HOME  > レース情報  > 2010  > EQADS(エカーズ)レポート6月  > 【EQADSレポート】涌本正樹選手による『全日本選手権ロード・エリート(6/27)』レースレポート

レース情報

【EQADSレポート】涌本正樹選手による『全日本選手権ロード・エリート(6/27)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)選手本人レポート】
涌本正樹選手による『全日本選手権自転車競技大会ロードレース(6/27)』レースレポート



**********************
レース名:第13回全日本選手権自転車競技大会ロードレース
カテゴリー:エリート
期間:6月27日
開催場所:広島県 中央森林公園
天気:曇り
リザルト:29位
**********************



今年は、U23カテゴリーの最後の年。
本来、土曜日の全日本アマの出場を予定していたが、手続き上のトラブルにより、急遽、エリートでの参加となった。
カテゴリーは変わってしまったものの、そこにはU23の日本代表選手がそろっている。
目標として、U23枠での3位以内が目標である。

前日までの豪雨は止み、非常に蒸し暑い中の厳しい条件でのレースとなった。
この消耗の激しい長丁場。
序盤、中盤は我慢に徹底することにした。

実際、幾度もペースの上がる集団から千切れたが、そのたびに復帰を繰り返した。
それを繰り返す内に、集団は縮小。
終盤になった時点で、集団のアンダー選手は、先頭の平塚(シマノ)を除き、小森(VandeeU)と竹之内(ユーラシアムセウ)。
目標の3位以内なら、1人倒さなければならない。
しかし、攻めもしない防戦一方の中でも、すでに消耗しきっていた。
ラスト2周からは、同チームの真鍋さん、阿部さんからもサポートを受け、どうにかアンダーの順位を上げようと死力を尽くした。
しかし、ラストのスプリントをする力は無く、先頭から4、56秒遅れの29位。
アンダーでは4位であった。

レースが終わった直後は、ただ自分が情けなくて、ただただ、悔しくて、むなしかった。
一切も攻めることが出来なかった。
真鍋さん、阿部さんの様な、大選手のサポートまで受け、何も、何も出来なかった。
本当に、情けなかった。

最後に、応援してくださった、皆様、
ありがとうございました。
とても大きな力になりました。
こんな、自分でも最後まで走りきれたということが、その事実です。
本当に、ありがとうございます。


涌本正樹


EQADS(エカーズの紹介):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=262
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP