HOME  > レース情報  > 2009  > ツアー・オブ・カタール  > ツアー・オブ・カタール 第4ステージ レースレポート

レース情報

ツアー・オブ・カタール 第4ステージ レースレポート

逆境がさらにチームワークを深め、明日こそ逃げを狙う!

『ツアー・オブ・カタール』
2月4日 第4ステージ(全6ステージ)
ドーハ・オールド・スーク~マディナ・アル・シャマル 141km

【第4ステージ結果】
1位 マーク・カヴェンディッシュ (チーム コロンビア・ハイロード 4時間04分55秒)
2位 ハインリッヒ・ハウッスラー (サーヴェロ・テストチーム +0秒)
3位 トム・ボーネン (クイックステップ +0秒)
4位 フィリッポ・ポッツァート (チーム カチューシャ+0秒)
5位 ロバート・フォルスター (チーム ミルラム +0秒)
・・・
68位 清水都貴 (+2分17秒)
69位 ギヨーム・ポン (+2分17秒)
82位ミカエル・ダミアン (+8分06秒)
88位 中島康晴 (+8分06秒)
89位 岡崎和也 (+8分06秒)
91位 菊池誠晃 (+8分06秒)
97位 ソウ・ジュニヨン (+8分06秒)
--位 パク・ソンベク (途中棄権)

【総合成績】
1位 トム・ボーネン (クイックステップ 10時間19分07秒)
2位 ロジャー・ハモンド (サーヴェロ・テストチーム +10秒)
3位 ハインリッヒ・ハウッスラー (サーヴェロ・テストチーム +12秒)
4位 ダニエル・ロイド (サーヴェロ・テストチーム+25秒)
5位 アンドレアス・クリアー(サーヴェロ・テストチーム +27秒)
・・・
79位 ミカエル・ダミアン (+23分04秒)
104位 ソウ・ジュニヨン (+31分50秒)
107位 ギヨーム・ポン (+35分11秒)
108位 清水都貴 (+35分11秒)
113位 岡崎和也 (+36分22秒)
128位 菊池誠晃 (+41分0秒)
129位 中島康晴 (+41分0秒)
---位 パク・ソンベク (棄権)


<プリュドム氏とチームメンバー>

【レース速報】
この日も強風の中で行われた第4ステージは、向かい風の中、数々のアタックが繰り広げらた。
37キロ地点で7人の逃げグループが形成されたが、終盤で有力チームがスプリント勝負の展開に持ち込み、マーク・カヴェンディッシュ(チームコロンビア・ハイロード)がこのレースで初勝利を挙げた。



【レース詳細レポート / 現地レポート:岩佐千穂】
第4ステージのスタート地点は、ドーハ・オールド・スーク。
スークとは“市場”と言う意味で、町並みには石造りの建物が並ぶ。
カラフルな服や水タバコを出すカフェなどで賑わうアラブらしい場所だ。
この日も強風は治まらず。
現地の人によると、これだけの強風が続く日は珍しいそうだ。
レースは、前半が向かい風が続きアタックが決まりやすいため、どうにかして逃げたい選手たちが脚(力)を使ってでも集団から飛び出す展開。
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインのメンバーも果敢にアタックしたが実らず、逆にチームのメンバーを含まない7人の逃げグループが形成されてしまった。
激しい向かい風の中、大集団は平均時速34km/h程度のスローペースで進み、逃げグループと大集団との差は最大5分50秒に広がった。


<集団内で力走するパク・ソンベク。しかしこの後アクシデントが・・・>

113キロ地点の中間スプリント地点手前で、集団に大きな動きが。
前日のスタート地点であり、前日とコースをたどり始めた。
この先、強烈な横風を受けると分かっているため、集団内では激しい位置取り争いが起こり、ついに大人数の落車が発生。
この落車にパク・ソンベクが巻き込まれてしまい、頭から道路に叩き付けられ激しく転倒した。
ヘルメットが衝撃を吸収しつつ大破してくれたため頭部は無事だったが、擦過傷による流血がひどく止む無くレースをリタイヤし病院に運ばれることとなったが、膝と指などを負傷しただけで、大事には至らなかった。
次戦『ツール・ド・ランカウイ』には無事出場できそうだ。

その後レースは思惑通り、横風区間で集団が分裂したが、位置取りに成功した清水都貴が第2グループに入った。
後に第2グループから後退してしまうが、後方から追いついたギヨーム・ポンと協力して、トップから2分17秒差でゴールした。
日々チームの団結力がアップし、チームメイト同士の意思疎通もかなり良くなっている。
明日こそは逃げグループに乗るために、チーム一丸となって挑む。

【水谷監督のコメント】
ようやくステージレース4日目にして、チームワークが出て来た様に感じている。
選手一人一人全力を尽くして仕事(役割)をこなしているので、あとはこれが結果につながることを期待している。


■参加チーム:17チーム
QUICK STEP
TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD
SILENCE - LOTTO
RABOBANK
GARMIN - SLIPSTREAM
TEAM KATUSHA
LIQUIGAS
AG2R-LA MONDIALE
TEAM MILRAM
LAMPRE - N.G.C
BMC RACING TEAM
CERVELO TEST TEAM
SKIL-SHIMANO
DOHA TEAM
TOPSPORT VLAANDEREN-MERCATOR
DRAPAC PORSCHE CYCLING
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン

■チームメンバー
監督:水谷壮宏
161.清水都貴
162.ミカエル・ダミアン
163.菊池誠晃
164.中島康晴
165.岡崎和也
166.パク・ソンベク
167.ギヨーム・ポン
168.ソウ・ジュニヨン

レース現地の写真は「フォト」コーナーでもご覧いただけます!
フォトコーナーはコチラ





大会公式ウェブサイト(英語):
http://www.letour.fr/indexTQA_us.html

Photo:Cyclisme Japon/Chiho
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP