レース情報

TOUR OF SIAM 第3ステージ 福島康司リーダージャージキープ! ステージでも宮澤が2位に

TOUR OF SIAM 3日目、昨日のステージ優勝で個人総合リーダーとなった福島康司は、チームの協力なアシストでリーダージャージを堅守した。

今日のステージでは途中実力のあるメンバーの逃げが決まり、守るチームにとっては厳しい展開となったが、統率の取れたチーム力で終始コントロールし最後は集団をまとめ、ゴールでも初日3位の宮澤崇史が2位に入る活躍も見せた。

TOUR OF SIAM 2007 第6ステージ レースレポート

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 
Race Report

Tour de SIAM 2007 (THI) 2.2
1月20日~1月26日 全6ステージ

出場チーム
DISCOVERY CHANNEL MARCO POLO TEAM
CLUD&MARSTAND NORSENS
GIANT A.R.T
HONG KONG PRO CYCLING
NIPPO MEITAN EQUIPE ASADA
SKILL SHIMANO
RUITER DAKKAPELLEN WIELERTEAM
AZAD UNIVERSITY
POLYGONSWEET NICE
AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE
CITY OF PERTH
BENTENG MUDA TANGERANG
LE TUA
QINGHAI TEAM
ALIPOWER
CHAMPION SYSTEM SOMMERVILLE SPORTS
SINGAPORE NATINAL CYCLING TEAM
SIN KIT PAIBOON LOHAKARN ROYAL SKY
ROYAL THAI AIR FORCE
ROYAL THAI ARMY
ROYAL THAI NAVY
ROYAL THAI POLICE
SIAM BARA CYCLING TEAM

全23チーム

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 出場メンバー
福島晋一
福島康司
宮澤崇史
清水都貴
新城幸也


6ステージ  186.4km Kanchanaburi - Phetchaburi

100km地点まで登り気味のアップダウンを繰り返し、その後はくだり気味のアップダウンでゴールまで向かうコース。

レースはスタートアタックを仕掛けた新城を先頭に、追撃に清水が入り、計8名で最大5分差で集団をリード。
総合成績で暫定でリーダーになる。

後半、リーダーチームも差を縮め始め、それに伴い総合上位のアタック合戦がはじまる。
チームの残りの3名もリーダーを千切って前の新城、清水に追いつきたいところ。
しかし、3名へのマークは厳しく抜け出すことはできず、残り15km過ぎに逃げも吸収され、
集団ゴールになり、宮澤のステージ6位が最高位。

最終結果としては総合逆転はならず、福島康司の総合成績4位が最高位。
宮澤崇史がポイント賞を獲得。

最終日、チームに残された戦略の中で全力で戦ったが、総合逆転はできなかった。
全ステージを振りふりかえって、今シーズンの戦っていく材料の一つにしたいと思う。



6ステージ

ステージ
1位 Soepenberg Ger(DEN ALTIPOWER)
2位 Kudentsov Sergey (RUS Discovery Channel Marco Polo Team) mt
3位 Timofeev Altemiy (RUS POLYGONSWEET NICE) mt
.....6位 宮澤崇史 +1m51s 、7位 福島晋一 、39位 福島康司 、37位 宮澤崇史 、84位 清水都貴 4m33s

総合
1位 Jai Crawford (AUS GIANT A.R.T)
2位  土井雪広 (JPN スキル・シマノ) +26s
3位 Will Ford (AUS AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE)       +53s
.......4位 福島康司 +56s 、 19位宮澤崇史 +3m55s 、22位 新城 4m21s 、25位 福島晋一 +6m22s  、74位 清水 +53m32s




写真
最終日スタート前

ポイントリーダー宮澤

逃げる、清水と新城

メイン集団はリーダーチームとオーストラリアがペースを上げる

ポイントリーダーを守った。

左から、ポイントリーダー、総合リーダー、アセアンリーダー

レース後、イランチームのメカニックと。



<コメント>
NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA
coach
清水 裕輔

TOUR OF SIAM 第6ステージ 速報

レース終了後、バンコクへ移動中のバスの中の清水コーチと連絡が取れ、最終ステージの報告をうけました。

レース序盤から新城幸也選手が逃げ集団に、さらに追走集団に清水都貴選手追走集団にくわわる。
後に、この集団が一つになり最大5分差。新城幸也選手が一時総合暫定総首位に。
しかしながら、後続集団が逃げを許さず追走、福島晋一、康司、宮澤選手で何度かアタックにチャレンジするが、マークがきつく抜け出せなかった。
最終的には、逃げ集団をメイン集団が吸収し、集団ゴールスプリントでゴール。

総合は昨日と変わらない模様。
宮澤選手はポイント賞ジャージを守った。
福島康司選手は総合4位。

レース詳細は清水コーチのレポートをお待ち下さい。

TOUR OF SIAM 2007 第5ステージ レースレポート

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 
Race Report

Tour de SIAM 2007 (THI) 2.2
1月20日~1月26日 全6ステージ

出場チーム
DISCOVERY CHANNEL MARCO POLO TEAM
CLUD&MARSTAND NORSENS
GIANT A.R.T
HONG KONG PRO CYCLING
NIPPO MEITAN EQUIPE ASADA
SKILL SHIMANO
RUITER DAKKAPELLEN WIELERTEAM
AZAD UNIVERSITY
POLYGONSWEET NICE
AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE
CITY OF PERTH
BENTENG MUDA TANGERANG
LE TUA
QINGHAI TEAM
ALIPOWER
CHAMPION SYSTEM SOMMERVILLE SPORTS
SINGAPORE NATINAL CYCLING TEAM
SIN KIT PAIBOON LOHAKARN ROYAL SKY
ROYAL THAI AIR FORCE
ROYAL THAI ARMY
ROYAL THAI NAVY
ROYAL THAI POLICE
SIAM BARA CYCLING TEAM

全23チーム

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 出場メンバー
福島晋一
福島康司
宮澤崇史
清水都貴
新城幸也


5ステージ  169km Wachiralongkorn Dam - Kanchanburi

第3ステージのアップダウンの折り返しを90kmほど走り、あとはゴールまでほぼフラットなコース。
チーム全員総攻撃を仕掛け、リーダーチームのジャイアントを苦しめる展開にしたい。

前半から激しいアタック合戦のすえ、宮澤、新城を含む7名が2分差で逃げる。
メイン集団はジャイアントがコントロールする中、またもアタック合戦が始まり、逃げ集団もペースアップ、宮澤、新城と他2名の計4名が向かい風の中、踏ん張る。
メイン集団のアタック合戦から抜け出したが4人(スキル・シマノの土井選手、広瀬選手含む)が、前から落ちてきた3人を吸収して、またも前の4人の逃げに追いつき11名の逃げが決まる。

この11名との差は2分前後。
チームとしては1分30秒以内でゴールしないと、福島康司の総合2位をスキル・シマノの土井選手に逆転されてしまう状況。
しかし、このままゴールまで逃げ切らせて、宮澤のステージ優勝をとりつつ、福島康司の総合2位をキープしたい。

残り10kmをきり、リーダーチームの集団コントロールの勢いがなくなり、2分弱の差が縮まらない。
残り5kmからチームの差を詰めるべく、アタックを開始したが、時すでに遅く2分8秒送れて集団はゴール。
福島康司は総合4位に。
ステージ優勝を狙った宮澤は、団体追い抜きの世界チャンピオンとのスプリントに敗れ2位、しかしポイントリーダーを獲得。

チームとしては、総合2位、ステージ優勝を守りきれなかった残念結果になってしまった。

明日最終日も、これからのシーズンにつながる形で今シーズン初レースを走り終えたい。




5ステージ

ステージ
1位 Wooldridge Stephen (AUS AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE)
2位 宮澤崇史 (AUS NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA) mt
3位 Lam Kai Tsun (HKG HONG KONG PRO CYCLING )  mt
.....9位 新城幸也 9s .........39位 福島晋一 、40位 福島康司 、57位 清水都貴 +2m8s

総合
1位 Jai Crawford (AUS GIANT A.R.T)
2位  土井雪広 (JPN スキル・シマノ) +26s
3位 Will Ford (AUS AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE)       +53s
.......4位 福島康司 +56s 、 19位宮澤崇史 +3m55s 、22位 新城 4m23s 、26位 +6m22s  、74位 清水 +48m59s



写真
落車の影響で身体は痛むが笑顔の宮澤

レース中盤、チームでまとまって走る。

序盤の7名の逃げ、永遠と続く一本道

ステージ2位宮澤と優勝のオーストラリアの選手

オレンジ色のポイントリーダージャージの宮澤

陽気な宮澤

各賞インタビュー




<コメント>
NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA
coach
清水 裕輔

TOUR OF SIAM 2007 第4ステージ レースレポート

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 
Race Report

Tour de SIAM 2007 (THI) 2.2
1月20日~1月26日 全6ステージ

出場チーム
DISCOVERY CHANNEL MARCO POLO TEAM
CLUD&MARSTAND NORSENS
GIANT A.R.T
HONG KONG PRO CYCLING
NIPPO MEITAN EQUIPE ASADA
SKILL SHIMANO
RUITER DAKKAPELLEN WIELERTEAM
AZAD UNIVERSITY
POLYGONSWEET NICE
AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE
CITY OF PERTH
BENTENG MUDA TANGERANG
LE TUA
QINGHAI TEAM
ALIPOWER
CHAMPION SYSTEM SOMMERVILLE SPORTS
SINGAPORE NATINAL CYCLING TEAM
SIN KIT PAIBOON LOHAKARN ROYAL SKY
ROYAL THAI AIR FORCE
ROYAL THAI ARMY
ROYAL THAI NAVY
ROYAL THAI POLICE
SIAM BARA CYCLING TEAM

全23チーム

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 出場メンバー
福島晋一
福島康司
宮澤崇史
清水都貴
新城幸也


4ステージ  184.1km Wachiralongkorn Dam - Three Pagodas Pass - Wachiralongkorn Dam

今大会の最大の山場、前半から激しいアップダウンに、山岳が3つある、90kmの折り返しのコース。

前半のアタック合戦から3名の選手が抜け出す、総合成績1分遅れで2ステージで福島康司と共に逃げた山岳ジャージの選手とミズバニ選手(共にGIANT A.R.T)、さらに別チームのイラン人選手の計3名。
最大5分差で逃げ続ける。
70km過ぎからスキル・シマノと共に2チームで追いかける。

5分、4分、と差が縮まりかけたが、112km地点の傾斜のきつい山で集団が割れ、先頭は20名ほどに、チームからは福島康司一人に。
この先頭集団には総合上位が複数入り、逃げているの3人に逃げ切られた場合は全員総合上位を奪われる状況で、始めは大勢で回っていたが、後半は福島康司のみが引く状況になる。
他の選手は総合上位をこの日はあきらめた。
ほぼ福島康司のみの力で1分30差までつめたが、そこまでが精一杯で、総合リーダーを逆転された。

明日もアップダウンの続くコース、奪回を狙う。

4ステージ

ステージ
1位 Mizbani Ghader (IRI GIANT A.R.T)
2位 Jai Crawford (AUS GIANT A.R.T) mt
3位 Nabben Pol (NED Discovery Channel Marco Polo Team) +1m46s
.....15位 福島康司 +1m51s 、35位 新城幸也 、37位 宮澤崇史 、44位 福島晋一  +6m16s 、84位 清水 43m9s

総合
1位 Jai Crawford (AUS GIANT A.R.T)
2位 福島康司 (NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA) +56s
3位 Mizbani Ghader (IRI GIANT A.R.T) +1m3s
.......23位宮澤崇史 6m12s 、26位福島晋一 6m22s 、27位新城 +6m22s 、78位 清水 +48m59s

写真
スタート前、メカニック西と清水都貴

平地で頑張った清水、登りで遅れる

この激坂


<コメント>
NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA
coach
清水 裕輔

TOUR OF SIAM 2007 第3ステージ レースレポート

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 
Race Report

Tour de SIAM 2007 (THI) 2.2
1月20日~1月26日 全6ステージ

出場チーム
DISCOVERY CHANNEL MARCO POLO TEAM
CLUD&MARSTAND NORSENS
GIANT A.R.T
HONG KONG PRO CYCLING
NIPPO MEITAN EQUIPE ASADA
SKILL SHIMANO
RUITER DAKKAPELLEN WIELERTEAM
AZAD UNIVERSITY
POLYGONSWEET NICE
AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE
CITY OF PERTH
BENTENG MUDA TANGERANG
LE TUA
QINGHAI TEAM
ALIPOWER
CHAMPION SYSTEM SOMMERVILLE SPORTS
SINGAPORE NATINAL CYCLING TEAM
SIN KIT PAIBOON LOHAKARN ROYAL SKY
ROYAL THAI AIR FORCE
ROYAL THAI ARMY
ROYAL THAI NAVY
ROYAL THAI POLICE
SIAM BARA CYCLING TEAM

全23チーム

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 出場メンバー
福島晋一
福島康司
宮澤崇史
清水都貴
新城幸也


3ステージ  133.6km Si Nakharindra Dam - Wachiralongkorn Dam

リーダージャージを着て初日、総合上位以外の逃げを容認して、ゴールは総合成績を脅かさない差でリーダーをキープする正攻法の作戦。
スタートして20kmほどで3人の逃げが決まり、メイン集団をチームでコントロール。
さらに中盤に追走が4人行き、先頭は7人になる。
ここで無線の混乱で、追走集団から追いついた一人に、総合1分遅れの選手がいることが判明。
残り40キロで先頭7人との差5分、差はなかなか縮まらなかったが、総合成績が落ちるの事を気にしている、HONG KONG PRO CYCLING と、ALTIPOWERもコントロールに加わりスピードが一段とあがり、残り10キロ逃げ集団とのは1分の射程圏内。
その後はステージ優勝が欲しいチームなどが引き始め、集団ゴールスプリントになり、
昨日の落車が懸念された宮澤が2位と健闘。

明日の第4ステージが今大会の最大の山場、ここを耐えれば総合優勝が近づく。

3ステージ
ステージ
1位 Ahmad Haidar (MAS LE TUA)
2位 宮澤崇史 (NIPPO-MAITAN-EQUIPE ASADA)
3位 Soepenberg Ger (DEN ALTISPORT)
30位 新城 、43位 福島康司 、51位 福島晋一...0s 、98位 清水 3m28s

総合
1位福島康司(NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA)
2位Askari Hossein(IRI GIANT A.R.T) +33s
3位Soepenberg Ger(DEN ALTIPOWER) +47s

4位宮澤崇史 51s....7位福島晋一 1m1s....13位新城 +1m1s 、 69位 清水 +6m45s

写真
優雅な朝食会場

リーダーチーム、落車の影響で宮澤の表情が辛い

福島康司スタート前

リーダーキープ

レーススタッフの女性にも人気の福島康司

<コメント>
NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA
coach
清水 裕輔

TOUR OF SIAM 2007 第2ステージ レースレポート

Tour de SIAM 2007 (THI) 2.2
1月20日~1月26日 全6ステージ

出場チーム
DISCOVERY CHANNEL MARCO POLO TEAM
CLUD&MARSTAND NORSENS
GIANT A.R.T
HONG KONG PRO CYCLING
NIPPO MEITAN EQUIPE ASADA
SKILL SHIMANO
RUITER DAKKAPELLEN WIELERTEAM
AZAD UNIVERSITY
POLYGONSWEET NICE
AUSTRALLIAN NATIONAL TRACK ENDURANCE
CITY OF PERTH
BENTENG MUDA TANGERANG
LE TUA
QINGHAI TEAM
ALIPOWER
CHAMPION SYSTEM SOMMERVILLE SPORTS
SINGAPORE NATINAL CYCLING TEAM
SIN KIT PAIBOON LOHAKARN ROYAL SKY
ROYAL THAI AIR FORCE
ROYAL THAI ARMY
ROYAL THAI NAVY
ROYAL THAI POLICE
SIAM BARA CYCLING TEAM

全23チーム

NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA 出場メンバー
福島晋一
福島康司
宮澤崇史
清水都貴
新城幸也


2ステージ  160km Kanchanaburi - Si Nakharinda Dam

今日から本格的な登りが始まる。
80km過ぎからカテゴリー1級、2級を登り、厳しいアップダウンを終え、ゴールはダムの頂上まで3km登ってゴール。
チームは逃げに乗って、後半にかけて有利な展開にして、攻撃にでる作戦。

前半は緩いアップダウンだが、ハイペースが続き早くも遅れる選手が出てくる中、福島康司、宮澤崇史、新城幸也を含む8人が逃げる。
強力な逃げではあったが、50km地点でハイペースの集団に飲み込まれた。この苦しい中でまたも福島康司とJAI(GIANT A.R.Tのオーストラリア人)の2人で新たに逃げ始める。
差は一気に5分差、決してメイン集団のペースは遅くはないが、逃げている2人が強力だ。
カテゴリー1級、2級の山岳トップ通過はオーストラリア人に譲る形で、登りはJAI、平坦、アップダウンは福島、のリズムできれいに進む。

山を終え、ゴールまで40kmのアップダウン、メイン集団もアタック合戦が始まりペースが上がって、先頭2人との差が徐々につまり始める。
残り25kmでJAIが先頭を引けなくなってきたところで、福島康司がアタック、10秒、20秒、と差が広がり始めたところで痛恨のパンク。
JAIに抜き返されるが、すぐに復帰した福島康司はまたアタック!ここからが正念場。
メイン集団も人数をしぼりながら4分、3分、2分と差をつめ始め、ゴールまで残り3kmの登り入り口で、福島康司とメイン集団との差は2分。
そして迫り来る集団から登りゴールのステージを福島康司が今期チーム初優勝をもたらした!

明日からは各選手一人一人が重要になってくる、集団コントロールはチームの得意技になりつつあるが、
残り15km地点で落車した宮澤の状態が気になるところだ。


リザルト

2ステージ
1位福島康司(NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA)
2位Askari Hossein(IRI GIANT A.R.T) +27s
3位Wong Kam Po(HKG HONG KONG PRO CYCLING) +49s

4位福島晋一......12位宮澤、14位新城 +49s、61位清水 +3m5s

総合
1位福島康司(NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA)
2位Askari Hossein(IRI GIANT A.R.T) +33s
3位Soepenberg Ger(DEN ALTIPOWER) +51s

4位宮澤崇史 57s....7位福島晋一 1m1s....13位新城 1m1s........58位清水 3m17s


写真
逃げ続ける康司

中盤の二人

子供の人気者

ステージ優勝

総合リーダー

<コメント>
NIPPO-MEITAN-EQUIPE ASADA
coach
清水 裕輔

TOUR OF SIAM 第4ステージ 速報 1

福島康司 リーダージャージを失った模様。
詳細、リザルトは現地から届いていない為、詳細は後ほど。

TOUR OF SIAM 第4ステージ 途中経過 2

現在110km付近、3つの目の峠の登り途中。激坂の為車も1速で進んでおり、登りが得意な選手も苦しそうに登っている。

先頭集団が2〜3人 ニッポコーポレーション・梅丹本舗・EquipeAsadaとスキルシマノが協力体制をとり集団をコントロール中。

先頭とのタイム差は2:30秒差

TOUR OF SIAM 第4ステージ 途中経過

現在80km付近、2つの目の峠を超えていると思われる。
先頭集団が2〜3人 ニッポコーポレーション・梅丹本舗・EquipeAsadaが集団をコントロール中

携帯電話の電波状況が悪いために詳細は不明。
STAFF LOG IN PAGE TOP