HOME  > レース情報  > 最新エントリー

レース情報

Grand Prix Cyclistes de la ville de Rennes レースレポート

宮澤健闘8位

4月8日 Grand Prix Cyclistes de la ville de Rennes 195km

ブルターニュ地方の中心都市RENNES(レンヌ)をスタート&ゴールとするレース。郊外の田園地帯を走る約150kmの大周回と1周7kmの町の中心の周回コースを5周走る。金曜のROUTE ADELIE から引き続き、目標は表彰台(3位以内)に上がること。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


CERAMICA FLAMINIA (ITA)
CERAMICA PANARIA (ITA)
INTEL - ACTION (POL)
AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
NIPPO-MEITAN (JPN)

<チームメンバー>
岡崎和也、福島康司、マリウス・ウィズィアック、新城幸也、清水都貴、清水良行、宮澤足し崇史、井上和郎

---------------------------------------------------------

レース結果
1位 Sergey MATVEYEV (ウクライナ/CERAMICA PANARIA)
2位 Maryan HARY (フランス/COFIDIS)
3位 Cyril GAUTHIER (フランス/BRETAGNE ARMORLUX)
・・・8位宮澤崇史+秒、14位マリウス・ウィズィアック、位新城幸也、位福島康司+秒
・・・ 岡崎和也、清水都貴、井上和郎、清水良行は最後周回コースで棄権


コメント
例年は絞られた人数での集団スプリントになることが多いが、今日は絶対的なスプリンターを有すチームが少なく見えたため、逃げの展開とスプリント勝負の2 通りに備えスタート。晴天だが風が気になる。レースは序盤から2名(AUBER93とコフィディス)が隙を突き先行体勢を作る。タイム差は一時10分近くまで広がるが、中盤から追撃に出るチームがふえタイム差は徐々に減少。街中のサーキットに入る前(140km地点)には集団はひとつになりレースは振り出しに戻る。

集団はペースを上げ60名程度に絞られた形でRENNESの周回コースに入る。更にグループは2つに別れ、新城と宮澤を含む17名が先行する。昨年の覇者パナリアのGRILLOにマークが集中する中、同チームのウクライナ人、MATVEYEVが単独でアタックし独走態勢となる。追走グループは宮澤のスプリントに託す新城らがペースアップを図るがゴールまで差を詰めることが出来ず。その後追走集団に吸収された2位以下の勝負では混戦の中、宮澤が8位でゴールした。

今日はチームが良くまとまり後半まで勝負に絡むための動きが出来た。引き続き個々のコンディションを上げ第1クラスでの表彰台を目指したい。

チーム紹介

スタートを待つ


発信者:浅田 顕

LA ROUTE ADELIE レースレポート

LA ROUTE ADELIE
1クラス初戦は福島康司13位!

4月6日 LA ROUTE ADELIE 197.8km

ツールドノルマンディーから中4日。ブルターニュ東部の町VITREで開催されたLA ROUTE ADELIE(ラ・ルート・アデリー)に参戦。晴天の会場4万人の観衆でにぎわう中、チームは表彰台(3位以内)を目標にスタート。

---------------------------------------------------------

参加チーム


AG2R (FRA)
BOUYGUES TELECOM (FRA)
LA FRANCAISE DES JEUX (FRA)
CANYON (SWE)
COFIDIS (FRA)
CREDIT AGRICOLE (FRA)


CERAMICA FLAMINIA (ITA)
INTEL - ACTION (POL)
AGRITUBEL (FRA)
TEAM SLIPSTREAM(USA)


BRETAGNE AMOR LUX (FRA)
AUBER 93 (FRA)
ROUBAIX LILLE METROPOLE (FRA)
NIPPO-MEITAN (JPN)

<チームメンバー>
岡崎和也、福島康司、佐野淳哉、新城幸也、清水都貴、清水良行、中島康晴、井上和郎

---------------------------------------------------------

レース結果
1位 Remy PAURIOL (フランス/CREDIT AGRICOLE) 4h38m12s
2位 Alexander KHATUNTSEV (ロシア/CANYON) +0秒
3位 Yann HUGUET (フランス/COFIDIS)+4秒
・・・13位 福島康司+1分42秒
・・・新城幸也、清水都貴、岡崎和也、佐野淳哉、井上和郎、清水良行は完走
・・・ 中島康晴は途中棄権


コメント
レースは21km×6周と8.9km×8周の複合周回コースを走る。コースが細いため前半から逃げが決まりやすい。1周目から福島康司を含む23名の逃げが先行し後続集団は各チームが追撃のタイミングを見計らいながらレースが後半まで進む。

勝負は結局先頭グループに絞られ展開が始まる。福島康司は常に先頭グループをキープするが、終盤は順位を落とし13位でのゴールとなった。


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第8ステージ レースレポート

ステージ優勝はならず

4月1日 第8ステージ Bagnole de l'Orne - Caen 142km

■レース結果
1位 Edvald HAGEN BOASSON 3h28m46s
・・・17位宮澤崇史、新城幸也は先頭集団ゴール
・・・福島晋一、福島康司、マリウス・ウィズィアックは完走


最終総合リーダー
Martijn MAASKANT (オランダ/RABOBANK CONTINENTAL)

最終スプリントリーダー
Dennis SMIT(オランダ/UBBINK-SYNTEC)22P
2位新城幸也

■コメント
1週間走り続けたレースも今日が最終日。晴天のなか最終ゴールのCAENへ向けてスタートを切る。個人総合争いは決着が着いたようで、総合から遅れた選手らのアタックを中心にレースが進む。中盤にある難関は13%の山岳ポイントを超えると脱落者も増え、ゴールは60人程度の集団となった。チームは新城と宮澤がスプリントに備えたが、スピードが優れず勝負できなかった。
連日のハードなレースを終え選手の疲れも見えるが、いよいよシーズンも本番に差し掛かる。次のレースまでにしっかり体調を整えて臨みたい。



---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第7ステージ レースレポート

マリウスがステージ5位!

3月30日 第7ステージ Conde sue Noireau - Bagnole de l'Orne 164km

■レース結果
1位 Noan LELARGE ( フランス/BRETEGNE ARMOR LUX) 3h50m20s
・・・4位マリウス・ウィズィアック+49秒
・・・福島晋一、新城幸也、宮澤崇史は集団ゴール、福島康司は集団牽引後集団から少々遅れて完走


総合リーダー
Martijn MAASKANT (オランダ/RABOBANK CONTINENTAL)

スプリントリーダー
Dennis SMIT(オランダ/UBBINK-SYNTEC)22P
2位新城20P

■コメント
昨日のきついステージで各チームの疲労が見える中、総合成績に関わらない選手を中心に逃げが予測される。チームも前半から誰かしら送り込みたい。
レースは15㎞地点のスプリントポイントをキッカケに4名の逃げが出来る。集団は後半までラボバンク中心にコントロールされるが疲労が大きく一人また一人と崩れてゆく。チームも追撃やペースアップに参加するがペースは上がらず、最後は先頭メンバー3名を振り切り単独となったノアン・ルラージュ(フランス・ブルターニュ・アルモリュクス)が逃げ切り優勝。追走の3名は集団に吸収され、2位以下はスプリントとなりマリウスが5位となった。今日は雨は振らず落ち着いた天候だったが、集団を走る各チームの選手はボロボロに見える。リーダーチームのラボバンクは今日までに3名がリタイヤし明日は3名でジャージを守る。レースは明日が最終日。最後はステージ優勝で飾りたい。


---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日 TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第6ステージ レースレポート

これがツール・ド・ノルマンディー

3月30日 第6ステージ Donfront - Conde sue Noireau 208km

■レース結果
1位 Kristof DE ZUTTER (ベルギー/DAVITAMON) 5h15m37s
・・・47位宮澤崇史+7分45秒
・・・福島晋一、福島康司、新城幸也、マリウス・ウィズィアックは+13m26sの後続集団ゴール


総合リーダー
Martijn MAASKANT (オランダ/RABOBANK CONTINENTAL)

スプリントリーダー
Dennis SMIT(オランダ/UBBINK-SYNTEC)22P
2位新城20P

■コメント
朝起きるとまさかの雪。レースは208㎞の長丁場は1~3℃低温と雪と雨の中で行われた。こんな中では集団にいるより逃げたほうがマシと宮澤が序盤から6 名のエスケープに乗る。リーダーチームのKIO-ENEは集団をコントロールするが苦戦しゴール前40㎞で先頭6名に6分45秒のリードを許す。逃げグループで最上位の宮澤は一時暫定リーダーとなり会場が沸くが、厳しい天候の中ラスト25㎞で力尽き後退してしまった。ゴールは宮澤らを置き去りにしたベルギーのDE ZUTTERが後続からの猛追からギリギリ持ちこたえ優勝した。総合成績はイタリア勢が沈没し再びラボバンクのMAASKANTがリーダーとなった。後続集団に残ったチームの他のメンバーは寒さで消耗し切ってゴール。辛いステージを終えた。


---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム

チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第5ステージ レースレポート

今日も新城のジャージはキープ!
ハードなステージで総合上位が入れ替わる

3月29日午前 第5ステージ ELBEUF-FLERS 189km

■レース結果
1位 Andrey KLYUEF(ロシア/MOSCOU STARS) 4h48m56s
・・・14位宮澤崇史+1m36s
・・・福島晋一、福島康司、新城幸也、マリウス・ウィズィアックは+3m5sの後続集団ゴール

*佐野淳哉は落車のため途中棄権

総合リーダー
Mirko ALLEGRINI(イタリア/KIO ENE)

スプリントリーダー
新城幸也

■コメント
今日は期間中最もハードで総合成績に大きく影響するステージ。各チーム気合が入る。チームとしては最終的に先頭グループに残り勝負することが課題。
横風と後半のアップダウンが勝負を決めるレースは130㎞過ぎに出来た20名の先頭グループに宮澤が乗りゴールへ向かう。後続には総合リーダーや有力選手が残ったため終盤の追撃が予測されたが先頭グループには力があった。ゴールはラスト30㎞で抜け出した2名(ALLEGRINIとKLYUEF)が逃げ切った。宮澤はハードなアップダウンに苦戦し14位でのゴールとなった。


---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第3・4ステージ レースレポート

新城スプリントジャージキープ!
~午後は宮澤が4位でゴール~

3月28日午前 第3ステージ FORGES LES EAUX - AUBEYOYE 60km

■レース結果
1位 Mattia GAVAZZI (ITA/KIO ENE) 1h16m30s
・・・13位マリウス・ウィズィアック
宮澤崇史、福島晋一、福島康司、佐野淳哉、新城幸也は集団ゴール

総合リーダー
Lars BOOM(NED/RABOBANK)

スプリントリーダー
新城幸也

■コメント
本日は2つのハーフステージを走る。午前中は60kmと短いため高速レースが展開された。途中の逃げも20秒と離れないままゴールへ。チームはスプリントに備えたが振るわずマリウスの13位が最高位となった。スプリント賞の新城はスプリントポイントを2位通過でジャージをキープした。

午後 第4ステージ AUBEYOYE-ELBEUF 77km

■レース結果
1位 Mattia GAVAZZI (ITA/KIO ENE)
・・・4位宮澤崇史
マリウス・ウィズィアック、福島晋一、新城幸也、福島康司、佐野淳哉は集団ゴール

■コメント
午後のステージは少々起伏があり、道幅も狭いため逃げの展開も視野にスタート。序盤14km地点にスプリントポイントがありチームは新城のスプリントジャージキープのためひとモガキ。後半は展開も激しくなるがレースは今日もスプリントに持ち込まれる。チームはスプリントに備え体勢を作り宮澤が発射。結果は4位だが横並びのゴールで優勝が近づいた。

---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也

発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE 第2ステージ レースレポート

新城大逃げでスプリントジャージ獲得!

第2ステージ CAEN(Mondeville)-FORGES LES EAUX 211km

■レース結果
1位 Mattia GAVAZZI (ITA/KIO ENE) 5h19m54s
・・・10位マリウス・ウィズィアック
宮澤崇史、福島晋一、福島康司、佐野淳哉、新城幸也は集団ゴール

総合リーダー
Lars BOOM(NED/RABOBANK)

スプリントリーダー
新城幸也


■コメント
初日は211kmの大規模なステージ。例年はスプリント勝負になるが、チームは逃げを作りチャンスを増やしたい。スタートから速い展開の中、35km地点で新城とKhatuntsev(ロシア/MOSCOW STARS)の2人が飛び出し先行する。集団はスピードを緩めタイム差は最高で15分まで広がる。ラボバンクを中心に集団はコントロールされ終盤に捕まえに来るが、新城は力を振り絞り一人引きでステージ優勝を狙う。しかし力走もゴール前4㎞で捕らえられ集団ゴールとなった。ゴールスプリントでは佐野、宮沢、マリウスと連携するが、危険回避でポジションを下げてのゴールとなった。
中間スプリントをすべてトップで通過した新城はスプリントジャージを獲得しボディウムに上がった。

明日は2つのハーフステージを走る。目標はステージ優勝。

---------------------------------------------------------
基礎データ

3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也


発信者:浅田 顕

TOUR DE NORMANDIE プロローグ レースレポート

ツール・ド・ノルマンディー開幕!


3月26日~4月1日TOUR DE NORMANDIE

参加チーム
RABOBANK CONTINENTAL(NED) AUBER 93(FRA) BRETAGNE AMOR LUX(FRA) DAVITAMON(BEL) WHIRPOOL(CZE) TEAM GSL(DEN) TEAM 3C LAMONTA(GER) KIO-ENE/DMT(ITA) RITEMU BANK-RIGA(LAT) UBBINK-SYNTEC CYCLING(NED) TEAM MAXBO BIANCHI(NOR) CCC POLSAT(POL) DUJA TAVIRA(POR) MOSCOW STARS(RUS) HADIMEC(SUI) BEVEREN 2000(BEL)
以上UCIコンチネンタルチーム

CC NOGENT(FRA) VC ROUEN(FRA) ノルマンディー選抜チーム


チームメンバー
福島晋一、福島康司、宮澤崇史、マリウス・ウィズィアック、佐野淳哉、新城幸也

---------------------------------------------------------
レース結果
第1ステージ(プロローグ)5.8km CAEN
1位 BOOM Lars (オランダ/ラボバンクコンチネンタル) 7分08秒21
・・・27位 福島康司+24秒、50位新城幸也+33秒、75位マリウス・ウィズィアック+42秒、85位福島晋一+45秒、95位佐野淳哉+49秒、101位宮澤崇史+53秒

出走119人
---------------------------------------------------------

昨日のToursでのレースから移動しノルマンディー地方のCaenへ。ツール・ド・ノルマンディーがスタートした。初日のプロローグでは各選手コンディションを見ながら5.8kmを走破し明日へのステージへと準備を整える。


発信者:浅田 顕

LA ROUTE TOURANGELLE レースレポート

マリウス5位!チームの動きも良好。
~新城は敢闘賞獲得でポディウムに~

3月25日 LA ROUTE TOURANGELLE フランス・ロアール地方

参加チーム
AMORE&VITA(POL) MOSKOW STARS(RUS) VISION BIKES LOGSTOR(DEN) CALYON LITESPEED(CAN) RABPBANK(MED) JARTAZI(BEL) STOREZ MATERIAUX(BEL) TEAM DIFERRDANCE (LUX) DUJA TAVIRA (POR) KALEV CHOCOLATE(EST) 
以上UCIコンチネンタルチーム

他、フランス国内ディビジョンチーム

---------------------------------------------------------
レース結果 186km
1位 Yury TROFIMOV (RUS / MOSCOW STARS)
2位 Davide TANNER (AUS / LA POMME MARSEILLE)
...5位 マリウス・ウィズィアック
新城幸也、清水都貴、佐野淳哉、宮澤崇史、清水良行は完走
DNF=中島康晴


コメント

パリの南西約200kmに位置するTOURSをスタート&ゴールとし、ワイン通には馴染み深いCHINON(シノン)周辺の丘陵地帯を走るレース。
チームはクラッシク・ロアール・アトランティークから中一日で臨む。3月も後半になりそろそろ入賞圏内で戦うレースをしなければならない。
レースはスタートから激しいアタック合戦になるが、大きな動きがあったのは70㎞地点。優勝候補のトロフィモフ(ロシア)を含む5名に新城と宮澤が乗り先頭グループを形成しそのまま後半へ突入する。しかし集団も終盤になると勢いを高め5名は吸収される。終盤のアップダウンの連続では佐野とマリウスが良く動くが、更にアタックを繰り返したトロフィモフがオーストラリア人と2人で再度先頭に立ちゴールも奪った。チームは後続で3位以下のスプリントに備えマリウスを援護し5位でゴール。
チームの動きも良くなっている。これから更にコンディションを上げてゆきたい。


発信者:浅田 顕
STAFF LOG IN PAGE TOP