HOME  > レース情報  > 2008  > 全日本選手権  > 全日本選手権個人ロードタイムトライアル レースレポート

レース情報

全日本選手権個人ロードタイムトライアル レースレポート

全日本選手権個人ロードタイムトライアル
岡崎和也2連覇4度目の日本一に!

6月8日 秋田県大潟村

1.岡崎和也 (梅丹本舗・GDR)
2.盛 一大 (愛三工業レーシング)
3.橋川 健 (マトリックスパワータグ)
・・・菊池誠晃はU23クラスで5位に入賞

■現地レポート/浅田 顕
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週のロードレースに引き続き個人タイムトライアルの日本一を決める全日本選手権へ岡崎和也(エリート)と菊池誠晃(U23)が参加した。コースは毎年恒例となった大型村のソーラーカーコースを使ったフラットな直線。エリートでは昨年の覇者、岡崎和也が執念で2位に2秒の僅差で連勝を果たした。

■岡崎のコメント
先週の全日本ロードからの疲れが残りあまり良い体調ではなかったが、3日前にきついトレーニングをこなし何とか走れる状態に調子を持ってきた。当日はとにかくレースに集中することだけを考えスタートを切った。後半から風が強くなり、最後は向かい風にスピードを上げることが難しかったが、とにかく我慢して踏み続けた結果が僅差を制したと思う。
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP