スタッフブログ

Auther:  cyclismejapon

TTバイク for 全日本TT


かっこいい。
TTバイクってほれぼれしますね。
これは、全日本TTの為に用意した
木下選手用のリーサルウェポン!


仕様:Cervelo P3-SL 2005
コンポーネント 7800系DA
ギア比 53−39 11−21
F/MAVIC Cosmic carbone SL
R/MAVIC Comet Road
タイヤ Panaracer Closer 20c


見てください
この後輪とシートチューブのクリアランス!!(某通販風)
エアロ効果ハンパないっす。

フレームサイズが56なので彼には
でかいかなーと思っていましたが
そんな彼もフランスで修行して
なんと!19歳にして未だ背が伸びてるとの事で
投入しました。
人の成長恐るべし!
Auther:  cyclismejapon

おビールでよろしかったでございましょうか?

ぷぷぷっ。
この題名の日本語なんか変ですね。
気持ちは伝わりますが。

日本語って難しい。
尊敬語、謙譲語、丁寧語…etc.

僕も、(本来なら私。。。ですがブログなので)
二重敬語はよく使ってしまっていた。
「〜させていただく」丁寧に聞こえるようで実は日本語的にNG。

うーーん、難しい。
昔、新入社員の時に上司に「えっ?」って聞き取れなかった話しに反射的に
言ってしまった事があり何度も怒られた経験があります。
あとは話しの途中で「◯◯?」と単語をあがり調子で話すのもNG。

友人、同僚、上司、お客様によって
咄嗟に使い分けるのは本当に大変です。

電話対応でも、その会社の品格って問われてしまうのだろうなーと
思ってしまいますね。
うんうん、美しい日本語ってなんでしょう。

知れば知るほど、どんどん会話が固くなってしまう(汗)
どんな仕事をしている人でも、正しい日本語を
使い分けているのを耳にすると、なんだか幸せな気分になる。

そんな事を気にしながら日々メカの勉強をしてまーす。←関係ないか!
Auther:  cyclismejapon

結婚式にジテツー

ご無沙汰してます。

最近、友人や前の職場の人がどんどん結婚をしている。
今月なんて3回もある…
年頃になったなーと感じまする。

周りの環境がどんどん変わっているのにすごく驚かされる。
自分は変わってないなーって思ってたら
会う人みんなに、今 何やってるの!?って聞かれます。
「???メカニック?…何それ?」
一から説明するのがめんどくさいので
「自転車いじる人」
「自転車屋さんじゃないの?」
「プロの自転車いじる人(笑)」
「??そんなのがあるんだー……いじってどうすんの?」

僕もずいぶん環境が変わったんだなーとつくづく思いました!

さらには、太ったねー!!って言われまくってしまったので
(ちなみに美容師時代から12kg増量中!)
今年は、自転車ノルゾー!!(すね毛もそったし)

つーわけで、できる限り自宅〜シクロパビリオンまでは
ジテツー再開します。
そして、まずは自転車が日本一◯いメカノになってやる!! 
Auther:  cyclismejapon

Tour of Thailand 2010 その①



3月27日~4月7日までタイのロードレースTour of Thailand(UCI2.2)
に日本代表(U-23)メカとして浅田監督とともに行ってまいりました。

僕にとって、ロードは今年初戦でしたので、程よい緊張感をもって望むことができました。


これは、二日目のスタートで和やかな始まりとなりましたが...。

とにかく、熱い暑い!!
選手にとっては、かなり過酷なレースです(想像を絶する...汗)
こんな中ホントに走るの!?


先頭を走るJELLY BELLY(アメリカ)チーム
初日のTTで12345位を独占。
それから4日間集団を引くはめに ちょっと気の毒。

このレースのキモは、補給の取り方でしょうか。
選手は水を飲むために走ってるような、それほど錯覚するくらい
水を飲みまくり。
僕はレースカー内でひたすら、ボトルに水を入れペットボトルの水を
氷で冷やしまくってました。

あれ、ぼくって補給係り?

次回、チームカー内の作業を紹介しまーす!
Auther:  cyclismejapon

ピースをアツメル

ちらかったピースを集める。

自分が分からなくなった時は、一度ピースを集める。
そこら中にちらばったピースをはめ込む。

基本に立ち直って、原因を見つける。
そして、一からコツコツ積み重ねてく。

それが大きくなれば、ステップアップ!
でも、その道中にだって気づかずポロポロとピースを落としてく。

だから、
またピースを集める。
STAFF LOG IN PAGE TOP