HOME  > レース情報  > 最新エントリー

レース情報

Tour de Bretagne 第3ステージ レースレポート

4月25日~5月1日 Jersey島(イギリス)~ブルターニュ地方

Prologue Jersey(イギリス)
1stage Saint-Malo~Cancale 157km
2stage Saint-Suliac~Cancale 176km
3stage Loudeac~Douarnenez 173km
4stage Guenin~Rennes 169km
5stage Missillac(タイムトライアル) 24.25km
6stage Ploeren~Josselin 165km

参加チーム
コンチネンタルチーム
NIPPO Corporation-Meitan Hompo-Equipe Asada (JPN) Bretagne-Armor Lux (FRA) Wielegroep Beveren2000-Quick Step (BEL) 
Team Maxbo Bianchi (NOR) Time-Van Hemert (NED) Rabobank (NED) Team Sparkasse (GER)
Davitamon-Win for Life-Jong Vlaanderen (BEL) Amore&Vita-Mc Donald's (POL) Vigna Magna Cropu(ESP) Team Odenae Energi (DEN)
Vitoria ASC (POR) A.S.C Dukla Praha (チェコ) Van Vilet-EMH Advocaten (NED)

フランスアマチュアチーム
Vendee U (FRA) Team U Nantes Atlantique (FRA) S.C.D Dijon Team Lapierre (FRA)
Roue D'Or SaintAmandoise (FRA) Super Sport 35 A.C.N.C (FRA) CR4C Roanne (FRA)
Cotes d'Armor Cyclisme-Maitre Jacques(FRA) CC Nogent-syr-Oise(FRA)

参加メンバー
福島晋一、岡崎和也、福島康司、宮澤崇史、清水都貴、新城幸也


第2ステージ 173km Loudeac~Douarnenez (153km+5km×4周)  

リザルト
1位 Grammaire Olivier ( S.C.D Dijon Team Lapierre, NED)
....24位清水都貴 、31位新城幸也 +4s ......48位宮澤崇史 、50位岡崎和也  , 60位福島晋一、84位福島康司 +52s

総合
1位 Boasson Hagen Edvald (Team Maxbo Bianchi ,NOR)
...25位 新城幸也 +48s 、 32位清水都貴 +1m1s、 60位福島康司 +1m29s 、76位岡崎和也 +1m53s 、79位宮澤崇史 +1m56s 、 87位福島晋一 +2m38s

今日は今大会一番きついコース。レース後半に勾配の厳しいアップダウンが繰り返される。
構わず前半から積極的に動くと、新城幸也一人で抜け出す。それにつづいて3人が追いつき4人で逃げ始める。
一回目のポイント賞通過後、総合上位に入っている選手がメイン集団に戻り、さらに地元ブルターニュの選手も後半のコースがきつく、3人では厳しい、と集団に戻っていった。
結局2人で新城は逃げることに。
最大4分の差でレースは進み、後半の勾配のきつい登り区間に入っていく。
メイン集団はペースを上げ始め、そこから一人が単独で飛び出し、新城に追いつき3人で逃げ始める。

残り10km、差を1分にキープして逃げ続ける。さらにそこに2名が追いつき、残り3kmでアタック。
ここまで耐えた新城であったが遅れてしまい、30名弱のメイン集団に吸収され集団ゴール。

勝利まであと一歩のところまで来ている。明日も攻めよう。

追記

前半から逃げ続け新城は、スプリントポイント、山岳ポイント、ステージ成績、この三つの順位を足した数が少ない選手に
あたえられる、「マイヨ・コンビネ」 コンビネーションジャージを獲得。

清水 裕輔

Tour de Bretagne 第2ステージ レースレポート

Tour de Bretagne2.2
4月25日~5月1日 Jersey島(イギリス)~ブルターニュ地方

Prologue Jersey(イギリス)
1stage Saint-Malo~Cancale 157km
2stage Saint-Suliac~Cancale 176km
3stage Loudeac~Douarnenez 173km
4stage Guenin~Rennes 169km
5stage Missillac(タイムトライアル) 24.25km
6stage Ploeren~Josselin 165km

参加チーム
コンチネンタルチーム
NIPPO Corporation-Meitan Hompo-Equipe Asada (JPN) Bretagne-Armor Lux (FRA) Wielegroep Beveren2000-Quick Step (BEL) 
Team Maxbo Bianchi (NOR) Time-Van Hemert (NED) Rabobank (NED) Team Sparkasse (GER)
Davitamon-Win for Life-Jong Vlaanderen (BEL) Amore&Vita-Mc Donald's (POL) Vigna Magna Cropu(ESP) Team Odenae Energi (DEN)
Vitoria ASC (POR) A.S.C Dukla Praha (チェコ) Van Vilet-EMH Advocaten (NED)

フランスアマチュアチーム
Vendee U (FRA) Team U Nantes Atlantique (FRA) S.C.D Dijon Team Lapierre (FRA)
Roue D'Or SaintAmandoise (FRA) Super Sport 35 A.C.N.C (FRA) CR4C Roanne (FRA)
Cotes d'Armor Cyclisme-Maitre Jacques(FRA) CC Nogent-syr-Oise(FRA)

参加メンバー
福島晋一、岡崎和也、福島康司、宮澤崇史、清水都貴、新城幸也


第2ステージ 176km Saint-Suliac~Loudeac (156km+5km×4周)  

リザルト
1位 Pronk Jos (Time-Van Hemert , NED)
....10位宮澤崇史 、46位清水都貴 、51位新城幸也 、64位福島康司 mt , 69位岡崎和也、108位岡崎和也 +19s , 110位福島晋一 +1m3s

総合
1位 Boasson Hagen Edvald (Team Maxbo Bianchi ,NOR)
...55位 福島康司 +41s 、 73位新城幸也 +54s、 88位清水都貴 +1m1s 、93位岡崎和也 +1m5s 、97位宮澤崇史 +1m8s 、 106位福島晋一 +1m50s


スタートしてすぐの福島晋一のアタックから始まり、チームはアタックを繰り返す。
逃げが決まりかけてはつかまる、を繰り返し、ハイスピードのままアベレージ47kmで2時間進む。
逃げが決まったのは120km過ぎ、新城を含む16人。
総合1位、2位も逃げに乗る。総合上位チームの半分は入ったが、総合上位の半分は追いかける形になる。

16人は先頭3人、追走13人に別れ、新城は追走13人の中で追いかける。
メイン集団も1分以上の差を許さず、全力で追いかける。

この状態のまま、残りの周回コースに入り、残り2周回(残り10km)で逃げはすべて吸収され、レースは振り出しになり、
宮澤のスプリントにかける。
残り1kmまで福島康司が全力で集団を一列棒状にして、宮澤のスプリントに託すも10位でゴール。

前半のチーム全員の攻撃により、力を最後まで温存できなかった。
ただ、他チームも同じ状態であり、3ステージもあきらめずこの走りで勝負を挑む。



清水 裕輔

Tour de Bretagne 第1ステージ レースレポート

Tour de Bretagne2.2
4月25日~5月1日 Jersey島(イギリス)~ブルターニュ地方

Prologue Jersey(イギリス)
1stage Saint-Malo~Cancale 157km
2stage Saint-Suliac~Cancale 176km
3stage Loudeac~Douarnenez 173km
4stage Guenin~Rennes 169km
5stage Missillac(タイムトライアル) 24.25km
6stage Ploeren~Josselin 165km

参加チーム
コンチネンタルチーム
NIPPO Corporation-Meitan Hompo-Equipe Asada (JPN) Bretagne-Armor Lux (FRA) Wielegroep Beveren2000-Quick Step (BEL) 
Team Maxbo Bianchi (NOR) Time-Van Hemert (NED) Rabobank (NED) Team Sparkasse (GER)
Davitamon-Win for Life-Jong Vlaanderen (BEL) Amore&Vita-Mc Donald's (POL) Vigna Magna Cropu(ESP) Team Odenae Energi (DEN)
Vitoria ASC (POR) A.S.C Dukla Praha (チェコ) Van Vilet-EMH Advocaten (NED)

フランスアマチュアチーム
Vendee U (FRA) Team U Nantes Atlantique (FRA) S.C.D Dijon Team Lapierre (FRA)
Roue D'Or SaintAmandoise (FRA) Super Sport 35 A.C.N.C (FRA) CR4C Roanne (FRA)
Cotes d'Armor Cyclisme-Maitre Jacques(FRA) CC Nogent-syr-Oise(FRA)
IMG_0708.jpg

参加メンバー
福島晋一、岡崎和也、福島康司、宮澤崇史、清水都貴、新城幸也


第1ステージ Saint-Malo~Cancale 157km (129km+4km×7周)  

リザルト
1位 Boasson Hagen Edvald (Team Maxbo Bianchi ,NOR)
....17位宮澤崇史 、53位新城幸也 、105位清水都貴 、106位福島晋一、108位岡崎和也 、116位福島康司  mt

総合
1位 Boasson Hagen Edvald (Team Maxbo Bianchi ,NOR)
...81位 福島康司 +41s 、 94位岡崎和也 +46s、 98位福島晋一 +47位 、 107位新城幸也 +54s 、 115位清水都貴 +1m1s 、118位宮澤崇史 +1m8s


調子の良い、宮澤、新城の2人を軸にチームとしてレースを組み立てていく。
前半のアタック合戦から、福島康司を含む8人が逃げ始める。最大4分差。
レース後半の海沿いの横風区間で総合リーダーのRabobankとVendee U が中心にペース上げはじめ、あっという間に逃げは吸収されて、
大集団のまま最後の周回コースに入る。
チームは宮澤のゴールスプリントのために、2人を逃がし集団をコントロール。
残り1周で2人を吸収してゴールに備えるも、集団はアタック合戦が激しくなり、ポジションを落とした宮澤が17位でゴール。
チームとしては動きの基礎として第1ステージを終えた、2ステージ以降は結果につながるチームの動きを作って行きたい。


清水 裕輔

TRO BRO LEON レースレポート

TRO BRO LEON
宮澤崇史6位!

4月22日 TRO BRO LEON 190km

前日のFINISTEREから更に西端へ移動し、ブルターニュのパリルーべと言われるTRO BRO LEONへ参加。しかしこのレースの特徴は石畳ではなく、砂ぼこりが舞うダートのセクターだ。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
JARTAZI (BEL)
DFL-CYCLINGNEWS (GBR)
TEAM VOLKSBANK(LAT)
BABES-FLANDERS (BEL)
NIPPO-MEITAN (JPN)

計15チーム

<チームメンバー>
宮澤崇史、岡崎和也、福島康司、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、清水都貴、清水良行、井上和郎

---------------------------------------------------------

レース結果
1 Saïd HADDOU (Fra / Bouygues Telecom ) 4h44m28s
2 Sébastien CHAVANEL (Fra / Française des Jeux)
3 Christophe DIGUET (Fra / Auber 93)
・・・6位 宮澤崇史+0秒

岡崎和也、福島康司、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、清水都貴、清水良行、井上和郎は途中棄権

コメント
コースの特徴から宮澤とマリウスをエースに立ててスタート。40km地点から徐々にダート区間が入るが、第1セクターから各チームパンクが続出し選手もスタッフも大忙し。砂ぼこりを巻き上げてレースが乱暴に進んでゆく。
130km地点、集団が緩んだ隙を見て都貴が単独でアタックし1分以上リードを広げる。しかし追走のジエリンスキー(POL/ブルターニュ・アルモリュクス)に交わされ集団に戻る。レースは終始パンク続出で宮澤は3度のパンクをすべてチームメートに助けられトップ集団でゴールを目指す。順調だったマリウスは最後悪いタイミングでパンクし復帰できず戦列を離れた。レースは30名強のゴールスプリントとなり宮澤は6位でゴールした。
発信者:浅田 顕

Tour de Bretagne プロローグ レースレポート

4月25日~5月1日 Jersey島(イギリス)~ブルターニュ地方

Prologue Jersey(イギリス)
1stage Saint-Malo~Cancale 4.7km
2stage Saint-Suliac~Cancale 157km
3stage Loudeac~Douarnenez 176km
4stage Guenin~Rennes 169km
5stage Missillac(タイムトライアル) 24.25km
6stage Ploeren~Josselin 165km

参加チーム
コンチネンタルチーム
NIPPO Corporation-Meitan Hompo-Equipe Asada (JPN) Bretagne-Armor Lux (FRA) Wielegroep Beveren2000-Quick Step (BEL) 
Team Maxbo Bianchi (NOR) Time-Van Hemert (NED) Rabobank (NED) Team Sparkasse (GER)
Davitamon-Win for Life-Jong Vlaanderen (BEL) Amore&Vita-Mc Donald's (POL) Vigna Magna Cropu(ESP) Team Odenae Energi (DEN)
Vitoria ASC (POR) A.S.C Dukla Praha (チェコ) Van Vilet-EMH Advocaten (NED)

フランスアマチュアチーム
Vendee U (FRA) Team U Nantes Atlantique (FRA) S.C.D Dijon Team Lapierre (FRA)
Roue D'Or SaintAmandoise (FRA) Super Sport 35 A.C.N.C (FRA) CR4C Roanne (FRA)
Cotes d'Armor Cyclisme-Maitre Jacques(FRA) CC Nogent-syr-Oise(FRA)

参加メンバー
福島晋一、岡崎和也、福島康司、宮澤崇史、清水都貴、新城幸也

プロローグ 4.7km

リザルト
1位 Boom Lars (Rabobank NED)
....97位福島康司 +43s、 102位岡崎和也 +45s、 106位福島晋一 +46s、 116位新城幸也 +53s、 127位清水都貴 +1m、13位宮澤崇史 +1m7s
IMG_0664.jpg


歴史あるTour deBretagneではあるが、初めて外国イギリスのJersey島でのスタートとなる。
とても小さな島だが、綺麗で活気のある島だ。
コースは海岸線の直線折り返しのプロローグ。
チームとしては、各ステージの優勝と、総合成績をどこまであげられるか、が勝負になってくる。


清水 裕輔

TOUR DE FINISTERE レースレポート

TOUR DE FINISTERE
新城が7位!

4月21日 TOUR DE FINISTERE 188km

フランスの最西端に位置するフィニステール県を大規模に走るワンデーレース。起伏の続く145kmの大周回と1km激坂を含む9km弱の小周回を5周する。今年から”フランスカップ”に位置付けられレベルアップが予想される中、今日も表彰台を目指しスタート。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
JARTAZI (BEL)
DFL-CYCLINGNEWS (GBR)
TEAM VOLKSBANK(LAT)
BABES-FLANDERS (BEL)
MOSCOW STARS (RUS)
NIPPO-MEITAN (JPN)

計16チーム

<チームメンバー>
福島晋一、岡崎和也、福島康司、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也、清水都貴、清水良行

---------------------------------------------------------

レース結果
1位 Niels BROUZE (FRA / AUBER93) 4h20m19s
2位 Yann HUGUET(FRA / COFIDIS)
3位 Andrey KLYUEV (RUS / MOSCOW STARS)
・・・7位新城幸也 +5秒
・・・46位佐野淳哉、48位岡崎和也



コメント
ブルターニュらしくない晴天の中レースはスタート。序盤は9名の逃げグループに福島康司が入り先行するが、集団も1分以内に差を収め70km地点で吸収する。チームはその後遅れ気味の展開となり、幾度となく全員で逃げを追う破目になり振り出しに戻した末、最後の小周回に入ってからは新城が13名の先頭グループに乗りゴールを目指す。ラスト一周の通過ではヴォクレール(ブイグテレコム)ら4名の先頭グループに入り優勝も期待されるが、追撃に遭いチャンスを失う。しかしながら新城はそのまま先頭に食らいつき7位でゴール。

今日はポディウムの途中まで上がった気がした。

発信者:浅田 顕

Grand Prix Cyclistes de la ville de Rennes レースレポート

宮澤健闘8位

4月8日 Grand Prix Cyclistes de la ville de Rennes 195km

ブルターニュ地方の中心都市RENNES(レンヌ)をスタート&ゴールとするレース。郊外の田園地帯を走る約150kmの大周回と1周7kmの町の中心の周回コースを5周走る。金曜のROUTE ADELIE から引き続き、目標は表彰台(3位以内)に上がること。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


CERAMICA FLAMINIA (ITA)
CERAMICA PANARIA (ITA)
INTEL - ACTION (POL)
AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
NIPPO-MEITAN (JPN)

<チームメンバー>
岡崎和也、福島康司、マリウス・ウィズィアック、新城幸也、清水都貴、清水良行、宮澤足し崇史、井上和郎

---------------------------------------------------------

レース結果
1位 Sergey MATVEYEV (ウクライナ/CERAMICA PANARIA)
2位 Maryan HARY (フランス/COFIDIS)
3位 Cyril GAUTHIER (フランス/BRETAGNE ARMORLUX)
・・・8位宮澤崇史+秒、14位マリウス・ウィズィアック、位新城幸也、位福島康司+秒
・・・ 岡崎和也、清水都貴、井上和郎、清水良行は最後周回コースで棄権


コメント
例年は絞られた人数での集団スプリントになることが多いが、今日は絶対的なスプリンターを有すチームが少なく見えたため、逃げの展開とスプリント勝負の2 通りに備えスタート。晴天だが風が気になる。レースは序盤から2名(AUBER93とコフィディス)が隙を突き先行体勢を作る。タイム差は一時10分近くまで広がるが、中盤から追撃に出るチームがふえタイム差は徐々に減少。街中のサーキットに入る前(140km地点)には集団はひとつになりレースは振り出しに戻る。

集団はペースを上げ60名程度に絞られた形でRENNESの周回コースに入る。更にグループは2つに別れ、新城と宮澤を含む17名が先行する。昨年の覇者パナリアのGRILLOにマークが集中する中、同チームのウクライナ人、MATVEYEVが単独でアタックし独走態勢となる。追走グループは宮澤のスプリントに託す新城らがペースアップを図るがゴールまで差を詰めることが出来ず。その後追走集団に吸収された2位以下の勝負では混戦の中、宮澤が8位でゴールした。

今日はチームが良くまとまり後半まで勝負に絡むための動きが出来た。引き続き個々のコンディションを上げ第1クラスでの表彰台を目指したい。

チーム紹介

スタートを待つ


発信者:浅田 顕

LA ROUTE ADELIE レースレポート

LA ROUTE ADELIE
1クラス初戦は福島康司13位!

4月6日 LA ROUTE ADELIE 197.8km

ツールドノルマンディーから中4日。ブルターニュ東部の町VITREで開催されたLA ROUTE ADELIE(ラ・ルート・アデリー)に参戦。晴天の会場4万人の観衆でにぎわう中、チームは表彰台(3位以内)を目標にスタート。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
CANYON (SWE)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


CERAMICA FLAMINIA (ITA)
INTEL - ACTION (POL)
AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
NIPPO-MEITAN (JPN)

<チームメンバー>
岡崎和也、福島康司、佐野淳哉、新城幸也、清水都貴、清水良行、中島康晴、井上和郎

---------------------------------------------------------

レース結果
1位 Remy PAURIOL (フランス/CREDIT AGRICOLE) 4h38m12s
2位 Alexander KHATUNTSEV (ロシア/CANYON) +0秒
3位 Yann HUGUET (フランス/COFIDIS)+4秒
・・・13位 福島康司+1分42秒
・・・新城幸也、清水都貴、岡崎和也、佐野淳哉、井上和郎、清水良行は完走
・・・ 中島康晴は途中棄権


コメント
レースは21km×6周と8.9km×8周の複合周回コースを走る。コースが細いため前半から逃げが決まりやすい。1周目から福島康司を含む23名の逃げが先行し後続集団は各チームが追撃のタイミングを見計らいながらレースが後半まで進む。

勝負は結局先頭グループに絞られ展開が始まる。福島康司は常に先頭グループをキープするが、終盤は順位を落とし13位でのゴールとなった。


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第8ステージ レースレポート

ステージ優勝はならず

4月1日 第8ステージ Bagnole de l'Orne - Caen 142km

■レース結果
1位 Edvald HAGEN BOASSON 3h28m46s
・・・17位宮澤崇史、新城幸也は先頭集団ゴール
・・・福島晋一、福島康司、マリウス・ウィズィアックは完走


最終総合リーダー
Martijn MAASKANT (オランダ/RABOBANK CONTINENTAL)

最終スプリントリーダー
Dennis SMIT(オランダ/UBBINK-SYNTEC)22P
2位新城幸也

■コメント
1週間走り続けたレースも今日が最終日。晴天のなか最終ゴールのCAENへ向けてスタートを切る。個人総合争いは決着が着いたようで、総合から遅れた選手らのアタックを中心にレースが進む。中盤にある難関は13%の山岳ポイントを超えると脱落者も増え、ゴールは60人程度の集団となった。チームは新城と宮澤がスプリントに備えたが、スピードが優れず勝負できなかった。
連日のハードなレースを終え選手の疲れも見えるが、いよいよシーズンも本番に差し掛かる。次のレースまでにしっかり体調を整えて臨みたい。



---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第7ステージ レースレポート

マリウスがステージ5位!

3月30日 第7ステージ Conde sue Noireau - Bagnole de l'Orne 164km

■レース結果
1位 Noan LELARGE ( フランス/BRETEGNE ARMOR LUX) 3h50m20s
・・・4位マリウス・ウィズィアック+49秒
・・・福島晋一、新城幸也、宮澤崇史は集団ゴール、福島康司は集団牽引後集団から少々遅れて完走


総合リーダー
Martijn MAASKANT (オランダ/RABOBANK CONTINENTAL)

スプリントリーダー
Dennis SMIT(オランダ/UBBINK-SYNTEC)22P
2位新城20P

■コメント
昨日のきついステージで各チームの疲労が見える中、総合成績に関わらない選手を中心に逃げが予測される。チームも前半から誰かしら送り込みたい。
レースは15㎞地点のスプリントポイントをキッカケに4名の逃げが出来る。集団は後半までラボバンク中心にコントロールされるが疲労が大きく一人また一人と崩れてゆく。チームも追撃やペースアップに参加するがペースは上がらず、最後は先頭メンバー3名を振り切り単独となったノアン・ルラージュ(フランス・ブルターニュ・アルモリュクス)が逃げ切り優勝。追走の3名は集団に吸収され、2位以下はスプリントとなりマリウスが5位となった。今日は雨は振らず落ち着いた天候だったが、集団を走る各チームの選手はボロボロに見える。リーダーチームのラボバンクは今日までに3名がリタイヤし明日は3名でジャージを守る。レースは明日が最終日。最後はステージ優勝で飾りたい。


---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日 TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕
STAFF LOG IN PAGE TOP