レース情報

Tour de Bretagne 2008 第7ステージ レースレポート

新城、ステージ8位に入り健闘するも総合変わらず
//// 雨の最終日、総合7位で新城終える ////


5月1日 Dol de Bretagne - Dinan 148,9km

■第7ステージ成績

1. WILMAN Frederik (NOR, JOKER BIANCHI) 3h36m18s

・・・ 8. 新城 20s
62.岡崎 4m36s、67.中島 6m42s、68.清水 6m42s

福島:リタイア

■総合成績


1. POILVET Benoît(FRA,BRETAGNE ARMOR LUX) 22h20m55s

・・・ 7.新城 2m11s 
23.清水 9m25s、76.中島 49m19s、81.岡崎 53m05s

■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最終日となった第7ステージは、スタート地点は晴れていたが肌寒く、レースが始まると徐々に黒い雲が現れ、運悪く雨雲に向ってコースが進んで行った。前半から、清水がステージ優勝を目指し果敢に逃げに乗っていくも、集団をコントロールするリーダーを要するBRETAGNE ARMOR LUXが逃げを潰し、なかなか逃げ切れず。途中から降り出した冷たい雨は、一気に選手たちの体温を奪う。中島が雨具を取りにチームカーに戻り、岡崎、新城に運ぶ。「手が動かなくなるくらい寒くなって、あの時なかじにカッパを持ってきてもらえなかったら終わっていた」と岡崎が言うほど、いいアシストぶりを見せた。最後は6キロの石畳の上りを含むディナンの街中を7周走るコースで、路面がぬれ雨がぱらつき選手たちを苦しめる。どんどんリタイアしていく選手が出て行く中、新城は先頭グループに残り前方に位置しながら走る。53キロ地点で、総合に関係のない6人の逃げが決まり、周回コースになるとパラパラと集団に吸収されていく。逃げにいたJean-Marc Bideau (Roubaix Lille Métropole)が耐えて先頭を走るが、集団から飛び出したWILMAN Frederik(NOR, JOKER BIANCHI)にラスト600mで捕まり、WILMANがステージ優勝。新城は2位争いの集団の7番手でゴールし、このステージ8位で終えた。この結果、総合に変動があるかと思われたが、上位選手たちもこの集団に入っていたため、昨日とタイム差は変わらず総合7位でこのレースを終えた。
表彰台には届かなかったが、連日注目を浴びる走りをし、新聞やテレビで取り上げられ、地元の人々に与える知名度もかなりUPした。選手たちは好調なので、今後のレースが期待できそうだ。

■新城幸也のコメント:自分は前半待機で後半に備えた。今日は久々に最初から調子がいいな~と言う感じで、ヨーロッパに戻ってきてから、やっと本調子に戻ってきた。最後の周回も落ち着いて走れたし、走りながらも余裕があったので、次のレースを狙って行きたい。

■浅田監督の総評:このところ、力が発揮できないレースが続いていたので、今回2クラスとは言え強豪国の参加が多く、高いレベルの中、主力チームの一つとしてレースを展開できたことは満足している。しかし、ステージ優勝は果たせず、また個人総合優勝を狙うにはより強力な「武器」が必要と実感している。今後は選手個々の武器を磨く事とチームの総力を高めることに努力したい。


次のレースは、日曜日に行われる Trophee des Grimpeursで、福島康司、宮澤、新城、増田、菊池、ヨンリ、インチーが出走する予定になっている。

Tour de Bretagne 2008 第6ステージ レースレポート

Tour de Bretagne 2008

TTで新城、清水まずまずのタイムを出す
//// 残るは最終ステージで総合アップなるか? ////


4月30日  Dol de Bretagne - Dol de Bretagne 23,4km

■第6ステージ成績

1. BOOM Lars (Ned, Rabobank3) 29m39s

・・・ 19. 新城 1m19s
33.清水 1m48s、79.岡崎 3m04s、107.福島 4m38s、113.中島 4m55s

宮澤:未出走

■総合成績

1. POILVET Benoît(FRA,BRETAGNE ARMOR LUX) 18h44m17s

・・・ 7.新城 2m11s 
14.清水 3m03s、97.中島 42m57s、102.岡崎 48m49s、108.福島康司 57m11s

■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第6ステージは23,4キロのタイムトライアルが行われた。福島、岡崎、中島3人が前半に、宮澤、清水、新城が後半に出走となった。だが宮澤は先日からお腹の調子が悪く、本日は出走せず。ここまでいい成績を出していただけに残念だが、今後のレースを見据えてのリタイアとなった。天気は朝から雨。スタート地点に着くと小降りになったり止んだりしたが、岡崎がスタートして8キロほどで雨が降り始め、前半にスタートした3選手は雨の中でのレースとなった。コースは直角のカーブが何ヶ所かあり、中盤からは路面状況も悪く、テクニカルなコース。レースは後半になると雨が止み、日が照りつけ、路面も一気に乾いた。15 時26分に清水が、岡崎のタイムトライアルバイクを借りて出走し、31分27秒でゴールした。、15時47分に出走した新城は、前半ペースはゆっくりぎみだったが、後半いいテンポで進みタイムを速めていく。ゴールタイムは30分58秒と新城にとっては、いいタイムを引き出した。このステージ勝ったのは、ラス・ブーン。タイムは29分39秒で、平均時速は47.59 km。ブーンは第3ステージに続き今季2勝目をあげた。
新城はこのタイムトライアルで19位に入るも、総合上位の選手たちが意外と好タイムを出し、総合7位に落ちてしまった。だが、清水は14位に浮上。最終日のステージも厳しいコースが予想されているため、新城と都貴の総合アップのために、チーム一丸となって戦う。最終日も目が離せない。

■清水都貴のコメント:岡崎さんに秘密兵器を貸してもらい、思ったよりいいタイムだったので、調子が戻ってきている。明日はフルパワーでやりたいと思う。

■新城幸也のコメント:最後だんだんスピードを上げて行けて、自分としては10位以内を狙っていたので、成績を見てあれ?って感じだけれど、次の機会で TTを頑張りたい。昨日みたいな展開(最後に逃げが決まり差が開く展開)もあると思うので、昨日動けなかった分、明日が最後なので攻撃をして行きたい。

Tour de Bretagne 2008 第5ステージ レースレポート

Tour de Bretagne 2008
変動する総合上位、新城5位に浮上
//// 新城、清水粘り、明日のTTに望みたくす ////


4月29日 Lannion - Lannion 145,7km

■第5ステージ成績

1. POILVET Benoît(FRA,BRETAGNE ARMOR LUX) 3h26m30s

・・・ 12. 新城 1m20s
41.清水 1m37s、95.宮澤 9m11s、96.中島  9m11s、114.岡崎 20m06s、117.福島 20m06s


■総合成績

1. POILVET Benoît(FRA,BRETAGNE ARMOR LUX) 18h14m06s

・・・ 5.新城 1m24s 
20.清水 1m47s、29.宮澤 9m15s、98.中島  38m34s、105.岡崎 46m17s、109.福島康司 53m05s


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第5ステージは、朝から雨が降る中行われた。このステージも起伏あるコースで、特に81,7キロに設けられたカテゴリー1級の山岳ポイントは18%の勾配を600m上る難関で、最後に5,8キロを4周する145,7キロのコース。
レースは最初からスピードが上がり、集団は一直線に伸びて、この加速について行けない選手たちが集団から脱落していく。序盤12人の逃げができ、福島康司が入るがこの逃げは成功せず。55キロ地点で2選手が集団から飛び出し、総合争いに関係のない選手だったため、集団とは3分以上差を広げた。18%の上りは逃げの2人のあと、集団2番手で清水都貴が上り、この山岳ポイントを4番手で通過した。この上りを過ぎて100キロ過ぎたあたりから集団は大きく分裂し、前の集団に新城、宮澤、清水、中島の4人が残る。周回コースに入ると中島が遅れ、2周目で宮澤はハンガーノックになり、新城と清水が先頭グループに残る。周回コースに入ってから単独先頭に立っていたブノワ・ポワルベ(BRETAGNE ARMOR LUX)が逃げ切りステージ優勝し、新城は集団の前方でゴールし、トップから1分 20秒遅れの12位に入った。清水は最後の周で、周回コースにある激坂で中切れにあってしまい、新城のグループより17秒遅れの第2グループでゴールした。
総合では、宮澤が順位を落としてしまったが、新城は昨日の7位より5位に浮上。清水も20位だがトップとは1分47秒差につけている。明日の第6ステージは、23,4キロの個人タイムトライアル。2分くらいの差なら、一気にひっくり返る事もありえるので、明日はとても重要なステージになる。特に新城は、先日行われたアジア選手権でも3位に入り、TTの力もつけているので、ぜひここで更なるランクアップが期待される。見逃せないレースになりそうだ!

■清水都貴のコメント:今日は前半全く前に出られない感じで、みんなに任せきりだった。18%は攻撃どころだと思ったので前に出た。調子もいいので、上位にくらいつこうと思っている。

■新城幸也のコメント:前半身体が動かなくて、康司兄ちゃん宮澤さんとに任せきりだった。都貴さんと同じく18%くらいから、調子がよくなり前に行けて、なんとか集団ゴールできた。TTは良いわけではないけれど、奈良(アジア選手権)では良かったので、そのイメージで走りたい。

Tour de Bretagne 2008 第4ステージ レースレポート

Tour de Bretagne 2008

勝負の逃げに乗り、総合上位キープ
//// 総合トップ変動。33人の逃げに、新城、宮澤、清水が入る ////


4月28日 Guingamp - Lesneven 169,1km

■第4ステージ成績

1. ANTOMARCHI Julien(FRA, V.C LA POMME MARSEILLE) 4h18m36s

・・・ 7.宮澤 13s
23.清水 13s、 31.新城 13s、63.中島 26m14s、78.岡崎 26m14s、122.福島 26m14s


■総合成績

1. ANTOMARCHI Julien(FRA, V.C LA POMME MARSEILLE) 14h47m23s

・・・ 6.宮澤 17s 
7.新城 17s、22.清水 23s、64.岡崎 26m24s、100.中島 29m36s、106.福島康司 33m12s

■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツール・ド・ブルターニュの第4ステージは、169,1キロの起伏あるコース。前半は、一直線の大きな道路で波打つように道が続く。後半は道が細く海沿いに出るため、風の影響が予想された。スタートするとこの日もアタックがかかり、集団のスピードはかなり速い。レースが動いたのは、40キロ地点手前だった。長い上りで集団から選手たちがアタックし、それにパラパラとワンテンポ遅れて追いつき、計33人の逃げグループが出来た。梅丹本舗・GDRは、新城、宮澤、清水の3選手が入る。他に3人以上送り込んだチームは、ルーベ、イスタ、ブルターニュの3チームで、梅丹本舗・GDRにとっては有利な展開でレースが進む。この逃げには22チーム中19チームの選手が入っていたため、集団との差は開く一方でレースは進んでいく。次の展開があったのは、144,4キロ地点の中間ポイント手前。逃げグループの選手たちが攻撃をし始め、一気にスピードが上がる。7,3kmを3周する周回コースに入って、数人の逃げが出来るが、ラボバンク3の2選手が追ってこの逃げを吸収し、ラスト周回手前でANTOMARCHI Julien(FRA, V.C LA POMME MARSEILLE)が一人で飛び出した。1人なので捕まえられるだろうと先頭グループは油断してしまったため、最終的にはこの選手を逃してしまい、先頭グループは13秒遅れでゴールした。集団にいたっては、26分14秒遅れてゴールし、総合リーダーもこのグループにいたため、ステージ優勝した選手が総合トップになった。これで総合争いは本日の逃げに乗った約30人に絞られた。
梅丹本舗・GDRとしては総合争い圏内に3人を送り込め、依然新城が6位、宮澤が7位につけ、チームとしてはいいポジションにつけている。残り3ステージ、総合上位とステージ勝利を狙い戦う。

■新城幸也のコメント:今日は逃げに乗ってからがすごく辛くて、食いしばれない感じだった。走ってみたら思ったより昨日の落車の影響はないなという感じだったので、明日前の方にいて明後日のTTで頑張りたい。

Tour de Bretagne 2008 第3ステージ レースレポート

エースの新城、落車するも無事集団でゴール
//// コースアウトに落車、ハプニングに耐えた1日 ////

4月27日 146,1km

■第3ステージ成績

1. BOOM Lars (Ned, Rabobank3) 3h26m23s

・・・ 21.清水 7s
38.岡崎 7s、 50.宮澤 7s、70.新城 7s、101.中島 3m19s、107.福島 5m31s


■総合成績

1. VERMELTFOORT Coen (Rabobank3) 10h28m28s

・・・ 7.宮澤 23s 
8.新城 23s、45.岡崎 29s、57.清水 29s、100.中島 3m41s、106.福島康司 7m17s

■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツール・ド・ブルターニュの第3ステージは、118,5キロを走り、5,6kmの周回コースを5周する計146,1キロのコース。
スタート直後に3人の逃げができ、梅丹本舗・GDRの選手たちは集団の前方に位置し、レースの展開を見る。第3 ステージは道が細く、集団内の位置取りもなかなか厳しい。レースも40キロに差し掛かったとき、集団が活発になり梅丹本舗・GDRの選手たちが攻撃をし始めた矢先、道を間違えてコースアウト。集団の先頭にいた20人ほどが、ロスタイムを余儀なくされた。運悪く、調子よく走っていた宮澤、岡崎、清水の3選手が、このコースアウトで犠牲となり、集団から遅れてしまった。集団のスピードも上がっており、展開的に厳しく集団に戻るために無駄な脚を使うも、なんとか 3選手とも復帰できた。3人が遅れていたときに、集団では11人の逃げが決まり、先頭の3人と11人の逃げが出来る。
その後、85キロ地点で新城が落車に巻き込まれ、右半身を強く打った。自転車を交換して走るが、ここでも運が悪く、ちょうど集団のスピードが上がっおり、復帰に多少手間取ったものの無事追いつく。後半になり先頭の逃げも全て捕まると、今度はリーダージャージもアタックを仕掛け、動きが活発になる。そんな中、周回コースになって4人の逃げが決まる。この逃げに追いつこうと岡崎が集団から飛び出した。前に追いつきそうで追いつけず、迫った集団に吸収された。結果的にはこの4人の逃げが決まり、ラス・ブーン(ラボバンク3)が優勝し、新城、宮澤、岡崎、清水は集団でゴールした。
とにかく、今日はついていなかったとしか言いようがないほどの不運だったが、結果的に集団でゴールできタイム差も開くことなく、被害は少なかったので、明日以降は気を取り直してまた攻撃的な走りを見せてくれるだろう。

■清水都貴のコメント:みんないい動きが出来ていたと思う。コースを間違えて戻った時に、前方に上がりきる前に後ろに取り残された。ブーンが行った時も位置は前の方にいたけれど、足がなくて付いて行けず。調子は上がってきてるので、最終日にいい感じになると思う。

■浅田監督のコメント:うちのチームとしては運がなかった。ステージレースではいい日もあれば、悪い日もある。動き自体はいい。落車とコース間違いがあったが、後半のきついとことで岡崎が前に乗れたし、明日以降チャンスが来るので、このまま引き続き頑張ってほしい。

Tour de Bretagne 2008 第2ステージ レースレポート

Tour de Bretagne 2008

新城が70キロ一人逃げ、宮澤がスプリントで3位
//// 攻めの梅丹本舗・GDR 総合4位、5位に浮上 ////

4月26日 156,6km

■第2ステージ成績
1. VERMELTFOORT Coen (Ned,Rabobank3) 3h40m24s
・・・ 3.宮澤崇史 同タイム 
24.岡崎、 51.清水、81.新城、91.福島、109.中島 同タイム

■総合成績
1. VERMELTFOORT Coen (Rabobank3) 7h02m01s
・・・ 4.宮澤 20s 
5.新城 20s、44.岡崎 26s、73.清水 26s、87.中島 26s、112.福島康司 1m50s


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツール・ド・ブルターニュの第2ステージは、123,7キロを走り、5,5kmの周回コースを6周する計156,6キロのコース。スタート直後からアタックがかかり、レースは活発に。20キロ地点で、19人の逃げが決まり、ここに梅丹本舗・GDRからは中島が乗り込む。この逃げは20キロほど続くが、40 キロにあるこの日2つ目の山岳ポイント通過したあとにこの逃げは捕まった。それと同時に新城が自らアタック!DE HAAN(Ned,VAN HEMERT GROUP)とHOOGERLAND(Ned,VAN VLIET)が追いつき、3人の逃げが決まった。最高4分ほど差が開く。30キロほど3人で走るも、新城以外の2人はあまり逃げ切る気はなく、集団のスペースが上がっていないのに差は縮まっていく。集団との差が30秒になったときに、痺れを切らした新城が加速すると他の2人は追ってこず。新城の独走態勢になると、差は再び開き始め、集団を引き離しゴールを目指す。新城独走で周回コースに入るが、3周目でペースが落ちてしまい、ゴールスプリントのためにスピードを上げた集団にラスト1周で捕まってしまった。最終的には、ゴールスプリントに持ち込まれ、清水にアシストされた宮澤が前方に出てくるも、前日優勝したVERMELTFOORTにはかなわず。惜しくも 3位でゴールとなったが、ボーナスポイントがつき総合4位に浮上した。
この日、110キロ、単独では70キロの逃げを見せた新城は、中間ポイントを2度トップ通過で、ボーナスタイムを獲得し、宮澤と同タイムの総合5位につけている。新城は、ラッシュ賞(ポイント賞)が10ポイントになり、トップのVERMELTFOORTと同ポイントの2位につけているため、第3ステージは水色のラッシュ賞ジャージを着て走る。

■宮澤崇史のコメント:あのタイミングでしか決まらないだろうと言う時に、幸也の逃げが決まったし、その前の逃げになかじが入ってなかったら、幸也の逃げは出来なかったので、流れとしては良かった。自分としては、3,4年前から、2着3着は入ってきていることなので、何とかして勝てる走りをしたい。全く勝算がないわけではなく、最初のスプリントポイントでもがいたし、タイミングさえ合えば出来そうだから、自分の気持ちに負けないように結果を残せる走りをしたい

Tour de Bretagne 2008 第1ステージ レースレポート

Tour de Bretagne 2008

アタック、アタック、アタック!攻める梅丹本舗・GDR
//// 集団の前方で動きを見ながらレース展開 ////

4月25日 151,8km

■第1ステージ成績
1. VERMELTFOORT Coen (Rabobank3) 3h22m03s
・・・ 25.新城幸也 同タイム 
36.宮澤、 54.岡崎、58.中島、93.清水、同タイム 117.福島康司 1m24s

■総合成績
1. Coen Vermeltfoort 3h22m03s
・・・ 7.宮澤 11s
29.新城 13s、56.岡崎 13s、60.中島 13s、93.清水 13s、117.福島康司 1m37s


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フランスの北西、今年のツール・ド・フランスのグランデパール(最初の出発地)になっているブルターニュ地方で行われるステージレース『ツール・ド・ブルターニュ』が始まった。
第1ステージは68,1キロ走り、 12,1キロのコースを6周する151, 8キロの平地ステージ。ブルターニュは天気が悪いのが普通だが、この日は晴れ渡る快晴だった。このレース最初のアタックをかけたのは、宮澤だった。4キロ地点で、宮澤がアタックしこの逃げを皮切りに集団は活性化され、次々と逃げが出来ては、集団に吸収される。梅丹本舗・GDRの選手たちは11キロで清水、 19キロで新城、33キロで福島など、次から次に逃げに乗って動いていく。10人ほどの大きな逃げには、必ず梅丹本舗・GDRの選手は2人ほど送り込むも、なかなか逃げ切らせてもらえず。2人が集団から飛び出すが、最終的にはラスト数百メートルで捕まり、ゴールスプリント勝負でラボバンクのサテライトチーム、ラボバンク3の若干20歳のCoen VERMELTFOORTが優勝した。梅丹本舗・GDRは、新城が25位でゴールし、福島康司を除く他のメンバーも集団と同タイムでゴールした。福島は、ラスト5kmほどで落車に巻き込まれ遅れてしまったが、ケガなどは全くなし。第2ステージも、逃げに乗る攻めの走りでレースを動かしていくだろう。

■新城幸也のコメント:今日はすごい調子が良かったわけではなかったけれど、みんなに刺激されて前で動く事ができた。最後スプリントで宮澤さんとうまく行かず、流れ的には良かったので明日からしっかり勝負したい。

大会基礎データ

■大会名とクラス
Tour de Bretagne (UCIヨーロッパツアー 2.2)

■期 間
4月25日~5 月1日

■開催地
フランス ブルターニュ地方

■大会ホームページ
http://www.tourdebretagne.fr

■チームの参加メンバー
監督 浅田顕
211 新城幸也
212 中島康晴
213 宮澤崇史
214 岡崎和也
215 清水都貴
217 福島康司
STAFF LOG IN PAGE TOP