レース情報

ツール・ド・北海道 第6ステージ レースレポート

宮澤崇史、ツール・ド・北海道を制す
//// 守った宮澤、初の総合優勝!ヨーロッパで培った梅丹本舗・GDRのチーム力は本物 ////

■9月15日 ツール・ド・北海道第6ステージ 札幌市モエレ沼公園 61Km クリテリウム


【第6ステージ結果】
1.西谷泰治(愛三工業レーシングチーム) 1h18m22s
・・・8.宮澤崇史 +11s
16.新城幸也 +11s、24.福島晋一 +11s、26.清水都貴 +11s、44.岡崎和也 +23s


【総合成績】
1.宮澤崇史(梅丹本舗・GDR) 17h06m57s
・・・13.新城幸也 +1m38s、14.福島晋一 +1m42s、16.清水都貴 +1m42s、35.岡崎和也 +3m41s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第6ステージは札幌市モエレ沼公園、2.75Km×22周する計61Kmのクリテリウム。
宮澤はリーダージャージを着るが、総合2位のジュースト・ヴァンレイジェン(オーストラリア、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)とはわずか1秒差。ボーナスタイムが稼げるホットスポットも4回あるため、気が抜けない。


スタート直後から、激しいアタック合戦が始まる。最初のホットスポットは宮澤が2位通過し2秒獲得、総合では3秒差になった。10周目2度目のホットスポットは、総合2位のヴァンレイジェンが攻めて来るも、宮澤トップ通過した。


11周目で清水と新城が集団からアタックし、10秒ほど差を広げる。この2人の攻めの動きに、総合2位の選手を擁するヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフチームが動き、集団のペースを速め、集団は小さくなる。梅丹本舗・GDRの2人の逃げは捕まり、3度目のホットスポットに入る。総合2位のヴァンレイジェンがここでも攻めて来るが、宮澤がト�ップでヴァンレイジェンは2位通過。これで総合の差は計5秒差に広がった。


ゴールスプリント狙いのヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフチームもアシストがちぎれ、後半になりコントロールしきれず。15周目、鈴木真理(スキル・シマノ)、西谷(愛三工業レーシング)などを含む8人の逃げが決まる。総合上位が入っておらず、梅丹本舗・GDRにとって、この逃げは容認したいところだ。差は26秒に広がる。18周目、最後のホットスポットはこの逃げのメンバーで戦われ、残すはゴールでのボーナスタイムのみ。


ゴールスプリント狙いのマトリックスとU23のリーダージャージを守りたいブリヂストンアンカーが集団のペースを上げて追走するも、逃げを捕まえ切れず。逃げきった7人でのゴール勝負となり、西谷泰治(愛三工業レーシング)が最終ステージを制した。宮澤は集団のトップ通過で8位。最後まで魅せる走りをし、総合優勝を果たした。スプリンターの宮澤にとって、総合優勝は初めてのタイトルであり、今年初勝利。この日ホットスポットでポイントも稼ぎ、宮澤は総合優勝だけでなく、ポイント賞も獲得した。レース後は、水谷監督を胴上げしてチームみんなでこの勝利を祝った。

■水谷監督のコメント:作戦としては、集団ならホットスポットを取りに行き、逃げができれば容認することだった。前半は逃げが決まらず、思い切って清水と新城にアタックさせる攻めの走りをした。この動きで、ライバルのヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフチームは焦ったみたいだ。集団を引き始めアシスト勢たちはちぎれて、自分たちの有利な展開となった。ヴァン・ヴリエが集団をコントロールしきれず逃げができてからは、うちのチームとしては、逃げとの差のペース配分を考え、落車に気をつけて走るだけだった。みんな完璧な走りをしてくれて言うことなし。うちのチームは本当に強い。

【速報】宮澤、ツール・ド・北海道で総合優勝

5日、ツール・ド・北海道最終ステージが終わり、宮澤崇史が総合トップを守り抜きました。
途中のホットスポットでポイントとボーナスタイムを稼ぎ、ポイント賞も獲得しました。

詳しくは後ほど、レースレポートでお送りします。

ツール・ド・北海道 第5ステージ レースレポート

明日、宮澤のリーダージャージを守る最後の戦い
//// 1日中レースをコントロールし続けた梅丹本舗・GDR完璧な走り ////

■9月14日 ツール・ド・北海道第5ステージ 占冠村トマムリゾートホテル前 - 江別市 野幌総合運動公園 180km

【第5ステージ結果】
1.ピーター・マクドナルド(オーストラリア、ドラパックポルシェ) 4h15m09s
・・・4.宮澤崇史 +13s
13.新城幸也 +13s、39.清水都貴 +13s、43.福島晋一 +13s、75.岡崎和也 +48s

【総合成績】
1.宮澤崇史(梅丹本舗・GDR) 15h48m32s
・・・8.新城幸也 +1m30s、9.福島晋一 +1m34s、11.清水都貴 +1m34s、36.岡崎和也 +3m21s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、180キロのコース。宮澤がリーダージャージを着て第5ステージをスタートした。スタート30キロすぎで福島晋一含む6人が逃げて、先頭に立つがその後吸収され、最初の山岳を通過。その後、集団から向川(マトリックスパワータグ)、ガロッファロ(NIPPO-エンデカ)、平塚(パールイズミ・スミタラバネロ)の3人が先頭に立ち、集団との差を5分ほど広げる。

梅丹本舗・GDRが集団をコントロールし、徐々に差をつめ始める。鹿屋やシマノも先頭のローテンションに加わり、差は2分30秒ほどに縮まった。先頭からはガロッファロがアタックし、他の2人を引きはなす。153,4キロ地点の2度目のホットスポットを過ぎて、向川と平塚は集団に吸収され、ガロッファロは単独で走るも、ラスト15キロほどで再び集団となった。

激しいアタック合戦が始まり、真鍋(NIPPO-エンデカ)、青柳(法政大学)、ピーター・マクドナルド(オーストラリア、ドラパックポルシェ)の 3人が集団から抜け出す。総合に関係のない選手だったので、梅丹本舗・GDRとしては逃げを容認し、20秒ほど開く。結局3人は逃げきり、マクドナルドが優勝。集団は13秒遅れで、リーダージャージを着た宮澤が集団スプリントのトップを取り、ステージ4位となった。総合は変わらず、宮澤がトップを守った。

明日はいよいよ最終日。総合2位との差は依然1秒の僅差で気が抜けないが、ヨーロッパで培った団結力でチーム一丸となって総合を守り切る。


■水谷監督のコメント:ガロッファロ含む3人の逃げが決まり、5分以上差が開いた時はヤバイと思ったが、他のチームも協力してくれて、逃げを捕まえることができた。うちのメンバーは1日中集団をコントロールしていたので、やはりみんな疲れていたし、無理せず守りの走りで、最後3人の逃げは逃がす形となった。今日は作戦通りに進んだ1日だったし、最後のスプリントも宮澤が頭を取ってくれたのでチームとしては良かった。明日の最終日、ゴールするまで何が起こるか分からないが、ベストを尽くして全力で戦う。

ツール・ド・北海道 第4ステージ レースレポート

宮澤ついにリーダージャージ獲得!!
//// 本日も梅丹本舗・GDR列車を組んで、宮澤がステージ2位、総合トップに浮上 ////

■9月13日 ツール・ド・北海道第4ステージ 十勝川河川敷内-占冠村トマムリゾートホテル前 116Km

【第4ステージ結果】
1.ジュースト・ヴァンレイジェン(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)2m17s69
・・・2.宮澤崇史 +00s
12.清水都貴 +2s、26.新城幸也 +2s、28.福島晋一 +2s、59.岡崎和也 +57s


【総合成績】
1.宮澤崇史(梅丹本舗・GDR) 11h33m10s
・・・7.新城幸也 +1m30s、8.福島晋一 +1m34s、10.清水都貴 +1m34s、33.岡崎和也 +2m46s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13日の午後は、十勝川河川敷内から占冠村トマムリゾートホテル前まで116Kmの第4ステージが行われた。新城が得意とするヨーロッパっぽいアップダウンのあるコースで、前半から新城がアタックを繰り返すが、マークが厳しくなかなか逃げが決まらない。57キロ地点で新城のアタックに井上和郎(NIPPO-エンデカ)や柿沼章(チームブリヂストン・アンカー)など4人が集団から飛び出す。その後、野寺秀徳、鈴木真理(スキル・シマノ)や山本雅道(チームブリヂストンアンカー)など7人が追いつき、先頭は12人となる。

ホットスポットは新城が1位通過しボーナスタイムを3秒稼ぎ、集団との差を3分30秒広げ、新城が暫定トップに立つ。

総合リーダーが所属するヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフチームが集団を引いて差を縮める。ラスト30キロで1分30秒差。山岳ポイントは新城5 位で通過し、集団との差は縮まり、新城など数名は集団に戻る。先頭は、野寺秀徳(スキル・シマノ)、井上和郎(NIPPO-エンデカ)、阿部嵩之(北海道地域選抜)の3人のみとなった。

先頭3人との差は40秒ほど開くが、ゴールスプリントに持っていくために、集団を梅丹本舗・GDRがコントロール。タイム差を縮めつつも、ゴールまでの距離を考え泳がし、ラスト3キロ、絶妙なタイミングで最後まで先頭を走り続けた井上を吸収し、集団でラスト1キロを迎えた。昨日と同じく梅丹本舗・ GDRが列車を組みゴールスプリントへ。

満を持して宮澤がスプリントするが、ジュースト・ヴァンレイジェン(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)に刺されてしまい、惜しくも2 位。しかしながら、ゴールでボーナスタイムを4秒稼ぎ、この日勝ったヴァンレイジェンとは3秒差があったため、宮澤は1秒上回り、総合トップに立った。

■水谷監督のコメント:今日はみんな素晴らしい走りをしてくれた。幸也がいいメンバーと逃げてくれたのが良かった。幸也は最後捕まってしまったが、ホットスポットも取りに行ってくれたし、他の選手たちは集団で足をためられたので、いい走りをしてくれた。ラスト20キロは、梅丹本舗・GDRのメンバーで列車を作って、前の選手たちを捕まえに行き、その列車のままゴールスプリントに持ち込んだ。勝つことができず残念だが、総合トップに立てたので言うことはない。あと2日だが、ボーナスタイムがあるで、最後まで気が抜けない展開になるだろう。宮澤は上りも良く走れて、遅れることはなかったので、このまま総合を守りたい。

ツール・ド・北海道 第3ステージ レースレポート

ツール・ド・北海道

新城ステージ2位、宮澤は総合リーダーと同タイム2位
//// 梅丹本舗・GDRの強さ炸裂、5人全員が上位7位に ////

■9月13日 ツール・ド・北海道第3ステージ 帯広市 十勝川河川敷地内 1.6Km (タイムトライアル)


【第3ステージ結果】
1.盛一大(愛三工業レーシング) 2m17s69
・・・2.新城幸也 +00s
3.清水都貴 +1s、4.宮澤崇史 +2s、5.岡崎和也 +2s、7.福島晋一 +3s


【総合成績】
1.エマニュエル・ヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)8h54m03s
・・・2.宮澤崇史 +00s
7.新城幸也 +1m27s、8.福島晋一 +1m28s、10.清水都貴 +1m28s、24.岡崎和也 +1m45s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3ステージは、帯広市の十勝川河川敷地内で行われた1.6Kmのタイムトライアル。

梅丹本舗・GDRの出場5選手のうち、第1走者になった岡崎が10時3分にスタートした。2分20秒09でトップタイムを塗り替え、暫定1位に立つ。10時12分出走の新城が、岡崎のタイムを2秒上回り、暫定トップとなる。その後も梅丹本舗・GDRの選手たちが好タイムを出し、新城、清水、岡崎、福島と暫定4位までを独占した。しかし、盛一大(愛三工業レーシング)が、コンマ7秒で新城を上回り、暫定トップは盛に変わってしまう。総合2位で最後から2番目に出走となった宮澤は、暫定4位でゴール。最終走者で総合トップのヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)より、宮澤は2秒10上回るが、昨日までの差は3秒で総合ではトップと同タイムの2位になった。

結果的には、2位から5位まで梅丹本舗・GDRが占め、7位までに5選手とも入った。

午後からは、十勝川河川敷内から占冠村 トマムリゾートホテル前まで116Kmの第4ステージが行われる。

■水谷監督のコメント:勝てればよかったけれど、力があることを証明した。選手たちも自信をつけているので、今後を期待してほしい。

ツール・ド・北海道 第2ステージ レースレポート

コースアウトで勝利逃すも清水5位
//// ラスト1キロまで完ぺきな梅丹本舗・GDRの走り 最後で痛恨のミス ////

■9月12日 ツール・ド・北海道第2ステージ 釧路市大規模運動公園-池田町 田園ホール 153Km

【第2ステージ結果】
1.盛一大(愛三工業レーシング)3h33m45s
・・・5.清水都貴 +00s
14.宮澤崇史 +00s、19.新城幸也 +00s、34.岡崎和也 +00s、53.福島晋一 +00s
訂正)速報では、清水4位と伝えましたが、正式には5位でした。


【総合成績】
1.エマニュエル・ヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)8h51m41s
・・・2.宮澤崇史 +3s
8.福島晋一 +1m30s、10.清水都貴 +1m32s、14.新城幸也 +1m32s、25.岡崎和也 +1m47s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

釧路市から池田町への153キロで行われた。この日の山岳ポイントは2つで、83,1キロの釧勝峠と116.7キロの美蘭別だ。

天候はあいにくの雨。レースは9時にスタートし、60キロ地点で5人の逃げが決まり、梅丹本舗・GDRからは福島晋一が入る。その他のメンバーは、福田真平(ブリヂストンアンカー)、ステュアート・ショウ(ドラパック・ポルシェ)、野寺秀徳(スキル・シマノ)真鍋和幸(NIPPO・エンデカ)。

福島晋一は総合で1分31秒遅れの7位。この中では一番成績がいい。1つ目の山岳ポイントを福島は2位で通過し、その後のホットスポットは3位通過でボーナスタイムを1秒稼ぐ。集団とのタイム差は1分30秒ほど開く。


2度目の山岳ポイントも福島は3位通過したが、ラスト30キロで先頭の逃げは集団に吸収された。ゴールに向けて清水や新城がアタックを試みるも、マークが厳しく逃げは決まらず。ゴールスプリントに持ち込まれ、梅丹本舗・GDRは列車を組んで完璧な状態で進んでいた。しかし、ラスト1キロで痛恨のミス。誘導員の旗につられてコースを間違え、スプリンターの宮澤はゴールスプリントに絡めず、清水が5位に入った。レース後抗議し、遅れてゴールした福島晋一もトップと同タイムに認められた。


不運の第2ステージだが、明日は午前に1,6キロのタイムトライアルがあり、午後は116キロの2ステージ。気合いを入れなおして、明日からのステージを狙う。


■水谷監督のコメント:ラスト1キロまで最高の展開だった。ミスでコースを間違えて、宮澤の勝ちを逃してしまった。勝ち焦っていたのかもしれない。気持ちを切り替えて、明日からのレースに集中する。


■福島晋一のコメント:ラスト700m、5人全員で集団の前に出て列車を組んで必勝パターンだった。コースは分かっていたが、誘導員が左に旗を振っていて、わけが分からなくなり、みんなで止まってしまった。メンバーの調子もいいので、明日も勝利を目指して頑張ります。

ツール・ド・北海道 第2ステージ 速報

誘導ミスで勝利逃すも清水5位

■9月12日、ツール・ド・北海道の第2ステージは、集団ゴールスプリントとなり、梅丹本舗・GDRも列車を組んでゴールスプリントに挑んだが、ラスト1キロで誘導員が間違ったコースを示し、先頭は痛恨のコースミス。それでも清水が4位でゴールしました。

優勝したのは、盛一大(愛三工業レーシングチーム)でした。

ツール・ド・北海道 第1ステージ レースレポート

宮澤2位でツール・ド・北海道開幕
//// 終盤のアタックに反応した宮澤が5人で逃げ切り2位 ////

■9月11日 ツール・ド・北海道 帯広市 中央公園-標茶町多和平展望台 215 Km
【第1ステージ】
1.エマニュエル・ヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ) 5h18m06s
・・・2.宮澤崇史 同タイム 
10.新城幸也 +1m22s、11.清水都貴+1m22s、17.福島晋一+1m22s、25.岡崎和也+1m37s

【総合成績】
1.エマニュエル・ヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ) 5h17m56s
・・・2.宮澤崇史 +3s
7.福島晋一 +1m31s、11.新城幸也 +1m32s、12.清水都貴+1m32s、25.岡崎和也+1m47s

■レポート/岩佐千穂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツール・ド・北海道が11日に帯広からスタート。スタート前に地震が起こり騒然となったが、無事レースは開始された。

第1ステージは、215キロと今年のツール・ド・北海道で最長のコース。レースは序盤から飯島誠(ブリヂストンアンカー)と内間康平(鹿屋体育大学)の2人の逃げが決まる。第1ホットスポットは集団トップの3位で宮澤が通過した。


集団とのタイム差は8分以上開く。タイム差が開きすぎたので、岡崎が先頭交替のローテーションに入りまわる。少しずつ差を縮め、福島晋一もローテーションに加わった。レース中盤で先頭の2人も疲れが見えバラけはじめる。集団からは西谷(愛三工業レーシング)とジュースト・ヴァンレイジェン(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)が先頭を追走し、先頭に追い付いた。


最初から逃げていた2人は集団に吸収されてしまい、追走で追いついた2人が先頭に立ち、集団との差は約2分。

171キロ地点の最後の山岳ポイントは1位ヴァンレイジェン通過で、新城3位、宮澤6位で通過した。この峠の下りで、ヴァンレイジェン、エマニュエル・ヴァンルイテンベーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)、ディビス・ミオリン(イタリア、NIPPO-エンデカ)、リス・ポラック(オーストラリア、トレック・マルコポーロサイクリングチーム)、宮澤崇史(梅丹本舗・GDR)の5人の逃げができる。


集団との差はラスト10キロで1分45秒開き、優勝は5人に絞られた。優勝したのは、逃げグループに2人を送り込んだヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフのヴァンルイテンベーク。宮澤は惜しくも2位だった。レースは始まったばかり、総合優勝を狙い明日からのレースに挑む。


■水谷監督のコメント:後半、最後の重要ポイントでアタックして、集団を小さくするつもりだったが、峠はばらばらになるほどの勾配の上りではなく、マークも厳しく、力では差がつけられなかった。最後の峠の下りがテクニカルだったため、下りを狙っていた選手がスピードアップし、宮澤も逃げに入った。全チームが逃げに乗っていたわけではなかったので、最後に逃げが捕まるかと思っていたが、前が逃げきってしまった。総合でタイム差がついたが、各チームのエース級の選手たちは集団なので、総合を狙えるチャンスはまだあると思う。

ツール・ド・北海道 第1ステージ 速報

宮澤、第1ステージは2位で終える

■9月11日、ツール・ド・北海道の第1ステージが終了し、宮澤崇史が終盤の5人の逃げに乗り、 ステージ2位で終えました。

優勝したのは、VAN RUITENBEEK Emmanuel(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)です。
STAFF LOG IN PAGE TOP