HOME  > レース情報  > 2010  > EQADS(エカーズ)レポート7月  > 【EQADSレポート】小森亮平選手による『トロフェ・デ・シャンピオン(7/17)』レースレポート

レース情報

【EQADSレポート】小森亮平選手による『トロフェ・デ・シャンピオン(7/17)』レースレポート

【EQADS(エカーズ)選手本人レポート】
小森亮平選手による『トロフェ・デ・シャンピオン(7/17)』レースレポート



**********************
レース名:『トロフェ・デ・シャンピオン』
カテゴリー:エリート・ナショナル
期間:7月17日
開催場所:フランス中部
リザルト:リタイア
**********************

使用機材:
バイク:Colnago EPS with Campagnolo Record
シューズ:Specialized S-works white/black 41.5
サングラス:Oakley FLACKJACKET(white&red) TRANSITION(度付き)
ペダル:Look Keo2Max Carbon
ホイール:Campagnolo Shamal ULTRA 2Way fit


内容:
全日本以来、久々のレースだ。
しっかり充電してトレーニング出来ているので不安はない。

このレースは、去年までUCI2クラスのレースだったが、今年からエリートクラスになっている。
しかし、参加チームをみると、
AG2Rコンチネンタル、Auber93コンチネンタル、Bretagne Schuller, Roubaixコンチネンタル、ベルギーの1チームのコンチネンタルチームと、DN1チームが多数参加し、レベルはかなり高い。
参加者は200名。


久々のレースという事もあって、序盤は少し大人しく走っていたが、40kmを過ぎたあたりから、うずうずしてしまい、アタック合戦に加わった。
しばらくすると、集団はバラバラになってしまい、すこしずつ前へ抜け出して、最終的に30名以上の先頭集団ができていた。
運悪く、VendeeUのチームからは一人しか前の集団に選手を送り込めていないので、まだ集団に残っているチームメイトと前を追ったが、結局前へ追いつくことはなかった。
自分は、残り20kmを残してコントロールに脚を使い、集団から遅れて、リタイアした。



久々のレースだったが、調子は思いのほかよく、体はよく動いた。
先頭集団に入れなかったことは残念だが、翌日もレースはあるので、気を取り直して走りたいと思う。
これから調子はどんどん上がっていくと思うので、しっかり走りたい。



EQADS(エカーズの紹介):
http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=262
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP