HOME  > レース情報  > 2010  > EQADS(エカーズ)レポート6月  > 【EQADSレポート】小森亮平選手による『ブルヌゾー・レ・ゼサール(6/12)』レースレポート

レース情報

【EQADSレポート】小森亮平選手による『ブルヌゾー・レ・ゼサール(6/12)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)選手本人レポート】
小森亮平選手による『ブルヌゾー・レ・ゼサール(6/12)』レースレポート



**********************
レース名:Bournezeau-LesEssarts
カテゴリー:1-2-3
期間:6月12日
開催場所:Bournezeauスタート、Les Essartsゴール
リザルト:追走グループゴール
**********************

使用機材
バイク:Colnago EPS
シューズ:Specialized S-works white/black 41.5
サングラス:Oakley FlackJacket 調光レンズ(度付き)
ペダル:Look Keo2Max Carbon

内容
晴れたり雨が降ったりの天気だったので、サングラスは迷わずフラックジャケット&度付き調光レンズをチョイスした。
Blogでも紹介したが、変わりやすい天気の時は、これがベストの選択だと思う。

さて、これはローカルな雰囲気のレースで、強い選手は数名いる程度。
120kmラインで走って、最後はLesEssartsの4kmの周回コースを3周する。

常にアップダウンが続くこの地域特有のレースといった感じか。

今日はスタートから全力で走った。
力の出し惜しみなし。低いカテゴリーのレースなので、全員力ずくでちぎって勝たなくてはならない。
と思って、はじめからガンガン行っていて、40kmくらい走ったところで、アタック→単独で逃げる→集団に追いつかれる→でもそのまま先頭で踏んでペースアップ→20名くらいに絞り込む→1kmくらいの上りでまたペースアップ→人数を減らした。
ここまではよかったのだが、上りきるところでカウンターアタックをされて、ちぎられてしまった。

後ろから追いついてきた3名とともに回るが、前に追いつけず、そのままゴールした。
前に追いつけないと分かってからは、トレーニングと割り切って走った。


今回は、調子はよかったのだが、逆に脚がある分、無駄に動いてしまった。
力を使う走りをしたが、「勝つ走り」が出来なかったので反省だらけのレースとなった。
出し惜しみをしなかったのは良かったが、出すところを完全に間違えた。今年のレースで一番悪い内容のレースだったと思う。

小森亮平

レースリザルト:
http://www.rayonsduvaldille.fr/index.htm

EQADS(エカーズの紹介):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=262
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP