのか確かめるつもりで挑みました。目標は平均時速43キロ。
雨のコンディション、風は例年と同様でした。前半は思ったよりペースが上がらず。しかも折り返しでは落車してしまった30秒以上はタイムをロスしてしまった。機材等に故障がないのを確認し再スタート。転んだからといって集中を切らす事は出来ないので、復路も全力で走る。結果、目標のスピードは達成出来なかったが、全日本タイトルの2連覇を達成出来ました。あまり調子は良くありませんでしたが、そんな体調でも勝てたのはとても良い経験になった。来年のジュニアカテゴリー(17&18歳)からはギヤ比も上げられるので、平均時速43キロ以上での優勝に向けて頑張りたいです。

今回サポートして頂いた方々、応援してくださった方々ありがとうございました。来年はもっと速く強くなって、この大会では3連覇に臨みます。』

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『JBCF栂池高原ヒルクライム(6/10)』レースレポート

【EQADSレポート】『JBCF栂池高原ヒルクライム(6/10)』 レースレポート

【レース情報】
-レース正式名称:『JBCF栂池高原ヒルクライム』
-期間:2012年6月10日
-開催場所:長野県栂池高原
-カテゴリー
-E1
-レース開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/tsugaike/index.html

【リザルト】
<E1>
1位 田崎 友康(F(t)麒麟山 Racing)51分23秒
2位 足立 智弘(クラブGiro)+1秒
3位 矢部 周作(クラブシルベスト)+33秒

9位 代 凌介(EQADS/エカーズ)3分12秒
33位 谷口 正洋(EQADS/エカーズ)7分15秒


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/race/2012/sokuho/tugaike.pdf

【浅田監督コメント】
『17.1㎞で1100mの標高差を駆け上がるコース。今シーズンはEQADSとしては初めてのヒルクライムレースとなったが適性を考え代と谷口の2名での参加とした。上位入賞が期待された代は常時先頭をキープしたが、予想以上の苦しいペースに後半付いて行けず9位でのゴールとなった。先週E1クラスへ昇格した谷口はハイペースな先頭グループを見送り最初からマイペースで登り平凡なタイムと順位でゴールした。E1クラスとはいえ上位3名はとても速かったようだが社会人選手だ。プロを目指す若者はE1クラスでは常勝でなければならない。』

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『3 days Road in 熊野 day3』レースレポート

【EQADSレポート】『3 days Road in 熊野 day3』 レースレポート

第3ステージのE2クラスにてエカーズ谷口がキャリア初優勝


(写真:優勝インタビューを受けるE2勝者のエカーズ谷口。インタビューはレース実況名物のDJガラパ芦田さん)

【レース情報】
-レース正式名称:『3 day's Road in 熊野 』
-期間:2012年6月1日-3日(全3ステージ)
-開催場所:和歌山県熊野
-カテゴリー
-E1
-E2&E3合同
-レース開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/3-kumano/index.html

 * * * * *

<6月3日 : 第3ステージ 48㎞>
<E1>
1位 山崎 航(TEAM EURASIA)1時間15分15秒
2位 小橋 勇利(ボンシャンス飯田)+2秒
3位 岡 篤志(SPACE ZEROPOINT)+6秒

10位 面手 利輝(エカーズEQADS)+7秒
32位 代 凌介 貴大(エカーズEQADS)+12秒
39位 市川 貴大(エカーズEQADS)2分+15秒


<E2&E3>
1位 谷口 正洋(エカーズEQADS)1時間14分52秒
2位 賴 冠華Lai Kuan Hua (MUUR zero Velofutur)同タイム
3位 高橋 伸成(フィッツ)同タイム

12位 石上 優大(エカーズEQADS)+5秒
40位 渡辺 歩(エカーズEQADS)+5分15秒


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/race/2012/sokuho/kumano3.pdf

【浅田監督コメント】
『起伏のある10㎞の周回コース。E1は今日も序盤から面手が逃げレースをきつくする。最後は勢いに乗る代凌介が単独でアタックを決めるも、最終の下りコーナーでコースアウトし勝機を逃した。E2ではボクシング出身の谷口が自転車競技初優勝を飾りE1昇格となった。』


(写真:E1クラス:勢いに乗る代凌介)


(写真:E2&E3クラス:自転車競技初優勝の元ボクサー谷口正洋が優勝インタビューに答える)

【3days road in 熊野 第1&2ステージレポート】
(近日中に全3ステージレポートを統合致します)
http://www.cyclisme-japon.net/modules/race/details.php?bid=548

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26

【EQADSレポート】『3 days Road in 熊野 day1&2』レースレポート

【EQADSレポート】『3 days Road in 熊野 day1&2』 レースレポート

第2ステージのE1クラスにてエカーズ代が優勝



【レース情報】
-レース正式名称:『3 day's Road in 熊野 』
-期間:2012年6月1日-3日(全3ステージ)
-開催場所:和歌山県熊野
-カテゴリー
-E1
-E2&E3合同
-レース開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/3-kumano/index.html

 * * * * *

<6月1日 : 第1ステージ 48.9㎞>
<E1>
1位 小橋勇利(ボンシャンス飯田)1時間6分58秒

11位 市川 貴大(エカーズEQADS)+5秒
22位 面手 利輝(エカーズEQADS)+9秒
DNF 代凌介は落車により途中棄権


<E2&E3>
1位 小林 海 (SPACE ZEROPOINT) 1時間08分27秒

14位 谷口 正洋(エカーズEQADS)+3秒
27位 渡辺 歩(エカーズEQADS)+5秒
*(落車後単独完走)石上優大(エカーズEQADS)+4分50秒


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/race/2012/sokuho/kumano1.pdf

【浅田監督コメント】
『レースはフラットな周回コース。新加入の面手(おもて)はE1レースを積極的に動かしたが、全体的には両クラスとも多くのメンバーが落車や接触などに巻き込まれ力が出せずだらしないレースだった。E1クラスまでは小細工は無し、力でねじ伏せるレース展開を期待する。』


(写真:E2&3クラスで大人に交じり力走する渡辺歩(中3))


(写真:E1クラスでレース約半分を先頭で走った新加入の面手(おもて))

 * * * * *

<6月2日 : 第2ステージ 45.5㎞>
【リザルト】
<E1>
1位 代凌介(エカーズEQADS) 1:05:35
2位 小橋勇利(ボンシャンス飯田) 同タイム
3位 岡 篤志(SPACE ZEROPOINT) 同タイム

6位 面手 利輝(エカーズEQADS) +11秒
62位 市川 貴大 (エカーズEQADS) +1分56秒


<E2&E3>
1位 鈴木 久仁寛(チームアヴェル)1時間06分24秒
4位 谷口 正洋(エカーズEQADS)同タイム

18位 石上 優大(エカーズEQADS)+3秒
72位 渡辺 歩(エカーズEQADS)+2分14秒


フルリザルト:
http://www.jbcf.jp/race/2012/sokuho/kumano2.pdf

【浅田監督コメント】
『最難関の山岳ステージなので積極的に走れば引き離せるコース。E1は昨日に続き面手主導で攻め先頭集団を7名に絞った末、3月から不調だった代が持ち味を発揮して山岳賞とゴールを制した。E2&3は石上が最難関をトップ通過しその後もゴール2㎞手前まで逃げるが最後はゴールスプリントとなる。備えた谷口は一歩及ばず4位でゴールとなった。』


(写真:E1表彰台で初優勝を喜ぶ代とレースを動かした面手)


(写真:ゴールしたEQADSの6人(今回参加したメンバー))

【エキップアサダ&エカーズ活動内容紹介へ】
http://www.cyclisme-japon.net/modules/newsrelease/details.php?bid=26
STAFF LOG IN PAGE TOP