HOME  > レース情報  > 2008  > ツール・ド・コリア‐ジャパン  > Tour de Korea-Japan 第9ステージ レースレポート

レース情報

Tour de Korea-Japan 第9ステージ レースレポート

粘りの攻撃、福島晋一最後のアタック
/// 諦めない、攻めの走りで最後まで ////

■7月4日 韓国第9ステージ(第10ステージ) Olympic Park Criterium Style 21㎞
1.Hoffman Nolan (Team Neotel、ロシア)25m53s
・・・28.岡崎和也 +0
37.福島康司 +0、71.福島晋一 +1m17s、81.菊池誠晃 +5m37s

◇個人総合
1.SERGEY LAGUTIN (Uzbekistan Cycling Team、ウズベキスタン)  35h53m28s
・・・7.岡崎和也 +1m44s
35.福島晋一 +19m11s、47.福島康司 +29m、63.菊池誠晃 +52m27s

最終日は、3㎞の周回コースを7周するかなり短い21㎞のレース。ほとんど展開なくレースは進む。途中落車もあったが、幸い梅丹本舗・GDRの選手たちは巻き込まれず。この日の作戦は、新人の菊池でゴールスプリント勝負をすることだった。しかし、残り2周で菊池は不運にもパンクに見舞われ、スプリントできず。そこで、福島晋一がラスト1周直前でアタックを試み、残り1周の半分くらいで捕まった。最後はゴールスプリントとなり、Hoffman Nolan (Team Neotel、ロシア)が優勝。岡崎は、総合7位でこのレースを終えた。

このあと、韓国から日本に一旦帰国し、福島康司と菊池は7月9日からポルトガルで始まるステージレースに出場するため渡欧する。
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP