HOME  > スタッフブログ  > 自転車人生 上ったり・下ったり。(こ~ぢ下り方編)

スタッフブログ

Auther:  cyclismejapon

自転車人生 上ったり・下ったり。(こ~ぢ下り方編)

先週末のこ~ぢにとって初めての「初めてのヒルクライム」そして緩坂イベント、無事ボランティアスタッフの方の協力と、心のやさしい紳士淑女の参加者皆さんのおかげで、無事終わることができました。

 ほんとにありがとうございました。

 僕はこうして引退後も、職業として自転車にかかわれることを、幸せに思っています。
 
 子供のころ、「好きなことで飯を食えるのは難しい。」という話を聞きましたが、
 ほんとにその通りだと、最近痛感します。

 僕は仕事を愛して、一生懸命やっている人が好きです。

 コンビニでも、食堂でも、笑顔で働く人を見ると、僕も頑張ろうと思います。

 プロのときは、皆さんの応援を勇気に変えて走ってました。
 
 休日に応援に来てくれた皆さんに、明日働く勇気をプレゼントしたかった。

 そしていま、僕は天職に就いていると思う。

 自分ができなかったこと、後悔も含めて、
 
 それぞれの受講者の皆さんに、

 僕の考えてきた哲学をひもときながら、
 
 皆さんの走るフォームが大きく、リラックスして、軽やかになることに。

 ヒルクライムで一番気をくばるのが、下り坂。

 【くだりが苦手な方へ】
 自転車もスキーと同じ。基本をマスターすれば、くだりが大好きになれる+安全に下れます。
 まずは楽しいことを考えよう。
 ★ タイヤの裂け目チューブが見えていないか?
   まず毎回練習後に確認しましょう。
    バーストは大変危険。
   クイック・レリーズはちゃんとしまってますか?
    ブレーキひきしろも確認
 
 ① コーナーの出口(遠く)を見て下ろう。
 ② コーナーの手前でしっかり減速 その時は1mmお尻を引くイメージで
 ③こーなーを曲がりながら、息を吐いてリラックス
 (湯船に入ったときに、いい湯だったら息を吐きますよねー
  あつすぎたり・冷たかったら 息をひゃーって吸いますね。)
 焦ったときも息を吐くことが基本。すったら緊張しています。
 だから息を吐いて、リラックスしながら、たんでんに意識を集中しましょう。
 その時お尻を1mm前に戻します。
 まがりながら 後ろ荷重だと、自然に曲がれません
 外足を踵を落とさずに、しっかり母子球で押さえます。
 ④下りを楽しもう。
  せっかく頑張ってきた上りです。景色も風も楽しみましょう!

 注意
 特に下りでは歩行者の方にしっかり遠くからあいさつしましょう。
 地元の方へのマナーです。
 
 初心者はブレーキは後ろ中心です。
 雨の場合や、急勾配はかけっぱなしがベター、車体が安定します。

 絶対前輪ブレーキをぎゅっとかけない!

 前方へ落車の原因になります。

 


 梅雨明けもまじか!

 皆さんのお越しをお待ちしてます。

 

  

 

 
 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclisme-japon.net/old-site/modules/staffblog/tb.php/41

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

コメント


投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-14 20:20  更新日時: 2009-7-14 20:20
 Re: 自転車人生 上ったり・下ったり。(...
凄い、勉強になりました!!

本当に、目からウロコです。

ユウキが美ヶ原と新城のレースで
二勝しましたよ!!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-16 0:01  更新日時: 2009-7-16 0:01
 Re: 自転車人生 上ったり・下ったり。(...
先日は ユル坂お世話様でした。

ハンディ乗り越えられる レクチャー有り難う御座いました。

意識を高め反復練習いたしております。

また落ちついたらレクチャー宜しくお願い致します。
返信
STAFF LOG IN PAGE TOP