レース情報

【レース情報(EQADS/日本代表U23)】『ツール・ド・ラヴニール(8/18-27)』国別対抗U23版「ツール・ド・フランス」に日本が挑む。EQADSからは石上優大が出場。

【レース情報(EQADS/日本代表U23)】『ツール・ド・ラヴニール(8/18-27)』

国別対抗U23版「ツール・ド・フランス」に日本が挑む。EQADSからは石上優大が出場。
全9ステージ=総走行距離1,201km、総獲得標高=16,673m


■「ステージ/総合優勝=翌年の欧州プロへの切符獲得」と言っても過言ではない、U23(23歳未満)選手にとっての世界最高峰レース『ツール・ド・ラヴニール』(未来へのツール)。
U23選手のワールドカップシリーズ「UCIネイションズカップU23」ランキングで15位以内のU23ナショナルチームが出場可能。昨年度の日本は「招待枠」での出場だったが、今年はランキング13位での自力出場枠獲得を果たした。



■(写真左)2010年総合優勝のナイーロ・キンタナ、山岳賞のハルリンソン・パンタノ。(写真右)2011年総合優勝のエステバン・チャベス。
その他、歴代総合優勝者にはワレン・バルギル、バウク・モレンマ、ヤン・バーケランツ、デニス・メンショフ、ローラン・フィニョン、グレッグ・レモン、ミゲール・インデュライン、ヨープ・ズートメルク、フェリーチェ・ジモンディなどが名を連ねる。



■リーダージャージはツール・ド・フランス主催のASO協力のもと、全てツールと同様のラインナップ。2012年、当時のアルゴス・シマノ(現チームサンウェブ)研修選手であったワレン・バルギル(フランス)は、マイヨジョーヌ、山岳賞、スプリント賞を獲得し、フランスの復活を予感させた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】

-レース名:
『第54回ツール・ド・ラヴニール』
Le Tour de l'Avenir(未来のツール)
-カテゴリー:UCI Europe Tour (2.Ncup)
-期間:2017年8月18日(金)-27日(日)
-距離:全9ステージ=総走行距離1,201km、総獲得標高=16,673m

-U23日本ナショナルチームメンバー(監督:浅田顕)
雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
石上優大(EQADS/Amical Vélo Club Aix en Provence)
岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
岡本 隼(日本大学/愛三工業レーシング)
小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
山本大喜(鹿屋体育大学)
■レース公式ホームページ出場選手リスト

-出場国(各チーム6名、24チーム=計144人):
ドイツ/オーストラリア/オーストリア/ローヌアルプ・オーヴェルニュ地方選抜(開催国特別枠)/ベラルーシ/ベルギー/ブルターニュ地方選抜(開催国特別枠)/コロンビア/デンマーク/アメリカ合衆国/イギリス/アイルランド/イタリア/日本/ルクセンブルグ/モロッコ/ノルウェイ/オランダ/ポーランド/ポルトガル/チェコ/ロシア/スイス

-開催地:フランス(仏西部ブルターニュ地方からアルプスへのフランス横断)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【結果/リザルト】

■8月18日(金)<第1ステージ>
「ルデアック>ルデアック」=134km(獲得標高1673m)

Loudéac>Loudéac


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月19日(土)<第2ステージ>
「アンジンザック=ロクリスト>ビニャン」=132.4km(獲得標高1634m)

Inzinzac-Lochrist>Bignan


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月20日(日)<第3ステージ>
「ミシアック>シャトーブリアン」=125.7km(獲得標高1055m)

Missillac>Châteaubriant


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月21日(月)<第4ステージ>
「デルヴァル>ソミュール」=166.6km(獲得標高1383m)

Derval>Saumur


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月22日(火)<第5ステージ>
「モントルイユ=ブレイ>アンボワーズ」=157.1km(獲得標高1208m)

Montreuil>BellayAmboise


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月23日(水)<第6ステージ>
「モンリシャール>サンタマン=モンロン」=139.1km(獲得標高1129m)

Montrichard>St-Amand-Montrond


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月24日(木)
<休息日:「サンジェルヴェ・モンブラン」>

St-Gervais Mont-Blanc

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月25日(金)<第7ステージ>
「サンジェルヴェ・モンブラン>オトリュス=レセズィ」=118.4km(獲得標高3241m)

St-Gervais Mont-Blanc>Hauteluce-Les Saisies


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月26日(土)<第8ステージ>
「アルベールヴィル>サント・フォワ・タランテーズ」=120.5km(獲得標高4421m)

Albertville>Ste-Foy Tarentaise


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)


 * * *


■8月27日(日)<第9ステージ>
ブール・サンモーリス>アルビエズ=モンロン=106km(獲得標高3525m)

Bourg-St-Maurice>Albiez-Montrond


■フルリザルト(レース後にアップ致します)

■メディア様によるレースレポート:
◇(レース後にアップ致します)

 * * *

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755

『全日本選手権ロード(U17&ジュニア)(8/6)』津田悠義がU17ロード日本王者に。個人TT&ロード制覇により”U17完全日本一”を達成。

【レースレポ(EQADS)】『全日本選手権ロード(U17&ジュニア)(8/6)』

津田悠義がU17ロード日本王者に輝く。
個人TT&ロード制覇により”U17完全日本一”を達成。


■<U17+U15>雄叫びを上げ単独でゴールをする若干中学3年生の津田悠義(EQADS)。3名ほどによる逃げの後に独走へと持ち込み、2位選手に18秒差を付けての圧勝。6月に行われた全日本選手権個人タイムトライアルU17での優勝に続き、「U17カテゴリー完全優勝」を達成。



■<U17+U15>スタート風景。
全国から集まった17歳未満男子による日本一決定戦。この日の島根県益田市の会場は、本年度「日本最高温度=39.2度」を記録する猛暑。非常に厳しいコンディションの中で争われた。


■<U17+U15>レース序盤に形成された津田悠義(EQADS)を含む逃げ3名。レースは終始「津田を含む少数の逃げvs集団」の構図となる。


■<U17+U15>レース最終周回の登り(28.4km中の約19㎞地点)にて、メイン集団と約30秒の差を付けて走る津田悠義(愛知/EQADS)と寺田吉騎(静岡/磐田北高校)。


■<U17+U15>レース終盤に独走状態への持ち込んだ津田悠義(愛知/EQADS)。


■<U17+U15>中学3年生の津田悠義(愛知/EQADS)が、高校生らを含むレースにて圧倒的な逃げ切り勝利。勝利の喜びを雄叫びで表現しゴールした。途中まで津田と逃げていた寺田吉騎(静岡/磐田北高校)は、集団に吸収されたのちにもかかわらず集団スプリントを制覇。意地の入賞を果たした。

All Photos:JCF
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【レース情報】
-レース名:
『第 86 回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース』

『第4回益田チャレンジャーズステージ』
-カテゴリー:National Championship(各国国内選手権)
-期間:2017年8月6日(日)
-距離:
津田悠義出場「U17+U15」=14.2kmx3周=28.4km
小笠原匠海「ジュニア」=14.2kmx5周=71㎞(高気温のため、予定の85.2㎞から短縮)
-開催地:島根県益田市北仙道周回コース(14.2km/1周)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【結果/リザルト】

【U17+U15男子=28.4km(14.2kmx3周)】
1位:津田悠義(愛知/EQADS)44:08(平均時速=38.60km/h)
2位:寺田 吉騎(静岡/磐田北高校)トップから+18秒
3位:渡邊 諒馬(愛媛/松山城南高校)トップから+18秒



【ジュニア男子==71㎞(14.2kmx5周)】
1位:日野 泰静(愛媛/松山城南高校)1時間56分26秒(平均時速=36.58km/h)
2位:日野 凌羽(愛媛/松山城南高校)トップと同タイム
3位:松田 祥位(岐阜/岐阜第一高校)トップと同タイム

DNF:小笠原 匠海(東京/EQADS準所属/八王子桑志高等学校)

■フルリザルト(PDFが開きます)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【メディア様によるレースレポート】

<シクロワイアード>
全日本選手権ロードレース2017ジュニア
日野泰静&凌羽がインターハイに続きワンツーフィニッシュ! U17は津田悠義が独走


Photo: Hideaki Takagi(cyclowired)



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【参考リンク】
<2017年「エキップアサダ(EQADS)」体制のご紹介>
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=755
STAFF LOG IN PAGE TOP