レース情報

Giro Della Regioni FULIULI 第5ステージ レースレポート

無事終了!Giro FULIULI
Giro Della Regioni FULIULI(ITALIA北東-FULIULI州)
■5月13日第5ステージ(125K)
☆SANO Junya、山岳コースで 今大会最高位の49位(10分01秒遅れ)総合成績は、47位( 23分06秒遅れ。.

総合優勝はロシアのフィリッポフ!(GRUPPO LUPI(RSM)

(レース概況)
いよいよ最終日、今日も山岳コースと在って総合争いは、予断を許さない状況だった。
佐野以外は、昨日の山岳区間でも早い段階で、メイングループから取り残された為、苦手意識が芽生え始めている。

井上もアップダウンコースは復調して来たが、長い登りを克服するには、未だ時間が掛かりそう...

心配そうな表情を見せるが、決して「惰性&消化レース」に成る事のないように「明日に繋がるレース」を心掛けさせ臨ませる。

「自覚」は充分感じてる事が私にも伝わって来る。

「完走は意味が無い」とは言っても、今の彼等の調子、リーダーチームの実力、チームの状況では、各自が最後迄走り切る中で、今後の課題を発見させない以外、次に繋がらない雰囲気を感じた。

例え「グルッペット」でも山岳コースはタイムアウトの可能性も有り決して楽観出来ない..

当然と言えば当然だが、例え第4グループでも、必死に耐え、我慢しながら走り続ける事も、調子を上げて行くには避けて通れないのだ。

スタート直後から数名が飛び出すが、すかさずリーダーのFILIPPOVが所属するサンマリノ共和国のGRUPPO LUPPIが、昨日同様、ウクライナチームをコントールし、ハイペースで、全てのアタックを潰していく。

最終日は、「コントール」に浚にカザフスタンナショナルチームも加わり、CIS諸国が団結し、正にロシア独立国家共同体戦法?でPHILIPPOVを守り万全を尽くすフォーメーションだ。

佐野以外のメンバーもメイングループの中で有力チームが陣取るポジションでアタックの機会を伺うが、道が狭いカーブも続く町中のコースで、決定的な展開には繋がらない..

清水を含む小グループの「試み」も、20秒差以上開かず吸収される。

60K過ぎから山岳区間に突入。

イタリアチーム独特の展開だが、山麓まで、各チームのアシストが渾身の力を振り絞り引っ張る。
これから山岳に突入するとは到底考えられないスピードアップだ。

そして狭いカーブの連続する山道に、170名の塊が、なだれ込む様に突っ込む。

突然大粒の雨が降り出す中、麓から早くも、選手が脱落する中、我々は誰も下がらず、グループの後方で必死に耐えるが、頂上手前で、グループが分断..
後方に追いやられる...

奮闘する佐野は今日も良く登れてて約30名の先頭グループから少し遅れ頂上を通過、下りに入る。

遅れて居たマリウスは、頂上でレースを終える。
(その後、トレーニングを兼ね迂回してゴールに向かう)
荒れた路面はカーブも連続し、雨天の中、危険窮まり無い状況の中、佐野は先頭を追う。

電灯の無い狭く曲がったトンネル等、難しいフラットセクションを全速で駆け抜け、攻撃グループに追い付きかけた所で、2回目の長い登りセクション(約15K)に差し掛かり、再び離れてしまう。
(佐野は登り始めで吐き気が襲い、吐いた様だ.).

その直後ちょうどチームカーも、佐野に追い付き、飲み物や食料補給&勇気付け補給を行う。

吐いた事で、精神的にかなりダメージを受けて失速しかけて居たが、私達スタッフも無線で勇気付ける..

なんとか5名のグループに追い付き登り続ける。

ここで離れたら、これまでの努力が泡に成る...

無線であらゆる言葉を投げ掛けハッパを掛け続ける...
先行してるグループは、4つ位のグループに分かれ、トータル30名~40に満たない人数。

失速気味とは言え佐野の位置も決して悪くない。

井上、中島、清水を含むグルッペットも相当離れてる模様..

頂上まで7K地点、佐野も途中から復活し、走りが安定して来る。

標高1200Mの頂上、佐野はTOPから5分差でクリアー、他の8名と共にゴールを目指して10K以上の長い下りセクションに入る。

フラットセクションも、順調にローテーションを続けゴールを目指す。

ゴール迄約4~5K付近を通過中、TOPがゴールした事を佐野に伝える。

49位(10分01秒遅れ)でゴール!
総合成績は、最終的に47位、 23分06秒遅れで在った。

井上、中島、清水は、かなり遅れるが、グルッペットで走り終えゴール。

今朝のチームカーの車列番号が27番。(36チーム中)

結果は惨敗&完璧な「負けレース」で在ったが、今回のメンバーにとって最も重要で、肝心な事は、今回のレースを、「どれだけ振り返る事が出来るか?」だと思う。

誤解を恐れずに言うなら、三割打者でも、10回バット振って7回は空振りか凡打...

昔、野球のTV解説で王さんが、ホームラン打方の「秘訣」は空振り&凡打から生まれる」って解説してた事を、今でも良く思い出す。
俗に言う「失敗は成功の元」
かつて文明を揺るがせた発明品も、失敗作、ガラクタの山から生み出された。

格好悪い成績を早く忘れたい奴は決して強くなれない。
彼等の次のレースは17日Paris近郊で開催されるトロフェオグランパ-。
プロツァーの強豪相手に善戦或は勝てるとは思えないが、成長過程での道標に繋がるレースを期待したい。
今回は裕輔コーチ、西メカニックにも選手(+私...)を支えて貰ったが、彼等の成長振りも著しく、今後が頼もしく思えた。
(チームを大きくするには、スタッフの養成も欠かすこと出来ない重要な課題だ...)
将来は明るい!ホントに御苦労さまでした!

大門

Giro Della Regioni FULIULI 第4ステージ レースレポート

Giro Della Regioni FULIULI(ITALIA北東-FULIULI州)
□大会期間:5月9日~13日
□参加チーム
イタリアTOPエリート&アンダー各チーム、海外ナショナルチーム&コンチネンタルチーム計36チーム、180名。

□エントリーメンバー
井上和郎-中島康晴-清水良行-佐野淳哉-ウ゛ィズィアック マリウス。

□スタッフ:清水:西:大門:ビアンキ(マッサー)
■5月12日第4ステージ(山岳ステージ・146K)
☆佐野、引き続き山岳での好調をアピール!

※コースプロフィール:昨日同様、前半は町から町を渡り歩く感じで、55K付近に丘(GPM)が有る意外は曲がりくねったフラットコース。
84K地点から少しずつ登り始め、95K地点から本格的に登り始める。
頂上は110K地点。ラスト1Kは18パーセントの勾配。
そしてゴール迄ラスト5Kは、平均勾配6パーセント。

■実況解説
スタート直後から数名が飛び出すが、すかさずリーダーのTEAM LUPI(ITA)がペースアップを計り、コントール。
サンマリノ登録のTEAM LUPIはウクライナ始めロシア系の選手を主体に構成されてる為か、ウクライナ、ナショナルチームもグループコントールに協力している様子だ。

予想された展開の中、我々も機会を伺いながら攻撃するが、他の選手同様、ことごとく潰される。

昨日のチームミーティングでは、山岳で攻撃に出るメンバーと勝負させる為に佐野と井上を温存し、中島、清水、マリウスで、前半のエスケープグループに入れるべく展開させる予定では在ったが、何も打つ手が無いまま、リーダーチームにコントールされたまま、山岳の麓を迎える。

脱落選手が目立ち始める中、慣れない石畳の路面も響き、中島、井上、マリウス、とメイングループから遅れ始める。

しばらく経ってスピードアップに付いていけない清水も遅れ始める。

レースリーダー、総合上位、佐野を含むメイングループも、山岳の中盤から僅差でバラけ始めるが、約50名ぐらいに絞られた。

強豪のグループの中で必死に耐えて居た佐野も、頂上迄、約10Kの九十九折れの登りで、数名と共にジワリジワリと遅れ始め、約8名で追撃する。

30名程度に絞られた前方のグループとチームカーの車列も、ずっと同じ間隔で前方に見える。
ペースは、佐野のグループと変わらない。

僅かな我慢が足らず、その辺りが実力の差なのだが、ペースの上げ下げに対応出来なかった事が悔やまれる。
先頭グループも、ラスト5K&頂上付近で、数名が抜け出した模様...

佐野も最後の18パーセントの壁を何とかクリアーし、8名と共に長い下りに...
頂上でTOPから約6分遅れ。
しかし追撃メイングループ(約30名)からは約4分しか遅れていない。

標高1700Mと在って路肩には残雪も見られる中、快調に下る。

この時点で、TOPと最後尾の差は、30分以上。

佐野本来の山岳での実力を考えると決して悪くない位置だ。
ただ一緒に下ってる連中も、チームメイトが既に先行してるのか?前のグループに追い付こうという勢いが感じられない..
長い下りの区間を終え、

ゴール迄ラスト5Kの登りに差し掛かる。

この辺りはGIROでも毎年通過する要所で、ZONCOLAN峠も傍に控える。
登りでのスローペース(PIANO&PIANO合唱隊)を警戒してか?
麓の手前から、イタリア選手が絶妙のタイミングで飛び出して行く。
やられた...

佐野を何処から仕掛けさせるか思案してただけに、「先に行かれた」と感じたが後の祭..

登り序盤ラスト4Kで、おもいっきり行かせる。
下りのスローペースが影響し、最初的に約10分の差を空けられるが、56位でゴール。
井上、清水、マリウスは、グルッペットに見事に嵌まってしまい、20分弱遅れでゴール。
序盤で遅れた中島も、良く粘り、その後のグルッペットでゴールした。

優勝は、スロベニアのSAVA(コンチネンタルチーム)に所属する、KERKEZ Viadimir。
リーダージャージのFILIPPOV(RUS(GRUPPO LUPI)は今日も2位に入り、ライバルを突き放した感が有る。

総合上位の勝負は、ほぼ動かない雰囲気の中、最終日を迎える。
距離は短いが、昨日に引き続きの山岳コース。
速い展開が予想されると共に、アシスト達の完走率も低いであろう...

在る意味、最終日は「グルッペット」は存在しない。
最後迄?ゴール迄走り切る事に明確なモチベーションが無ければ、止めてしまうのが常識だ。

そこには日本人の通常考える「完走の美学」も存在しない。

最終日も各自で課題を明確に発見する事が大切。

次のレースに繋がる走りを期待したい。

大門

Giro Della Regioni FULIULI 第3ステージ レースレポート

☆佐野が好調の兆しをアピール!

Giro Della Regioni FULIULI(ITALIA北東-FULIULI州)
□大会期間:5月9日~13日
□参加チーム
イタリアTOPエリート&アンダー各チーム、海外ナショナルチーム&コンチネンタルチーム計36チーム、180名。

□エントリーメンバー
井上和郎-中島康晴-清水良行-佐野淳哉-ウ゛ィズィアック マリウス。

□スタッフ:清水:西:大門:ビアンキ(マッサー)
■5月11日第3ステージ(145K)

※コースプロフィール:前半は曲がりくねったフラットコース、120K付近から丘陵地帯に入り、135K地点に平均勾配10パーセント、約3Kの登り区間、そしてラスト1Kは、石畳&平均勾配8パーセントの登りゴール。

スタート直後から数名が飛び出すが、すかさずリーダーのBMCレーシングチーム(USA)がペースアップを計り、全てのアタックを潰していく。

予想された展開の中、先行した数名が合体し14名のエスケープグループが形成され、タイム差が開くかと思われたが、心配なのか?力を見せ付けたいのか?またしてもBMCレーシングチームが、メイングループを牽引し、振り出しに戻してしまう。

我々も前夜のミーティングで、前半のエスケープに誰か必ず入る事を話し合っていたにも関わらず、送り込め無かっただけに、この状況は幸いした。

2度と失敗は許されない状況の中、清水良行、佐野淳也を含む数名が、先頭付近で攻撃を試みる。

この動きが成功し、他の5名も反応、すぐに30秒のアドバンテージを得る。

その直後、疲れていたのか?清水が痛恨のコースミス!メイングループに戻る。
その後、佐野は他の5名と共に快調に飛ばす。

後半の丘陵地帯で、メイングループの中で先頭グループに入れる事が出来なかったチームの動きが活発する。
その区間でも佐野は良く耐えるが、メイングループに吸収された。

丘陵地帯後半、GPMの山岳ポイントに差し掛かり、井上、中島も絶好のポジションで登り口に突入!佐野、清水、マリウスも後を追う。
平均勾配10パーセントの登りに全開で挑む。

頂上を過ぎ、下りに差し掛かった所で、39名の先頭グループが形成された。

結果的に残念だったが、我々はそのグループに誰も送り込む事が出来無かった。
39名の次のグループで、佐野、中島、井上、そして昨日のレースで好調の兆しの見えたマリウスも続く。
ラスト1Kの石畳の登りに入り、前半から積極的に動いた、佐野が、追撃集団から攻撃に出て、39名には追い付かなかったが、TOPから1分22秒差の58位でゴール。

優勝はイタリアのチームで走るコロンビア人、CASAS BUITRAGO IVAN MAURICIO.

佐野の御蔭で、力を温存出来た筈の、井上、中島は思っていた以上に、急坂を克服出来無かったのが、悔やまれた。

登りが苦手なマリウスは、意外な事に、チームの中で佐野の次にゴール! トップとのタイム差は2分9秒。

レースをスタートから振り返ると、終始積極的に攻めた佐野の健闘が最後迄光ったステージだった。

チームにとって今日のステージは、結果的にも決して褒められた内容では無かったが、マリウスも、復調の兆しが見え、佐野の躍進と共にチームにとっても大きな収穫と成ったと感じた。
いよいよ残り2ステージ..
いずれも厳しい山岳ステージだが、引き続き、佐野に期待すると共に、井上、中島の「挽回」の走りにも期待したい。

大門

Giro Della Regioni FULIULI 第2ステージ レースレポート

健闘!チームTT
Giro Della Regioni FULIULI(ITALIA北東-FULIULI州)
□大会期間:5月9日~13日
□参加チーム
イタリアTOPエリート&アンダー各チーム、海外ナショナルチーム&コンチネンタルチーム計36チーム、180名。

□エントリーメンバー
井上和郎-中島康晴-清水良行-佐野淳哉-ウ゛ィズィアック マリウス。
スタッフ:清水:西:大門:ビアンキ(マッサー)

■5月10日第2ステージ(1部:83.9K)
■5月10日第2ステージ(2部:チームタイムトライアル:24K)
☆マリウス、納得行かない7位
☆チームタイムトライアルで、1位から1分10秒差の17位と大活躍!

□状況解説
二日目を迎える今日は、スロベニアとの国境の港町、TRIESTEをスタートした。
午後のチームタイムトライアルは、今回のメンバーのキャラクターから見ても、集中させ狙って行きたいので、午前中のステージは、他のチームの動きを見ながら、メイングループの中で様子を伺う走りを徹底させた。
入れ代わり2~3名のエスケープトライ以外は、レースは淡々と進む。
63K地点の3Kの登り区間も、バラけるが、下りで小集団も合体し、グルッポコンパクト...
結局150名のゴール勝負となる。

初日から、表情も良くなかったマリウスに、「調子次第では、トライしてみろ!」と無線で伝えたが、ゴール後、首を横に振り無言だったので、私もそれ以上は問い掛け無かった。(夜に届いたリザルトでは、7位だった)
全員同タイムでゴール。

■24K・チームタイムトライアル

私達のスタートは17時09分。

元々この種目のスペシャリストだったマリウスを中心に、コースの下見&ウオーミングアップを重ねる。

清水も元々ピストのスペシャリスト..

浅田監督から、各選手のキャラクター(特性)を聞いて居たので、この種目に相応しい佐野始め、このメンバーで結構行けるんじゃないか..と感じた。

目標は10位を目安に設定。
彼等も経験がゼロに等しく日本人は基本的に、タイムトライアル系は、苦手意識が有るので、この目標設定は無謀にも思えたが、思い切って臨ませる。

結果はトップから1分10秒差の17位。

優勝はアメリカのBMCレーシングチーム。

走行ラインのとり方やローテーション(先頭交代のタイミング)など、修正すれば、確実に30秒は短縮出来たと思う。
30秒詰めれば、8位。
課題は、経験不足だけ!

正に、次回のチームタイムトライアルが楽しみな結果となった。

佐野も初めてのTTバイクだったにも関わらず期待に応えてくれた。(スタート直前まで西メカニックと、ポジションのセッティングに苦労していた)

彼は、TTバイクに慣れ、タイムトライアルの経験を重ねれば、まだまだ伸びる選手だと思う。

中島も、彼だけディスクホイールを装着出来なかったが、ペースを落とす事なく、タイム維持に献上し期待に応えてくれた。

マリウスも決してベストコンディションでは無かったが、全員を良くまとめた。
タイムトライアルが終わり、総合成績の行方は、全く定まらなく成った。

今日のステージは、激しい戦いが予想される。

スタッフも選手以上に全神経を集中させ望みたい。

大門

Giro Della Regioni FULIULI 第1ステージ レースレポート

井上和郎、大健闘の3位!ポディウムに立つ!

□大会期間:5月9日~13日
□参加チーム
イタリアTOPエリート&アンダー各チーム、海外ナショナルチーム&コンチネンタルチーム計36チーム、180名。

□エントリーメンバー
井上和郎-中島康晴-清水良行-佐野淳哉-ウ゛ィズィアック マリウス。
スタッフ:清水:西:大門:ビアンキ(マッサー)

IMG_0845.JPG

■第1ステージ(139.2K)

□状況解説
レース序盤イタリア独特のアップダウンコース区間、一列棒状のハイペースの中、先頭付近がバラける。
空かさず、井上も入り、最終的に有力メンバーの入った19名のエスケープグループが形成された。、

そのグループには、ZALFやFINAUTO、アメリカのBMC、スロベニアのRODENSKA等、優勝候補のチームが2名以上入っていた為、空かさずメイングループも反応!

先頭付近で、PALAZZAGO(exVELUTEX)等、協力なライバルチームも追撃に出るが、エスケープグループも「本気モード」なのか?20秒から50秒のアドバンテージが、中々詰まらない。
そんなハイペースな展開で進む中、最後のポイントラインで、井上は3位通過。
「そんな張り切って大丈夫かいな..」と一抹の不安と期待が過ぎる...

勢いの止まらない追撃のメイングループも、先頭付近でバラけ出すが、途中のアップダウンでロケーションも上手く回らないのか、それとも各チームの間で、差を広げない事だけを考え始めてるのか?イマイチ追い切れて居ない様子だった..
登りの区間で、メイングループの中から脱落者も現れる中、中島始め他のメンバーは、全員、少なく成ったメイングループの中で踏ん張る。

結局、井上を含む19名のエスケープグループは、ゴール迄逃げ切りを果たし、最後はスプリント勝負に持ち込まれた。

そして井上が見事3位に食い込み、チームにとっても幸先の良いスタートと成った。

井上は、先月のフランスでのクラッシュ(前を走行していた選手が原因)した影響で、調子も低迷しており、先週のオランダでのレースでも復調の兆しが見られなかった。

復調の兆しが見えたという点で、今日の3位は、本人にとっても特別の意味が有ったと思う。

過酷なイタリアのレースでの「結果」をきっかけとして、一日も早く自信を取り戻し、次のレースに繋げて欲しい。

今回は他の若手メンバーも気合い充分!

彼等も数日後に、帰国を控え、チームから与えられた前半最後のビックレース&チャンスで、なんとか「飛躍するキッカケ」を作ろうと必死だ。

私にも彼等の「緊張」と「気合い」がヒシヒシと伝わって来る。

今回はステージレースだが、「総合」にはこだわらず、一つ一つのステージで、限界に挑戦させチャンスを掴ませたいと思っている。

スタートして完走だけする事以上に、勝負に関わる重要な展開に絡む事..「レースに参加」する事が大切だ。

今の彼等にとっては、結果以上に「過程」も非常に大切なのだ。

一つ展開に反応&参加出来た事が、とてつもない自信に繋がる事も有るのだ。

明日からも、期待と希望を持って挑みたい。

大門
STAFF LOG IN PAGE TOP