HOME  > レース情報  > 2009  > ツアー・オブ・カタール  > ツアー・オブ・カタール 第5ステージ レースレポート

レース情報

ツアー・オブ・カタール 第5ステージ レースレポート


訃報に悲しむプロトン、ドーハで哀悼のパレード

大会名&クラス: Tour of Qatar (UCI 2.1)
2月5日 第5ステージ
キャメルレーストラック~カタール・フォンダシヨン 中止

【レース速報】
2月5日未明、『ツアー・オブ・カタール』に参加していたフレデリック・ノルフ選手(ベルギー、トップスポート・フラーンデレン)が、宿泊先で亡くなっていることが確認された。
このためレースは中止となり、スタート地点からゴールまでの約45キロを選手たちは喪章をつけてパレード走行をした。

【レース詳細レポート / 現地レポート:岩佐千穂】
午前9時過ぎ、個人総合成績トップのトム・ボーネン率いるクイックステップチームの選手たちが、沈んだ面持ちでテーブルを囲んでいた。
彼らの表情を見れば何かが起こったことは明らかだった。
直後に、このレースに参戦中のフレデリック・ノルフ選手(ベルギー、トップスポート・フラーンデレン)が今朝、宿泊先のベット上で亡くなっていたニュースが入った。
2月10日で22歳を迎えるはずだった。
突然の訃報に、選手もレース関係者も深い悲しみに沈んだ。
急きょ監督会議が行われ、この日の第5ステージは喪に服し追悼走行とすることに決定。
選手たちは喪章をつけてスタートからゴールまでの45キロをパレード走行した。
午後6時、ノルフ選手を偲ぶセレモニーがホテルで行われ、選手、関係者全員が参列した。
ノルフ選手が愛用していた自転車とジャージの前には、笑顔の彼の写真が飾られ、各チーム代表選手と監督がジャージと花を捧げ、彼の冥福を祈った。
明日2月6日は通常通りレースが行われ、彼の果たせなかった想いを胸に選手たちは最終日のレースを走る。


<スタート前、喪章を腕に鎮痛な面持ちのミカエル・ダミアン>

■参加チーム:17チーム
QUICK STEP
TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD
SILENCE - LOTTO
RABOBANK
GARMIN - SLIPSTREAM
TEAM KATUSHA
LIQUIGAS
AG2R-LA MONDIALE
TEAM MILRAM
LAMPRE - N.G.C
BMC RACING TEAM
CERVELO TEST TEAM
SKIL-SHIMANO
DOHA TEAM
TOPSPORT VLAANDEREN-MERCATOR
DRAPAC PORSCHE CYCLING
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン

■チームメンバー
監督:水谷壮宏
161.清水都貴
162.ミカエル・ダミアン
163.菊池誠晃
164.中島康晴
165.岡崎和也
166.パク・ソンベク
167.ギヨーム・ポン
168.ソウ・ジュニヨン
※数字なゼッケンナンバー

Photo:Cyclisme Japon/Chiho

--
レース現地の写真は「フォト」コーナーでもご覧いただけます!
フォトコーナーはコチラ

大会公式ウェブサイト(英語):
http://www.letour.fr/indexTQA_us.html
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP