HOME  > レース情報  > 2007

レース情報

TOUR OF SIAM 第3ステージ 福島康司リーダージャージキープ! ステージでも宮澤が2位に

TOUR OF SIAM 3日目、昨日のステージ優勝で個人総合リーダーとなった福島康司は、チームの協力なアシストでリーダージャージを堅守した。

今日のステージでは途中実力のあるメンバーの逃げが決まり、守るチームにとっては厳しい展開となったが、統率の取れたチーム力で終始コントロールし最後は集団をまとめ、ゴールでも初日3位の宮澤崇史が2位に入る活躍も見せた。

TOUR DE OKINAWA 2007 レースレポート

ツール・ド・おきなわ 2007 UCIアジアツアー クラス1.2  
11月11日 沖縄県北部

参加チーム

スキルシマノ
NIPPOコーポレーション・梅丹本舗
愛三工業レーシング
チームミヤタ
チームマトリックスパワータグ
および国内クラブチーム、フランス、ドイツ、スイス、香港、台湾の各招待チーム


チーム参加メンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、新城幸也、Prajak MAHAWONG


レース結果
1位 宮澤崇史 NIPPOコーポレーション・梅丹本舗・EquipeAsada 4h54m00s
2位 盛 一大  愛三工業レーシング+02s
3位 新城幸也 NIPPOコーポレーション・梅丹本舗・EquipeAsada+1m16s
・・・8位 福島康司、13位福島晋一、21位 Prajak MAHAWONG 

コメント
シーズン最後のレースとなる今大会へ地元新城幸也をエースにスタート。チームは序盤から積極的な攻撃で17名の先頭グループへ4名を送り込み後半の勝負どころへ備える。そしてラスト20kmには新城と宮澤、愛三レーシングの盛(昨年2位)と廣瀬の4名に勝負が絞られる。チームは新城のペースアップでで先手を取りラスト15kmの登りを利用して独走態勢になるが、宮澤にマークされながらも盛が粘り強く差を詰め始めラスト5kmで新城は吸収された。しかし最後は温存した宮澤が難なくスプリントを制し昨年に続いての優勝、大会史上では初の連覇となった。


お礼
長かった2007年シーズン、チームはUCI公式戦100日以上のレースに出走し12勝を挙げより強靭なしいチームに成長しました。ご支援いただきました皆様へ深くお礼申し上げます。

Tour of Hainan 第7ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第7ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第7ステージ  107km 
1位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL
2位 GALIMZYANOV Jenis (Russian National Team) RUS mt
3位 HUNGERBUEHLER Pascal (Swiss National Team) SUI mt
7位 清水都貴 (NIPPO-MEITAN) mt
.......30位岡崎和也 、35位中島康晴 mt 、55位井上和郎 +3s



総合成績 
1位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL
2位 KLIMOV Roman (Russian National Team) RUS +28s
3位 HUNGERBUEHLER Pascal (Swiss National Team) +33s
4位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) +33s

.......6位清水都貴 +40s 、28位 井上和郎+2m44s 、36位清水都貴 +8m18s


岡崎、都貴の総合成績が上にも下にもボーナスタイムで逆転可能なタイム差にあり、
チームでボーナスタイム獲得と、ステージ優勝を目標に走る。
前半から高速で進み、総合に関わらない逃げができ、リーダーチームがコントロール。
途中のボーナスポイントは逃げているメンバーが獲得し、セオリー通り残り20kmで集団は一つに。

ここから残った4人でスプリント勝負、井上、中島、そして岡崎と都貴のコンビネーションで良いポジションでスプリントに入ったが、
絶対的なスプリンター達には敵わず、都貴が7位でゴール。

岡崎はアジアンリーダージャージを獲得。
チームはアジアチーム1位

全レースを終えて、勝負どころでチームは4人と厳しい状況のなかで、各々が素晴らしい走りをしてくれた。
総合3位にはあと一歩ではあったが、全チームに恐れられるほど強烈な走りであった。

Tour of Hainan 第6ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第6ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第6ステージ  168km 
1位  KLIMOV Roman (Russian National Team) RUS
2位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL +11s
3位  清水都貴(NIPPO-MEITAN-EQA) +13s

.......13位岡崎和也 +16s 、38位井上和郎 +2m8s 、66位中島康晴+7m40s


総合成績 
1位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL 
2位 KLIMOV Roman (Russian National Team) RUS +15s
3位 HUNGERBUEHLER Pascal (Swiss National Team) +23s
4位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) JPN mt

.......6位清水都貴+30s、27位井上和郎+2m31s、36位中島康晴 +8m08s


ゴール前の1級山岳が勝負。
前半に総合成績に関係のない逃げが行き、最初の山岳を越える。
その後、集団は人数を減らし先頭集団は40人。
そこから、総合30s遅れのカザフスタンの選手が単独で飛び出す。
最大4分。

リーダーチームのマルコポーロは瀕死の状態、集団をコントロールするのはインテルアクションと中島が集団コントロールに加わる。

最後の山岳が始まり、先頭15人ほどに岡崎と都貴が残る。
頂上付近でロシアのKLIMOVが単独でアタック。誰も反応できない。

その後、10人ほどの集団から下りでアタック、中切れが起こり、岡崎が少し送れてしまうが、
都貴がステージ3位でゴール。

総合成績は3位と同タイムで岡崎が4位、都貴も6位にジャンプアップ。

最終日は一つでも総合成績を上げるために走る。

Tour of Hainan 第5ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第5ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第5ステージ  168km 
1位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL
2位  清水都貴(NIPPO-MEITAN-EQA) mt
3位KUDENTSOV Sergey(Discovery Channel Marco Polo Team) RUS mt
.......12位岡崎和也 、36位中島康晴 、40位井上和郎 ,、 佐野淳哉はリタイア


総合成績 
1位 KUDENTSOV Sergey (Discovery Channel Marco Polo Team) RUS
2位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL +2s
3位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) JPN +16s

.......13位清水都貴+28s、14位井上和郎+30s、24位中島康晴 +35s


前半は山岳コース、後半の100kmがアップダウンコース。
登りの手前で中島を含む5人が抜け出す。

集団は前半の登りで徐々に小さくなり、リーダーチームも苦しい状況。
山岳を越えて、ここからがチームの攻撃。
逃げている中島に合流する形で岡崎、都貴が20人の逃げに入る。
リーダーは後ろに取り残されるが、ロシアのリーダー以外が全員前に残るという不思議な展開。
遅れて、井上も追撃にのり、計40人が先頭集団。

途中、岡崎がボーナススプリントを獲得し、暫定アジアンリーダーと、総合3位に浮上。http://localhost:8888/eqa/modules/race/submit.php

残り10km過ぎからアタックがかかるが、各チーム翌日の1級山岳に備えて激しく動かずゴールスプリント。

都貴、岡崎の連携で今日は都貴がステージ2位。

勝負は明日のゴール前の1級山岳。


清水 裕輔

Tour of Hainan 第4ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第4ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第4ステージ  188km 
1位 KUDENTSOV Sergey(Discovery Channel Marco Polo Team) RUS
2位  RADOSZ Robert(Intel-Action) POL mt
3位  GALIMZYANOV Jenis (Russian National Team) mt
.......12位岡崎和也 、44位清水都貴 、48位井上和郎 、53位中島康晴 、90位佐野淳哉 mt



総合成績 
1位 GALIMZYANOV Denis (Russian National Team) RUS
2位 KUDENTSOV Sergey (Discovery Channel Marco Polo Team) RUS +9s
3位 RADOSZ Robert(Intel-Action) POL +19s
6位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) +24s

.......16位井上和郎 +35s 、23位佐野淳哉 +38s 、31位清水都貴 +39s 、37位中島康晴 +40s


レース中盤に、総合上位を含む10人の逃げに井上が乗る。
平坦最終日にして、やっと逃げたいメンバー、チームが揃ったメンバーがかみあった。
差は最大4分弱。

しかし、リーダーのロシア、逃げに送り込んだがゴールスプリントにしたいマルコポーロがペースを上げ、
タイム差は1分、ここから井上を含む3人がさらに抜け出し、1分をキープ。
残り30kmから井上は単独で頑張ったが、残り15kmでつかまり、
今日もゴールスプリント、岡崎の12位が最高位。

明日から山岳が始まる。
ここからが本番。


清水 裕輔

Tour of Hainan 第3ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第3ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第3ステージ  125km 
1位 GALIMZYANOV Jenis (Russian National Team)
2位  KUDENTSOV Sergey(Discovery Channel Marco Polo Team) RUSmt
3位  RADOSZ Robert(Intel-Action) POL mt
.......40位岡崎和也 、41位清水都貴 、66位佐野淳哉 、67位中島康晴 、69位井上和郎 、96位清水良行 +3m34(残り1kmの落車により)



総合成績 
1位 GALIMZYANOV Denis (Russian National Team) RUS
2位 KUDENTSOV Sergey (Discovery Channel Marco Polo Team) RUS +15s
3位 MA Haijun (China Skoda Team) CHN +19s
4位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) +20s

.......22位井上和郎、23位佐野淳哉、25位清水良行 +34s 、34位清水都貴 +35s 、40位中島康晴 +36s


今日も攻める走り。
しかし前半に総合上位を含む逃げに、タイミングが外れ、チームからは乗せられなかったが、
落ち着いてチームでコントロールして、逃げをすぐにつぶし、次の展開で、各選手が展開していく。
落車の影響が心配された良行も、井上とともに有力の逃げに乗る。
残り40kmでまた集団は一つに。

今度は岡崎が総合2位の中国のMA選手を含む13人で抜け出す。
しかし統率がとれず、最後は岡崎、MA、香港の選手と3人で残り10kmまで粘るが、
逃げに載せれなかったIntel-ActionとRepublic of SouthAfricaにつぶされる。
最後は残ったメンバーでスプリント体制に入るが、またも良行が落車に巻き込まれ、他のメンバーも落車を回避するのが精一杯。

今日も逃げがグループの統率が取れなかったが、そろそろ崩れてきそうな雰囲気。
強力な主要チームとかみ合えば、逃げ切る可能性が高くなってきた。


清水 裕輔

※Podcast番組終了後、裕輔コーチより連絡があり、良行選手は病院の診断では、骨に異常はない、とのことでした。

Tour of Hainan 第2ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHN) 第2ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第2ステージ  158km 
1位 MANAN Anuar (Malaysia National Team) MAS
2位  GALIMZYANOV Jenis (Russian National Team) RUS mt
3位  KUDENTSOV Sergey(Discovery Channel Marco Polo Team) RUS mt
9位 清水都貴 (Nippo-Meitan-EQA) JPN mt

.......37位岡崎和也 、38位佐野淳哉 、39位中島康晴 、83位井上和郎 、85位清水良行 mt



総合成績 
1位 GALIMZYANOV Denis (Russian National Team) RUS
2位 MA Haijun (China Skoda Team) CHN +9s
3位 岡崎和也 (NIPPO-MEITAN) +10s

.......23位佐野淳哉 +24s 、25位清水良行 +24s 、34位清水都貴 +25s 、38位中島康晴 +26s 、40位井上和郎 +27s


チームから逃げに複数乗せる展開を目指して、ゴールを目指す。
しかし今日は少人数の逃げしか決まらない、各チームの思惑がかみ合わない。
少人数の逃げも、リーダーのロシアチームがロシアらしく、2分開いたところで、全員吸収するまで集団を引っ張る。

70km過ぎに岡崎が単独で飛び出し、スキルシマノ所属の中国ナショナルチームの選手と2人で逃げる。
途中、中国JIN選手が引けなくなっても岡崎が単独で引き続け、途中のボーナスタイムは総合2位を率いる中国のJIN選手にまくられるも総合成績暫定3位まで順位を上げる。

その後、確実が逃げができないまま進み、今日も集団ゴールの雰囲気。
途中、清水良行が落車で大きなダメージをうけたが、ゴール残り500mまで岡崎を引き続ける。
最後は埋もれてしまい、チームのフォーメーションも崩れ清水都貴が9位でゴール。

明日も攻めて行きたい。


清水 裕輔

Tour of Hainan 2.1 第1ステージ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHI) 第1ステージ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


第1ステージ  169km 
1位 KUDENTSOV Sergey(Discovery Channel Marco Polo Team) RUS
2位  ZOU Rongxi (China Skoda Team) CHN mt
3位  GALIMZYANOV Jenis (Russian National Team) RUS mt
6位 岡崎和也 (Nippo-Meitan-EQA) JPN mt

.......11位佐野淳哉 、42位中島康晴 、44位清水都貴 、51位清水良行 、68位井上和郎 mt



総合成績 
1位 GALIMZYANOV Denis (Russian National Team) RUS
2位 MA Haijun (China Skoda Team) CHN +2s
3位 ZOU Rongni (China Skoda Team) CHN +5s
6位 岡崎和也 (Nippo-Meitan-EQA) JPN  +5s

.......22位佐野淳哉 +16s 、24位清水良行 +16s 、33位清水都貴 +17s 、37位中島康晴 +18s 、39位井上和郎 +19s



4.4kmの10周回後、ラインレースがスタート。
周回中のボーナスタイムのためにチームで動くが、スタート直後のスプリント合戦に岡崎の体が反応せず、獲得できないまま
ラインレースへ。
チームからも積極的に2人、3人と逃げに送り込むが、どれも1分まで開かない。
総合成績10秒以内の選手を含むチームが多く、各逃げに送り込めなかったチームが逃げを捕まえに行く、という繰り返し。

残り30kmで昨日の優勝者と、岡崎、井上、佐野を含む16人の逃げが出来る。
前も全力だが後続も全力、残り10kmで吸収され、その後のアタック合戦もすべて一つにまとまり集団スプリント。
Discovery Channel Marco PoloのKUDENTSOV Sergeyが優勝。チームは良行、岡崎の連携で岡崎が6位でゴール

Tour of Hainan プロローグ レースレポート

Tour of Hainan 2.1 (CHI) プロローグ

11月3日~10日  

中国 海南省 (海南島)

参加チーム
プロコンチネンタルチーム
Intel-Action(POL)

コンチネンタルチーム
Amore&Vita-McDonald's(POL)
FRF Couriers-NSWS(AUS)
Ukraine Neri Sottlo(UKR)
Polygon Sweet Nice (IDN)
Discovery Channel Marco Polo Team(HKG)
Giant A.R.T (TPE)
Hong Kong Haima Team(HKG)
Nippo-Meitan-EQA(JPN)

ナショナルチーム
Chinese Taipei Team(TPE)
Republic of SouthAfrica(RSA)
Russian National Team(RUS)
Swiss National Team(SUI)
Mongolian National Team(MGL)
Kazakhstan National Team(KAZ)
Malaysia National Team(MAS)
Georgian National Team(GEO)
China Skoda Team(CHN)


参加メンバー
岡崎和也、井上和郎、清水都貴、佐野淳哉、清水良行、中島康晴


プロローグ 3km 
1位 GALIMZYANOV Denis (Russian National Team) RUS 3m45s
2位 MA Haijun (China Skoda Team) CHN +0.6S
3位 LYNE Robert (FRF Couriers-NSWS) AUS +1s
4位 岡崎和也 (Nippo-Meitan-EQA) JPN +1s

.......27位佐野淳哉 +12s 、29位清水良行 +12s 、39位清水都貴 +13s 、43位中島康晴 +14s 、53位井上和郎 +16s



海岸線を使ったL字型のUターンコース。
タイムトライアル全日本チャンピオンの岡崎が本領発揮するが、惜しくも1秒差の4位。
明日からのロードレースにも期待がかかる。


清水 裕輔
STAFF LOG IN PAGE TOP