HOME  > レース情報  > 2009  > ツアー・オブ・カタール  > ツアー・オブ・カタール 第1ステージ レースレポート

レース情報

ツアー・オブ・カタール 第1ステージ レースレポート


新生エキップアサダ2009、世界のトップが集う『ツアー・オブ・カタール』でいよいよ始動!

『ツアー・オブ・カタール』
2月1日 第1ステージ (全6ステージ)
ドーハ・コルニッシュ
チームタイムトライアル 6km

【第1ステージ結果】
1位 ガーミン・スリップストリーム(6分34秒)
2位 クイックステップ(+1秒)
3位 チーム・カチューシャ(+2秒)
4位 ラボバンク(+4秒)
5位 リクイガス(+4秒)
・・・
17位 EQA・梅丹本舗・GDR(+29秒)
※カッコ内は優勝タイム、及びトップとのタイム差

【個人総合成績】
1位 ラッドリー・ウィギンス(ガーミン・スリップストリーム 6分34秒)
2位 ハンス・デッケルス(ガーミン・スリップストリーム +0秒)
3位 キリアン・パトゥール(ガーミン・スリップストリーム +0秒)
4位 マイケル・フリードマン(ガーミン・スリップストリーム +0秒)
5位 フーブ デュエイン(ガーミン・スリップストリーム +0秒)
・・・
105位 ソウ・ジュニヨン(+29秒)
106位 岡崎和也(+29秒)
107位 パク・ソンベク(+29秒)
108位 ミカエル・ダミアン(+29秒)
109位 中島康晴(+29秒)
110位 ギヨーム・ポン(+29秒)
111位 清水都貴(+29秒)
112位 菊池誠晃(+29秒)
※カッコ内はチーム名、優勝タイム、及びトップとのタイム差

【レース速報】
『ツアー・オブ・カタール』の第1ステージ(チームタイムトライアル 6キロ)がカタールの首都ドーハで行われ、ガーミン・スリップストリームが6分34秒のタイムで優勝した。
個人タイムトライアル日本チャンピオンの岡崎和也を擁するEQA・梅丹本舗・グラファイトデザインは、29秒遅れの、7分3秒でゴールした。
2009シーズン初戦で苦い立ち上がりとなったが、チームメンバーの士気は高く、明日からのステージレースで挽回を狙う。
なお、過去2度の総合優勝に輝き優勝候補と目されるトム・ボーネンを率いるクイックステップは、1秒遅れの2位となった。

【レース詳細レポート / 現地レポート:岩佐千穂】
2月1日『ツアー・オブ・カタール』が開催された。
『ツール・ド・フランス』主催者のA.S.O.が統括するレースで、参戦者リストにはトム・ボーネン(クイックステップ)、マーク・カヴェンディッシュ(チームコロンビア・ハイロード)など、『ツール・ド・フランス』で活躍するビッグネームが並んだ。
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインにとっては初参加のレースで、これだけのスター選手たちと走る機会はあまりないため、初戦から気合が入る。
第1ステージのチームタイムトライアルは、ペルシャ湾沿いの幹線道路を往復する6キロコースで行われた。



EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインは、出走順で1番手の15時(現地時刻)にスタート。
レースのカギとなる風(風向き、風速)はさほど気にならなかったが、レース中の細かいミスが重なり、トップから29秒遅れの7分3秒でのゴールとなった。



各選手、チームタイムトライアルのライン走行に課題を残す結果となったが、今回の『ツアー・オブ・カタール』でのチームの目標は個人総合優勝ではなく、ステージ優勝のため、気持ちを入れ替えて明日以降のレースに挑む。
チームメンバーのコンディションは上々で、アジア最強スプリンターのパク・ソンベクや、調子が上向きの清水都貴などに期待したい。

【水谷監督のコメント】
チームにとっては今シーズン初レース、しかもチームタイムトライアルだった割には、うまく走れたと思う。
レース後に選手から話を聞いたところ、レース中には小さな失敗があったようだが、改善できる部分が多いので、今後のレースに向けて準備し、勝利を狙いたい。

■参加チーム:17チーム
QUICK STEP
TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD
SILENCE - LOTTO
RABOBANK
GARMIN - SLIPSTREAM
TEAM KATUSHA
LIQUIGAS
AG2R-LA MONDIALE
TEAM MILRAM
LAMPRE - N.G.C
BMC RACING TEAM
CERVELO TEST TEAM
SKIL-SHIMANO
DOHA TEAM
TOPSPORT VLAANDEREN-MERCATOR
DRAPAC PORSCHE CYCLING
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン

■出走メンバー
監督:水谷壮宏
161.清水都貴
162.ミカエル・ダミアン
163.菊池誠晃
164.中島康晴
165.岡崎和也
166.パク・ソンベク
167.ギヨーム・ポン
168.ソウ・ジュニヨン
※番号はゼッケンナンバー

レース現地の写真は「フォト」コーナーでもご覧いただけます!
フォトコーナーはコチラ

Photo:Cyclisme Japon/Chiho
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP