HOME  > レース情報  > 2009  > ジャパンカップ  > 『ジャパンカップ』レースレポート

レース情報

『ジャパンカップ』レースレポート

『ジャパンカップ』レースレポート
完敗。しかし世界との距離は年々縮まっている。

【レース基本情報】
『ジャパンカップ』
大会名&クラス:ジャパンカップ (UCI HC)
期間:10月25日
開催地:宇都宮(日本)

【レースレポート】
例年、プロツアーチームは11周中の残り2,3周までは力を温存し、最後一気に勝負を掛けるのがジャパンカップの傾向。EQA・梅丹本舗・グラファイトデザインは序盤に菊池誠晃を逃げに送り込み、勝負所に向けての大集団追走時に自チームが働かなくても良くする作戦を取った。作戦は功を奏しチームは力を温存したまま終盤の勝負所に突入、宮澤崇史を残り25キロ地点で先頭集団に送り込むことに成功。しかしプロツアーチーム陣の揺さぶりにより結局先頭集団はファンホセ・コーボ(スペイン、フジ・セルヴェット)、イヴァン・サンタロミータ(イタリア、リクイガス)、ホアキン・ロドリゲス、ダニエル・モレーノ、パブロ・ラストラス(3人ともスペイン、ケースデパーニュ)、クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、サクソバンク)の7名に。最後はケスデパルニュ陣を出し抜いたセレンセンが大金星を挙げるサプライズで幕を閉じた。

【浅田監督コメント】
今回は展開の予測はしっかり出来ていたものの終盤のペースアップにより作られた唯一の勝負どころでスピードに付いてゆけず完敗であった。昨年のような勝者との圧倒的な力の差は感じなかったが、結果的にチームのコンディションも勝負できるレベルに達していなかった。なによりもファンの皆様の期待に副えず大変に残念に思います。

【宮澤崇史のコメント】
あくまでも優勝をするための動きをした。無難な結果は初めから求めていません。結果が残らなければ全く意味はないが、プロツアー相手でも勝てるとの感触は掴めている。近いうちに日本の選手も勝てる日が来るだろう。

【清水都貴のコメント】
完敗です。今回も勝利宣言を行っていたのにファンのみんなには申し訳ないです。しかし、自分が優勝宣言するレースにおいては本気で勝つつもりでレースに臨んでいます。今後も言い続けますよ。

【福島晋一のコメント】
(自分が)最初に逃げを打ったんですが目立っていなかったのが残念(笑)。それは冗談として、結果には出ていないけど以前ほど日本人選手が門前払いとなっている感覚はなかったかな。

【菊池誠晃のコメント】
後半に必ず起こるプロツアーチーム主導の追走に、ウチの選手が参加する義務を免除するため、自分が序盤からの“逃げ”に乗ることはチームオーダーでした。あくまでも勝ちを意識した作戦。形は作れたが、まだ世界トップとの力の差はありますね。

【中島康晴のコメント】
今日は残り25キロ時点でアタックを試みましたが、玉砕でした。通年プロツアーチームとは海外で戦っていますが、シーズンオフ直前なのにしっかりとコンディションを合わせてくる彼らはすごい。来年以降、日本のホームを味方につけて日本人優勝者を輩出したいですね。

【(応援に来ていた)増田成幸のコメント】
自分が出るべきレースを傍らで見ているのは複雑な心境でしたね。チームがやろうとしていた事がひとまず形になっていたのがわかったので、後は総合的な戦力アップを図ればいつかは勝つことは可能だとは思います。(落車による骨折)順調に回復していますよ。

【レース結果】
1位 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、サクソバンク) 4h06'19"
2位 ダニエル・モレーノ(スペイン、ケスデパルニュ)      +24"
3位 イヴァン・サンタロミータ(イタリア、リクイガス)   同上
4位 ファンホセ・コーボ(スペイン、フジ・セルヴェット)  同上
5位 パブロ・ラストラス(スペイン、ケスデパルニュ)      +40"
6位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、ケスデパルニュ)     +59"
7位 ヴァレリオ・アニョリ(イタリア、リクイガス)       +1'25"
8位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、ISD)
9位 鈴木真理(日本、シマノレーシング)            +2'08"
10位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、サクソバンク)

13位 宮澤崇史(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+2'21"
15位 清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)同上
31位 福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+3'01"
29位 中島康晴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+4'34"
45位 菊池誠晃(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+12'12"

一流のプロによる素敵な!写真はシクロワイアードでチェック!
http://www.cyclowired.jp/?q=node/20569

参加チーム:
EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン
Bboxブイグテレコム
ケスデパルニュ
リクイガス
サクソバンク
フジ・セルヴェット
ISD
シマノレーシング
愛三工業レーシングチーム
BLITZEN宇都宮プロレーシングチーム
マトリックス・パワータグ
チームブリヂストン・アンカー
ジャパンナショナルチーム

ジャパンカップ公式ページ:
http://www.japancup.gr.jp/

【スナップ写真集】

↑レース前夜の食事風景。



間違い探し!?もちろん眼鏡はナカジ地元の福井県産。




プレゼンテーションの待機中。自転車を評論しあう選手たち。


↑宮澤崇史とISD選手が歓談中。ヴィスコンティが宮澤の流暢なイタリア語に耳を傾ける


↑清水勝利宣言!


↑前夜の作戦会議。監督&選手が納得するまでレース本番の動きを組み立てる。


↑ベテランの西メカが、新人の高橋メカに技術を伝授


右京さんも宣伝抜きでメイタンCCを愛用しています


↑異様な緊迫感に包まれるレース直前のピット


↑故障中の増田も応援に駆けつけた


↑勝負の目。


↑浅田監督、清水に無線のイヤホンをテープで張り付ける


新城幸也(Bboxブイグテレコム)。今日は敵です。


Bboxブイグテレコムのロドリゲス監督。ベルナール・イノー&ローラン・フィニョンの元アシストとしてツールの総合優勝を二度経験。



幸也!ヘルメットが違うぞーっ!康司さん教えてあげて!

*****


レース直後の清水。すべてを出し切った表情。


レースの敗因を真剣に分析する清水と福島



ファンの皆様へ結果報告



恒例のジャパンカップアフターパーティー。Bboxブイグテレコムも全員参加。


アフターパーティー記念撮影。撮影してるのは誰だ!?
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP