HOME  > スタッフブログ  > イベント企画!皆さんのご意見お待ちしおています!

スタッフブログ

Auther:  cyclismejapon

イベント企画!皆さんのご意見お待ちしおています!

わが梅丹本舗GDRはTDコリアで、優勝こそ逃しましたが、全日本へ向けていいきっかけになる果敢な走りをしました。  そして幸也のツール出場決定。  昨年わがチームから、新たな挑戦の舞台へとたった幸也が、つかんだチャンスに、僕はもとチームメイトとして興奮しています。  さて今週末、はじめての満員御礼の中で、無事こ~ぢイベントが無事終了しました。  参加していただいた皆さんと、協力していただいたボランティアスタッフの皆さんに、感謝の気持ちです。    皆さんが自分のレッスンを通じてリラックスフォームを身につけることが、今の僕の生きがいとなっています。    リラックスフォームで、四十型、経験者が語るぎっくり腰の治療と予防、足は細いままおなかすっきりフィットネス、  そして丹田意識で、仕事・家事の疲れ解消!!!  いいことづくめです。    シクロパビリオンで、皆さんの笑顔と会えるのを楽しみにしています。  今後も楽しいイベント企画していきます。  一日何キロふとれるか、大衆グルメツアーもいいかも?  皆さん、どんなイベントが面白そうですか?       

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclisme-japon.net/old-site/modules/staffblog/tb.php/30

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

コメント


投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-17 20:37  更新日時: 2009-6-17 20:37
 Re: イベント企画!皆さんのご意見お待ち...
新城さんのツール出場に対し、日本人として、自転車乗りとして応援いたします。
新城さんが他チームに移られたのは、浅田顕さんやこーぢさんたちと共に歩んだ道があったからだと思います。

あきちゃんより
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-19 20:48  更新日時: 2009-6-19 20:48
 こ~ぢさん、こんな企画はいかがでしょうか?
「どこでも眠れる!チャレンジ!!」
眠ることは、現代人にとっては結構難しい課題ですよね。
遠征もある社会人サイクリストにとっては、なおさら、
「どこででも眠れるんだ!」ということは、重要なことだと思います。
そこで、レクチャーの途中で突然「睡眠!」との命令を出すイベントなんてどうでしょうか?
「お金払って走りの勉強に来たのに寝るのかよ?!」
なんて、参加者にはビックリでしょう。
あこがれの、こ~ぢさんと走れるという緊張もあり、
レクチャー参加者には普通の強化合宿や練習を上回る緊張があるはずです。
そんな緊張状態でもゴロンと眠れる訓練は、人間性の深みを増す良いプログラムだと考えます。

いかがでしょうか?

by エディ@坂道自転車通勤隊名誉隊員
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-21 12:13  更新日時: 2009-6-21 12:13
 Re: イベント企画!皆さんのご意見お待ち...
昨年、ロードレースの魅力にハマり、観戦するようになり、熊野、そして宇都宮と梅丹応援するようになりました。こーぢせんにジャパンカップで梅丹キャップにサインいただきました。
こーぢさんと今年のTOJで何度かすれ違ったのわかりました?
小径車、クロスバイクから、最近、初めて、ロードバイクも購入してしまいました。まったくの初心者のおやじです。知り合いの経験者の方と一緒に買いに行ってもらいました。今後、ロングライドを目指し、毎日、少しずつ乗っていますが、メカについて知識がありません。初心者でもわかる、セッティング、ポジショニング、整備など講習会などできませんか?パンク修理もしたことないです。工具もアーレンキー、レンチぐらいしかありません。今後そろえていたほうがよいものとか教えてほしいです。7月5日に知人と初めて、シクロパビリオンに行こうと、計画しています。いろいろと、わからないことを教わりたいです。最近は、自動車に積んで、暇があれば、走るようになりました。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-6-23 1:58  更新日時: 2009-6-23 1:58
 Re: イベント企画!皆さんのご意見お待ち...
シクロビアガーデン !!

真夏はただゆっくり走っているだけでも勝手に心拍数が上がってしまう、自転車乗りにとっては辛い季節です。午前中の涼しいうちだけ走るのでは時間も距離も足りず、いや、場合によっては涼しい時間は子供の宿題に駆り出されて走ることすらままならないかもしれません。

でも、残された暑い夏の午後を逆手に取りましょう。

参加条件は、
1. 各自の走力に応じてグダグダになるまで走ること
例えば東京都内からシクロパビリオンまで真夏の午後の炎天下に自走するとか。(途中の補給はもちろん可)
2. ちょっと脱水症状気味、ちょっとハンガーノック気味なら理想的??
3. マイバイクストレージ利用か、もしくは輪行袋持参
4. シクロパビリオンのシャワーを浴びる(施設利用料は各自負担)
5. 電車で帰るための着替え持参 (自走による帰宅は厳禁)
... でしょうか。

ハムの工場が目の前にあり、広い敷地、半端ではない量の汗をかくスポーツ、夏の夕方。シャワーの設備あり。

これ以上にビールのうまい環境は、ちょっと想像つきません。
返信
STAFF LOG IN PAGE TOP