HOME  > お知らせ  > イベント関連  > 『シクロ八ヶ岳(10/2&3)』フォトレポート

お知らせ

『シクロ八ヶ岳(10/2&3)』フォトレポート

10月2日&3日『シクロ八ヶ岳』フォトレポート


シクロ軽井沢で幕を開けた『シクロ』シリーズがいよいよ新章に突入!

今回の『シクロ』の舞台は、ヒルクライマーの聖地「八ヶ岳」。
関東ヒルクライマーの定番「白石峠」や、登りが20kmにも及ぶ「ぶどう峠」を含む激坂の紅白歌合戦!それだけでは物足りない(!?)参加者には「麦草峠」まで用意された、登りの総合デパート的なコースレイアウト!

生半可ではないコースながら、エキップアサダのチームカー/メカニック/マッサーによる完全サポートが評判を呼び、今回も多くのサイクリストが参加して下さいました!
夜には浅田顕監督による「冬トレーニング講座」も開催し、非常に濃いイベントとなりました。

恐怖のルートはこちらでチェック!(ルートラボ)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=2cc751d60269041fba8e93e010a2f436

天候も予報をいい形で裏切り大雨は回避!
笑顔と歓喜に満ちた素敵なイベントの写真入りレポートをここにお届けいたします!

***********

『シクロ八ヶ岳』とは人生そのものである。
浅田顕
(1967~ 東京都出身)

出会い・・・

友情・・


ロマンス・・・


別れ・・・


強大な敵・・・


死闘・・・


今、サイクリスト達が織り成す壮大な物語が始まるっ!
************

【往路:埼玉シクロパビリオン>八ヶ岳(松原湖)137km】


シクロ八ヶ岳の前夜、浅田監督が選手の補給食を作る。
本場レースでも監督が補給食づくりに手を貸すことがしばし見られる


「シクロ」恒例のバイクチェック。


WAVEONE中田社長恒例のどすこい!じゃなくて股関節のストレッチです!


今回のヒール(悪役)、TEAM NIPPOの藤岡徹也選手
「シクロ八ヶ岳って、旨いんですか~?」
ヒールらしく憎たらしいコメントを吐いてくれます!


出発前のパチリ!「ちょっと八ヶ岳まで行ってきます」


「ちょっくら270km走ってきます!」


アレっ!(フランス語でGo!の意味)


「八ヶ岳はもうすぐかな?」「あと100kmぐらいですね」


1番手が浅田監督、2番手が、、えーとえーと、、見えません!







「君のジャージいいよね」「ありがとう。君のも素敵だよ」
=シクロシリーズ山岳ジャージを着る3名


道の駅で一休み。これから20km程の登りです・・





20km登るとそこは長野県!(ぶどう峠)


ぶどう峠は”武道峠”と書きます。
標高が高いせいか、霧が立ち込め気温がぐんと下がる


皆さんウインドブレーカーを着用。下りではありえないほど冷えるのです・・


ダウンヒルの前に準備体操。シクロ恒例の風景です。


無事八ヶ岳のホテルに到着!皆さん疲労困憊な表情・・
でもそれもビールを飲むまでの話(笑)


ホテルの下駄箱はレーシングシューズが占拠した!


シクロ恒例の浅田監督&WAVEONE中田社長による特別ジャージ授与式が行われたぞ!


シクロシリーズ初の女性マイヨジョーヌも誕生!


ジャージ授与式のあとは浅田監督による「冬に強くなるトレーニング講座」が開催された


浅田式トレーニング講座を一人残らず真剣に聞く参加者の皆さん
(手前の方はマッサージ施術中(笑))


【復路:八ヶ岳(松原湖)>埼玉シクロパビリオン】
感動。悪者だと思っていたTEAM NIPPOの藤岡選手と森マッサーが
皆さんのために補給食を作っているではないですか!
なっ、涙が・・ちょっとハンカチお借りしていいですか?


よし!今日は埼玉まで下り基調だぜ!もうペダルは踏まないもんね!


「諦めない!えーと、ヘルメットはどこだ!?」


オイラもみんなと一緒に走りたいワン


「今日はいつもより多く回しています!」


もうすぐ登りがやってきます!ガクガクブルブル


おやおや!霧が立ち込めてきたぞ!


今にも紅葉が始まりそうな山道を行くシクロ御一行


森の中から「霧に負けるな!」と走りながら叫ぶ不審な男が現れたぞ!


前日の晴天から一転、最初に上るぶどう峠では小雨がぱらつく天気模様に。
下り基調と安心していた参加者サンたちに遂に「シクロ」が牙を剥いた!


どうする!?


集団に動揺が走ったその瞬間!2人がアタックを仕掛けたっ!


「いやー、一度アタックしてみたかったんですよ!ちゃんと写真撮ってくれました!?」


一寸先は霧!


峠に到着!「いやー!霧のシャワーが気持よかったねぇ!」


「登った後には下りが来ます。つまり下った後には登りが来るのです。」by浅田顕


下り気持ちイイーっ!


懐かしい風景が続く


埼玉県に入ったぞ!


「口を閉じながら登りをこなすNIPPO藤岡選手が憎い。必ず倒します!」by山岳賞


「あのNIPPO藤岡選手には気をつけたほうがいいわ。だって登るときに口を閉じたまんまなの。」


「ボクは平地だって口を開けて息をするのに・・」


口で息をしないNIPPO藤岡選手が前を引く。


「口を開けないなんて、絶対におかしいわよ!」


「口を空けて息をしないということは、鼻で息をしているんだろう。その割には鼻の穴が小さいなぁ。」


「ぼくは・・NIPPO藤岡に・・口を・・・開けさせてみ・せ・る!」(戦場カメラマン風に)


NIPPO藤岡は口を開けているのか!?・・・


「息は口と鼻を使ったほうがいいんだぜ、藤岡さんよ・・・」


「なぁ、NIPPO藤岡さんよ。素直に口で息をするんだよ・・悪いことはいわねぇ」


【ニュース速報】サルがいました


「なぁ、君も苦しいんだろ?口を空けて息をしようじゃないか?」


ドーーーーーン!!!!!! 
「くっ、口が閉じられている!!!!!」


「口を開けろ~~~~~~~~っ、開けるんだ~~っ!・・・・・・」


シーン・・・・


あっ、開いた!遂にNIPPO藤岡選手の口が開いたぞ!!!


!

\(>_<)/


「やった!オレはやったんだ!藤岡選手の口を開かせたぞ!」


(側面図)カメラを向けられるとわかるや、すぐに口を閉じたNIPPO藤岡選手・・


「な~に、なに、最初から素直に口で息すればいいのに~」
「いえ、レースでは苦しんでいるところを見られたら負けなんです!」


最後は恒例のお別れの儀式です。この直後にサライを熱唱。


喜びの余り『シクロシリーズのポーズ』を決める!


シクロバンザイ!また次回のシクロでお会いしましょう!
次回は2011年の春に開催予定です!(「第3回シクロ軽井沢」)

その他、「シクロ八ヶ岳」写真は下記URL先でチェック!
http://www.cyclisme-japon.net/modules/photo/viewcat.php?cid=79
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
お知らせカテゴリ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP