HOME  > スタッフブログ  > 最新エントリー

スタッフブログ

Auther:  takahashi

今年もやります!愛車リフレッシュパック 【先着10名様】あと6名様!



「愛車リフレッシュパック」とは・・・オーバーホールまではいかないまでも、消耗品を1年に1度は交換してコンポーネントの性能を引き出してあげるパックです。

【サービス内容詳細】
1.ワイヤー(シフト・ブレーキ)のアウター&インナーを全交換。(各コンポーネント純正品)
 Di2はブレーキケーブル交換のみ。但し、コードのストラップ等は交換致します。
2.バーテープの交換(弊社取扱いのお好みのメーカー・お色)
3.ブレーキシュー交換(各コンポーネント純正品)
4.交換工賃
5.洗車(注油含む)

【実施期間】
12月5日-1月10日まで受付

【工期・納期】
1週間

【価格】
工賃¥10,000(ワイヤー代別途)
その他パーツ代別途(バーテープ、ブレーキシュー)
※カンパニョーロのコンポは別途¥2000
※その他、部品交換に伴う工賃は別途

工賃を抑えめに比較的お求め易く致しました。メンテナンスの必要性を身近に感じて頂けるような施術内容です。

-消耗品、ケーブルを一式変えることにより変速性能がよみがえりシフティングが軽くなり、ライディングが快適!
-ゴム製品であるブレーキシューは、もし減っていなくても経年硬化・劣化してしまうもの。
そうすると制動力が劣ってしまうので、もし一年以上交換していなければ、要交換です。
-バーテープももちろん交換します。見た目をキレイにすることでよりバイクへの愛着が湧きますよね!

是非このオフシーズンを使い春に向けて、愛車をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

【お問い合わせ】
ご希望の方はメカノ高橋宛に:
メール: office@cyclisme-japon.net
もしくは
電話: 0493-59-8400
(オフィス)
までお問い合わせ下さい。
Auther:  takahashi

メカ講座開催します スケジュール12月,1月

12月からメカニック講習会をできるだけ毎週土曜日に開催します!
皆さんの実車を使ってメカニックと一緒に実践形式で勉強しましょう(゚∀゚)

全く知識が要りませんので、どなた様でもご参加頂けます。
日頃疑問に思ってる事もお応えしますのでお気軽にご参加下さい。
走るだけがスポーツバイクじゃない!
いぢる楽しみもスポーツバイクの楽しみだ^_^

ゆる~く楽しく学んでいただけたら嬉しいです!

今後のスケジュール
【12月】
5日 バーテープ巻の巻!
12日 タイヤ&チューブ交換の巻!
19日 ステム&ヘッド調整の巻!
【1月】
16日 バーテープ巻の巻!
23日 タイヤ&チューブ交換の巻!
30日 ブレーキシュー交換&調整の巻!

ご予約お待ちしております!
http://www.cyclisme-japon.net/modules/eguide/?cat=1
Auther:  takahashi

Canonndale CAAD12 Disc クランク交換

月末、早い。
一気に寒くなってきて、作業場や自宅の暖房機のスイッチを思わずオンにしてしまいました。
タイヤもスタッドレスに変えようか、今日着る服は何にしようか。
この時期は調節が面倒です。
話は変わりますが、先日免許の更新があったので講習を受けましたが
自動車の数はそれほど増えてはないようですが、高齢運転者の割合がうなぎ登りな様です。それを知ってか知らずか思い返すと通勤時間にもシルバーマークを付けている
割合があがったような気がします。
それと同時に、このタイミングで!!という本線合流するシルバーマークの車がちらほら。いわゆるヒヤリ・ハットが多くなってきてるのを体感してます。勿論中にはマナーの悪い運転者もいますので一概に言えませんが。
スピードに対する判断力が衰えとともに鈍くなるのは人間の性でしてこれはどうしようもない事です。特に自転車や二輪車に対するスピード感覚がわかりづらい様なので
皆さんも自転車に乗って週末走られる際は、今まで以上に自動車の飛び出しには
注意してくださいね! 

さて、今回はキャノンデール アルミバイクCAAD12 Discのクランク交換のご依頼です。キャノンデールは独自のBB規格がありまして、SHIMANO製クランクはそのままでは装着できません。
そこで、FSAのBB30A変換アダプター「EL213」を使用してアルテグラコンパクトクランクを装着しました。










クランク交換もBBの規格が多岐にわたり、メカニックも覚えたと思ったら次の規格が
発表されたり。これではユーザーは混乱しちゃいますよね。
パーツ交換も気軽にやりたいものです。
Auther:  takahashi

日体協コーチ講習 メカニック講義



伊豆のサイクルスポーツセンターにて
トラックナショナルチームの中距離合宿を終えた後
日本体育協会の公認スポーツ指導者 自転車競技専門科目のメカニック講習の講師に招かれ講義を行いました。

去年に引継ぎ2回目、今年は競技界を牽引されてきた著名人が名を連ね
とても濃ゆい講習会ができました。
講習内容はレースメカニックの紹介とレース機材の説明、安全点検の説明など
およそ2時間の講習でした。

私も競技に携わるにあたって、これから5年後の東京オリンピックに向け競技がより盛り上がっていけるように特にオリンピア世代の若い選手への指導や育成というのは
他人事ではなく、自分の立場をよく理解する必要があると感じ講習会を通じて益々気合いが入りました。
Auther:  takahashi

伊豆ヴェロドローム トラック合宿



23日~26日までトラックナショナルチーム中距離競技の合宿に参加のため
伊豆ヴェロドロームへ来ています。

全日本自転車競技大会オムニアムのトップ選手達は大会後そのまま合宿です。
私はロードと平行してトラック競技にもメカ業務で帯同して勉強しまくりです。
好きこそ物の上手なれとは正にこのことで、まだまだ自転車について
追求する日々です。

いやー、奥が深いすなー。特に先輩メカニックと一緒に仕事をすると目からウロコや
オイルが溢れる溢れる。

ロードレースとは違った刺激があり毎日が発見です。
トラック競技見たこと無い方、一度は見てみると面白いですよ!
タイム系と競技系がありますがどちらもスピード感があって大迫力です(゚∀゚)

伊豆は埼玉よりも暖かいですなー。ちょっと観光チックですしね。
楽しんでます^_^
STAFF LOG IN PAGE TOP