HOME  > レース情報  > 2009  > ツアー・オブ・カタール  > ツアー・オブ・カタール 第6ステージ レースレポート

レース情報

ツアー・オブ・カタール 第6ステージ レースレポート



『ツアー・オブ・カタール』
大会名&クラス: Tour of Qatar (UCI 2.1)
期間:2月1日~6日 (全6ステージ)
開催地:カタール

チームの団結力が深まったカタール。コンディション上昇傾向で次戦ランカウイに挑む

2月6日 第6ステージ
シーライン ビーチ リゾート~ドーハ・コルニッシュ 121km

【第6ステージ結果】
1位 マーク・カヴェンディッシュ(チームコロンビア・ハイロード 2時間36分18秒)
2位 ロベルト・フォレスター (チーム ミルラム +00秒)
3位 ハインリッヒ・ハウッスラー (サーヴェロ・テストチーム +00秒)
4位 ハンス・デッケルス (ガーミン・スリップストリーム +00秒)
5位 フランチェスコ・キッキ (リクイガス +00秒)
・・・
17位 清水都貴 (+00秒)
24位 中島康晴 (+00秒)
30位 ソウ・ジュニヨン (+00秒)
58位 ミカエル・ダミアン (+00秒)
67位 ギヨーム・ポン (+00秒)
99位 岡崎和也 (+1m07秒)
--位 菊池誠晃(途中棄権)

【個人総合成績】
1位 トム・ボーネン (クイックステップ 12時間55分25秒)
2位 ハインリッヒ・ハウッスラー (サーヴェロ・テストチーム +8秒)
3位 ロジャー・ハモンド (サーヴェロ・テストチーム +10秒)
4位 ダニエル・ロイド (サーヴェロ・テストチーム +25秒)
5位 アンドレアス・クリアー (サーヴェロ・テストチーム:+27秒)
・・・
70位 ミカエル・ダミアン (+23分04秒)
94位 ソウ・ジュニヨン (+31分50秒)
97位 ギヨーム・ポン (+35分11秒)
108位 清水都貴 (+35分11秒)
104位 岡崎和也 (+37分29秒)
111位 中島康晴 (41分00秒)
--位 菊池誠晃(リタイヤ)
--位 パク・ソンベク(リタイヤ)



【レース速報】
最終日の第6ステージは、前日までの突風が嘘のように止み、熱い日差しの中で行われた。
レースは集団ゴールスプリントでマーク・カヴェンディッシュ(チームコロンビア・ハイロード)が今大会2勝目を挙げた。
トム・ボーネン(クイックステップ)がリーダージャージを守りきり、通算3度目となる個人総合優勝に輝いた。
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインの清水都貴は、ゴールスプリントでトム・ボーネン、カヴェンディッシュら強豪スプリンター達との真っ向勝負に挑んだが、“トレインアシスト”(アシスト選手が隊列を組んで他チームの有力選手の位置取りを不利にする)に阻まれ、17位の結果となった。

【レース詳細レポート / 現地レポート:岩佐千穂】
『ツアー・オブ・カタール』最終日の第6ステージは、カタールの南部シーライン ビーチリゾートをスタートし、初日のチームタイムトライアルが行われたドーハ・コルニッシュに戻る、121kmのコース。
ドーハの海沿い9キロの周回コースを7周してのゴールとなる。
前日までの強風が一転して、穏やかな風の中行われた。
カタール南部は砂漠地帯の中でも砂が細かく、砂浜のような風景が広がる。
序盤に6人がアタックし、これを追ってEQA・梅丹本舗・グラファイトデザインの菊池誠晃がBMCチームの選手と協力して集団を飛び出した。
残されたメイン集団のペースはスローダウンした。
必死に先頭6人を追う菊池は、このままいけば確実に先頭に合流できると思われたが、途中で不運のパンク。
その情報が入った後続メイン集団の他チームの選手からも
「あ~ぁ」
と感嘆の声が出たほどだった。
(菊池の追走は、他チームにとっても期待されていた)
ドーハ・コルニッシュの周回コースに入ると、EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインが隊列を組んで集団のペースアップ。
これにより、先行していた6選手はゴール手前15kmでメイン集団に吸収された。
最終局面、集団ゴールスプリントになると見込んで、スプリント力のあるソウ・ジュニヨンをエースにしてチーム一丸となって挑む作戦にでたが、ゴールスプリントを有利に持ち込めなかったソウを清水都貴がフォローする形となり、トップと同タイムの17位で終えた。
周回コースでチームメイトを集団の前方に導くため走りをした菊池は、残念ながらリタイアとなってしまったが、前半の逃げのファイトは評価される走りだった。

【水谷監督のコメント】
今日は積極的にレース後半を集団コントロールして、周回コースでチームをアピールすることができた。
後半、ソウ・ジュニヨンをスプリントに導く作戦で行った。
結果は残せなかったけれど、次のレースにつながる走りができた。



■参加チーム:17チーム
QUICK STEP
TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD
SILENCE - LOTTO
RABOBANK
GARMIN - SLIPSTREAM
TEAM KATUSHA
LIQUIGAS
AG2R-LA MONDIALE
TEAM MILRAM
LAMPRE - N.G.C
BMC RACING TEAM
CERVELO TEST TEAM
SKIL-SHIMANO
DOHA TEAM
TOPSPORT VLAANDEREN-MERCATOR
DRAPAC PORSCHE CYCLING
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン


■チームメンバー
監督:水谷壮宏
161.清水都貴
162.ミカエル・ダミアン
163.菊池誠晃
164.中島康晴
165.岡崎和也
166.パク・ソンベク
167.ギヨーム・ポン
168.ソウ・ジュニヨン
※番号はゼッケンナンバー

レース現地の写真は「フォト」コーナーでもご覧いただけます!
フォトコーナーはコチラ


大会公式ウェブサイト(英語):
http://www.letour.fr/indexTQA_us.html


Photo:Cyclisme Japon/Chiho
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP