HOME  > レース情報  > 2009  > グランプリ・ドゥラ・ヴィル・ド・ノジョン・シュール・オワズ  > グランプリ・ドゥラ・ヴィル・ド・ノジョン・シュール・オワズ 開幕直前レポート

レース情報

グランプリ・ドゥラ・ヴィル・ド・ノジョン・シュール・オワズ 開幕直前レポート

チームにとって数年ぶりの参加となる4月5日に開催される「グランプリ・ドゥラ・ヴィル・ド・ノジョン・シュール・オワズ」。どのようなレースなのか、チェックしてみよう。

1)「グランプリ・ドゥラ・ヴィル・ド・ノジョン・シュール・オワズ」とはどんなレースなの?
今回で65回目を迎える歴史あるワンデーレースで、以前はローカルのナショナルレースだったが、2005年から国際レースとなり、UCI(国際自転車連盟)2クラスのカテゴリーになっている。周回コースを回る178.8kmで行われ、22チームが参戦する。以前、福島晋一がこのレースで3位に入ったこともあるレース。毎年このレースに招待されていたが、チームは同時期に開催されるUCI1クラスの『グランプリ・ド・レンヌ』に出場していたので、ここ数年出場できなかった。今年は、『グランプリ・ド・レンヌ』が諸事情でレースが開催されないため、数年ぶりにこのレースへの参戦が実現した。

2)レースが行われる場所はどこ?
ノジョン・シュール・オワズは、パリから北に50kmオワズ県にある人口約2万人の街。レース名になっているノジョン・シュール・オワズは町名。この町の自転車チームCCノジョン・シュール・オワズは、福島晋一が初めてフランスに来て4年半年間所属していた、彼にとっては馴染み深い街だ。

3)このレースにかけるチームの意気込みや参加の意義は?
ノジョンは地元同然の福島晋一にとってレースにかける意気込みも高い。もちろん狙うは勝利だ。今回出場する選手のほとんどがこのレースを走ったことはないが、これまで培ってきたチームワークと徐々に上がっているコンディションをこのあたりで、炸裂させたいところだ。

4)その他、豆知識な情報(特産や名所、面白い事等)
ノジョンの近くには、シャンティイという町があり、ルネサンス時代のお城シャトー・ド・シャンティイが有名。パリから日帰りで行けるため、日本人カップルが挙式を挙げることで有名だ。

レースのHP
http://www.ccnogentsuroise.net

出場メンバー:福島晋一、岡崎和也、清水都貴、増田成幸、中島康晴、パク・ソンベク、ソウ・ジュニヨン、グレゴール・ガズヴォダ、ミカエル・ダミアン、ギヨーム・ポン
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP