HOME  > レース情報  > 2008  > ツール・ド・コリア‐ジャパン  > Tour de Korea-Japan 第2・第3ステージ レースレポート

レース情報

Tour de Korea-Japan 第2・第3ステージ レースレポート

総合変動なし、岡崎総合5位でチャンスを狙う
//// 韓国でも福島康司逃げる ////

■6月26日 韓国第2ステージ(第3ステージ) Changwon City Circuit 140km
1.JANG SUN JAE(KCSC、韓国) 3h18m44s
・・・22.菊池誠晃 +3s、28.岡崎和也 +3s、51.福島康司 +3s、73.福島晋一 +35s、78.ワン・インチー +45s

◇個人総合
1.鈴木真理(スキルシマノ)
・・・5.岡崎和也 +19s

序盤4人が逃げて、最後まで逃げ切った形。そこには梅丹本舗・GDRのメンバーを送り込めず。
リーダージャージの鈴木真理擁するスキル・シマノがコントロールして追いかけ、梅丹本舗・GDRも協力し集団をペースアップするも、逃げた選手のうち3人は捕まえきれず。Sun Jae Jangが優勝した。集団は3秒遅れでゴールし、総合上位に変動はなく、岡崎が5位をキープしている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■6月27日 韓国第3ステージ(第4ステージ) Yeosoo - Gangjin 126.8km
1.MATZKA Ralf (Team ISTA、ドイツ) 2h41m29s
・・・56.菊池誠晃、58.岡崎和也、65.ワン・インチー、71.福島晋一、76.福島康司 +0s

◇個人総合
1.鈴木真理(スキルシマノ) 13h46m40s
・・・5.岡崎和也 +19s


本日、梅丹本舗・GDRは積極的に動きを見せた。逃げを得意とする福島康司が、単独ながらも2度の逃げに成功。2度目の残り10kmで仕掛けた逃げは、残り3kmまで続くも集団に捕まってしまった。最後はゴールスプリントで、MATZKA Ralfが優勝した。若手の菊地も調子が良くなっているようで、今後に期待できそうだ。
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP