HOME  > レース情報  > 2008  > ツール・ド・コリア‐ジャパン  > Tour de Korea-Japan 第5ステージ レースレポート

レース情報

Tour de Korea-Japan 第5ステージ レースレポート

福島康司、3日連続逃げでステージ4位
/// 狙うはステージ優勝&岡崎の総合アップ ////

■6月28日 韓国第5ステージ(第6ステージ) Geochang-Gumi 146.7㎞
1.McCann David (Giant Asia Racing Team、アイルランド) 3h21m22s
・・・4.福島康司 57s
25.菊池誠晃、49.岡崎和也、65.福島晋一 1m48s

◇個人総合
1.SERGEY LAGUTIN (Uzbekistan Cycling Team、ウズベキスタン) 22h57m20s
・・・5.岡崎和也 +38s


小雨がぱらつく中、第5ステージも福島康司が逃げを見せた。
序盤に決まった6人の逃げに入り込み、総合争いに関係のない選手たちだったため、集団はそのまま逃がせる形となった。ラスト20キロでMcCann Davidがアタックし、彼は独走でゴールした。福島康司は、57秒遅れの4位。

集団は後半アタックがかかるも、リーダージャージを着るウズベキスタン・サイクリングチームがコントロール。1分48秒遅れでゴールし、総合上位に変動はなし。

3日連続逃げている福島康司は、「アジアのレースでは、逃げていかないと調子も上がらない。みんな積極的に動いているし、岡崎さんも総合5位で優勝を狙える位置。明後日はお休みなので明日もがんばります」と意欲的だ。明日は後半にのぼりが続く146,7キロのコース。総合アップのためのいい動きを見せてもらいたい。
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP