HOME  > レース情報  > 2008  > ツール・ド・コリア‐ジャパン  > Tour de Korea-Japan 第6ステージ レースレポート

レース情報

Tour de Korea-Japan 第6ステージ レースレポート

福島晋一が逃げてウズベキスタンに圧力
/// 総合トップのウズベキスタン崩壊寸前 ////

■6月30日 韓国第6ステージ(第7ステージ) Gumi - Danyang 174.7km
1.SEO JOON YONG (Geumsan County、韓国) 3h55m31s
・・・24.岡崎和也 +0
57.福島晋一、61.菊池誠晃、63.福島康司 +0

◇個人総合
1.SERGEY LAGUTIN (Uzbekistan Cycling Team、ウズベキスタン)  26h52m51s
・・・5.岡崎和也 +38s

この日は、中盤の7人の逃げに福島晋一が入った。逃げのメンバーは総合に関係ない選手が多かったが、総合1分59秒遅れの土井が入っていたので、ウズベキスタンに追われてしまった。集団をコントロールしたウズベキスタン・サイクリングチームは崩壊寸前になり、最後はリーダー自らがペースアップし、残り30 キロほどで先頭グループは追いつかれ、集団に。

そのあとは、集団ゴールスプリントとなり、残念ながら今回スプリンター選手がいない梅丹本舗・GDRにとっては、ほぼ勝ち目はないステージとなった。
勝ったのは、SEO JOON YONG (Geumsan County、韓国)。韓国人はスプリンターの選手が多い。
明日は休息日。ここ数日逃げていた福島康司もパワーを取り戻すはず。
総合5位をキープする岡崎の調子も良く、休息日後の韓国第7ステージがこのレースのカギとなるだろう。
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP