HOME  > レース情報  > 2010  > EQADS(エカーズ)レポート5月  > 【EQADSレポート】小森亮平選手による『シルキュイ・デ・ヴィニュ・マリニ・ブリゼ(5/22)』レースレポート

レース情報

【EQADSレポート】小森亮平選手による『シルキュイ・デ・ヴィニュ・マリニ・ブリゼ(5/22)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)選手本人レポート】
小森亮平選手による『シルキュイ・デ・ヴィニュ・マリニ・ブリゼ(5/22)』レースレポート



**********************
レース名:6ème Circuit des Vignes Marigny Brizay
カテゴリー:FFC 1.2.3
期間:5月22日
開催場所:Marigny Brizay
リザルト:第2グループゴール
**********************

使用機材
バイク:Colnago EPS with Campagnolo Record
シューズ:Specialized S-works white/black 41.5
サングラス:Oakley Rader(white&red) VR20 Black(度付き)
ペダル:Look Keo2Max Carbon


内容
半袖でも汗ばむほどの陽気になった。

スタート前から、早くレースが始まらないかと、わくわくしていた。
今日は行ける気がする、と根拠はないけど思っていた。

風力発電の風車が元気よく回っていて、風は強いみたいだけど、まったく不安はなかった。

スタートして、すぐにチームメイトのJeremyを含む4名の逃げが決まって、1分半差まで開いた。
30km地点を過ぎ、自らアタックして、集団から抜け出すと、追走が追いついてきて、約20名近い追走グループが出来て、その中にチームメイトが4人入っている。チームとしては悪くない展開だ。しかし、先頭とのタイム差を20秒近くまで縮めたが、後ろから集団が追いついてきて、再び一つに。

吸収直後に短い上りに入ったが、ひらけたところにある上りで横風がきつい。1列棒状のまま上っていく。
集団に吸収されたときに、集団内まで入らず、後ろから来た選手の波に合わせて踏んで、先頭5番手で上っていたが、ここで、先頭の3人がペースアップ。

4番手が中切れ(というかアタックしたチームメイトを逃がす動き)したのに、すぐ気がついて、前に追いついて、後ろを振り返ると誰も追ってこない。

直前に脚のあるメンバーが逃げて、それが吸収されたばかりだったので、みなためらったようだ。
しかし、人数が4人だと、なかなかペースがあがらないので、後ろから来た追走集団と合流しながら、再び20名前後の追走集団が出来た。

先ほどの追走グループに、乗っていたチームメイトはだれも反応出来ず、この大所帯の中にチームからは、自分ひとりしか入れなかった。

そして、先頭にもすぐ追いつき、25名ほどの先頭グループを形成して、集団とのタイム差は1分以上まで開いた。

風が強く、横風区間では、なるべく先頭付近にいて横風の影響を受けないように走った。
積極的に先頭集団をひいているのにもかかわらず、まったく疲れを感じないので、今日は本当に勝つぞ、と思いながら走った。

調子のよさそうな選手も何人かいるが、フラマン語を話すチームの選手が3人を逃げに載せていたので、このチームをマークしつつ、最後の10kmの周回コースにとつにゅうした。

この周回コースは、平坦がほとんどなく、本当に厳しいコースで、広島空港の周回コースを何倍か厳しくしたようなコース設定だ。

その多すぎる先頭集団では、当然アタック合戦になったのだが、ここで調子がいいと感じるあまり脚を使いすぎてしまった。
良いタイミングで数名が飛び出した時には、ちょうど脚を使っていて、反応することが出来なかった。

そのあとすぐに現れるインナーローでもがくような1km近い劇坂で、すぐ追走に出ようかと思ったが、
後ろから、数名で追いついてきたチームメイトが、追いついてきた勢いのまま、前へ行ってしまったので、しばらく様子見をすることに。

すると、そのまま前は逃げ切ってしまって、後ろは10名ほどに。
アタックが断続的にかかるが、そのすべてに対応出来るほど脚はある。だけど、単独で飛び出して先頭グループに合流出来るほどの力は無く、まさかチームメイトが入っている先頭集団まで、皆をひきつれて追って、また一つにまとめて、振り出しに戻すわけにもいかず、そのまま後ろのグループでスプリントに。

最後は5%ほどの斜度が400m続くゴール設定になっていたが、2週間前のレースでスプリントしたときの反省を生かしてスプリントすると、意外なほどしっかり加速できた。


今回の敗因は、調子がよかったので、無駄に脚を使ってしまったことと、最後に少し慎重になりすぎたことだ。
だが、調子は本当によく、メンタルも整ってきたので、来週の大きなレース“Paris-Roubaix Espoires”に向けて順調にコンディショニング出来ていると思う。


小森亮平

EQADS(エカーズの紹介):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=262
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP