HOME  > スタッフブログ  > ハーモニカで富士山登頂記

スタッフブログ

Auther: 

ハーモニカで富士山登頂記

 
FD富士ヒルクライム(ウィラースクール)
僕が富士山をハーモニカを吹いて上ったわけ。
① 絞れた美しい足の俳優の鶴見辰吾さんや、いつも明るい右京さん、そして現役と変わらない今中大介さん、このライバルのひしめく中こ~ぢは足ではきつくなった分、芸で目立ちたかったから
② たくさんの方に抜かれながら、僕を抜くことに快感を覚えてもらうため。
③ 疲労した皆さんに、勇気を与えるため。
④ 大きく呼吸→丹田に意識が集中(へその5cm下。気が入る場所)+リズムをとる。左右バランス、一定の回転数、一定パワー、一定心拍数、一定の集中力維持

答えはもちろん1番です。5000人方に、僕の素晴らしい音色をお聞かせしました。
 リクエスト曲は、キャンデーキャンディー♪から、巨人の星まで。
 三十路なんか 気にしないわ。 そばかすだって ひやけだって かわいいもん。
 「ゆっくり行こう。皆さん前を見て。ほらこんなに大きな荘厳な富士山に登るんですよ。もっと謙虚な気持ちで、マイペースで行きましょう。ねっ, 思い込んだら、試練の道を♪」
 今回富士チャレの目的はは序盤チェーンを落とした人や終盤足のつった人を励ますサポート役だ。事務仕事で持久戦に臨んでいる今の僕には、それは適役だと安心した。
スタート直後にそのハイペースに僕は、負け犬の遠吠えのごとくさけびまくる僕の目の前に、自分のペースを守って、のんびりと漕ぐ一人の背中が見えた。
あの憧れの誠さんがゆったりと急な勾配で、リズムよく上っている。
僕はさすがプロドラマーだと思った。前日3拍子の歌が自転車漕ぐにはいいと言われた。
なるほど3拍だと、左右の足でリズムをとれる。
その前日、僕は子供への安全で楽しいウイラースクールに、わが人気の仏人選手ギオムとミカと講師として招かいかれて、明るくかっこいいブラッキーさんから、指導テクニックだけではなく、どうやって子供を本気に、楽しく乗せるかという秘訣を習った。

その基本は指導するもの自体が子供の成長を楽しむということだと思う。

そして合間に僕は「3分早くなるヒルクライム講座」を開いた。
トランペットを吹きながら、3本ローラーに乗り、誠さんお勧めの第九を吹いた。
するとウソみたいに気持ちよく足が回る。
皆さんおためしあれ。
僕には富士山が途方もなく長く感じた。
だからゴールに着く皆さんの気持ちがほんとに判って、一人ひとりの方のゴールに感動した。
 数名の方が、走りながら第九を歌ったら、少しはやくなりました。と言ってくれて、そのことを誠さんに言うと、ほんとに喜んでました。

 僕のハーモニカを失礼にとられた方がいらしましたら、申し訳ありませんでした。
 ですがたくさんの方が、自分の思いに反して、僕を抜きざまに{ありがとう。元気が出たよ」っていてくれたことが、駆け出しの僕はうれしかったです。



引退すると現役時代以上に時間がたつのが早い。
半年が過ぎ、さらにあっという間にシクロパビリオンがオープンし3か月がたった。
あせってはいるが、まさしく集団から一人ちぎれて、回収車の前を必死に走っているようだった。
だけどそんな次の日に勝てたりするから、自転車レースは面白い。
この3ヶ月間で増えたもの。
体重は減ってもおなか周りの脂肪。家族の重み。社会の荒波を生きてゆく同僚。そして自転車を通じて知り合った僕のことを支える素晴らしいお客様方。後援会さま。
減ったもの。
ポテトチップス・チップスやけ食い願望。
もしかしたら闘争心もなくなった。だけどツール出場の夢と生きる力は強くなったと思いたい。
 僕は去年シーズン終盤、ぎっくり腰も経験した。
 そして欧州の横風よりもきつく、優しい世間の風も肩こりも今初めて味わっている。

さて、毎日これから先のレクチャー内容を考えては、頭をひねっています。
 そんななか、初めて来週土曜日のイベントが、定員が満たされました。
 僕は今新しいプレッシャーを感じながら、逃げ集団に乗った興奮した気持を感じています。  
 誰もが安全快適に楽しめるイベントを作って、またイベントによんでいただきたいです。
     
【ツールドコリア】
そろそろわが梅丹GDR勝ちそうな予感がします。



【こ~ぢのワンポイントレッスン】 ○ブレーキ
前後のブレーキをまずは左右どっちか完全に体で覚えましょう。
  峠でも、平地でも絶対急制動でも前輪をロックしてはいけません。
  後☞前という瞬間のタイムラグを作りましょう。
 ゆっくり握り込むのは、牛のお乳をしぼる感覚です。
おちちは牛でも何でも構いません。 
またカーブでブレーキ時の手信号も、前輪だけにならないように気をつけましょう。
 下り・でこぼこ道・強風時とっさの時は声のほうがいいですよ。
 【電車ツアーごさんかしていただいたみなさんへ】
 初めてレースを見に行かれた方も多かったと思います。
 急な募集で申し訳ありませんでした。
 だけどパビリオンのお客様が、初経験の観戦している姿をみて、僕はレース好きの新しい層の開拓だと興奮しました。


雨の日比谷でスタート前に、みんなもっと積極的やさしい選手にサインもらいに行きましょう。


観客に見まもられるスタート グレゴール

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclisme-japon.net/old-site/modules/staffblog/tb.php/29

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

コメント


投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-10 1:57  更新日時: 2009-6-10 1:57
 Re: ハーモニカで富士山登頂記
初めまして。
富士ヒルクライムで、お世話になったひとりです。
帰り際、トイレの前でいただいたサイン入りカード、
部屋の壁に貼って毎朝拝んでます!
自転車始めて間もなくて、
今思い返してもあんときの登りも下りも危なっかしく、無謀だったし、顔が赤くなる思いです。
登っている最中は、回収車と時間に追われてしまったけど、
辛さよりも楽しさが上回ってた気がします。
ヒルクライム完走したら、ヒルクライムと自転車が、
もっともっと好きになってしまい、どうしたものか困りもんです。
で、ハーモニカとか、ブレーキのかけ方とか教えてくれたりして、ありがとうございました、とどうしても言いたくなって書き込みに来ました。
マジでいい経験しました!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-10 18:03  更新日時: 2009-6-10 18:03
 Re: ハーモニカで富士山登頂記
富士ヒルクライムでこ~ぢさんのハーモニカで元気をもらいました!!
写真ありがとうございます!
スタートから一人旅だったので、お話できて、気分もあらたに頑張ることが出来ました。
タイムや人と競うことが出来ない私にとって、楽しく自転車に乗ることはとっても大事。
これから、坂道で苦しくなった時、こ~ぢさんのハーモニカを思い出すと思います。
ほんとにありがとうございました!!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-11 9:50  更新日時: 2009-6-11 9:50
 Re: ハーモニカで富士山登頂記
電車ツアーに参加していたわけではなかったのですが、たまたまそこにいまして、ずうずうしくも、こーじさんの、皆さんもどうぞ、とのお声に集合写真に入ってしまいました。前列右側の梅丹の帽子(昨年のジャパンカップで早朝から長い列ができたこーじさんの即席サイン会(笑)でサインしてもらったものです。)
自分はロード未経験ですが、小径折りたたみ、クロスバイク、を乗り継ぎ、今度はロードバイク購入を考えております。ロングライドを目指し、のんびり走りたいです。その暁にはシクロパビリオンにお邪魔したいと思っています。こんな私でも指導してもらえますか?
レース観戦は大好きで、いろんなところに出没しています。
返信
STAFF LOG IN PAGE TOP