レース情報

Circuit des Ardennes レースレポート

Circuit des Ardennes 2008

エース不在、新体制で挑んだステージレース
//// 福島康司が第2ステージで逃げてチームアピール ////

4月11日~13日


4月11日 第1ステージ Montherme-Nohan, 162,7km

■第1ステージ成績

1. SARAMOTINS Aleksejs (Lat,Rietumu Bank Riga) 3h54m45s 

・・・79. 福島康司 2m27s
105. 岡崎和也 106.中島康晴 121.菊池誠晃 132.ン・ヨンリ 137.ワン・インチー


■総合成績

1. SARAMOTINS Aleksejs (Lat,Rietumu Bank Riga) 3h54m45s 

・・・79. 福島康司 2m37s
105. 岡崎和也 106.中島康晴 122.菊池誠晃 132.ン・ヨンリ 137.ワン・インチー

■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1ステージは、4つの峠を超える162,7キロ。スタートして9キロ地点でカテゴリー1級の峠を越える。スタート直後にパンクした菊池は集団から後れを取ったままこの上りに入る。何度もアタックがかかり、15人以上の逃げができるものの、逃げ切りそうで逃げ切れず。この日最後の峠で勝負の逃げが決まった。だが、梅丹本舗・GDRの選手たちは、その前に動いていたのでこの逃げに乗れず。この逃げを逃がしてしまった。チームでは福島康司が最高位の2分27 秒遅れの79位。
いい調子で集団を走っていたインチーだったが最後の峠で遅れ、そのあとコースを間違えて迷子になったものの、何とか32分59秒遅れでゴール。最下位ながらも、第2ステージもスタートできる。


4月12日 第2ステージ Fumay-Givet, 161km

■成績

1. Domenik Klemme (ALL/Rietumu Bank-Riga) 3h49m56s 

・・・94. 岡崎和也 2m11s
97. 中島康晴 119. 福島康司 123. 菊池誠晃 
リタイア:ン・ヨンリ、ワン・インチー

■総合成績

1. PEDERSEN Martin (Den,Team GLS Pakkeshop) 7h36m23s
・・・88. 福島康司  8m26s
98.岡崎和也 99. 中島康晴 126. 菊池誠晃 


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2ステージも昨日と同じく、4つの峠を越える。スタートして15 キロ地点で最初の峠になる。最初の上りでアタックがかかり、岡崎などが動く。そのあとも峠ではないが丘程度のアップダウンが続き、そこで福島康司が何度かアタックを試み、4度目くらいのチャレンジで逃げが決まった。47キロ地点でできた3人の逃げに、その後1人が追いつき先頭は4人で進む。最高5分近くまで集団と差を広げるが、13秒遅れで総合10位の選手が逃げに入っていたため、逃げ切る事は出来ず。終盤に集団から数選手がアタックを仕掛け先頭に追いつき、徐々に先頭グループは大きくなった。最後の上りで、福島は遅れてしまい、勝負には絡めず。結果は残せなかったが、観客たちの目に留まる走りを見せ、チームの存在感をアピールした。

■福島康司のコメント:今日は大きなチャンスだったけれど、ものにできなかったのが悔しいし、チームにとってのチャンスを決めれなかったのは申し訳ないと思う。岡崎さんがアタックして逃げているのを見て、少人数の逃げで総合に関係のない逃げに乗って、勝つしかないと思った。上りの頂上で延び延びになって、前にいる事ができた。でも最後の20 キロでヘロヘロになって、自分が一番脚がなかった。


4月13日 第3ステージ Mohon-La Houillere, 81,8 km

■成績

1. LJUNGBLAD Jonas (Swe, P3 Transfer Batavus) 1h56m42s
・・・53. 岡崎和也 10s
98. 中島康晴 104. 菊池誠晃 106. 福島康司 

■総合成績

1. PEDERSEN Martin (Den, Team GLS Pakkeshop) 9h33m15s
・・・95. 福島康司  9m56s
97.岡崎和也 99. 中島康晴 124. 菊池誠晃 


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日は午前と午後で2レース行われるため、午前中の第3ステージは82キロと距離が短い。最初から激しいアタック合戦になるだろうと予測されたが、レースが開始されても集団での大きな動きは見られなかった。ラスト10キロを切って、戦いが始まった。中島が下りで先頭に出て攻撃するが後続に捕まり、ラスト 4キロ手前にある急な上りで総合トップの選手たちも果敢に動く。攻防が続く中、中島や岡崎は集団の前方に出るもラスト500mで再びのぼりとなり、中島は位置が悪く前に出られず、まだ不調気味の岡崎は最後の加速について行けず、10秒遅れでゴールとなった。

■中島康晴のコメント:今日も前で展開するように心がけていた。最後の残り4~5kmから主力選手たちの攻防を間近で見れた。間近で自分も走る事ができて、今まで自分が見たことのない世界だったので、すごく学べた事も反省しなければいけないこともたくさん分かった。それが分かった事が嬉しかった。結果が出なかったのは悔しいけれど、学べた事は多いので次のレースに生かしたい。


4月13日 第4ステージ Villers-Semeuse, 17 km

■成績

1.GAZVODA Gregor (Slo,Perutnina Ptuj) 22m18s
・・・107. 岡崎和也 2m55s
113. 福島康司 116. 菊池誠晃 122. 中島康晴 

■総合成績

1. BAKELANTS Jan (Bel, Beveren 2000-Quick Step) 9h55m56s
・・・95. 福島康司  13m00s
96.岡崎和也 102. 中島康晴 121. 菊池誠晃 


■現地レポート/岩佐千穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後から行われた個人タイムトライアルは、起伏がある、なかなか厳しいコース。タイムトライアル日本チャンピオンの岡崎に期待がかかったが、連日の疲れと先日まで風邪気味だった事もあり、思うような結果は出せず。2分55秒遅れの107位に終わった。岡崎の前に出走した中島は、ラストのカーブで路上に引かれたペイントですべり転倒。大事には至らなかったが、最近落車が多く、ツキに見放されている感じだ。

■水谷壮宏監督の総括:今回のチームは全体的に力が足りなかった。力が足りないチームでも勝っていける展開にもって行く形を取れたのが今回のレースのポイントだった。このようなチーム構成(エースの新城や宮澤がいない)の場合、一人一人に走り方を変えてもらって作戦を絞らないと絶対勝てない。各選手にとっても自分にとっても、いつもとは違ったチームプレーをしなければいけないことを学んだレースだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レースの詳しい展開や選手のコメントなどは、チームオフィシャルサイトwww.cyclisme-japon.net にあるポッドキャストをお聞きください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大会基礎データ

■大会名とクラス
Circuit des Ardennes (UCIヨーロッパツアー 2.2)

■期 間
4月11日~13日

■開催地
フランス アルデンヌ県

■大会ホームページ
http://circuit08.over-blog.com

■参加チーム
24チーム


◇コンチネンタルチーム
A-Style Somn (Chypre)
Groupe Gobert.com (Belgique)
Roubaix Lille Métropole (France)
Rietumu Bank-Riga (Lettonie)
Meitan Hompo-GDR (Japon)
Differdange-Apiflo Vacances (Luxembourg)
Atlas-Romer’s Hausbäckerei (Suisse)

TEAM SPARKASSE (ER)

Perutnina Ptuj (SLO)
Rapha Condor Recycling (GBR)
CCC Polsat Polkowice (POL)
P3 Transfer Batavus (NED)

Team GLS-Pakkeshop(DEN)

◇クラブチーム

CC Nogent-sur-Oise (France)

UV Aube (France)
FC Wallonie-Bruxelles Espoirs (Belgique)
CC Etupes Le Doubs (France)
CC Villeneuve-Saint-Germain-Aisne (France)
VC La Pomme Marseille (France)
AVC Aix-en-Provence (France)
CR 4 Chemins Roanne (France)
Beveren 2000-Quick Step (Belgique)
Super Sport 35 AC Noyal-Châtillon(France)
Cycling Team Davo (Belgique)


■チームの参加メンバー

監督 水谷壮宏
221 岡崎和也
222 ン・ヨンリ
223 福島康司
224 ワン・インチ
225 菊池誠晃
226 中島康晴

Circuit des Ardennes 2008 レース結果

--------------------------------------------------------------------------
4月11日 第1ステージ Montherme-Nohan, 162,7km
--------------------------------------------------------------------------
■第1ステージ成績
1. SARAMOTINS Aleksejs (Lat,Rietumu Bank Riga) 3h54m45s 
・・・79. 福島康司 2m27s
105. 岡崎和也 106.中島康晴 121.菊池誠晃 132.ン・ ヨンリ 137.ワン・インチー

■総合成績
1. SARAMOTINS Aleksejs (Lat,Rietumu Bank Riga) 3h54m45s 
・・・79. 福島康司 2m37s
105. 岡崎和也 106.中島康晴 122.菊池誠晃 132.ン・ ヨンリ 137.ワン・インチー

--------------------------------------------------------------------------
4月12日 第2ステージ Fumay-Givet, 161km
--------------------------------------------------------------------------

■成績
1. Domenik Klemme (ALL/Rietumu Bank-Riga) 3h49m56s 
・・・94. 岡崎 和也 2m11s
97. 中島康晴 119. 福島康司 123. 菊池誠晃 
リタイア:ン・ ヨンリ、ワン・インチー

■総合成績
1. PEDERSEN Martin (Den,Team GLS Pakkeshop) 7h36m23s
・・・88. 福島康司  8m26s
98.岡崎 和也 99. 中島康晴 126. 菊池誠晃 


--------------------------------------------------------------------------
4月13日 第3ステージ Mohon-La Houillere, 81,8 km
--------------------------------------------------------------------------

■成績
1. LJUNGBLAD Jonas (Swe, P3 Transfer Batavus) 1h56m42s
・・・53. 岡崎 和也 10s
98. 中島康晴 104. 菊池誠晃 106. 福島康司 

■総合成績
1. PEDERSEN Martin (Den, Team GLS Pakkeshop) 9h33m15s
・・・95. 福島康司  9m56s
97.岡崎 和也 99. 中島康晴 124. 菊池誠晃 


詳しくは後日のレースレポートにて
初心者から上級者まで楽しめる! 総合サイクリングステーション シクロパビリオン
ご案内 施設 サービス
イベントカレンダー RSS(自転車整備)
シクロパビリオン 最新イベント情報
カテゴリ
掲載中の案内はありません
イベント一覧へ 個人レッスン一覧へ
チームコンテンツ
シクロパビリオンインストラクター
→旧コンテンツはこちら
STAFF LOG IN PAGE TOP