レース情報

【レースレポ(EQADS)】『全日本選手権ロード&個人TT(6/23-25)』新城(雄)&津田が個人TT日本王者の栄冠

【レースレポ(EQADS)】『全日本選手権ロード&個人TT(6/23-25)』

新城(雄)&津田が個人TT日本王者の栄冠
U23ロードでは新城(雄)好調も痛恨のパンク


■<U23個人TT>2位選手と0.4秒差という僅差でU23個人TT日本王者となった新城雄大。「非常に調子がよく、優勝はズバリ狙っていました。ライン取り等の改善点はまだまだありますが、今はただひたすら嬉しいです。この調子で明日のロードレースも優勝を目指します。」
Photo: Yuichiro Hosoda


■<U23個人TT>今年からフランスクラブチームへと派遣されている石上優大(EQADS準所属/AVCAIX)も見事3位入賞。勝利を逃し悔しいながらも調子は万全。「明日のロードレースで本領を発揮してみます。」


■<U17+U15個人TT>中学三年生の津田悠義(EQADS)が、チーム方針による”ノーマルバイク”(=TTエアロバー等の装着は一切無し)での出場ながら、2位選手と20秒差となる圧勝で日本一に。「今後の選手キャリアを鑑みて、敢えて圧倒的に有利となるTT専用バイクの力を使わずに、地脚にて勝利をする事を目標としました。非常に調子もよく、目標を無事達成することが出来、自信が付きました。これからも世界で活躍することを意識して頑張ります」


■<U23ロード>前日のU23個人TTにて優勝を果たした新城雄大(EQADS)が、レースを作る牽引&アタックをするが、不運のパンクに見舞われ勝負から離脱。「調子が非常に良く、勝利を視野に入れてレースに臨んでいたのに非常に残念です。しかしパンクをもはねのけて集団に復活し、勝利を収めるほどの強さがなかったとも言えるので、もっと強くなって帰ってきます。」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:
『第 86 回 全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース 』

『第 21 回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会』

*通称「全日本選手権ロード」
-カテゴリー: UCI National Championship
-期間:2017年6月23日(金)-25日(日)
-距離:
・個人タイムトライアル U23&ジュニア=13㎞
・個人ロードレース U23=140.0 km (14.0 km x 10周)
-開催地:青森県三戸郡階上町


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【結果/リザルト】

6月23日(金)
【個人タイムトライアル 13.0 km (13.0 km× 1 周)】

U15+U17男子
1位:津田悠義(EQADS)18分06秒41(平均時速43.07km)
2位:四宮寛人(北桑田高校)18分28秒84
3位:檜村奏太(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)18分31秒97

ジュニア男子
1位:松田祥位(岐阜第一高校)16分39秒24(平均時速46.83km)
2位:佐藤健(九州学院高校)17分02秒12
3位:山本哲央(韮崎高校)17分22秒80
5位:蠣崎優仁(伊豆総合高校/EQADS準所属)17分43秒59
7位:小笠原 匠海(八王子桑志高校/EQADS準所属)17分48秒71

U23男子
1位:新城雄大(EQADS)16分42秒4(平均時速46.68km)
2位:石原悠希(順天堂大)16分42秒8
3位:石上優大(EQADS準所属/AVCAIX)16分46秒3
8位:渡邉歩(EQADS準所属/La Bande)


【今回チームの監督として帯同した相川将監督によるレース総評(個人タイムトライアル)】
<U17~15個人タイムトライアル>
中学3年生の津田悠義の参戦。
高校生も参戦するカテゴリーということで、レース前の予想では津田の実力、バイクもノーマルバイクでの参戦ということを考慮しても3位入賞できればと思っていたが、結果的には2位に20秒弱の差で優勝。伴走車で走りを見たが、まだ乗り方に荒削りなところもありながら、序盤からトップスピードに持っていく走りと、後半の向かい風やのぼり区間での粘りの走りが際立っていた。
まだ身体がしっかり出来ていないこの年代ではタイムトライアル専用バイクは必要ないので、ノーマルバイクでしっかり独走ができる力を更に付けていってほしい。

<U23個人タイムトライアル>
新城雄大選手の参戦
本人曰く本格的タイムトライアルは初出場ということで、走りは未知数だったが、調子も良さそうなので上位に食い込めればと思っていた。結果的に優勝ということには正直私としても驚いた。伴走車から走りを見た感じでは、中盤から後半での上り区間や風の影響をしっかり意識したペース配分で後半も大きくペース崩れることなく、終始安定した走りだった。いくつかライン取り、コーナーリング、フォーム等に要改善点がみられたので、これらの部分でもう少しタイムを上げることはできたと思う。


【メディアレポート】
<個人TTレースダイジェスト動画(JCF)>


■Cyclowiredによる個人TTレポート

■産経デジタルCyclistによる個人TTレポート

■個人TTフルリザルト(PDFが開きます)

 * * *

6月24日(土)
【U23ロードレース140 km (14 km× 10 周)】

1位:横山航太(シマノレーシング)3時間39分05秒
2位:野本空(明治大学) トップから+2秒
3位:山本大喜(鹿屋体育大学)トップから+5秒

10位:渡邉歩(EQADS準所属/La Bande)トップから+4分38秒
15位:新城雄大(EQADS) トップから+11分4秒
19位:石上優大(EQADS準所属/AVC AIXOIS)トップから+12分49秒

【今回チームの監督として帯同した相川将監督によるレース総評(個人ロードレース)】
<U23>
EQADS勢は新城雄大、石上優大、渡邉歩の3選手が参戦。
結果的には上位に絡めなかった惨敗レース。
コースの特性上、実力者しか残らない我慢が強いられるサバイバルレースが予想された。
序盤から実力のある学生やEQADS勢らを含む有力者たちのレースメイクにはじまり、周回を重ねるごとにメイングループは有力どころに人数を減らされ絞られた。
エカーズ勢の動きも良いところもあったが、終盤の勝負ところでは誰も絡むことができず、結果的に渡邊の10位が最高位。この程度のカテゴリーでただ我慢比べのレースをしているようでは、海外を目指す上では話にならない。
レースを牽引して攻めて抜け出して引き千切るくらいの走りが出来ないと、海外でも勝負ができないだろう。

<エリート>
*EQADSからは参戦者無
序盤から周回を追うことに人数が絞られていくサバイバルレース。
後半に出来た逃げ集団からゴールへの勝負が始まり、終盤の全選手厳しい状況から残り2周で抜け出した畑中勇介選手(チームUKYO)が逃げ切り優勝。
あの状況で約30kmを独走に持ち込む判断と勇気、粘り強さは若手は見習うべきだろう。
単独での参戦の別府史之選手(トレック-セガフレード)も、レースをコントロールする必要がない状況でも終始集団を支配するあたりも海外のトップチームの中で走るプライドと実力を感じられた。

【メディアレポート】
<U23レースダイジェスト動画(JCF)>


■CyclowiredによるU23ロードレポート

■産経デジタルCyclistによるU23ロードレポート

■U23ロードフルリザルト(PDFが開きます)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755

【レース出場情報(EQADS)】『全日本選手権ロード&個人TT(6/23-25)』日本一決定戦。世界を目指す以上、日本制覇は責務

【レース出場情報(EQADS)】『全日本選手権ロード&個人TT(6/23-25)』

日本一決定戦。
世界を目指す以上、日本制覇は責務



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:
『第 86 回 全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース 』

『第 21 回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会』

*通称「全日本選手権ロード」
-カテゴリー: UCI National Championship
-期間:2017年6月23日(金)-25日(日)
-距離:
・個人タイムトライアル U23&ジュニア=13㎞
・個人ロードレース U23=140.0 km (14.0 km x 10周)
-開催地:青森県三戸郡階上町


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【出場選手&カテゴリー】

6月23日(金)
【個人タイムトライアル 13.0 km (13.0 km× 1 周)】
ジュニア&U15男子
蠣崎優仁
小笠原匠海
津田悠義

U23男子
新城雄大
石上優大(EQADS準所属/AVCAIX)
渡邉歩(EQADS準所属/La Bande)

6月24 日(土)
【個人ロードレースU23=140km(14.0km × 10周)】
U23男子
新城雄大
石上優大(EQADS準所属/AVCAIX)
渡邉歩(EQADS準所属/La Bande)

*浜田大雅は故障により欠場

■フルエントリーリスト

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755

【レースレポ(U23日本代表/EQADS)】『クルス・ド・ラ・ペ(6/1-4)』大きく成長を遂げたU23ジャパン

【レースレポ(U23日本代表/EQADS)】『クルス・ド・ラ・ペ(6/1-4)』

大きく成長を遂げたU23ジャパン

参戦5年目にして、遂に初のネイションズカップポイントを獲得


■総合優勝した1997年生まれのビョルグ・ランブレヒト(ベルギーナショナルチーム)は、2015年のベルギージュニアチャンプであり、2017年の「リエージュ~バストーニュ~リエージュU23」勝者。現在はワールドチーム「ロット・スーダル」の育成チームに所属する有望選手だ。
Photo:Course de la Paix official


■大会のバナーデザイン。第二次世界大戦後の1948年、世界の平和を願って開始された伝統の大会で、レース名もズバリ「平和のレース(仏語でクルス・ド・ラ・ペ)」


■日本U23選手の精鋭で構成される「クルス・ド・ラ・ペ」U23ナショナルチーム。EQADSからは石上優大(AVCAIX/EQADS準所属、左から2番目)と渡邉歩(La Bande/EQADS準所属、左端)がメンバーに選ばれた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:『クルス・ド・ラ・ペ』
Course de la Paix
-カテゴリー:UCI U23 Nations' Cup
-距離:*全4ステージ、総走行距離446km
-期間:2017年6月1日(木)-4日(日)
-開催場所:チェコ共和国


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【成績】
<6月1日:プロローグKRNOV中心部特設コース2㎞>

1位:OLIVEIRA Ivo (ポルトガル)2m13s12
2位:PEDERSEN Casper (デンマーク)+0s03
3位:GENIETS Kevin(ルクセンブルグ+0s80
39位:岡篤志+7s86
43位:岡本隼+8s42
47位:小野寺玲+8s82
69位:石上優大(AVCAIX/EQADS準所属)+10s99
97位:雨澤毅明+14s49
106位:渡邉歩(La Bande/EQADS準所属)+17s74
(出走=21ナショナルチーム計119名)

■プロローグ:フルリザルト

<プロローグ:浅田監督によるレースレポ>
『石畳を含む2㎞の1周コースでプロローグが行われた。チームではツアー・オブ・ジャパンの同類ステージの大阪ステージで8位に入った岡篤志のトップから7秒遅れの39位が最高で、各選手とも全力で走り切りコンディションを確認した。レースはノーマルバイクに制限され機材のハンデキャップが無い中、ネイションズカップでのTTの成績では過去最高であった。上位3名のタイムで決められるチーム総合成績も21チーム中15位とまずまずのスタートを切った。優勝したポルトガルのオリヴェイラは普段はアメリカの若手強豪チーム″Axeon Hagens Berman″に所属し活動する20歳だ。明日から本格的なステージが始まるが、第1ステージは個人総合狙いの雨澤を含む全員が先頭集団ゴールを目指し、スピードのある岡、岡本、小野寺でステージ上位を狙う。(浅田 顕)』


(写真)トップから8秒差でゴールした岡本隼のスタート
Photo: JCF

 * * *

<6月2日:第1ステージ JESENIK – RYMAROV 134km>

■第1ステージ成績:
1位:JOURNIAUX Axel(フランス)3h19m05s
2位:JØRGENSEN Mathias Norsgaard(デンマーク)+39s
3位:ABRAHAMSEN Jonas(ノルウェー) +45s
36位:岡篤志+1m50s
40位:岡本隼+1m50s
43位:小野寺玲+1m51s
64位:石上優大(AVCAIX/EQADS準所属)+1m54
91位:雨澤毅明+1m57s
99位:渡邉歩(La Bande/EQADS準所属)+2m00s

■第1ステージ:フルリザルト

<第1ステージ:浅田監督によるレースレポ>
『第1ステージは毎年スピード&パワー系の選手が活躍する。ジャパンチームは雨澤の先頭集団ゴールを条件に岡、岡本、小野寺で上位入賞を願った。レースはスタート直後から出来た主力国6名の先行グループが山岳賞、スプリント賞を獲得しながら進み、後続集団はリーダーのポルトガル、ベルギー、スイスなどのコントロールで進む。終盤になると先頭グループから3名が飛び出し、更にラスト7kmで1名が飛び出し独走態勢になる。集団は各国の牽制によりゴールスプリント直前まで本格的なペースアップもなく逃げを容認しレースが終了した。チームは4位以下の集団スプリントに力が出し切れず、2015年同ステージで18位でゴールした岡篤志の36位が今日の最高順位となった。個人総合を狙う雨澤は体力を消耗することなく無事集団ゴールを果たした。優勝はフランスのAlex JOURNIAUX(アレックス・ジュルニオー)。「昨年はこのコース最終回で千切れてしまったが自分も成長したと感じた」とのコメントを残している。明日の第2ステージは個人総合成績に最重要な山頂ゴールステージ。チーム全員で雨澤のアシストに全力を尽くす。(浅田 顕)』


■第1スタート前のU23日本ナショナルチーム
Photo: JCF

 * * *

<6月2日:第2ステージ KRNOV – DLOUHE STRANE 151km>

■第2ステージ成績:
1位:LAMBRECHT Bjorg(ベルギー) 4h00m59s
2位:EG Niklas(デンマーク)+6s
3位:VANHOUCKE Harm(ベルギー) +6s
18位:雨澤毅明+4m49s
46位:石上優大(AVCAIX/EQADS準所属)+14m13s
61位:岡篤志+16m55s
79位:小野寺玲+23m43s
93位:岡本隼+25m35s
97位:渡邉歩(La Bande/EQADS準所属)+28m10s

■第2ステージ:フルリザルト

<第2ステージ:浅田監督によるレースレポ>
『個人総合成績に最重要な第2ステージは終盤に1400mの山を2回登る山頂ゴールの151㎞。チームは雨澤を上位に送り込むための役割を分担しスタートした。レースは中盤まで少人数の逃げグループが出来るが難関までにはすべて吸収。強豪国ひしめく中、最重要な登りの入り口までの位置取りをチームで行い、エース雨澤を集団の先頭まで引き上げ登坂勝負に突入した。1回目の山頂付近ではジロ・デ・イタリアを総合45位でゴールしたばかりの地元チェコのSchlegelが後続を1分以上離し通過。後続は雨澤を含む18人に絞られた小グループで下りに入る。そして山頂ゴールとなる2回目の登りでは強豪ベルギー勢らが先頭を捕える展開に。雨澤は途中まで12位のポジションまで粘るがラスト3㎞あたりで順位を落とし18位でのゴールとなった。雨澤個人では10位以内の目標を立てていたため本人には悔しい結果であったが、チームとしては各選手役割を全うしネイションズカップポイント圏内(個人総合20位以内)に残る可能性を高めたことは評価したい。優勝はベルギーのLAMBRECHTで、ベルギーは3位と5位にも入り総合優勝に向け優位に立った。明日は最も厳しい最終ステージ。JAPANチームの士気が高まる中、攻撃に参加し雨澤の総合順位上昇に繋げたい。(浅田 顕)』


■U23ジャパンにとって、重要な日となる第2ステージスタート前の選手たち。
Photo: JCF


■このステージで好成績を狙う雨澤&石上の集団内ポジション取りを固める為に、集団先頭を牽く岡篤志ら。岡篤志はかつてEQADSに所属し、フランスを転戦。若手の中では海外経験が豊富な選手だ。
Photo:Course de la Paix official

 * * *

<6月3日:第3ステージ JESENIK – JESENIK 160km>

■第3ステージ成績:
ステージ成績
1位:ULYSBAYEV Dinmukhammed(カザフスタン)4h00m21s
2位:GENIETS Kevin(ルクセンブルグ) +01s
3位:LAFAY Victor(フランス) +01s
29位:雨澤毅明+48s
37位:石上優大(AVCAIX/EQADS準所属)+55s
59位:岡篤志+3m45s
66位:岡本隼+18m48s

DNF:小野寺玲、渡邉歩(La Bande/EQADS準所属)

■第3ステージ:フルリザルト

■最終総合成績:
最終個人総合成績
1位:LAMBRECHT Bjorg(ベルギー)11h22m13s
2位:SCHLEGEL Michal(チェコ)+16s
3位: EG Niklas(デンマーク)+17s
18位:雨澤毅明+5m46s
36位:石上優大(AVCAIX/EQADS準所属)+15m14s
53位:岡篤志+20m42s
73位:岡本隼+44m30s

■最終総合成績:フルリザルト

<第3ステージ:浅田監督によるレースレポ>
『最終ステージは前半の平坦と丘陵区間と後半の山岳区間に分かれるオールラウンドなコース。チームは雨澤の総合成績上昇を目指しスタートした。今日は風が強くレースは序盤から、ベルギーに対し逆転を狙う各国の攻撃により集団が長く伸び、耐え切れず脱落する選手が続出するが、日本チームは雨澤を守るように全員で位置取りし難を逃れ山岳に入る。最初の山岳ポイントでは逃げグループも捕まり集団は60名程に絞られ、チームからは雨澤、岡、石上が残る。
後半は山岳賞、ステージ狙いの選手らが飛び出すが集団は一定ペースでコントロールされゴールへ向かう。最後はラストスパートで飛び出した個人総合下位の3名により先着、雨澤はトップから48秒遅れの29位でゴールし個人総合18位で終えた。ステージ優勝はカザフスタンのULYSBAYEV、そして個人総合成績はベルギーのLAMBRECHTが守り切った。
日本チームはU23ネイションズカップ参戦開始から5年目にして初めてネイションズポイントを獲得し、今回の目標は達成された。今後はこれまでの成績をもって8月の最終戦“ツール・ド・ラヴニール”の出場選考結果を待つことになる。(浅田 顕)』


■最終ステージ前、特別ジャージを身に纏う選手らがスタートラインに集う。
Photo:Course de la Paix official


■逆転を狙って活発に攻める各国チーム。
Photo:Course de la Paix official


■影ながらも日本自転車界にとって大きな一歩を成し遂げたU23ジャパンナショナルチーム
Photo: JCF

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755
STAFF LOG IN PAGE TOP