レース情報

Omloop Kempen レースレポート

オランダ2戦目Omloop Kempen

5月6日 Omloop Kempen 200km (オランダ) クラス1.2
---------------------------------------------------------

参加チーム

SKIL SHIMANO(NED)


RABOBANK(NED)
JARTAZI(BED)
PALMANS(BED)
TEAM LOWIK(NED)
UBBINK-SYNTEC(NED)
VAN VLIET EBH ADVOCATEN (NED)
TIME VAN HELMET (NED)
P3 TRANSFER (NED)
B&E COOPMANS CT (NED)
CYCLING TEAM JO PIELS (NED)
KROLSTONE (NED)
LINE LLOYD FOOTWARE
TEAM REGIO STROM SENGES (GER)
MILRAM CT (GER)
MARCO POLP (NED)
NIPPO-MEITAN (JPN)
他、計26チーム

KEMPEN%20001.jpg
<チームメンバー>
福島晋一、福島康司、岡崎和也、宮澤崇史、井上和郎、清水良行、マリウス・ウィズィアック、新城幸也

---------------------------------------------------------

レース結果 200km
1位 Lars BOOM (NED / RABOBANK) 4h28m06
・・・12位マリウス・ウィズィアック、16位福島晋一、18位新城幸也+1分34秒
福島康司、岡崎和也、清水良行、は完走・・・宮澤崇史、井上和郎は途中棄権


コメント
昨日のレース会場Rijsselから150km南下し、Eindhoven郊外を走るOmloop Kempenへ参加。フラットな地形ながら石畳のセクターを含むコース設定がレースをハードにする。

コースの特徴からスプリントに備えマリウスをエースにスタートした。レースは序盤から21名の逃げが形成されチームからはマリウスが入り先は長いが優勝候補のBoom(RABOBANK CONTINENTAL)ら主力メンバーも参加し決まりかと思われる。

80kmの補給地点でBOOM、TOMBAK(EST/JARTAZI)ら3名が飛び出し1分前後のリードで進む。

その後後続集団はマリウスのグループを捕らえ3名を追う展開となる。

石畳区間を前方でクリアしゴールまで40km、30名程度のグループにチームからは6名が残り、更にラスト30kmから先行3名を捕らえるべくペースアップを図る。しかし1分から差が詰まらず最終的に逃がし切ってしまった。


オランダでの2戦を走りきったが、天候にも恵まれ積極的な走りで現地にも好印象を残せたと思う。

発信者:浅田 顕
STAFF LOG IN PAGE TOP